だらだら奥様

家事嫌いの奥様です。掃除してるより仕事のほうが断然!楽だわ~。おほほほ。

14才の母 第三話

2006-10-26 10:12:35 | テレビ番組
ついにキリちゃん(お腹の子供の父)と友達にも妊娠した事実を話してしまいます。
友達からは当然だったとしても キリちゃんからも子供を産むことを否定され、手術を受けるべく母親と一緒に病院へ向かいますが 院内で聞いた赤ちゃんの泣き声・・。

「やっぱり手術できない」



ドラマの展開上ここで中絶手術はありえないよね、と思ってはいましたが複雑な心境で見ていました。

中学生の頃って妙な倫理観?や死生観があって、自殺にあこがれたりする部分があったり、授かった命を大切にしたい、という強い思いがあったりしませんか?
実際に育てられるかどうかを冷静に考えれば「無理」という結論に至ると思うのですが そこの部分は目をふさいで「命を守る」ということに自己陶酔してしまうのだと言い切ってしまうのは強引かもしれませんが。

産婦人科医も「14才の出産は肉体的にもリスクがある」と説明しています。
まだまだ成長途中にある身体。
もちろん精神的にはまだまだ子供。
親になるにはやはり早すぎる年齢ですよね。

このドラマが性の低年齢化、安易な妊娠に警笛をならすストーリー展開になればいいのですが・・・このままの展開では・・・大丈夫かなぁ。
出産→(子育ては親に協力してもらって)→仕事しながら夜間高校で勉強します→産んでよかった ってな安易な結末はないですよね?
あ、もちろん来週から学校にもばれ私の愛する北村一輝演じる雑誌記者によって世間にも暴露され?つらい日々を送るであろうことはわかってるんですけど。

14才の娘のハハはちと心配です。

コメント   この記事についてブログを書く
« アップルパイ | トップ | 山型食パン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事