屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーを開催している屋久島自然学校のブログです。

研修旅行 「白神山地」の周辺

2013年06月29日 | 白神山地
白神山地の周辺も幾つか観光してきました。
まずは、白神山地の麓に広がる津軽国定公園の十二湖。
33の湖沼からなるブナの森で気軽に散策することができます。
整備された道なので、年配の方もたくさんいました。
紅葉の時にもう一度訪ねてみたい場所です。

R0011277_571
青池(十二湖を代表する群青色の池)

R0011310_179
落口の池(一番お気に入りの池)

次は、青森県下の名瀑「くろくまの滝」。高さ85m、幅15m。
う~ごめんなさい、いまひとつでした。
滝の大きさは申し分ないのですが、堪能できる場所ではありませんでした。
個人的には、お茶でも飲みながらマイナスイオンを浴びてゆっくりしたいところです。
ちなみに屋久島の大川の滝は落差88mで、一押しの場所ですよ。
飛沫を浴びながら、お弁当を食べたりもできます。

R0011090


最後に巨木の紹介です。
国指定天然記念物「垂乳根(たらちね)のイチョウ」。
気根(空気中に出した根っこ)が乳が垂れているように見えるのでたらちねと呼ばれています。
食料の乏しい時代、母乳不足で困っている女性に乳を授けるありがたい樹として崇められていたようです。
なかなかすごい大木なのですが、あまり知られていないのか他の観光客はゼロでした。

樹齢1000年以上。高さ31m、幹周り22m!
ちなみに縄文杉の幹周り16.4mより太いです。
ただ、成立ちが違うので一概には比較できません。

巨木に興味のある方は、鹿児島県「蒲生の大クス」もおすすめです。
樹齢約1,500年、幹周り24.22m、高さ約30m。

世界だけではなく、全国各地にもまだまだ巨木があります。
私も、巨木を訪ね歩きたいですが、時間とお金が・・・。

R0011226




研修旅行 「白神山地」

2013年06月27日 | 白神山地
研修旅行で白神山地に行ってきました。
屋久島と時を同じくして世界自然遺産になった場所です。

白神山地の特徴は、ブナの自然林が大規模で残っていることによる豊かな生態系です。
マザーツリーと呼ばれる樹齢400年程のブナの巨木もすごかったですが、
新緑の明るくさわやかな落葉広葉樹の森がとてもきれいでした。
普段、屋久島の常緑広葉樹の森を見慣れているので、新鮮に感じたのかも知れません。
屋久島とは、まるで森の雰囲気が異なっています。

縦に細長い日本。色々な自然があっておもしろいですね。
皆さんも自分の知っている森と屋久島の森を比べてみてください。

マザーツリー(樹齢400年、樹高30m、直径148cm、幹周り465cm)
R0011008_180R0011009_181

R0011029R0011130_182


R0011142_2
R0011115_2