ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヒメナガメ

2011年06月03日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 この子、誰の子

  奥ゆかしいオジサンである私は、「私が借りている部分は、部屋も廊下も駐車場も私が管理しなければいけない。」と思い、アパートの駐車場の、私が車を停めている周辺は時々除草をしているが、隣の若い美女は、「何で私が駐車場の草刈までしないといけないのよ!」と思っているみたいで、彼女が車を停めている辺りは雑草が蔓延っている。
 その雑草の多くはセンダングサであるが、そこにはいろんな虫が住み着いている。傍を通っただけでは気付きにくいが、そこにしゃがみこんでじっとしていると、何やら蠢(うごめ)くモノに気付く。同じ色形をした小さな虫が数匹いた。写真を撮る。
  文献を見ると、ルリクチブトカメムシの子供にそっくりである。で、rurikutibutokoというファイル名を写真につける。ところが、それから数日後、同じ場所で、前のと色は同じだが、模様と形が違い、ひと回り大きな虫を発見する。調べると、それはヒメナガメ。ということは、前のものはルリクチブトカメムシの子供では無く、ヒメナガメの子供なのではないかと思うのだが、文献に写真が無い。いやはや、「同定」はやはり難しい。よって、ガジ丸は同定をせず、「そうだと思う」ということで写真を掲載する。

 
 ヒメナガメ(ひめ菜亀):半翅目の昆虫
 カメムシ科 本州中部以南、南西諸島、台湾、朝鮮、他に分布 方言名:不詳
 ヒメは姫であろう。本土には近縁種のナガメというカメムシがいて、本種と混在しているそうである。そのナガメより小さめなのでヒメナガメなのであろう。だが、ナガメが判らない。長め?だとしたら、長めのカメムシということだが、そうではあるまい。ナガメのガメはカメムシのムシを省略し、カが濁音化したものであろう。ナガメのナは、おそらく菜だと思われる。菜っ葉につくカメムシということであるが、正確なところは不明。
 体長7ミリ内外。ダイコン、キャベツ、カラシナなどの害虫となっているとのこと。ということで、ナガメのナを菜とした私の推理があっ ている可能性が高くなった。
 本土では春期以降に活動するが、沖縄では冬期でも活動する。というか、文献に「成虫の出現時期は1~6月、9~12月」とあったので、夏には活動しないようである。根性無しのウチナーンチュの男みたいに、ヒメナガメも、さすがに沖縄の夏の暑さには耐え切れないようである。寄主は前述の通り、キャベツなどのアブラナ科植物。
 追記:『名前といわれ昆虫図鑑』に、「葉っぱにつくことから菜亀」とあった。
 
 子虫・・・だと思う。
 
 交尾
 
 群れ

 ルリクチブトカメムシ(瑠璃口太亀虫):半翅目の昆虫
 カメムシ科 日本、沖縄、八重山、その他世界各地に分布 方言名:不詳
 瑠璃色の体をして、口が太いからルリクチブトカメムシという名であろう。
 肉食らしい。ナワシロイチゴから吸汁するだけでなく、ハムシ類やモンシロチョウ(たぶん、その幼虫)からも吸汁するとのこと。沖縄での個体数は少ないとのこと。
 体長は8ミリ内外。成虫の出現時期は4~11月。寄主は昆虫類、ナワシロイチゴ。

 記:ガジ丸 2006.7.1 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナナホシキンカメムシ | トップ | シラホシカメムシ/タイワン... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。