ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オーハンブシーその2

2011年03月26日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 鍋料理でも可

 季節変化に乏しい沖縄ではあるが、それでも、3月から5月の初めまでが春。その後、6月下旬まで梅雨。梅雨時はジメジメして涼しかったり、蒸し暑かったりと春とも夏とも言えない時期。梅雨明けから9月一杯までは夏。10月から12月中頃までが秋。それから2月一杯までが冬と、私は概ねそう感じている。
 この時期(12月上旬)は晩秋となる。もそろそろ冬支度をしようかという頃となる。先週末、土鍋を出し、今期初の鍋料理をする。魚貝と野菜の鍋は独り鍋。何かのコマーシャルに「淋しくは無い」なんて子供がつぶやくのがあるが、独りの子供はやはり淋しそうである。オジサンは違う。独り鍋も全然淋しくない。酒が友達。

 私の父は野菜嫌いで、サラダのような生野菜はほとんど食べない。であるが、父の大好きな野菜料理がある。オーハンブシーという沖縄料理。オーハというのは葉野菜のこと。おそらく青葉といった意味ではないかと思う。山東菜、大根葉、島菜(からし菜)など。ンブシーは料理名で、蒸し煮のようなもの。葉野菜の蒸し煮ということ。
 父の好きなオーハンブシーは、鍋に鰹のだし汁と脂身のついた豚肉を入れ煮る。十分煮立ったら、豆腐と一緒にたっぷりの葉野菜を入れる。「たっぷり」は、これでもかと思うほどに「たっぷり」で、鍋は葉っぱで埋まる。実際は煮ているのだが、見た目で蒸している感じになる。豚肉を入れずに、アンダカシー(豚ばら肉からラードを採った残りかす)を入れる場合もある。味付けは味噌。具が非常にたっぷりの味噌汁みたいになる。

  オーハンブシーは私も今は好きで、鍋料理の際はたいてい作っている。鍋に水を入れ、昆布だしをとり、魚貝と白菜、白ネギ、豆腐を入れ、味はつけずポン酢で食う。これを食い終わった後、まあ、2、3日後のことになるが、鍋はいろいろに変化する。おでんの具材をを入れ、おでんの味付けにしたり、鶏肉や豚肉を入れ、醤油や味噌で味付けして、鳥鍋、または寄せ鍋風にしたりする。さらに、これを食い終わった後、これもまた、2、3日後のことになるが、そうやって、いろんな具材で味クーター(出汁が濃いという意味のウチナーグチ)になったところで、たっぷりの葉野菜を入れる。これが私のオーハンブシーとなる。塩味、醤油味、味噌味とその時々で変わるが、いずれにしても美味い。
 

 記:ガジ丸 2006.12.5 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | ラフテー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。