ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ホオグロヤモリ

2011年04月28日 | 沖縄の動物:両性・爬虫類

 万に一つの不運

 職業に暴の字が付くその男は、その夜たまたま機嫌が悪かった。すごく悪かった。
 その日の夕方、弟分の一人がシートベルトごときで警官に止められた。その時、たまたまちょっと飲んでいて警官に反抗したものだから、挙動不審と見なされ、「降りなさい」となり、車の中を調べられた。車内から白い粉が見つかって、ひと騒ぎとなった。
 その車は、男がたまたま弟分に貸してあった車だった。で、男も警察に呼ばれた。白い粉は、だいぶ前にダミーとして組に持たされたもので、中身は小麦粉か何かのはず。その一袋だけがたまたまシートの隙間にもぐりこんでいたもののようであった。
 薬では無いことが判り、警察からは開放された。が、長い時間こってり絞られて、疲れた。時間は、夜9時を過ぎていた。家に着いたのは10時前。玄関に子供をおぶって、手に大きな荷物を持った女房が立っていた。女房は静かに言った。「今日が最後のチャンスって言ったでしょ。しばらく、実家に帰っているわ」・・・そして、出て行った。
 その日は4つになる娘の誕生日だった。半年前に浮気がばれて、離婚騒ぎになって、謝り倒して、二度と浮気はしない、娘の誕生日に家族水入らずの時間を過ごし、娘と家族の将来を祝う、などと誓い、何とか許して貰うことになっていたのだった。
 誰もいない部屋で、泡盛を飲む。「ちくしょう、何でこんなことになるんだ!」と口の中で叫ぶ。泡盛をがぶがぶ飲んで、ベッドに入って寝た。寝られなかった。やり場の無い怒りが込み上げてきた。外へ出た。半年前浮気した女のいる飲み屋へ向かった。
 午前2時過ぎ、店に入ると女は奥の部屋にいた。傍に見知らぬオヤジがいて、女の手を握ったり、腰に手を回したり、時々頬擦りしたりしていた。男は頭に血が上った。

 その夜、私は職場の仲間たちとの飲み会があり、二次会まで付き合わされる。その二次会はたまたま入ったスナックバー。そして、たまたま私の傍に19歳のカワイイ子が座った。私好みの女だったので、10分もすると仲良くなり、そういう店に似合う程度にイチャイチャするようになった。久々の柔肌に私は有頂天になっていた。
  午前2時を過ぎた頃だった。ヤクザみたいな顔つきの男がフラフラとやってきて、私の目の前に立った。男は何やら私に向かって怒鳴っていた。何を言っているか判らない。
 たまたまその日、数年ぶりに有頂天になっているオジサンは、たまたまその日、人生でもそう無いくらいに怒りに狂った男に、訳もわからず殴られた。晴天の霹靂だった。
 "たまたま"という偶然が10位も重なって生まれた、万に一つの不運というやつが、どうやら私を襲ったようであった。人生にはこんなこともあるんだなぁと思った。

 玄関のドアを開け、右足を外に一歩出す。玄関の内と外では15cmほどの段差があるので、いつもドカッっといった感じで右足を下ろす。
  そうやって足を下ろすのは1日当たり平均2回、1回当たり約1秒。下ろした足裏の面積は約0.02㎡、ヤモリ1匹の行動面積は約60㎡。ということで、1日に、ヤモリがたまたま私の足の裏にいる確立は、約2億6千万分の1。"万が一"どころでは無い。2億6千万分の1の機会に出会うということは、ほとんど奇跡に近い出来事なのだ。
 ある日、玄関のドアを開け、右足を外に一歩踏み下ろした時に、グチャっという音がした。足をどけて、見ると、子供のヤモリが平たくつぶれていた。何たる不運!!
 私の場合は万に一つの不運だったが、子ヤモリは何と、約2億6千万分の1に遭遇したのだ。しかも、私の不運はちょっと痛かっただけだが、子ヤモリは、その幼い命までも失ってしまった。こんなことが世の中にはあるんだなぁと、私は思った。南無阿弥陀仏。

 
 ホオグロヤモリ(頬黒守宮)
 ヤモリ科 方言名:ヤールー
 沖縄には数種類のヤモリ科の仲間がいるが、ヤマトゥのヤモリに比べると沖縄のヤモリは敏捷に動く。ハエ、カ、ガなどもすばやく捕らえるし、ゴキブリだって捕まえる。
 ホオグロヤモリは家の中でよく見かけるヤモリ。私が奪った幼い命もこのヤモリ。家の中のどこからか聞こえてくるケッ、ケッ、ケッという鳴き声は、このヤモリの声。
 私の家にも家守がいる。時々家出して、声も姿も見せないことがあるが、今は2匹。
 
 外にいたヤモリ。体の模様を背景に合わせて変える。
 
 沖縄ではお馴染みのヤモリの卵。どの種のヤモリかは不明。

 記:ガジ丸 2004,9,27 →沖縄の動物目次
 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最重要防衛地点 | トップ | アカマタ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
頑張れ、知子さん(`鐔ウ懦愁´) (お仕事GOGO!!のブログ)
藤丸です。少し前の記事になりますが、オセロの中島さんが体調不良で休養だそうです。(鐔ア?愁)(T_T)お笑いコンビ、オセロの中島知子が、体調不良によりしばらく休養することとなった。松竹芸能のホームページで発表されている。 中島は4月上旬頃から体調を崩し