ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ものさし

2012年03月30日 | ガジ丸通信-政治・経済

被災地の瓦礫処理に携わる人々は毎日危険に晒されている。
「そんなことしていたら、命が危ないから逃げなさい」と勧め、
もしも、瓦礫処理をする労働者がいなくなったら瓦礫はずっとそこに残る。
瓦礫はずっとそこから放射性物質を放ち、全国、また世界中にばらまかれる。
それを防ぐためには、やはり、命を削りながら働く人々が必要となる。
その人達のことを思えば、その仕事が早く終わるようにしなければならない。
瓦礫受入れがその方法の一つであれば、受入れも考慮しなければ人道では無い。
しかし、汚染瓦礫を全国にばら撒くのはバカげている。

「瓦礫の処理は国に責任がある、原発は国策であったのだから」というのは解る。
だけれども、国策は国民の間接的多数決によって成されてきた。
多少の危険よりお金が大事、経済発展が一番大事とした「国民」の多数決である。
国策は、反対意見も多くあったのに、間接的には国民が選択したものとなる。
であるならば、汚染瓦礫の処理は全国民の責任であるとも言える。
「食べ物は頂くけど、排泄物はあんたのところで処理して」は人道に反する。
だからといって、汚染瓦礫をばら撒くのが当然とは思わない。
リスクは負うべきものだが、リスクは最小限に留めなければならない。
全国に汚染瓦礫をばら撒くことが最小限のリスクとは、私には全く思えない。

「汚染されていない瓦礫を受入れてくれと言っている」らしいのだが、
汚染されていない瓦礫であれば、今ある場所に置いておいても良かろうと思う。
いくら瓦礫の量が多いからといって、沖縄の基地面積に比べればたいしたことない。
それが、復興の大きな妨げになっているとは思えない。

ものさしは一つでは無い。好き嫌いを物差しにすれば、結論は簡単に出る。
中には変人がいるかもしれないが、汚染(の可能性のある)瓦礫は概ね嫌われる。
ものさしは一つでは無い。損得を物差しにすれば、意見は分かれる。
受入れによって利益を得る者(政治屋とか土建屋とか)は概ね賛成で、
利益と無関係な一般庶民は汚染(の可能性のある)瓦礫受入れに概ね反対となる。
ものさしは一つでは無い。善悪(倫理的に正しいかどうか)を物差しにすれば、
その判断はなかなか難しい。何も考えずに、受入れ反対という結論は出ない。
だからといって、汚染瓦礫を全国にばら撒くのはバカげている。

「汚染されていない瓦礫を受入れてくれと言っている」らしいのだが、
そんな瓦礫であっても、遥か遠く沖縄にまで運ぶという国の意図は理解不能。
ただでさえ小さな島に、何で遠くから時間と金をかけて運ぶのだろう?
瓦礫が汚染物だから首都から遠く離れた場所へ、という意図かと疑ってしまう。
霞が関からも永田町からも遠く離れた沖縄へ汚物は捨て置け、という物差し。
ものさしは一つでは無い。んがっ、そんな物差しであれば、沖縄は拒否したい。
 
 
 記:2012.3.30 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コウセンポシロノメイガ | トップ | 愛おしいもの、古女房 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。