屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーを開催している屋久島自然学校のブログです。

ナガサキアゲハの羽化 【屋久島の暮らし】

2015年07月28日 | 屋久島の暮らし・里の風景

朝方、ふと軒下を見てみるとナガサキアゲハが羽化している姿を発見しました。

子供達を呼んでじっくり観察してみましたが、なかなか変化が見られません。

よくよく見てみると体は、抜けているのですが羽根がさなぎの殻にはいったままで宙吊りになってしまっています。

柱がつるつるの為、足を滑らせてしまったのでしょうか?

羽根が開ききらないままで乾いて固まってしまったようです。

蝶なのに飛ぶこともできず・・・ウロウロ。

さなぎの抜け殻。

翌日、長女が庭を見てみるとナガサキアゲハは死んでしまっていたようで、庭に埋めておいたそうです。

少しずつでも自然の生と死に触れて、やさしい子に成長してほしいなあ~。(親ばかですいません) 

こちらはアオスジアゲハ。

他にも、ミヤマカラスアゲハやツマベニチョウ、ツマグロヒョウモンなどの蝶がよく見られます。


屋久島も海水浴のシーズン到来! 【屋久島の暮らし】

2015年07月28日 | 屋久島の暮らし・里の風景

台風が通り過ぎ、ようやく夏らしくなってきました。
屋久島では、一湊・春田浜・栗生に3つの海水浴場があります。

海水浴場は、監視員さんもいて小さな子供たちでも遊ぶことができて家族づれでも安心です。

ちなみに写真の子供は愛娘10歳と5歳。

海水浴場内は、珊瑚や魚は少ないので、泳ぐことが慣れている大人は、一湊海水浴場反対側の入り江がシュノーケリングにおすすです。

山登りの後は、海でのんびりリラックスしてみるのも良いですよ。

リバーカヤックツアーもおすすめです。

 


パッションフルーツの季節がやって来た! 【屋久島の暮らし】

2015年07月26日 | 屋久島の暮らし・里の風景

今年もパッションフルーツ(果物時計草とも言います)がやって来ました。

ポンカン・タンカンに次いで屋久島を代表するフルーツ。ビタミンCいっぱいの甘酸っぱい味は疲労回復に良さそうです。

ゼリー状の果肉と果汁を種ごと噛まずに、つるっと呑み込むのが屋久島の食べ方?

右側はパッションフルーツジュースです。

ツアーに参加いただいた方にはお出し出来ると良いですね。

季節のものを食べるとなんだか元気がでるような気がしますよ。

 


雨に打たれながらも 【屋久島一泊二日縄文杉キャンプツアー】

2015年07月22日 | 屋久島1泊2日縄文杉ツアー

福岡から来られたDさん、Mさんと一泊二日の縄文杉キャンプツアーに行ってきました。

台風の影響を受けて一日遅れのスタートとなりましたが、無事念願の縄文杉に会うことができました。

屋久島自然学校では、専属でご案内いたしますので交通の乱れ、悪天候などに見舞われても柔軟に対応することができます。

一日目は、ほとんど雨も降らず、きれいな可原で休憩することができました。

大株歩道入口のトイレには、トイレのメンテナンスの為、トロッコが来ていました。

昔は、屋久杉を運ぶために使用されていましたが今でも現役で走っています。

映画いま、会いにゆきますのポスター撮影場所。

二本の屋久杉が門のようになって異次元への入り口のようです。

いざ屋久杉の世界へ、がんばって登っていきましょう!

ウィルソン株の中にて、光を全身に浴びています?

洞の中は、なんと畳8畳~10畳の広さがあり、独特の雰囲気。

屋久島の山の神様を祭ってあるパワースポットです。

屋久杉をなでなでして、数千年生きてきたパワーをいただきます。

念願の縄文杉。ごつごつした大きな岩のような杉です。昔は大岩杉と呼ばれていました。

二日目は残念ながら大雨。どうにか白谷雲水峡の太鼓岩に登ってきましたが、辺りは真っ白。

立つ事ができないぐらいの強い風でした。それでも怖い雰囲気は味わえたようですね。

屋久島らしい苔むした森を通り抜けていきます。

白谷雲水峡はコケに親しむ?のに最適な場所です。

最後、喜びを表現して憩いの大岩にてジャンプ!

お二人とも疲れが足に来ているようでMさんはほとんどジャンプできていませんでしたよ。

Dさん、Mさんツアーへのご参加ありがとうございました。


屋久島でウェディングロケ撮影 【屋久島里地観光ツアー】

2015年07月19日 | 屋久島里地観光ツアー

茨城県から来たKさん達と縄文杉登山の翌日、屋久島の里地観光ツアーに行ってきました。

現在、西部林道の道路が陥没しているため屋久島を一周することは出来ず、3分の2程周ってきました。

まずは屋久島いなか浜。

青い空と青い海、そしてきれいな砂浜をながめているだけで幸せな気分になっていきます。

よく見てみるとウミガメの足跡が残っています。分かりますか?

夜には、産卵のためウミガメが上陸してきます。

こちらは、ウミガメの卵の残骸。卵の殻は非常に薄いです。

口永良部島もよく見えます。上から見るとひょうたんのような形をしているので「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われますが・・・

全国にそう言われる島はいくつもあり、作者はどの島とは明言していません。

松峯大橋からの展望。屋久島の川は本当にきれい。

カヌーをしている人たちもいました。屋久島自然学校でもカヌーツアーをやっていますので、ぜひ興味のある方はどうぞ。

泳いでいる人たちもいました。冷たいですが、気持ちがいいですよ。

こちらは千尋の滝。滝はもちろん凄いのですが、花崗岩の一枚岩の大きさにも驚かされます。

後ろを振り向くと町並みや海が広がっています。

落差88mの大川の滝。近くで見ることができるので迫力満点です。

日本三大瀑布にも負けてませんよ。

近すぎて水しぶきが飛んできます。天然ミストを浴びて潤っています・・・

最後に猿川のガジュマルに行ってみるとウェディングのロケ撮影をしていました。

屋久島には素敵なロケーションがたくさんありますので想い出に残ること間違いなしです。お幸せに!

興味のある方は、知人にメモリアルロケ撮影をしているカメラマンがいますのでご相談ください。

前日までは雨でしたが、この日は天候に恵まれた一日でした。Kさん達ありがとうございました。