ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

甘藷

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 イモといえばイモ

 学生の頃、北海道出身の友人に「イモ食うか?」と訊かれて、「いや、甘いものはあまり・・・」と言って断ったことがある。イモと言うと、ウチナーンチュの私はサツマイモしか頭に浮かばない。ところが、北海道の人がイモと言うと、それはジャガイモのことであった。「田舎から送ってきた」イモを、もちろんその後、美味しく頂いた。

 さて、私はウチナーンチュなので、ここでイモの話をする場合のイモは、当然、サツマイモのことである。琉球から薩摩へ伝えられたのにサツマ(薩摩)という言葉が付くことには釈然としないので、以降、イモ(=サツマイモ)などという表記はしない。
 概ねだが、イモは男より女の方が好む。私も、嫌いでは無いが、好物では無い。ところが、私の父はイモが好きである。父が子供の頃、沖縄の一般家庭は多くが貧乏で、米などという上等な食い物は口にできず、父の家でもイモが主食だったらしい。よって、イモは毎日のように食卓に出されたとのこと。ところがまた、その父より一回り(12歳)若 い従姉の亭主は、イモが嫌いである。彼が子供の頃は戦中戦後の混乱期なので、食生活の環境としては父の子供の頃より悪い。よって、彼もまたイモが主食であった。
  子供の頃から食べ慣れて、嫌と思うほど食べてきたイモを、片方は好きで、もう一方は嫌いという現象は面白い。子供の頃から慣れ親しんだ「食い物」と感じるか、嫌と思うほど食べさせられた「食い物」と感じるかの違いであろうか。

 さて、今回、この記事のためにイモを買ってきた。読谷産紅イモ3個。1個を蒸かしイモにして食ったが、酒の肴にはならない。で、考える。コンロ回りが汚れるので、私はめったに揚げ物料理をしないのだが、天ぷら鍋に油を入れた。確か去年の夏以来、約8~9ヵ月ぶりのこと。イモガリガリを作る。塩味にして、これは酒の肴になった。
 
 
 

 記:ガジ丸 2006.5.15 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセローラ | トップ | ヒジキ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。