ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

2011年03月26日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 古古古米のせいで

 翌朝のご飯は前の晩に米を研いで、タイマーをセットしている。2006年10月29日の夜、いつものようにそうしようとしたら、部屋に米が無い。
 私は特にご飯好きというわけでも無い(米を加工して液体状にした香り高きものは大好き)ので、米が無くても困るということは無いのだが、その日は既に納豆、糠漬け、チリメンジャコ、豆腐などといったご飯に合うものばかりを買っていた。じつは、買い物するちょっと前までは、米が切れているということは頭にあり、買わなければと思っていた。買い物している間に忘れてしまったのであった。
 
 その2ヶ月前にトウサン米5キログラム入りを実家から貰った。トウサン米といっても潰れた会社の倒産米では無い。父ちゃんが好きな父さん米でも無い。島産米のこと。普通は、島米(しまぐみ)と呼ぶ。で、この2ヶ月間、いつもの玄米は消えていた。明日からは久々の玄米だと思っていたのに、忘れた。・・・衰えた脳である。
 愛用の玄米はちょっと離れたスーパーにしか置いていない。で、致し方なく、近くのスーパーで白米2キログラムを買う。5キロを消費するのにほぼ2ヶ月を費やしたので、さらに4週間近くは白米食 となる。しかしながら、白米といっても私の場合、ただの白米とはならない。私の父は白米大好きで、お中元お歳暮などで頂く白米以外の穀物を食べないので、それらのほとんどは私のものとなる。玄米、黒米、五穀米などが私の元にくる。よって、このところ私は白米となっているが、多くはその中に黒米が入っている。

 私がさほどご飯好きでは無い、というのには訳がある。子供の頃からずーっと食べていた米が美味しい米では無かったのである。今でもあるのかどうか知らないが、我が家では流通米というものを食 べていた。流通米は良い匂いがしなかった。甘い味もしなかった。それはたぶん新米では無く、古米、それも古が2つ3つ付く古米ではなかったか。
 大学進学で東京に出て、そこで初めて美味しいご飯を食べたことを覚えている。ご飯とは良い匂いがするのであるか、甘いものであるのかと初めて感じた。
 家で食べる古古古米でも、美味しいものがあった。私がごく小さい子供の頃は炊飯器では無く、羽釜でご飯を炊いていた。炊飯器を購入した後でも、祖母はたまに羽釜でご飯を炊いてくれた。羽釜で炊いたご飯の”おこげ”が私は好きだった。

 ※羽釜とは「周囲に鍔(羽という)のついた炊飯用の釜。」(広辞苑)のこと。
 
 
 
 

 記:ガジ丸 2006.11.19 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の餅 | トップ | オーハンブシーその2 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。