ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

クワガタムシ

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 少年たちの人気者2

 クワガタムシはカブトムシと並んで人気のある昆虫だが、クワガタムシ科であり、コガネムシ科のカブトムシとは科が違う。であるが、科同士は近い関係にある。コウチュウ目カブトムシ亜目コガネムシ上科までは一緒で、そこからコガネムシ科とクワガタムシ科に分かれる。クワガタムシ科はまたいくつかの亜科に分かれ、その内、子供たちに人気があり、雑誌などでもよく見るのはクワガタムシ亜科に含まれるもの。

 数ヶ月前、ある日ある場所での夏祭り会場で偶然、友人のM一家に会った。家族で模擬店をやっていた。何を売っているのかと見たら、クワガタムシであった。そこの長男が父親と一緒に飼育し、繁殖させ、育てたというクワガタムシ。「買って」という長男と長女の願いに、「オジサンに虫を養う趣味は無い」と断って、写真だけを撮らせてもらう。子供は可愛い。だからといって、必要でないものを買う必要は無いのである。

 カブトムシ(オキナワカブト)を私はおそらく見たことが無い。生息数が少ないか、生息地が限られているのだと思う。あるいは、見ても気付かなかったかである。だが、クワガタムシは子供の頃から何度も目にしている。ちょっとした林のある場所に行けば、それはいた。母の実家などでは家の中に飛んできたりもした。それが何という名前のクワガタムシかは知らないが、その形は特異なのでクワガタムシには違いなかった。
 今回調べてみると、沖縄には数種のクワガタムシが生息しているようである。有名なオオクワガタはいないみたいだが、次に有名なノコギリクワガタはいる。文献の写真を見ると、子供の頃の私が目にしていたものは、どうもオキナワヒラタクワガタのようである。Mのとこの長男が採取し、育てたのもオキナワヒラタクワガタとのことであった。

 
 オキナワヒラタクワガタ(沖縄平鍬形虫):甲虫目の昆虫
 クワガタムシ科 沖縄諸島に分布 方言名:ハサマー
 大顎が鍬形状をしているのでクワガタ、他のクワガタムシに比べて体が平たいのでヒラタ、沖縄に生息しているのでオキナワとつく。方言名のハサマーは挟む者という意。
 体長は雄30~70ミリ内外。クワガタムシは雄雌で大きが違うが、ここでの体長は雄雌で大きい方のものを記している。成虫の出現は2~12月。平地に生息。ダイトウヒラタクワガタ、サキシマヒラタクワガタなどの亜種がいる。ちなみにヒラタクワガタは、

 ヒラタクワガタ
 体長40~60ミリ内外 成虫の出現は5月~10月 平地に生息。
 クワガタムシ科オオクワガタ属。本州~九州、奄美大島に分布。
 オキナワヒラタクワガタとは亜種関係。

その他、沖縄に生息しているというクワガタムシは以下のようなもの。

 オキナワノコギリクワガタ
 体長雄30~70ミリ内外 成虫の出現は5月~12月 平地に生息
 クワガタムシ亜科ノコギリクワガタ属。沖縄諸島に分布。クメジマノコギリクワガタ、ヤエヤマノコギリクワガタなどの亜種がいる。 

 オキナワネブトクワガタ
 体長雄9~14ミリ内外 成虫の出現は周年 平地から山地に生息
 クワガタムシ亜科ネブトクワガタ属。沖縄諸島に分布。イヘヤネブトクワガタ、ヤエヤマネブトクワガタ、ヨナグニネブトクワガタなどの亜種がいる。

 マメクワガタ
 体長10ミリ内外 成虫の出現は周年 平地から山地に生息
 チビクワガタ亜科チビクワガタ属。九州以南、南西諸島、台湾などに分布。大東島に亜種ダイトウマメクワガタが生息する。

 ルイスツノヒョウタンクワガタ
 体長12~16ミリ内外 成虫の出現は周年 平地から山地に生息
 チビクワガタ亜科ツノヒョウタンクワガタ属。和歌山以南、南西諸島などに分布。

 リュウキュウコクワガタ
 体長雄14~28ミリ内外 成虫の出現は7月~9月 山地に生息
 クワガタムシ亜科オオクワガタ属コクワガタ亜属。沖縄諸島に分布。八重山諸島に亜種ヤエヤマコクワガタが生息する。

 オキナワマルバネクワガタ
 体長40~70ミリ内外 成虫の出現は9月~11月 山地に生息
 クワガタムシ亜科マルバネクワガタ属。沖縄諸島に分布。ヤエヤママルバネクワガタ、ヨナグニマルバネクワガタなどの亜種がいる。

 記:ガジ丸 2006.10.29 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトムシ:カブトムシ亜科 | トップ | オキナワクワゾウムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。