ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ナンチチ

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 今は無きお焦げ

 何年か前かはっきり覚えていないが、ある土曜日の午前中、NHKFMラジオを聴いていたら、「ラグタイム」という懐かしい言葉が聞こえた。私が大学生の頃、よく聴いていた音楽だ。そして、その曲が流された。懐かしい気分に、しばし浸ってしまった。
 ラグタイムという音楽のジャンルがあることを、私は大学に入って初めて知った。即座に気に入って、以後、多くの曲を聴き、ラグタイムギターの練習もした。
 私にラグタイムを教えてくれたのは友人のYであった。彼は二十歳にならない当時、既にギターの名手であり、ラグタイムの難曲を弾きこなしていた。
 その時のNHKFMラジオの番組司会者(パーソナリティーとかDJとかMCとか言うのかもしれないが、その辺のことに私は詳しくない)はゴンチチであった。彼らもギターの名手である。その中の一人が、「昔、宮崎出身の男がやってきて、この曲(題は覚えていないが、話の流れからラグタイムの一つ)を覚えたいというのでレコードを貸した。俺が何週間もかかった難しい曲を、この男は1週間かそこらで覚えてきた。」と言う。
 友人のYは宮崎出身である。話から推測できる年齢も彼と同じくらいである。「おー、おそらく、その男はYに違いない。」と私は思った。

 さて、今回、話するナンチチは、そのゴンチチとは何の関係も無い。ナンチチからゴンチチを連想して、上述のことを思い出しただけである。

 いつ頃までだったか、はっきり覚えていないが、おそらく、私が小学生の頃までは、我が家では羽釜を使ってご飯を炊くことがあった。電気炊飯器があっても、ジューシー(沖縄の炊き込みご飯のようなもの)やお粥を作るときには羽釜であった。母が忙しくて、替わりに祖母がご飯を炊くときには、普通のご飯でも羽釜を使っていた。
 羽釜をガスコンロにかけ、「初めちょろちょろ、中パッパッ、赤子泣いても蓋取るな」みたいなことをやっていたと思う。そうやって炊いたご飯には、たいていナンチチがあった。あんまり黒くなったものは苦くて食えなかったが、適度に茶色いナンチチは美味しかった。そのまま齧っても良く、お茶漬けにすると風味があり、なお良かった。
 もうお判りだと思うが、ナンチチとは御焦げ(おこげ)のことである。御焦げは「釜の底に焦げついた飯」(広辞苑)であるが、沖縄語辞典を見ると、ナンチチは「こげて鍋などに付いたもの」とあり、ご飯の焦げたものだけを指している訳では無く、煮物や炒め物の焦げた野菜や肉なども指すみたいである。しかし、ナンチチというと私は真っ先にご飯の御焦げを連想し、けしてマイナスイメージでは無い。
 ところが、ナンチチカジャーというと、それは少しマイナスイメージとなる。
 「ィエー、ナンチチカジャーソーンドー(おい、焦げ臭いぞ)」
 「アイ、デージ、忘リトータン(あら、大変、忘れていた)」となって、調理していた料理が焦げてしまうことになる。ちなみに、カジャは倭国の古語にあり、香と書いて、カザと読み、「におい。かおり。」(広辞苑)のこと。

  キャンプの際に飯盒でご飯を炊く時には概ねナンチチができる。キャンプの夜は、私はたいてい酒浸りで、酒を飲む時はご飯を食べない主義なのだが、飯盒でできたナンチチは酒の肴に少し頂くことがある。その香ばしさを感じつつ、懐かしさに浸る。
 キャンプもここ数年やっていない。なので、私も久しくナンチチを食っていない。ナンチチをガジ丸HPで紹介しようと思った時から、ナンチチを食いたくなっていたが、実家にあった羽釜は、とうの昔に消えている。飯盒も手元に無い。
 さて、どうしたものかと思案して、冷や飯をフライパンで焼いてみることにした。やってみるとこれがなかなか良い出来であった。懐かしい気分に浸れた。

 ※羽釜(はがま):周囲に鍔(羽という)のついた炊飯用の釜。(広辞苑)
 

 記:ガジ丸 2008.3.2 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炭焼き | トップ | オキコラーメン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。