ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オキコラーメン

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 懐かしいラーメン

 私が始めて口にしたインスタントラーメンが何であるか、全く記憶に無いが、子供の頃よく食べたラーメンは覚えている。2つある。インスタントラーメンの元祖とも言うべき日清チキンラーメン、それと同時期からあったソーメンタイプのマルタイラーメン、これらはタイプは違うが、2つともよく食べた。で、よく覚えている。
 マルタイラーメンは鍋を使って調理するタイプなので、少し手間がかかったが、チキンラーメンは麺を丼に入れて、お湯を注いで、蓋をして、後は3分待つだけ、蓋を開けたらラーメンができていた。これは画期的であった。簡単便利だけでなく、また、十分に美味くもあった。そのチキンラーメン、今でも普通にスーパーで売られている。沖縄出身の美人女優、仲間由紀恵がコマーシャルをしている。

 仲間由紀恵がCMをしているからというわけでは無いが、チキンラーメンを私は今でもたまに食べる。この「たまに」は、インスタントラーメン全般を月に1回食うか食わないかなので、チキンラーメンという銘柄のみに限って言えば、年に1回あるかないかという程度の「たまに」である。仲間由紀恵がCMをしていてもいなくても、その程度は食べている。食べると子供の頃を思い出したりする。ノスタルジーに浸れる。

 チキンラーメンの次に好きになったインスタントラーメンは明星チャルメラ。これはマルタイラーメンと同じく、鍋で煮る形式となっていて、スープが別となっていた。チャルメラは弟が大ファンで、母はチャルメラを家の常備ラーメンとしていた。しかし面倒臭がり屋の私は、どちらかというと、オキコラーメンが好みであった。

 さて、突然登場したオキコラーメン、「何、それ?」と倭人のほとんどは思うであろうが、沖縄では有名なインスタントラーメンである。チキンラーメンと同じく、麺を丼に入れて、お湯を注いで、蓋をして、3分待つといった形式のラーメン。はっきり覚えてはいないが、チキンラーメンよりオキコラーメンの方を、私は多く食べたと思う。
  オキコラーメン、長い間、世間から身を隠していたが、最近、ミニサイズとなって復活した。いつごろ復活したのか不明だが、今年の1月にスーパーで、私は発見した。小さくはなったが、パッケージのデザインは昔のまま。懐かしさのあまり、つい、買ってしまった。作り方も昔のまま、味(チキンラーメンとほぼ同じ味)も昔のまま。丼では無く、汁碗サイズの量であったが、私は十分にノスタルジーに浸ることができた。
 オキコラーメンが復活したのはおそらく、仲間由紀恵のお陰ではないかと私は思う。チキンラーメンの人気が上がって、それと同じ作り方、似た味のオキコラーメンも需要が出たのであろう。私のような脳廃る爺が買ったりしているのだろう。
      
 オキコラーメン
 オキコは1947年創業の企業。私が子供の頃は、オキコというとアイスクリームやチョコレートといった菓子類の会社として有名だった。現在では製パンが主力で、オキコパンはほとんどのスーパーに置かれている。ラーメンは1966年に生産を始めた。
 ちなみに、チキンラーメンは1958年、マルタイラーメンは1959年に販売されている。マルタイラーメンは棒ラーメンという名前で、今でも普通に売られている。

 記:ガジ丸 2008.3.16 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナンチチ | トップ | タマナーチャンプルー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。