ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

沖縄の餅

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 面倒臭がり屋の餅

 4年制大学を卒業するのに私は5年かけたが、その5年間で住まいは4回変った。微々たる距離ではあるが、故郷沖縄へ少しずつ近づくかのように吉祥寺から、武蔵境、東小金井、西国分寺へと流れていった。武蔵境と東小金井での生活のうち約1年は、姉とその恋人との三人暮らしであったが、それ以外はずっと一人暮らし、恋人もいないままの淋しい独り暮らしであった。「淋しい」は「恋人もいない」に掛かり、「独り暮らし」には掛からない。姉たちとの三人暮らしは、私にとって非常に鬱陶しいものであった。

 最後の1年を東国分寺で過ごしたが、この1年は、姉たちから解放され、すごく自由で楽しい(恋人はいないけど)1年となる。当時はまだ禁止されていた密造酒を造ったのもこの頃。その話は既に何かの項で書いたと思うが、市販されている日本酒が偽物、つまり米で作った醸造酒にアルコール、糖類などを加えたものであるということを知り、ならば自分で本物の日本酒をと思って造ったもの。旨かったが、3日で酢に変った。
 もう一つ、これは別に禁止されているものでは無いが、独り暮らしの若い男が普通やらないであろうということもやった。正月用の餅を自分で作ったのであった。それまで1度も買ったことの無いもち米を買い、それをいつもの炊飯器で炊き、炊飯器の中から炊き上がったもち米の入った器を取り出し、それを畳の上に置いて、ビールの空き瓶で搗く。杵搗き餅ならぬ瓶搗き餅。まだ暖かいものを何もつけずに食った。これが、予想以上に旨かった。缶詰の小豆餡をつけても食った。これもまた旨かった。

 炊いたもち米を搗く時に、搗き過ぎない方が旨いのだということを知った。私の自作の餅は、米の粒がところどころ残っている餅であった。最初からそのように作るつもりでは無かった。市販の餅のようにしっかりと搗かれて、こねられた餅を想定していた。ところが、ビール瓶を上下させる運動が、もち米が餅に変化していくにつれて瓶が重くなり、腕が疲れてしまったのである。「まあ、いいか」と妥協した結果なのであった。

  沖縄の餅は、私の好きな米粒が少し残った餅とはずっとかけ離れた、とてもよくこねられて粒のまったく無い餅である。倭国の餅と製造方法が異なる。白玉粉を使って作った餅を想像してくれると良い。『沖縄大百科事典』によると、
 ケーワリ(粉割り):もち米を水に浸して、木臼にたて杵で搗く
 水びき:石臼に水を加えながら碾く
と、2種類の製造方法あり、どちらも生の米を細かくしている。さらに、「その後で形を作り、蒸す。もち米を蒸して杵臼で搗く方法はほとんど無い。」とのこと。おそらく、沖縄のやり方が杵臼で搗くより楽なのであろう。面倒臭がり屋のウチナーンチュらしい。
 そんな沖縄餅であるが、私は嫌いでは無い。砂糖を混ぜた物(カーサームーチがその代表)や、小豆餡の入った餡餅はお菓子として少しは食べる。何の味もつけていない、米そのものの味がする白餅、あるいは甘くない茹で小豆をまぶしたフチャギ(彼岸の時に供えられる餅)などは私の好物となっている。それを齧りながら日本酒を飲む。
      
 記:ガジ丸 2006.11.19 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンフルーツ | トップ |  »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
面倒くさがりっす~ (だぁだぁ雑談ブログ)
毎日が元気・・・でありたい!