屋久島エコツアーガイドのブログ by 屋久島自然学校

「大人だって童心にかえって楽しもう!」をモットーに屋久島でエコツアーを開催している屋久島自然学校のブログです。

ウォーターグリーンの川にびっくり!?【屋久島カヌーガイドツアー】

2019年05月31日 | 屋久島カヌーツアー

千葉県から来られたKさんSさんと屋久島安房川のカヌーツアーに行ってきました。
9時30分の屋久島空港到着後、すぐにカヌーツアーへ。
このように屋久島一日目も時間を有効に活用することができます。

少し河口で練習した後、上流に向かって出発します。
Kさん達はすぐに慣れた?ようであっという間に先の方へ。 

いつ見てもきれいな屋久島の流れですが今日はいつもと何か違いました・・・。 

 先日の大雨で流されてきた大きな流木。よく見ると所々にそのような傷跡が見かけられました。

高さ80m近い朱色の松峰大橋。只今、工事中で通行止めですが、橋の上からの眺めもとても良いです。 

この川の色をご覧ください。いつもより白っぽいです。よく見ると川底に白い砂がたまっています。

 先日の大雨で大量の花崗岩の砂が流されてきたようです。

その為、いつものエメラルドグリーンの川にミルクを流したようなウォーターグリーンの川の色になったようです。入浴剤を入れたような感じですね。

この日は天気が良すぎてとても暑い日だったのですが、カヌーから眺めた景色に大変感動していただけたようです。
Kさん、Sさん屋久島カヌーツアーにご参加いただきありがとうございました。

 


雲一つない天気と透き通った川を堪能【屋久島白谷雲水峡ガイドツアー】

2019年05月25日 | 屋久島白谷雲水峡ツアー

先日の5月18日の大雨で世間を驚かせた屋久島ですが、その後はうそのような良い天気が続いています。

東京から来られたNさん、Sさんと屋久島白谷雲水峡のガイドツアーに行ってきました。

白谷雲水峡の入口でもこの景色。まだすこし増水気味でしたがすっかりと透明度がもどってきています。

屋久島を代表するヤクシマオナガカエデの新緑。

赤いサツキの花が咲いています。

飛流おとしの滝。右上に人影が写っています。滝の大きさが分かりますかね。落差約20mともいわれています。

白谷雲水峡といえば苔むした森が有名なのですが、清流の眺めも素晴らしいものがあります。

大きな岩は屋久島の土台になっている花崗岩の岩。

揺れるつり橋を渡るだけで童心にかえって楽しいですよ。

大きな屋久杉もみることができます。推定樹齢1500~2000年ほど。

苔むす森に到着。つかの間の貸切の時間でした。

辻の岩屋。中に入ることもできます。

押し寄せる波のような形の花、タツナミソウ。足元の見ていると時々咲いています。

こちらも屋久杉。触ったり大きさを間近で感じていただきます。

太鼓岩に到着。この日は雲一つないまれな快晴でした。

下をのぞくと白骨化した屋久杉やもこもことした新緑を楽しむことができます。

屋久島の山容。飛行機雲も一緒に撮ったのですが分かりづらいですね。それよりも左端の虫が写ってしまいました。

ちなみに屋久島は虫は少ないほうなのでご安心ください。

太鼓岩は最高の眺めですが、少し怖いところでもあります。

こんな岩に乗っています。

小さなヤクシマミヤマスミレの花。

くぐり杉をくぐるところです。

小さな川に見えますが、写真の屋久杉が流されてきたようです。

そういえば苔むした場所はたくさんあります。

時間と体力に余裕があったので二大大杉も見てきました。

木漏れ日が良い感じ。

 

エメラルドグリーンに輝く川面。

急峻な岩肌を流れ落ちていきます。

5月18日の大雨は自然の恐ろしさを感じさせるものでしたが、

このように何事もなかったように自然の美しさを見せつけられると

とても感慨深いものがあります。

最高の天気に恵まれた一日でした。(白谷雲水峡太鼓岩からの眺め)

Nさん、Sさん今回は短い旅行でしたのでまた屋久島に遊びに来てください。お待ちしております。

 


屋久杉だけではない屋久島の魅力を満喫!【屋久島里をめぐる観光ツアー】

2019年05月20日 | 屋久島里地観光ツアー

大阪から来られたFさん親子と屋久島一周の里の観光ツアーに行っていました。

Fさん達は実はにっぽん丸という豪華客船で来島されました。旅にもいろいろな形があります。

大きな船だと時間がかかりますが、旅情にひたるには最適です。

さて、こちらは猿川のガジュマル。皆さんが思っているほど南国ではないのですが、このような亜熱帯の植物もみることができます。

亜熱帯性の森、照葉樹の森、屋久杉の森・・・いろいろな森をみることができるのが屋久島の魅力でもあります。

こちらは竜神の滝。すこし増水気味です。雨の多い屋久島では至る所で滝をみることができます。

千尋の滝展望台。広大な岩壁のスケールに驚かされます。屋久島は火山の島ではなく、花崗岩が隆起して出来た島です。

もう新緑は終わったかと思っていましたが、とてもきれいでした。

カッパを着ているとなんか妖精のようですよ。海岸に海を見に行きました。

左隅には釣り人。この前もここで見かけました。ダツの仲間のような魚を釣り上げていました。

足元にはサンゴがいっぱいなのですが、三日月型のサンゴを発見!

落差88mの大川の滝。日本の滝百選にも選ばれています。近くに行くことができる迫力満点の滝なのでイチオシです。

屋久島の西(西部林道)では、アニマルウォッチング。ヤクシマザルやヤクシカを見ることができます。

最後はうみがめの産卵地いなか浜。夜中にはウミガメが上陸してきます。

雨の中、天候を心配しましたが大雨になることはなく無事にっぽん丸で帰っていかれました。

前回は屋久島の山しか見ていなかったようで今回はいろいろな屋久島の魅力・側面を知っていただけたようです。

Fさんツアーにご参加いただきありがとうございました。


幽玄な世界を楽しみながら【屋久島ヤクスギランドガイドツアー】

2019年05月17日 | 屋久島ヤクスギランドツアー

神奈川県から来られたIさん親子と屋久杉ランドの一日ガイドツアーに行ってきました。

(ちなみに前々日には白谷雲水峡の一日ツアーに行っています)

まずは屋久杉の事前勉強に屋久杉自然館へ。入口には昔使われたいたトロッコが展示されています。

今年は屋久杉自然館開館30周年の記念特別展を展示しています。毎年のように特別展示が変わりますので何回見てもあきませんよ。

この後、見に行った紀元杉の枝。ちなみに折れてしまった縄文杉の枝も見ることができます。

枝なのに推定樹齢1000年。このような展示が見れるのもここだけなので貴重です。

車で移動して紀元杉へ。車道のすぐ横なので歩く必要がありません。体力が心配な方にはおすすめの屋久杉です。 

間近で見ることができるので屋久杉の風格や木目がよく分かります。紀元杉、推定樹齢3000年。

いよいよ屋久杉ランドの入口へ。霧に覆われて周りは真っ白です。

雨が降っていたのですが、その方が緑は鮮やかに見えたりもします。

小雨程度であれば雨の日のトレッキングも悪くないですよ。苔も生き生きとしています。

母子杉に到着。裏側は苔むしていますが・・・

 正面に周るとこのような姿です。母子仲つつましく並んでいます。推定樹齢2600年。

樹高33.8mの背の高い屋久杉「天柱杉」。推定樹齢1500年。

白谷雲水峡に負けず劣らず苔も多い森です。 

少し揺れるつり橋を渡ったり。

つり橋からの眺め。屋久島の川のスケールの大きさ、水量、岩の大きさには驚かされます。

苔に覆われた屋久杉の切り株。 

根っこだらけの道を歩いたり。そう言えばこの日はほとんど人には合いませんでした。静かな森を歩くには穴場のヤクスギランドです。

仏陀杉。こちらから見ると口を大きく開けたように見えます。

風格漂う仏陀杉。

屋久杉の残骸たち。屋久島の林業の歴史なども垣間見ることができます。

Iさん達には白谷雲水峡との違いを感じていただきながら、幽玄な屋久杉ランドの森を楽しんでいただきました。

ヤクスギランドのガイドツアーにご参加いただきありがとうございます。