屋久島エコツアーガイドの旅行案内ブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーガイドを開催している屋久島自然学校のブログです。

冬でも楽しめる屋久島のトレッキングコース・蛇之口の滝

2020年01月12日 | 屋久島蛇之口の滝ツアー
 
今さらなのですが昨年の11月に行ってきた蛇の口の滝トレッキングコースをご紹介いたします。

標高が低いところなので冬でも安心して登ることができます。また、冬は虫がいないので意外と快適です。

 
最初の方は里に近いせいもあり、亜熱帯性の植物がみられます。
 
 
ボチョウジ。カラフルな実がとても目立ちます。
 
 
珍しい植物ヤッコソウ。他の樹木の根っこに寄生しています。
 
 
白谷雲水峡に限らず屋久島では苔むしたところを時々見ることができます。屋久島はそれだけ雨が多いです。
 
 
 アコウの大木。屋久島では屋久杉以外の樹木も数百年も生きて大木になっていたりします。
 
 
 大きなキノコを発見!サルノコシカケの仲間だと思われます。
 
 
 炭焼き窯の入口にヒメシャラの木が乗っかっていました。里山(屋久島では前岳という)では昔よく炭を焼いていたようです。
 
 
 看板も時間とともにこのようになってしまったり。
 
 
川の近くで見られるホソバハグマの花。屋久島の固有種。
 
 
坊主頭を触っているような感触のコケ、アラハシラガゴケ。
 
 
こちらも結構珍しいヘツカリンドウの花。
 
 
どんぐりがいっぱい落ちていました。トトロの影響か、どんぐりを見るとちょっぴりうれしくなります。
 
 
途中、きれいな川を渡っていきますが、ここが一番危ないところ。大雨が降ると増水して渡ることができなくなります。安全の為にもなるべくガイドさんを頼んでくださいね。
 
 
蛇の口の滝に到着。水量は少ないですが、スケールの大きな滝です。
 
 
大きな花崗岩の岩。夏であれば泳ぐこともできますがライフジャケットは必ず着用しましょう。水は冷たく、海に比べて身体は浮きませんよ。
 
 
 
 
 
帰りはこんな河原で休憩しました。時間に余裕のあるコースなのでゆっくりくつろぐことができます。

また、下山口には尾之間温泉があるので温泉に入って帰ることもできます。登山のあとの温泉は最高ですね。

屋久島自然学校の蛇之口の滝トレッキングツアーはこちら。

 
ベンチも苔むしてきます。
 
 
折れてもなお生き続けています。

屋久島は縄文杉以外も見どころがあるのでぜひ見に来てくださいね。 


この記事をはてなブックマークに追加

秋らしくキノコの世界! 【屋久島蛇之口の滝ハイキングコース】

2016年10月05日 | 屋久島蛇之口の滝ツアー

先週は訪れる人が少ない蛇の口の滝ハイキングコースに行ってきました。

人も少なく、アップダウンも少ないので気軽に登る事ができます。

この日も私達の他に登山者は0名。

また、登山の後には、尾之間温泉に浸かってゆっくりと疲れを癒やすことができます。

滝の上から落ちてきた流木。

青い空や白骨化した屋久杉が見られます。

滝壺はエメラルドグリーン。この日はとても暑く、泳ぎたかったです・・・。

今年は残暑が厳しく未だに最高気温が30度を超えたりしています。

秋らしく沢山のキノコを見ることができました。シロオニタケ?

キノコも良くみてみると色々な形や色があり面白いです。

藍色がとてもきれいなキノコでした。

菓子パン、どら焼き?のような大きめのキノコ。

ゴール間近では、ノコギリクワガタが姿を現してくれました。

キノコやクワガタとの出会いに心がワクワクした一日でした。

見慣れた道でもこのような発見があるととても楽しいですね。

興味のある方は、ご案内することも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

蛇之口の滝でのんびり 【屋久島蛇之口の滝】 

2014年11月15日 | 屋久島蛇之口の滝ツアー

蛇之口の滝に行ってきました。

里の植生を楽しみながら、のんびり歩くことのできるコース。

秋は虫も少なくなり快適です。

足元をよく見て歩くと小さな花が咲いていたり・・・珍しい植物に出会えると一人テンションが上がります。

ヘツカリンドウ。屋久島では稀に見られる植物です。

ホソバハグマ。渓流沿いの岩の上によく咲いています。


この記事をはてなブックマークに追加