だらだら奥様

家事嫌いの奥様です。掃除してるより仕事のほうが断然!楽だわ~。おほほほ。

メダカたちも暑いよね~。

2017-07-31 16:02:13 | メダカ、睡蓮鉢
メダカの屋外飼育での難所である 「猛暑」の季節になりました。

玄関の南側で一番日が当たるところの鉢の温度は 午後になると軽く30度を超え、暑いときには34度になってたこともあります。

とりあえず、100均ミニすだれで 一つ一つの鉢を日中は2/3ほど覆うことで どれほど温度上昇を抑えることができるのかわかりませんが、少しでも影を作らなければ メダカさんたちが煮えてしまいます(~_~;)


 

そんな暑さにもメゲず、5月生まれの子たちがお母さんに!!!!

追加で買った紅白や楊貴妃、ぶちラメのお腹にもタマゴがついています!!


87ジ~ジさんのブログで見たタマゴトリーナを20個ほど作って、各鉢に投入~~~~♪



ちゃんとここに生むんだよ。

 

メダカの交尾~産卵については ↓のページにめっちゃわかりやすくて美しい写真がありました!!

 

雄の背びれに切れ込みがあるのは意味があったんだぁと大感動。

 

http://www3.famille.ne.jp/~ochi/medaka/06-kobi.html

 

http://www3.famille.ne.jp/~ochi/medaka/07-sanran.html

 

http://www3.famille.ne.jp/~ochi/medaka/index.html

 

 

そういえばもう10年以上前になると思うんですが、叔父さんがメダカにはまっていた時期がありました。

縁側の発泡容器にたくさんのメダカが泳いでいて メダカについて熱く語られたんですが 当時は全く興味がなくて「メダカなんて・・・」と適当に返事をしていたのを覚えています(^_^;)

叔父さんごめんね。

メダカ 可愛いよね。

はまるよね(笑)

お盆にはメダカの話をしようね♪

コメント

ロードプラザ倉敷

2017-07-07 10:14:07 | メダカ、睡蓮鉢
お取り寄せで購入した睡蓮にはまだ花芽はつきませんが(泣)10匹の普通の黒メダカから生まれた稚魚は すでに100匹を超えました。

それに伴って 容器も1個2個と増えていき・・・

もう稚魚の数は把握できていません(^_^;)

 

それでも小さな小さな針子と呼ばれる子メダカが 一生懸命泳いでいるのを見るのは楽しくて 時間を忘れてしまいます。

 

ネット上のいろんな情報を集めている中で、家からそう遠くないところにメダカのお店があるということで、週末夫と出かけてきました。

ロードプラザ倉敷という産直のお店の一角にある「めだかの宿」というところです。


 


さまざまな種類のメダカたちの中で、私が一番気に入ったのが「倉敷紅白」というメダカ。

「さわやかブルー」という青いメダカもとってもきれい♪♪

「体内光」だとか「夢ヒカリ」という品種は キラキラしてて これもきれいだし 赫月(あかつき)という朱色がとっても生える品種や ネットでよくみかける「楊貴妃」に「幹之(みゆき)」めだかもたくさんいました。

「倉敷錦」という品種は 小さな錦鯉のようです。

 

で・・・・・・悩んだあげく、自分の気持ちに正直に(夫は楊貴妃が欲しかったみたいだけど)

 

 

「倉敷紅白」と「さわやかブルー」 各10匹お買い上げ~~~~。


 


最初 先週末買った 大きな鉢に混泳させるつもりだったんですが、やっぱり別々に飼おうということになって、さらに2個の中サイズの鉢を買ってきて 雨の中立ち上げ準備。


 

水が落ち着くまでしばらくは たらいの中に置いたガラス瓶(これで持って帰った)で暮らしてもらいます。



こうしとけば 水温の変化も少ないかな?

 

あ~~~~どんどんメダカにのめりこんで行く~~~~~~!!

 

 

 

さて話は全然違いますが、昨日ボウリング連盟の役員さんから電話があって、スポーツマスターズに出られることになりました。

予選次点だったんですが、上の方が都合で辞退されたらしくて 繰上げになったようです。

 

今年は県外大会は予選が受けられなかったり、落ちたりだったので、全国大会に出る機会が与えられて 素直にうれしいです。

 

メダカの世話もありますが ボウリングの練習も頑張らなくては!

 

コメント (1)