だらだら奥様

家事嫌いの奥様です。掃除してるより仕事のほうが断然!楽だわ~。おほほほ。

コアリズム むずかし~~!!

2008-06-20 13:15:06 | ダイエット
先日届いたコアリズムですが






これ・・・・・・




むずかしいっす!
できねーっす!!



基本のマーチができないってどういうこと!?

あれ?あれれ????
足の運びがなんか違うし いつの間にか左右の腰の上下が逆になってるし(^_^;)

一応ヘルプやバックの映像見てるんですけど やっぱりできましぇん。
手は元々肩が痛いから適当にやってるんですけど、足と腰の動きが連動してくれません。

クワバタオハラのくわばたさんは「大丈夫!できるようになるから」とブログに書いてましたけど 本当にできるようになるんかいなぁ・・。


運動自体はビリーに比べると軽いです。
でもしっかり汗かきます(って今の時期だから??)

目標はまず7月末までに-1.5kg!
ウエストはそうだなぁ・・・-3cm!!(しょぼい??)
コメント

パン教室でカレーパン & コアリズム

2008-06-17 15:54:09 | パン・お菓子
前回のパン教室のメニューは

 イーストドーナツ
   ツイストシュガー
   シナモンシュガー
   あんドーナツ
   チョコかけ

 カレーパン
 ピロシキ

という大好物ばっかりだけど かなりの高カロリーオンパレードメニューでした。

ドーナツ専用オイルというのを使って揚げたので 普通にサラダ油で揚げるよりは気持ちカロリーオフ??

揚げたてはどれも超美味しい~~~~!!!!
ダイエット?んなもん今は考えたくない~~~♪って感じで、昼食でお腹いっぱいになってたにも関わらず試食用のドーナツ&パン、軽く食べてしまいました。




ところで!お笑い芸人のクワバタオハラのくわばたえりさんが コアリズムでウエストサイズダウン成功したって知ってます????

クワバタくびれ大作戦

なんと!!わずか45日間で ウエストマイナス20cmだそうですよ!!奥さん。
はじめてから2週間で10cm減ってすごすぎです。


最近体重もウエストも徐々にリバウンドの兆しが見えてきてしまって、でも四十肩が痛くて運動できないし・・・
と思っていたところ このコアリズムなら下半身集中だからいいかも??




・・・・・


で、買っちゃいました~~。
多分明日あたりには届く予定です♪♪



レッグマジックにもかなりそそられてるワタシです(^_^;)









コメント

アンネ=ゾフィ・ムター 倉敷公演

2008-06-10 14:32:42 | 音楽
アンネ=ゾフィ・ムターの倉敷公演行ってきました。
いけなくなった知人にチケットをもらったんですが 行ってよかった!!!

アンサンブルの素晴らしさ、バイオリンの美しい音色を堪能させてもらった満足度200%の演奏会でした。

ムターは13歳の頃あのカラヤンに認められ「天才少女」と言われたバイオリニストです。
現在45歳ですがめっちゃ美しくて 夕べもマリンブルー(トルコブルーかな?)のマーメイドドレスが妖艶でした。
ちなみに トロンハイム・ソロイスツの女性メンバーたちは全員おそろいのロングスカートで 前半紫ベースの玉虫色、後半青ベースの玉虫色でした♪
ムターのお色直しがあるかなぁ?なんて思ってたんですが・・・ちょっと残念。


プログラムは
 バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント
 Bartok: Divertiment for String Orchestra Sz.113

 J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042
 J.S.Bach: Violin Concerto No.2 in E Major BWV1042

 ヴィヴァルディ:「四季」
 Vivaldi: The Four Seasons

トロンハイム・ソロイスツという室内楽団との共演です。
バイオリン1:5人
バイオリン2:5人
ビオラ   :3人
チェロ   :2人
ベース   :1人
チェンバロ 

という構成ですがめっちゃ楽器が鳴るので fffではアマチュアオケのフル弦くらい迫力があります。
一方PPPになるとめっちゃ繊細・・・でもバランスも音色もパーフェクト。すごい!としか言いようがありません。

ムターとのアンサンブルも言う事なし。
ムターの弾き振り(ソロ兼指揮)だったんですが、わずかなアインザッツで見事に揃います。
舞台袖登場からセンターについて、ハンカチを置いたと思ったら・・・いきなり!
なんでアレで出られるの??って感じです(笑)

しかしなんといっても ムターのバイオリンの素晴らしさには打ちのめされましたよ。
左手のテクニックは言うに及ばずですが 右手の弓のコントロールがもう芸術的です。
まったく無駄な力が入ってなく 力みも何もない バイオリンという楽器が出せる最高の音を引き出していました。

あーーーーどう表現したらいいのか。
とにかく「素晴らしい!」んですけど やっぱりこんな陳腐な表現じゃダメだわ~~。足りないわ~~。

バッハもヴィヴァルディも「お!ここをこんな表現の仕方で弾いちゃうんだ~」という新たな発見もありました。
ムターの表現にトロンハイム・ソロイスツのメンバーもぴったり寄り添ってついて行ってます。


アンコールは3度。
「四季」から2曲とラストは「G線上のアリア」
(アンコールでもフライング拍手はできればやめて欲しかった~)


今日はサントリーホールでの日本公演ラストです。




コメント