ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イソヒヨドリ

2011年04月11日 | 沖縄の動物:鳥

 田舎だった名残

 現在、私は首里石嶺町に住んでいて、職場も首里石嶺町にある。高校生の頃の一時期、石嶺町の隣りの汀良町に住んでいたこともある。5分も歩けば石嶺町になる辺りだ。その頃既に、石嶺町には大きな市営団地があり、町は発展していたが、それより以前、私が小さな子供だった頃はまだ、サトウキビ畑の残る田舎だったらしい。
 田舎だった名残は今も少し残っている。私の実家のある那覇市泊に比べれば緑が断然多い。虫や鳥の数も多い。「最近、スズメを見ないが、お前の所にはいるか?」と先日、父に聞かれたが、確かに泊ではスズメを見ない。スズメ以外のヒヨドリやシロガシラ、キジバト、メジロ、イソヒヨドリなどもほとんど見かけない。それらは、私の住む近辺には煩いほどいる。お陰で私は、名前と姿と鳴き声が一致する鳥の数が父より多い。
  上に挙げた鳥は、シロガシラ以外は父も知っている。シロガシラは近年になって定住するようになったものだが、それ以外は昔からいる。豊かな自然が残っていた昔、それらの鳥は、今の石嶺町よりもっとずっと多くいたに違いない。

 ヒヨドリは、父の歳くらいだとスーサーという方言名で有名。形はヒヨドリに似ているが、ヒヨドリより少し小さく、色はまったく違う鳥がいる。その鳥もまた、知り合いの年配の人はスーサーと呼んでいた。いろいろなスーサーがいるもんだとその時は思ったのだが、後日調べると、それはイソヒヨドリであった。ヒヨドリとは科が違う。
 イソヒヨドリと同じ位の大きさで、顔も姿も似ているが、よく見るイソヒヨドリと色模様が違うものもいる。それはイソヒヨドリの雌。石嶺町ではどちらも多くいる。

 
 イソヒヨドリ(磯鵯) 
 スズメ目ツグミ科の留鳥 方言名:イシスーサー、カーラバンサー
 ヒヨドリと付くが、ヒヨドリはヒヨドリ科で、本種はツグミ科となる。見た目(私の経験ではおそらく雌の)が似ているということであろう。方言名も和名と同様のイシスーサー(磯のヒヨドリ)。もう一つの方言名カーラバンサーが面白い。カーラは瓦、バンサーは番をする者。高い所でさえずる習性があることからその名がきているらしい。
 イソと付くくらいだから生息場所は海辺なのだろうと思ったが、文献には海岸などの岩場の他に、市街地ともある。また、「近年市街地でも普通に繁殖している」とも書かれてある。確かに、私の住む近所でもよく見かける鳥の一つとなっている。
 全長は23~24センチ、雄のさえずりはツツ、ピーコッコと文献にある。私にはチュルチュルチルーとかいう風に聞こえる。高いところで長く鳴いている。
 
 イソヒヨドリ雄正面から
 近年市街地でも普通に繁殖しているとのこと。近所でもよく見かける。
 
 イソヒヨドリ雌横から
 方言名のカーラバンサー、カーラは瓦、バンサーは番をする者。
 
 イソヒヨドリ雌正面から
 高い所でさえずる習性があるが、低い塀の上でもよく見かける。

 記:ガジ丸 2009.11.10 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バン | トップ | セッカ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。