屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーを開催している屋久島自然学校のブログです。

屋久島旅行5日間で一番楽しかったのは? 【屋久島沢登り半日ツアー】

2015年08月29日 | 屋久島沢登り半日ツアー

福岡県から来られたSさんご家族と半日の沢登りツアーに行ってきました。

台風直後のため、沢は増水中 一つ目に行こうとした沢は増水中のため、断念。

Sさんにご迷惑をおかけしながらも違う川でリベンジしました。

早速、川に流されて遊んでいます。

お子さんの楽しそうな顔を見ているとこちらもハッピーです

お父さんが代表して流れに立ち向かっていきます。それを見守る家族、なんか良いですね。

小学生以上のお子さんでしたら楽しむことができます。写真のお子様はM君9歳とR君7歳。

最後は覚悟を決めて、滝つぼに飛び込みます まずはお父さんからお手本です。

 

後日、Sさんからのメールによると屋久島旅行5日間のうちで子供たちが一番楽しかったことは、

M君「ダイブ!」、R君「バシャーンと水に潜ったの!」だったそうです。

ガイド冥利につきるうれしいコメントです。Sさんご家族ありがとうございました。


補給機「こうのとり」搭載!H2Aロケット打ち上げ動画 【屋久島の暮らし】

2015年08月23日 | 屋久島の暮らし・里の風景

8月19日の夜に種子島よりH2Aロケットの打ち上げがありました。

種子島から近い屋久島からもロケットの打ち上げを見ることが出来ます。

今まで何度か打ち上げを見たことはあるのですが、夜の打ち上げは初めてでした。

最初は夕焼けのような強い明かりが次第に暗くなり、星のように消えていく姿はとても幻想的!

昼間より夜の方がいいかもしれません。

毎年、何回か打ち上げがありますので、ロケットの打ち上げに合わせて屋久島旅行を計画しても良いかもしれません。

ただし、天候によってすぐ延期しますので注意が必要ですよ。


爽快感がたまらない 【屋久島沢登り半日ツアー】

2015年08月19日 | 屋久島沢登り半日ツアー

東京から来られたFさん3名と沢登りに行ってきました。

午前中は雨も降り、催行できるか心配したのですが天気も回復してくれて、ほっと安心。

いよいよスタート。まだびしょ濡れになっていません・・・

いきなり泳ぎ始めます。冷たい~の声が上がりますが、笑顔です。

少しずつ水の冷たさにも慣れてきましたね?

一度濡れてしまえば、ご覧の通り。積極的に泳ぎ始めます。

流されないように丸太に抱きついていますね。

滝に打たれ遊んでいます。

丸太の橋?を渡っていくような場面も、ワクワク!

最後は、覚悟を決めて滝つぼにドボン!

Mさんは怖いようでドキドキ、躊躇すること数回、無事飛び込むことができました。

東京に帰っても、屋久島の綺麗な水と飛び込んだ勇気を思い出してくださいね。

屋久島沢登りツアーにご参加いただきありがとうございました。

 

 


作戦大成功?! 【屋久島縄文杉ツアー】

2015年08月15日 | 屋久島縄文杉ツアー

栃木県から来たAさんとお盆前に縄文杉ツアーに行ってきました。

環境省が発表している縄文杉快適登山日カレンダーでは、大混雑の予想!

あえて少し遅い時間に出発して一番混みあう時間を避ける作戦でのぞんでみました。

登山口では、そこそこ人がいましたがそれ程の混雑を感じることなく出発。

歩き出して5分で、使われなくなったトロッコの機関車が現れます。

天気にも恵まれ、早朝のさわやかな陽射しを浴びながら歩いていきます。

手すりのない鉄橋。Aさんは周りを見ながら歩いています。余裕ですね。

今回は、シカではなくヤクザルによく出会いました。屋久島の山にいるおサルは、おとなしめ。

自然な姿をゆっくり観察させてくれます。

屋久杉に抱きついて・・・パワーをもらって帰ってください。

いよいよ縄文杉に到着!最初は混んでいましたがどんどん人がいなくなり、

控えめだったポーズが大きくなってきました。いいですね。

帰りは、こんな大きな岩の河原に降りて、

写真を撮ったり、

大きな上に乗ったりして遊びました。

今回の登山者は約500人。結果的には多い登山者だったのですが歩いているときはそれ程混雑を感じることもなく、

快適に登山を楽しむことができました。作戦大成功!です。

(ただし、うまくペース配分をしないと最終バスに乗り遅れますので注意が必要です。)

ちなみに14日は約400人ぐらいでした。今年は、例年に比べ人が少ないようで穴場?かもしれません。

ぜび屋久島に遊びに来て下さい。


世界遺産の森で水遊び 【屋久島西部林道ツアー】

2015年08月12日 | 屋久島西部林道ツアー

東京から来たMさん家族4名と西部林道のツアーに行ってきました。

西部林道と言えば、知る人ぞ知る世界遺産の森です。

屋久杉の森や苔むした森ではなく照る葉っぱの森。

(日本最大級の照葉樹の森。ちなみに宮崎駿監督は中尾佐助著「栽培植物と農耕の起源」の照葉樹林文化論に大きな影響を受けています。)

まずは、西部林道に向かう途中、松峯大橋から森を俯瞰します。

おそろいのTシャツがグットですね。

下を見下ろすとこんな景色が!カヌーをしている人がいます。(ちなみに屋久島自然学校でもやってます。)

Mさん、早くも「子供が大きくなったらカヌーをしたい」と乗り気です。

場所を変え、西部林道に入るとそこは動物の楽園。

長女のMちゃん3歳は、シカ隊長としてシカをたくさん見つけてくれました。

森をしばらく歩いて、このような綺麗な沢でお弁当を食べました。

子ども達は、この段階で泳ぐ気満々です。もう少し待ってね。

大きなガジュマルの木に到着。

お父さんは、2歳のS君を背負ってがんばって歩いてきました。

父親の力の見せ所です。

Mちゃんがモデルさんのようにポーズをとってくれました。

かわいいですよ~。

ゴール地点の大岩に到着。写真では分かりませんが、すごく高くて眺めの良いところです。

Mさんは高いところが苦手なのでちょっと控えめです。

下から見上げるとこんな大岩です。

大岩の下で待ちに待った水遊び。滝?の所にMちゃんを連れて行くと怖かったようです。

滝に打たれて、あ~気持ちが良いです。

実は、遊んでいた川の後ろを見るとすぐ海。屋久島ならではのロケーションです。

違う方向をながめると口良部島が見えます。

Mさんご家族、ツアーにご参加いただきありがとうございます。

お子さんが大きくなったら本当に来て下さいよ。待っています。

 

ちなみにこの西部林道ツアーは、7月~9月の間は水遊びができてとっても楽しいです。

また、歩く距離が短くサルやシカを間近で見ることができるので親子連れにおすすめのツアーです。

今回は3歳、2歳のお子さんで途中でめげそうになりましたが、何とか歩ききることができました。