ゆうやプロジェクト

瞳をキラキラさせながら、ゆうやは今日も足こぎ車椅子COGYに乗って頑張っています。体が不自由だけれど、なんのその~。

スタイリッシュな電動車椅子 WHILL

2018-12-07 12:02:40 | 介護関連・介護グッズ
ゆうやは、普段、車椅子を利用しています。

高校生の時、自走式を試したこともありましたが、手をうまく使うことができず、前に進みませんでした。
自走を諦めて、やはり今まで通り介助してもらうタイプの車椅子を選びました。

学校の先生が、自分で好きなところに行けるようにしてあげたいと思ってくださり、学校の電動車椅子をゆうや仕様に変えて使わせてくださいました。
学校内ではゆうやは時々、電動車椅子に乗り、バスの運転手さんのところへ遊びに行きました。

運動会では、練習を重ね、電動車椅子で徒競走に参加したり、卒業式では卒業証書を電動車椅子で頂きました。
学校を卒業後は、電動車椅子には乗っていません。

電動車椅子はとても重くて家族も扱いに困るので、今のところ、今後も使う予定がありません。
が、先日、とてもスタイリッシュな電動車椅子を教えてもらいました。

WHILLという日本の会社の車椅子です。
https://whill.jp

坂道やでこぼこ道も平気。
とてもおしゃれなデザインです。

ゆうやにはちょっと無理ですが、体幹がしっかりしている人なら大丈夫だと思います。
WHILLの動画を見て、私は祖父のことを思いました。

祖父は事故で片足を失くしてしまったのですが、もしもWHILLがあればもっと好きなところに行けたのではないかなあと思います。
松葉杖と義足で、徒歩で行ける範囲での移動でしたのでー。

これから先、またもっともっといろんな車椅子が開発されると思うと、ワクワクします。
いつかゆうやも、階段を昇ったりちょっとした山登りや海辺の散策を楽しめたらいいなと思います。


いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村

コメント (2)

紙パンツでミミズ腫れ

2018-12-06 11:30:29 | 介護関連・介護グッズ
火曜日の午後、作業所から電話がありました。

「ゆうやさんが鼠蹊部に痛みを訴えておられるのですが、どこがどのようになっているのか車椅子に座ったままだとよくわかりませんでしたので、ご自宅で見て頂いてまた教えて頂けませんか。」

お昼頃、ゆうやがトイレに連れて行って頂いたとき、「鼠蹊部が痛いです。看護師さんに見てもらいたいです。」と責任者の方に言ったようでした。
「今は看護師さんは忙しいので、後で見てもらいましょうか。」という責任者の方の言葉を聞いて、ゆうやは珍しく全身をこわばらせて怒ったそうです。

「ボクがこんなに痛いと言っているのに、どうして見てくれないんですか!」
その後、看護師さんの手が空いてから見てくださいましたが、車椅子に座った状態では患部が見えなかったとのことでした。

ゆうやは作業所から帰ってきて「鼠蹊部が痛いです。お母さん、見てください。」と言いましたが、便器に座った状態での見える範囲では何もありませんでした。
ベッドに横になってから後ろから見ると、股の真下のあたりの皮膚が左側が切れていました。
右側は陰嚢にミミズ腫れがありました。

「これは痛いわ〜。」
私は薬を塗りながら、ゆうやがかわいそうに思いました。

ヘルパーさんと一緒に原因を考えてみました。
尿器を使用する際、紙パンツを手前にぐっと引きすぎて股のあたりのゴムが食い込んだ可能性があります。
また、紙パンツを下ろす際、勢いよく引っ張り、ゴムが擦れた可能性もあります。

これらの可能性を作業所に電話で伝え、今後気をつけてもらうようにお願いしました。
ヘルパーさんは「こんな状態になっている人を今まで見たことがありません。」とおっしゃいました。

優しくそっと介護してくださったら、こんなことにはならないのですけれど、、、。
今年に入ってから陰部に傷が絶えないゆうやですが、来年は無傷で過ごせたらと思います。


いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村

コメント

パットが血まみれに〜!

2018-11-26 11:11:50 | 介護関連・介護グッズ
金曜日は祝日でしたが、作業所が開所していました。

ゆうやは足こぎ車椅子に乗ってから、作業所の迎えの車に乗りました。
「作業、頑張って来るね。」と言うゆうやを見送りました。

その日午後3時すぎに、作業所から電話がありました。
「ゆうやさんの陰部に傷ができています。ちょっと血がついていたのですが、もしかしたら痔かもしれません。」

爪か何かで引っ掻いたのでしょうか。
帰宅してからチェックすることにしました。

帰宅したゆうやは、ヘルパーさんにすぐにトイレに連れて行って頂きました。
「お母さん!大変です!パットが血まみれです!」

ヘルパーさんの声に驚いて、私は慌ててトイレに行きました。
パットは端から端まで血がボタボタと染み込んでいました。

鮮血でしたので、血が出てまだ時間があまり経っていないと思われます。
痔でこんな前方に血がつくでしょうか。

ゆうやの陰部を見ると、陰茎の外側に何か鋭利なものによる切り傷がありました。
1センチほどの傷で深さもけっこうありました。

「これは痛いわ!」
私はすぐに陰部にも使える消毒薬を傷に吹きかけ、その後抗生剤の入った塗り薬を塗りました。

尿がかかったら痛いと思われましたので、薬局へ行き、防菌のためにも医療用の透明防水テープを買いました。
早速、ゆうやの陰部に貼り、傷口をカバーしました。

「しかしこれは相当な出血量でしたね。ボクもびっくりしました。」
「私もビックリしたわ。」

ヘルパーさんと、傷ができた原因を話し合いました。
介助者の衣服に付いた金属か、腕時計か、紙パットに付いている滑り止めのテープか、それとも爪か、、、。

今朝、作業所の責任者の方と話したのですが、みなさん腕時計はしておられないとのことでした。
また、傷が深いため、爪が原因ではないだろうということになりました。

では残るは衣服の金属か、それともパットのテープが原因と考えられます。
けれど、そっと介護してくださっていたら、このような傷はできません。

パンツをあげる時に、ものすごく勢いをつけて上げたことが原因と思われます。
責任者の方は「聞き取りをして、原因と対策についてまたお電話させて頂きます。」とおっしゃいました。

若いためか、幸い、ゆうやの傷はこの土日で随分良くなってきています。
出血もなく、ほっとしています。

今後このようなことがないように、しっかり対策をお願いしたいと思います。


いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村

コメント (2)

車椅子の修理

2018-11-06 14:27:24 | 介護関連・介護グッズ
先日、ゆうやの車椅子のスポークが1本折れました。

昨日の午前中に業者さんに来て頂いて、見てもらいました。
「あ〜、これは全部交換となりますね。」

私は折れたスポークが1本だけだったので、その部分のみ修理するとばかり思っていました。
この場ですぐに修理できるぐらい、軽く考えていました。

それが車輪を左右共交換するという、大げさなことになりました。
「スポークは1本でも折れたら、バランスがとれなくなって全体的に歪んでしまうんです。」

そうなんですか〜。
それではここで修理は無理なのですね。

「修理には、1〜2週間かかります。」
業者さんは、ゆうやの車椅子を持って帰られました。

ゆうやは現在使っている車椅子での感覚に慣れていますので、古い車椅子に乗ると作業がしにくいと言います。
古い車椅子は何年も使ってきて痛んでいますので、気をつけて乗る必要があります。

これもどこか壊れてしまったら大変です。
新しい車椅子が戻ってくるまで、そろりそろりと使わなければ〜。

ゆうやの大切な足ですので、早く戻ってきてほしいなあと思います。


いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

車椅子の点検

2018-11-02 15:40:11 | 介護関連・介護グッズ
今日はお昼頃に、作業所から電話がありました。

「もしもし、ゆうやさんの車椅子ですが、車輪のスポークが1本折れました。」
あらまあ、また折れましたか〜。

スポークは折れたり外れたり、わりとしょっちゅうトラブルがあります。
以前、1本折れてそのまま様子を見ていたら、すぐに2本目3本目が折れたり外れたりしてしまいました。

やはり1本でも抜けると、バランスが崩れてしまうのですね。
業者さんにも「今後は1本抜けたらすぐに連絡ください。」と言って頂きました。

その時は車輪交換の修理になりました。
今回はどうなるのでしょうか。

とりあえず、月曜日に業者さんが来てくださることになりました。
今日から週末にかけての数日は、もう車椅子に乗らない方がいいかもしれません。

電話を切ってすぐに、私は代車用に置いている古い車椅子を取り出しました。
ホコリを取り除いて、タイヤに空気を入れました。

おや?
何かガタガタ動くところがあります。

よく見ると、三箇所ワッシャーがありませんでした。
構造上、どう考えてもワッシャーが抜け落ちることはありませんので、最初から入れ忘れていたと思われます。

このことも業者さんに追加連絡をしました。
2台とも持ち帰られると生活できませんので、その場で修理して頂けると有難いのですが〜。

ゆうやにとっては、必要不可欠な車椅子です。
もっとしっかり点検しなければと思いました。



いつも応援して頂いてありがとうございます。
1日に1度だけクリックして頂けたら有り難いです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村

コメント (2)