ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

チキナー

2011年03月31日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 沖縄の漬物

 沖縄料理をメインとした居酒屋の中には、そのメニューの中にチキナーチャンプルーを置いてある店がある。チキナーチャンプルーは私の好物なので、そういう店に行って、機会があれば注文して、食べる。「機会があれば」というのは、私は居酒屋に行っても小食なので、他のメンバーがいろいろと注文しているとそれだけで十分となる。他のメンバーがまだ注文していない機会があれば、ということである。
 元々、居酒屋を含め、外で食事をすること自体、年に20回も無い。その内、チキナーチャンプルーを置いてある店に遭遇するのは数回で、他のメンバーがあれこれ注文する前となると、2、3年に1回くらいではないかと思う。というわけで、ここ2、3年、私は好物であるチキナーチャンプルーを食べていない。

  チキナーチャンプルーは、子供の頃から好きである。母が時々作ってくれた。チキナーとは漬け菜という意味のウチナーグチ(沖縄口)で、チャンプルーはごちゃまぜという意味だが、料理用語としては炒め物となり、漬け菜の炒めものとなる。ちなみに、チャンプルーは比較的新しい言葉のようで、私の母はチキナータシヤーと言っていた。
 私は料理に興味があったので、料理する母の手元を良く見ている。「男が台所に立つもんじゃない!」と父に怒鳴られたが、母は私の味方をし、いろいろと教えてくれた。
 チキナーに用いる菜っ葉は概ねシマナー(島菜=カラシナ)、それ以外の葉野菜によるチキナーは、あるかもしれないが、私は見たことが無い。夕食が終わって、台所の片付け物も終わった後、根の部分を切り落とし、水洗いしたシマナーを、母は流しの上にひらいて、並べて、塩をふって、そのまま一晩置いた。その後どうしたかは見ていないが、おそらく、水で洗って、塩を落として、固く絞ったと思われる。
 
 
 
  そうやって出来たものがチキナー。そのチキナーは冷蔵庫に保管された後、チキナータシヤーとなって、夕食に出された。その作り方は見て、概ね知っている。
 豚肉、またはポークランチョンミート(スパムとかチューリップとかいった缶詰)と豆腐と共にフライパンで炒める。味付けは、母は砂糖と醤油だけであった。チキナーに塩分が含まれているので、砂糖は、その塩辛さを中和し、味に深みを与える。醤油は香り付け程度だったと思うが、砂糖や醤油の量はよく覚えていない。

  さて、そんなチキナーチャンプルー、私の好物だが、しばらく食っていない。すると、昨年末、「畑にナンクルミー(自然発生)のシマナーがいっぱい出来ているよ。」と従姉が言う。シマナーと聞いてチキナーがすぐに思い浮かんだ私は、「くれ。」となって、大きめのものを3株ほど頂く。「私もチキナー作ったけど、要る?」との従姉の申し出も断ることなく、彼女の手作りのチキナーも2株分ほど頂く。
 その夜、早速、従姉のチキナーをチキナータシヤーにする。従姉のチキナーは冷凍されてあった。そのせいか、柔らかくなって食感が物足りない。母のとは違う。2日後、貰ったシマナー3株をチキナーにする。母とは少々違った方法で作るが、ちゃんとチキナーになっていた。チキナタシヤーは1月3日に第一回のチャレンジ、これは、使う豆腐の種類を間違えて、ちょっと失敗。第二回目は1月7日(風邪を引いたせいで間が空いた)、この時は味付け方も母のやり方と少し変えたが、しかし、これは大成功となった。
 
 
 
 

 記:ガジ丸 2009.1.10 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三枚肉 | トップ | 鍋物 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。