ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

リュウキュウクワカミキリ

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 芸術家のカミキリ

 20年ほど前の数年間、私は木工を趣味としていた。趣味の範囲を少々超えることもあったりして、木工を本職としている人たちと知合うことができた。彼らからは木工に関する様々なことを学んだ。切り方、組み方、磨き方、塗り方など。そして、材に関することも学んだ。材とは木材のこと、木工に使用する木材のこと。
 沖縄の木工材としては、その頃、リュウキュウマツが注目されていた。リュウキュウマツは大径材が入手しやすいという利点はあったが、油分が多く、乾燥した時に変形しやすいという欠点があった。県の施設に大型乾燥機が導入されて、その欠点をある程度和らげることができたらしい。で、リュウキュウマツの使用が増えたらしい。
  昔から木工材、家具材として利用されたのはセンダン。センダンは木肌、木目がとてもきれいで、加工しやすいとのこと。それについては、私も実体験して確認している。
 他に、「これは面白い」と思ったものがシマグワ、木工家の一人に見せて貰ったシマグワの材は、くねくねと曲がった穴がいくつも空いてて、それが面白い模様になっていた。穴の空いた原因を訊いた。「カミキリムシの幼虫に食われているんだ。」とのことであった。それからだいぶ経った2、3年前に、リュウキュウクワカミキリの存在を知る。

 
 リュウキュウクワカミキリ(琉球桑天牛):甲虫目の昆虫
 カミキリムシ科 沖縄島と奄美大島の特産種 方言名:カラジクェー
 カミキリムシの漢字、天牛は広辞苑にあった。広辞苑には他に髪切虫ともある。天の牛は想像しにくいが、髪切虫なら何となく解る。カミキリムシは顎が強いらしい、髪の毛をスッパリ切るほど、という意味であろうと思う。本種はクワを寄主とし、奄美諸島、沖縄群島に分布することからリュウキュウクワと付く。
 方言名のカラジクェーは『いちむし』(アクアコーラル企画発行)に「顎で髪の毛を切らせる遊びがあったことからカラジ(髪の毛)クェー(食う者)」とあった。
 体長は28~40ミリ内外、成虫はシマグワの樹皮を食べ、幼虫はシマグワの幹に潜入して、内部を食害する。八重山にはヤエヤマクワカミキリが生息する。
 
 顔

 記:ガジ丸 2009.9.3 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タケトラカミキリ/ヨツスジ... | トップ | キボシカミキリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。