ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オジサン5人旅 1、福岡編

2014年02月18日 | ガジ丸の旅日記

 1、オジサン5人、走る

 出発の日、迎えに来てくれるMTが10分遅れた。空港にも予定より10分遅れた。GT、MMは早くに到着、ZYは私たちより少し前、見送りのIさんも既に待っていた。
 私の旅はたいてい木曜日か金曜日に出発するので、搭乗手続きカウンターが混んでいたということは無い。少なくとも自動手続機は空いている。今までに手続に時間がかかったという記憶が、私には無かった。ところが、この日はたくさんの人がカウンター前に並んでいた。うかつだった。連休初日であることを私はまったく考えてなかったのだ。
 なもんで、5人分の搭乗手続きにはえらい時間がかかってしまった。見送りのIさんとコーヒーでも飲みながら、ユンタクでもしようかと予定していたのだが、そんな余裕は無し。ぎりぎりの時間。オジサン5人は走った。4人はバタバタ走り、1人はドタドタ走り、4人は少し汗をかいて、1人はびっしょり汗をかいて、なんとかセーフ。

 2、いいかげんな情報のせいで

 佐世保のUTからのメールに「朝晩は12、3度、寒いので上着が必要」とあったので、ブルゾンをバッグの中に入れておいた。そのブルゾンは、旅の間、一瞬も着ることは無かった。福岡は暑かった。有田も佐世保も長崎も暑かった。4人は汗を滲ませ、1人は汗を滴らせ、旅中を過ごした。長崎の夜は少し肌寒く感じたが、それでもブルゾンを着るほどでは無かった。私の赤いブルゾンは、バッグの中でずっと邪魔者扱いされていた。

 3、オジサン4人半、歩く

  福岡空港から地下鉄に乗り、午後2時前に博多駅に着く。そこから大宰府へ行く予定だったのだが、ブルゾンのこともあり、泡盛を3本も持っている人もいたりして、皆、荷物が多い。で、身軽になるために、先にホテルへ行き、チェックインを済ませる。昼飯にビールを飲んだりして、そんなこんなでのんびりしすぎて、時間が足りなくなって、大宰府観光は中止。博多の街、中洲辺りをオジサン5人、ブラブラすることになった。
 暑い中、早足のGTの後を皆が続く。4人は汗を滲ませ、1人は汗を滴らせ歩く。途中、紅毛碧眼の若い美人にニヤニヤしたり、ヒッチコックの「鳥」を彷彿とさせる鷺の立ち並ぶ姿に驚いたり、博多山笠の山車の大きさに感心したりする。概ね2時間、4人は歩き続ける。残る1人は途中でリタイヤし、帰り道をバスに乗った。
     

 4、お姉さん、暴走する

 博多の夜は、Iさんの友人、Tさんが女将をやっているという「割烹M」で飲み食いすることになっていた。「割烹M」は福岡空港から博多駅とは逆の方向、空港からは車で15分ほど行った所。オジサン5人、空港で待っていると、Tさんが迎えに来てくれた。
 車はオレンジ色の軽貨物。前に1人、後のシートに3人、荷台部分に1人乗せて、Tさんは車を走らせた。山へ登っていくような感じの道、細い道、暗い道を走った。
 「割烹M」ではおいしい料理を食べることができた。酒もまぁまぁの味。ただ、皆には料理よりも、Tさんの気合の入った運転が強く印象に残った。彼女は昔、暴走族だったのではないか、と思われるような運転だった。店の仲居さんから、Tさんは以前、とても大きなオートバイに乗っていた、との情報があった。さもありなん、だった。

 5、MM、せせら笑う

 ホテルに戻って、シャワーを浴びて、10時頃、「屋台へ行かないか?」と皆に声を掛けた。GTとZYは「難儀」という返事だったので、残りの3人で近くの屋台へ行く。
 屋台は4軒、客の多いのが2軒、少ないのが2軒。客の一番多い店は3人座ると窮屈そうだったので、2番目に多い店に入る。主に焼酎を飲む。
 私が頼んだ肴の一つ、牛筋は歯が立たないほど固く、噛んでも噛んでも噛み砕くことができない。不味い店を選んだかなと思ったが、もう一つのモツ煮は美味しかった。何より大将が気さくな感じの人で、楽しく飲めたのが良かった。
 三人それぞれ違う銘柄の焼酎を飲みながら、その焼酎の話になって、MMが「蕎麦焼酎って初めて聞いた」と言うので、「蕎麦焼酎雲海ってあるじゃないかと」と私が応えると、「バッカだなぁ、雲海は芋焼酎だろう。ははは」とせせら笑った。あまりにも自信を持った言いようで、反論しても、へへっと笑われるだけだった。
 しばらくして、「そうだ、大将に聞けば判るだろう」とMMが言い、で、大将に聞いた。気さくな感じの大将は穏やかに「雲海は蕎麦です」と答えた。すると、「あー、芋じゃなかったのか。蕎麦だったのか。それじゃ二人とも間違えていたな、ははは。」とトンチンカンなことを言う。「俺は蕎麦と言ったんだ」と静かに言うと、「あー、そうだったっけ」ととぼけて、「でも、大将が間違えているかもしれない」と往生際が悪い。
 気さくな感じの穏やかな大将は、笑顔を見せながら一升瓶を取り出して、そのラベルを我々に見せてくれた。ラベルは、「蕎麦焼酎雲海」と書いてあった。

 6、愛知からオジサン7人

  オバサングループの旅行は、旅先でよく見かける。いつでもどこでも大声でしゃべって煩いので、よく目立つ。オジサン数人が連れ立って旅をするのは、そうはいないだろうと思っていたら、我々が飲んでいる屋台にオジサン7人が入ってきた。我々より歳は少し上の愛知から来たという7人は、トヨタ自動車に勤めている同僚同士で、年に1回はこの仲間で、こうした旅をしているとのことだった。陽気な人たちで、楽しく話をすることができた。思いがけなく愉快な時間を過ごせた。
 オジサンになっても仲間で旅を楽しむことができるのは、心の余裕に繋がるのかもしれない。今まで楽しいことが一杯あったんだろうな、と彼らの陽気さを見て、思った。
     

 記:ガジ丸 2003.10.18  →ガジ丸の旅日記目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大東島の旅その3、大東島の自然 | トップ | オジサン5人旅 2、有田編 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。