vitisktの日記

釣りと魚と植物と・・

釣果報告(180609 秀月丸イサキ釣り)

2018-06-15 20:47:56 | 日記

 

今週も旬のイサキ釣りへ

前日、Oちゃさん達がいって、イサキ、いくらでも釣れるということで、期待して出撃

Oちゃんさん達は、豪雨の中、釣りして大変だったみたいですが・・・

当日は・・・

ベタ凪ぎ、釣り日和

 

今日のタックルはロッドもリールもダイワで

ついでに天秤も

以前買ってたけど、あまり使ってなかったリーディングスリルゲーム73

64にすればよかった・・・。

 

釣り開始するも・・・

ちんもく・・・

前日も前半よくなくて、後半イレパクモード突入・・だったみたい

後半に期待

 

しばらくすると・・・

小型ながらゲット・・

お久しぶりのハトポッポ

 

次第に天気もよくなり・・・

釣り日和

いや、激暑い(>_<)し、蒸し暑い

おまけに・・・

いい時合いになっても・・・

釣れん・・・

おさかな、どうしちゃったの???

Oちゃんさんに・・・「豪雨で爆釣と、快晴で釣れないの、どっちがいいですか?」って聞いたら・・・

「悩みますねぇ」だって(笑)

釣りに来てるんだから、釣れた方がいいでしょう・・・

 

それでもいい時間は・・・

ボチボチ釣れました

なぜか前日より型が小さくなったみたいですが・・・。

 

釣果・・・

ミヨシ側の人と2人分

私の釣果は25匹だったかな 小さいのも含めて・・。

 

わかりにくいですけど、生かし分も

糸車の水槽、真っ黒さかな、ばっかりなんで、彩りにイラも持って行きました(^_^;)

 

帰宅後・・

 

早崎海峡のイサキ、やっぱり遠征ポイントのより脂のって美味

 

白子&皮ポン酢と一緒に

 

干物も・・・

いつもは背開きですが、お腹だしを先にして、後日干物にしたので、腹開きに・・・

 

4.5%食塩水に1晩つけて・・・

日本酒をまぶした後・・・

干物作り日和の日を狙って・・・

天日干し

完成

 

そのほか・・・

煮付けと・・・

 

塩焼きもちょー美味

この塩焼き、前日に学生さんが食べなくて、チンして食べたやつですが、めっちゃ脂のってうまかったです

 

脂のってるうちにまた釣りにいかないと

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣果報告(180603 大分照陽関アジ釣り)

2018-06-14 21:24:13 | 日記

関アジ月間

またまた大分へ

これまでは魚礁周りを狙っていましたが・・・・

産卵期にはいって、群れが産卵場所に移動したみたい・・・

ついにアンカー打ちの釣り開始です

前回の釣りの帰りに、今回の予約しましたが、意外にも大トモから2番目ゲット

釣り日和の予感

でも連続釣行で、かなりねむねむ

ポイントに着くまで寝ようかと思ってましたが・・・

あっという間にポイント到着・・・

スーパー凪ぎ凪ぎ

これが関アジ釣りですよねぇー

 

早速開始

序盤は潮止まりで・・・

仕掛け、まっすぐ・・・

でもだんだんと流れだすと・・・

喰いだした

 

おとなりさんも

げっと

 

私も・・

にゃっほーー

 

でも・・・

大トモのおじさん・・・

スーパー爆

入れる度にすぐに当たりあり

しかも、置き竿なのに、バレない

これが、アンカー打ち関アジ釣りの奥深さ・・・

私、当たりあっても、バレない時はバレないですが、バレる時は連続でバレます

 

それでも・・・

よく釣れます

そして・・・

なんか、いつもと違って、あまり引かないけど・・・

水面まで上がってきたら、急に横走りしだした

なんと初関サバ、ゲット

デカッ50クラス

早くたべたーぃ

 

その後も、結構、潮、流れてますが・・・

喰う

 

お隣おじさん、エンドレス・・・

この時もまだ照陽の探見丸は不調で使えませんでしたが、魚探みたら、海の中、凄いことになってたんでしょうね

 

私もまだまだ釣りますよ

 

イルカの群れも現れましたが・・・

関係なく喰います

十分に釣って・・・

納竿

 

大トモ爆釣おじさんの分は、帰港前に船長が締めてましたが・・・

80Lイグロ満タン

なんそれ・・・。

まさに、往時の関アジ釣りを彷彿とさせる、爆釣デーでした

 

当日、船長、1人で何匹神経締めしたのか・・・(^_^;)

 

船中唯一上がったサバは48cmでした

アジの最大も48cm

 

締めた分

生かし分

アジ、ひっくり帰ってますが、いつもこうなんです。

アジ君、釣ってすぐも生け簀にいれたら、こうなってるんですが、しばらくすると復活します

 

早速、帰って・・・

サバもお腹パンパン

さすがに産卵期だけあって、あまり脂はのってないですねぇ。

 

いただきます

なんかヤズの身みたい・・・。

一口食べると・・・いや、刺身引く時点で分かっていましたが・・・

これ、サバ・・・なん???

なんだこれサバの刺身って、柔らかい肉質だと思ってましたが・・・

めっちゃ締まってる

スーパーマッチョサバ

でもサバの旨味、濃厚

凄いな関サバ・・・

是非、冬の旬の時期の脂のりのりのやつを食べてみたい

 

アジも・・・

相変わらずな身の締まりようで・・・

しあわせ

 

翌日・・

サバ

なんと、あの身が柔らかくなるのが速いサバの身がまだ締まってる(驚)

サバのあら汁

めっちゃ旨い

 

さかなオンリー昼ご飯(^_^;)

 

畑組3年生と糸車へ

 

アジフライ、サイコー

ブログを書いてる今でもみると、お腹すきます(^_^;)

 

そして・・・

これは、ヤマツリTさんからアジと物々交換したイシダイ

今まで食べたことがないぐらい脂激のりで、スーパー旨い

寝かせてあるので、身は柔らかいのですが、かみ切る最後のところで、食感が残ってて、噛めば噛むほどじゅわっとイシダイの旨味が口の中に広がります

イシダイのあらだき、びっくりするぐらい旨い

うまいマダイのあら炊きの上を行ったかも

これは・・・今年最初になった畑のズッキーニ

これも糸車に持ち込んで・・・

料理してもらいました

塩昆布でソテーされてて、ほんのりとごま油の香り

うまうま

ごはんのおかずですねぇ。

ちなみに下に敷いているリーフレタスも畑産です。

 

イサキとアジとマルソウダガツオの白子盛り

イサキとアジは、甲乙付けがたいですねぇ。

アジの方が柔らかいです。ソウダガツオが一番、しっかりとした肉質です(←肉じゃないけど・・(^_^;))

白子好きにはたまりませんねぇ。

白子って、好きな人はめっちゃ好きだけど、嫌いな人はほんと嫌いですよね(^_^;)

 

産卵が終わるまで、もう少し釣れるみたいですよ

また釣りにいきましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣果報告(180602 秀月丸遠征イサキ釣り)

2018-06-08 20:49:35 | 日記

あっという間に6月・・・

ちょうど梅雨入り・・

梅雨といえば、やっぱりイサキですね

釣るのも楽しいし、食べても美味しい

誰にあげても喜ばれる

まさに、サイコーのターゲット

 

今回は遠征ポイントへ

めっちゃベタ凪ぎ

凪ぎの釣り、ひさしぶり

 

2時間あまりでポイント到着

早速釣り開始

出るか、デカイサキと思ったら・・

2流しで、お2人の方が2匹ずつ2kgぐらいのマダイ・・・

イサキ・・・皆無

どこいった???

ポイント移動

すると・・・喰った

でも・・・

あらっ・・・

あれぇ・・・

型が小さくなってる

大きくても40cmには届かない・・・

35cmクラス・・・。

うーん、前回来た時釣ったデカは、既に腹パンパンだったので、もう今頃、おろしている最中かも・・・。

群れが入れ替わったみたいです・・・。

まぁ仕方ないですね・・。

彼らも頑張って子孫残そうとしてるんだし・・・。

 

まぁボチボチ釣れる中・・・

指示棚まで仕掛け落としてる最中・・・

仕掛けが落ちなくなった

げっ、おまつりやん

と巻き上げてみると・・・

ん?? おまつりしてない・・・

なんか付いてる

海面に近づくと・・・

めっちゃ横走りしだした

あーあーあー・・・サバかぁ・・・

と思ったら・・・

違う

スマ

いや・・・

あぁ・・・・(>_<)

おしい・・・。

ソウダガツオだ

いいサイズだけど・・・

問題は・・・

こいつが、「マル」か「ヒラ」か・・・・ということ・・・

マルなら、いらんけど。。。

んーー、見分け方、忘れた

めったいに釣れないから、忘れるよねぇ・・・

とりあえず、生かしバケツで生かしとこ・・・と思ったら、やっぱり暴れるので・・・

締めることに

めっちゃ血出るわ

足下に流水バケツあると、血抜きにはほんと便利ですねぇ。

とりあえず、調べるのは後にして・・・

釣り再開

 

潮が止まると・・・当たりが減っていき・・・

ついでに、私、また手前まつり

海峡みたいに流れがあるところでは、手前まつり、まずしませんが、沖のポイントは流れないと、高確率で手前まつり

ちなみに、私ばっかり・・・。

流れのないところでは、誘わないと喰わないし・・・

誘うと・・・手前まつり

かんべん

それでも、なんとかボチボチ釣っていきます

 

隣のおじさん・・・

何度かお見かけしたことあったと思ったんですが・・・

(私、人の顔、全然、覚えないので、もしかしたら人違いかもしれません(汗))

あまり釣れてない様子・・・

棚はあまり広くさぐらず、ゆっくり誘った方がいいですよって、教えてあげたら・・・

その後、まさかの爆

同じこと、私がやったら、高頻度で手前まつりなんですけど・・・・

やっぱり仕掛けと天秤も問題でしょうね・・・。

このおじさん、長いパイプ天秤使われていましたし・・・。

でも、今までこんなに釣ったことなかったって、喜んでもらえてよかったです

生け簀も一緒に使っていたので、全部神経締めして差し上げたら、すごい恐縮されてお礼を言われました。

次回から、爆釣されるかな

 

結局・・・

私は25匹ぐらいだったかな・・

手前まつりが痛すぎます

ほどくのにも時間かかるし・・・、第一絡んでたら、釣れるお魚も釣れないですから

この他に・・・今回は実家へ送り

船に発泡スチロールを持ち込んでたので、直接締めた魚を詰めて、帰りに宅急便でおくりました。

 

あっ

実家の家族は、めっちゃカニ好きなので・・・

カニ食べたいということだったので・・・

船長から買っていれておきました

翌日、着いたら・・・

まず最初に食べたらしいです さかなは?って聞いたら、夜、食べる・・・って。 

足の先まで身がつまってて、内子もめっちゃ入ってて、サイコーに美味しかったそうですよ

15日まで禁漁なんで、しばらくはお預けですね。

また食べたいらしい・・・

私ももちろんカニ好きですが、買ってまで食べようとは思わないぐらいです(^_^;)

実家が食べたいというなら、また買って送りますかね。

 

とりあえず、帰宅後・・・

途中でTさんにあげた分を除き・・・

鱗とりとお腹だし・・・

そして・・・とりあえず一匹試食

期待して食べてみると・・・

・・・・

ん?

前回のと全然違う・・・

脂、落ちてる

いや、食べる前から、捌いている時分かってましたが・・・

この群れも、もう産卵真っ最中なのかも・・・

卵もだいぶ小さくなってましたしね

 

それから・・・・

忘れてたあいつを食べないと

ソウダガツオ・・

調べた結果・・・

「マルソウダ」でした

残念

でも、命を無駄にはできないので、美味しくいただきます

こいつは、傷みが早いので・・・今日中に食べないと

翌日は大分関アジ釣りなので、今しか食べるチャンスがない

早く寝たいけど・・・

捌いてみました

背側

ん?

腹側

おおーーー

なんだ、この脂ののり

ほとんどスマと同じやん(←少し言い過ぎました(^_^;))

筋肉は、ほとんど赤身で、血合いが多いですが、皮をはぐと溶け出す脂

なんだ、これ

一口切って食べてみると・・・

超絶旨い

またこの赤身と脂のマッチがサイコー

こんなさかな、他にいないでしょ。

筋肉マッチョなのに、皮下脂肪もたっぷり・・・って

スマは筋肉中にも脂あるけど、こいつは全くない・・・。

そこがスマとの違い。

身もこちらの方が柔らかいですね。

 

一口食べて・・・

これはアボカドと合いそうということで・・・

寝る時間ないけど・・・

スーパーへ

アボカドとマルソウダの漬け丼(ご飯見えませんが、下に酢飯があります)

一口食べたら・・・

昇天しそうな旨さ

まさに釣り人しか食べられない一品ですね

ちょー贅沢さかな定食

ごちそうさまでした

 

ソウダガツオ釣れたら、とりあえずしっかり血抜きして持って帰った方がいいですよ

でもしっかり冷やしてもってかえってくださいね。

鮮度落ちやすいですから。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣果報告(180527 大分照陽関アジ釣り)

2018-06-07 21:13:47 | 日記

キス釣り翌日・・・

寝たのはほぼ1時間・・・

ドーピングして、元気に出陣

ぎりぎりまで寝てたので・・・

震災後、最短時間で到着

4時半前には出船

なんで、こんなに早くでるのか・・・あとで分かりました

あっという間にポイント到着・・・・

釣り開始

 

今回、またまたクリスマスツリー魚礁エリアなので、流し釣りでやります

底もやりますが、中層もやります

照陽の探見丸のアンテナが壊れてるらしく・・・

残念ながら、海の中の様子、わかりません(>_<)

一投目・・・

最初は底から・・・

ん?ん?ん?

みんなのライン、てんでバラバラの方角へ・・・

げっ、二枚潮? 潮目?

でも・・・

いきなり・・・

ヒット

釣れた

その後も連続で釣れ・・・

今日は爆釣じゃ???と思ったのも束の間・・・

当然、おまつりラッシュ

船長、忙しそう・・・・

あんな8本も針付いてるサビキなのに、素早くほどいていきます

まさに神業・・・。

でも、最近、視力落ちてきてるみたい(^_^;)

船長も私と同年代だからですねぇ・・・。

 

おまつりするけど、釣れるタイムでしたが、船長的には誤算で、もっとバリバリタイムのはずだったそうです・・・

朝一が時合いだから、出船早かったみたいです。

それと・・・

次第に他船も増え始め・・・・

まさにこの魚礁、ラッシュ

一触即発の状態じゃ・・・

各船、順番待ちをして、ポイントにはいります(^_^;)

特に照陽の船長は、ピンポイントで反応があった時をねらって、仕掛けを入れる合図を出すので・・・・

我々、waiting time・・・(^_^;)

合図があったら、すかさず仕掛けを入れて、シャクリまくり

が・・・

次第に当たりも遠き・・・

ぜーんぜん釣れない

私は右舷大トモでしたが、ミヨシのお二人、コンスタントに喰ってる・・・・

なんで??

私のお隣のおじさん、何度も照陽でご一緒したことがある方ですが・・・

同じく沈黙でしたが・・・

ミヨシの方と同じサビキ変えた途端・・・・

イレパク

アジだけでなく、タイやイサキなんかも・・・。

あー、そのサビキ、私、持ってないわぁ(>_<)

照陽では、赤アミ(ジャンボ)を2角半、配られますが、私、2角目は1匹も釣れませんでした

おまけに・・・

瀬、ギリギリまで攻めるので・・・

私、カゴ3ロスト

さらに、おまつしした時、PEに傷が入ってたせいだと思いますが・・・・

シャクったら、高切れ

カゴさらにもう一つロスト

なんと、今回、カゴ4ロストに、仕掛け5ロスト

泣きそう・・・

 

また潮が動き出すと・・・

マダイとか

ウマヅラ・・・も喰ってきましたが・・

 

アジも釣れました

アジ釣りの魚を掛けた後、上げてくるときのドキドキ感、たまりませんねぇ(笑)

でも、あーバレるかもぉ・・・って思うと、バレます

痛恨の3連続バラシ

喰いが浅いのか、よく分かりませんが、バレやすい時と、全くバレない時、ありますねぇ・・・。

終盤、喰いがたったのに、数、伸ばせませんでした(泣)

10匹ぐらいだったかなぁ・・・

今年の、アジ釣り・・・・鬼門です

流し釣り、むづっ

やっぱり、アンカー打ちの方が釣りやすいのかも・・・・。

ちょっとしたシャクリ方で、全然釣果が変わって来るようです

アジ釣り、奥が浅そうで、めっちゃ深い・・・

 

よく見えませんが、何匹か生かしで

800gぐらいの刺身が期待できるマダイも

 

気温も水温もだいぶ高くなってきたので、年のため、パック氷を2つ入れて持って帰ったら・・・・

なんと、水温下がり過ぎて、おさかな、危篤

一匹はダメそうだったので、糸車の駐車場で締めて・・・

残りは生け簀に入れたら、復活しました

よかった

マダイは全然、元気

さすが・・・。

 

家に帰って、早速・・・

この身のしまりがたまらん(^_^)

絶対、ショウガ醤油がオススメです

 

研究室の4年生とは・・・

塩焼きで

 

 

ウマヅラスープ

めちゃうまっ

黄金スープですよ

 

翌日はあまったスープをアレンジして・・・うどん

うまい

 

糸車には、畑組のお二人と・・

手前のS瀬さん、初参戦

彼女、大学院博士後期課程までいくそうですよ

 

アジ刺に

アジフライ

もう一皿

 

キス天も

マダイ刺

やっぱりキロ弱のマダイ刺は、脂ものってるし、身も締まってて旨い

 

イカはイカ焼きに

畑のニンニクは素揚げに

A村さん、気に入ってくれたみたい

 

そして・・・

momo0411minaさんとm343434nさんご家族にもお裾分け

またまたプロみたいな盛りつけ・・・

すごっ

 

もう少し抱卵関アジ狙えるみたいです。

もっと腕、磨かないと・・・(>_<)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣果報告(180526 天草松島ボートキス釣り)

2018-06-06 21:40:59 | 日記

5月最終週末・・・

またまたW釣行(^_^;)

今度は土曜日、海の都キス

日曜日、大分関アジ

 

まずはキス釣りから・・・

3週連続ボートキス

いや連休のショアキスから入れると・・・

何回目だ?(爆)

天気予報では、朝のうちだけ予報・・・

前回、シケシケだったけど、今日は雨さえ我慢すれば、大丈夫

8時ぐらいから出撃

1人出撃だと、どうしてものんびりしてしまいます(笑)

朝、満潮で、お昼に最干、そして日没頃満潮・・・・

いまいちな潮・・・

やっぱり、午前中、上げ潮で、午後満潮、そして15時ぐらいまで下げをやるのが、一番釣れると思います

でも、前回はベスト潮だったけど、あの爆風・・・(>_<)

どうも今年は、キス釣り、天気に恵まれません

 

いきなり有望ポイントでも良かったですが・・・

いろいろとポイントチェックしながら、傾向を知りたかったので・・・

手前からやっていきます。

満潮時しかやれない、激浅ポイントから

前回、H氏と、シケシケの中、唯一まともサイズが釣れたところ。

が・・・

潮位高くて、いい感じですが・・・

釣れてくるのは・・・

20cm弱ばかり・・・

えっー、ここ、近場だけど、型いいんだけどなぁ・・・。

無風なんで、ボートが全然流されず、あまり広く探れません。

あちこち、動いて・・・

やっと、まともサイズポイント発見

最初やってたところから、そんなに離れてないんだけどなぁ。

おさかなもあんまり、うろうろしてないみたい・・・。

 

いつまでも粘っても仕方がないので・・・

チェックを終えたら、次のポイントへ

前々回みつけた、下げがいいポイント

強くなる一方・・・

今回、初めて魚探でチェック

おーーー

手に取るように、ポイントが分かりますねぇ。

やっぱり良型釣れたところ、瀬のそば

ダイレクトに狙うと・・・

やはりいい感じで良型ばかり釣れる

こんなところ、誰もやらんでしょうしねぇ。

さすがにショアキスほどストイックに攻める気はしませんが・・・(^_^;)

 

好調に釣っていたところ・・・

なんと、突然の南風・・・

今日は一番小さいボート・・・

ヤバイヤバイ・・

あっという間に波が高くなっていきます・・・

なんなん、これから、いい時なのに

とりあえず・・・

風裏へ・・・

もちろん開拓

予め、グーグルマップをみて、有望そうなところを絞っていたので、そちらに向かいます。

が・・・風が回り込んできて・・・

なかなか進めない(>_<)

途中で断念し・・・

手前側の目を付けてたところだけやってみましたが・・・

爆風すぎて、あっという間に流される(>_<)

ここ、浅瀬、少ししかなくて、すぐに15mぐらいまで落ちるので、流されるとあまりやれません・・・。

数流しだけしましたが・・・

イイダコだけでした(>_<)

 

その後、港の方へ・・・

写真、撮ってるかと思ったのですが、撮ってなかった・・・(>_<)

大浦港の辺り

完璧風裏

狭い水道になっていて、流れは速いですが、風に流されるほど速くはありません。

すると、一投目から・・・

20cmちょいキスゲット・・・

その後もポツポツ・・・

コース変えながら流してみて・・・

やっぱり毎回同じ所で当たることが判明

あんまり広いエリアにはいないみたいです。

ここは水深15〜17mぐらいありますが、キス、釣れますね。

でも、キス釣りは絶対浅場の方が、おさかの引きも強いですし、錘も軽くできるので、楽しいですね

できれば5m以内のところをやりたいです。

釣れるけど、どうしても・・・っていう時しかやらないでしょう。

 

全然、風は止みそうになく・・・

はぁ・・・どうしようかねぇ・・・。

明日も大分まで走らないといけないし・・・

このまま、雨風強ければ、早めに上がるかな?と考えていたら・・・

雨は上がりました

でも風が・・・

最初は南風でしたが、今は北東向き・・・

一番、港に帰りづらい風

絶対、ムリだけど、下げ潮でやってた本命ポイントに意を決して向かいました(爆)

またまたびしょ濡れ

とりあえず、アンカー流し釣法(笑)でやってみますが・・・

それでもガンガン流され、あっという間に、瀬ゾーン、藻ゾーンへ・・・

やっぱりムリだ・・・

いそいそと退散

さぁ、どうしよう・・・・。

潮は、最干でそろそろ上げ潮

魚探みながら、瀬の脇の砂地を探していきます・・・。

まぁ探しているのは瀬ですが・・・。

すると・・・うーん。ここはどうかな?

投げてみると・・・・

こっちにも瀬があるのかぁ・・・。

じゃあ、こちらからやったら?

最初3mぐらいで、流していくと15mぐらいまで落ちていきます。

すると・・・

デカイの連発

いらんのも、釣れますが・・・。

キスは全部25cmオーバー

MAX27cm ん?28cmだったかな?

 

キタキタ

ボートキス釣りの醍醐味は、これなんですよ

自分で良型ポイントを探して釣る

遊漁船では味わえないおもしろさ

所詮、キスでしょ・・・じゃぁ、ないんですよねぇ。

 

かえりまーす。

今回のボートは14ftの2スト9.9馬力

どれくらい燃料喰うのか・・・心配でしたが、たった7.5Lしか使ってませんでした。

ちなみに4ストの時は、2人で乗っても6Lでしたけど。

まぁボートは大きい方が船上を歩くときに安定感があっていいですけど、この2ストは、リコイルスターターが軽いし、簡単にかかるので、ちょこちょこ移動する時には楽ですね。

 

凪ぎエリアまで来てから・・・

お魚、締めます。

お腹だしまで

40分かかりました

これプラス、針飲み込んで、クーラーに入れたやつ

 

キープ分

76匹でした

帰りに山本で検量したら・・・内臓エラ抜き状態で4.6kgでした

過去一の平均サイズかも

あの天気の中、よく釣ったと思います(自画自賛)笑

 

帰宅後・・・

翌日のアジ釣り荷物に積み替えます

翌日は、4時集合らしい・・・

大丈夫か?私・・・

寝る時間ないけど・・・

体にむち打って・・・

新鮮なうちに刺身に

うーん、美味しい

死後硬直前のキス刺は格別ですね

でも・・・

もう大分出撃まで、2時間・・・ぐらいしかないので・・・飲めません

 

次、いつキス釣り行けるか分かりませんが、次回は是非、大潮の凪ぎ日に記録とりにいきたいです

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加