たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

振り返り記事 「ブログ」

2018年10月09日 18時08分36秒 | ブログ考

gooブログから 丁度1年前に書き込んでいた記事が 届きました。
1年前に何を書き込んだか等 覚えているはず無しの爺さん、
「そういえば そうだったかな?」、
記憶が蘇ってきます。

2017年10月9日の記事、

 
ブログ
日々 多くの方々のブログを 拝見、拝読させていただいている 後期高齢者です。北海道から、東北から、九州から、沖縄から、海外から・・・・、刻々と発信されるブログを クリック一つで楽し......
 

 

コメント (2)

「僕と君のレッセッセ」

2018年09月11日 11時12分04秒 | ブログ考

夜空に広がる綺羅星の如くの数多のブログの中から お互いにたまたま繋がった 一握りのブログ友。
読者登録し合ったり コメント交流したりしていますが 古い人間に言わせれば 「これも 何かのご縁」とか、「縁 有って・・」ということになるのでしょうか。
ネット上で 見ず知らずの人と 声掛けし合ったり、励まし合ったり、慰め合ったり、喜び合ったり、笑い合ったり、・・・等々が出来るなんて、
前時代には 考えも及ばなかったことです。
記憶力減退爺さんの備忘録、日記、懐古録の類として始めた 気まぐれ拙劣ブログにも拘わらず、それでも読んで下さる方がおられる等には、日々驚き、ある意味 感動さえしているくらいです。
まだまだ数年しか経っていませんが そんなブログの良さをかみ締めながら、それが出来る今の時代を享受したいと思っているところです。

昨日の書き込みした記事 「長寿を祝う会へ」にも コメントをいただきました。
自らは 現在ブログを開設しておられないとおっしゃる読者 ミミ3103様が 後期高齢者には 温かい贈り物、花束にも勝る 詩を コメントで送って下さいました。
松山千春の未発表の曲 「僕と君のレッセッセ」の 歌詞です。
早速 YouTubeで 聴かせていただきましたが ジンとなっているところです。

「僕と君のレッセッセ」、
YouTubeから共有させていただきました、

ミミ3103様、有難うございました。

(追記)、
昭和40年代中頃、結婚を決意した頃の古い話です。
当時はまだ 北陸の山村の実家は極貧だったこともあり 自分達の結婚に関して 一切負担を掛けたくないという強い思いが有りました。
にも拘らず 結婚資金は ほとんどゼロに等しく、
二人で話し合い 結婚式も 費用の掛からない公共施設で簡略的に済ませたり、公社住宅空き家募集に応募したり 最初から共稼ぎでの スタートとなったのでした。
多分 そんな頃だったと思います。買ったのか、貰ったのかの記憶定かでは有りませんが 気に入って 飾っていた土産品が有りました。

茶箪笥の飾り棚の奥の奥に 今も尚 埃だらけで残っているのに気が付きました。

「まずしいから あなたにあげられるものといったら 柔らかな五月の若葉と 精いっぱいの愛する心だけ」

 

コメント (2)

爺さんの「引き出し」

2018年07月19日 08時31分40秒 | ブログ考

今からもう 7~8年位前だったと思う。
朝日新聞に 「初めてのブログ」?等という記事が 連載されていたことがあった。
仕事柄 PCは 公私で使っていたものの、必要最低限しか活用しておらず 御多分に漏れず I T音痴、
「ブログ?って なんのこっちゃ?」レベルの爺さんだったが 「PCさえ有れば 誰でも 簡単に始められますよ・・・」等という 甘い?誘い掛けに なんだか良く分からないまま 開設してしまったブログである。
すでに 記憶力減退甚だしくなっていた折、昨日、今日のことを忘れない内に書き留めておこう、過去の記憶の欠片を炙り出して これまで生きてきたあしあとを 出来る限り書き留めてみよう等という思いが 働いたような気がする。
とても 自分史等という類のものを書く才等無しながら ブログに 断片的に書き込んでいけば なんとなく 自分史的になるかも知れない・・・等と かってに思い込んだのかも知れない。
まさに 自分自身のために 気まぐれに書き込んでいる類のブログであり、とても 他人様にお見せするような代物ではないが 公開されてしまうものである以上、それなりの緊張感が伴う。
出来る限り誤字脱字に注意したり 体裁を考えたりしているが 一向に進化せず、開設当時から ほとんど変わっていない。

gooブログの「カテゴリー」は 爺さんの「引き出し」?

日記にしても備忘録にしても もし 紙ベースで作成し保管等したとしたら 年々膨大な量になり 大変なことになってしまうはずだが 有難いことに gooブログの「カテゴリー」に詰め込めば まるで その心配は無く、ほぼ無限に詰め込める 「引き出し」のような存在だと思っているのだ。
あくまでも 自分が生きている間の「引き出し」であり いずれ残された者は ブログ解約等すれば 一瞬にして片付いてしまう「引き出し」だ。
ゴミと化してしまう紙ベースの日記や備忘録の処分のような 苦労は無かろう。
今の時代、それでいい・・と 思っている。

カテゴリー・「山歩記」(190)、
気力体力減退の後期高齢者、もはや 無理は禁物、山歩きも自制している感有りだが 主に 過去に訪れた山の写真やメモから 記憶を炙り出して 纏めている 「引き出し」だ。

カテゴリー・「懐かしいあの曲」(235)、
最近の新しい音楽等は なかなか覚えられず チンプンカンプンの爺さんだが 不思議なことに 子供の頃や若い頃 聴いた音楽は 脳裏に焼き付いているもので ふっと思い出した曲等を 纏めている「引き出し」だ。

カテゴリー・「野菜作り・畑日誌」(267)、
昨年はどうだったっけ?2年前は?3年前は? 
覚えているはずは無く 役立っている「引き出し」だ。

もうひとつ 有難い機能は 「ブログ内検索」、
ブログは いまや ほとんど記憶があてにならなくなっている爺脳に代わる 記憶補助ツールになっている。
確認したい事がある時は 「あーだ、こーだ」言ってるよりは 「ブログ内検索」すれば 一瞬にして判明。
記憶力減退の後期高齢者、おおいに助かっているのだ。

「日残リテ 昏ルルニ 未ダ 遠シ・・・・」  (藤沢周平著 「三屋清左衛門残日録」 より)

コメント

振り返り記事 「ブログ」

2018年07月08日 21時17分28秒 | ブログ考

gooブログから 丁度1年前に書き込んでいた記事が 届きました。
「そう言えば・・・」、
記憶が蘇ってきます。

2017年7月8日
「記憶を蘇らせてくれるブログ」

 
記憶を蘇らせてくれるブログ

「去年は どうだったっけ?」畑の 「ジャガイモ収穫」の話です。記憶力減退の老夫婦、「ジャガイモ収穫」の話に限らず 1年前のこと等 すっかり忘れてしまっていたり 記憶曖昧になってしま......
 

 

コメント

ブログについて(再)

2018年03月28日 08時17分25秒 | ブログ考

子供の頃の断片的な記憶、昔のことが ふっと蘇ってくることが有ったりする反面、最近のこと、前日、一週間前、一ヶ月前のことが思い出せなくなっている日々、記憶力減退後期高齢者には ブログが 今や 脳に成り代わる記憶補助ツールの存在になってくれており 大いに助かっています。
時には 以前に書き込んだ記事の内容も忘れてしまって また 同じ内容の記事を 書き出し始める始末、
「まてよ・・・、確か 前にも 同じこと書き込んだような気がする?・・・」、
「ブログ内検索」してみると やっぱり・・・、
なんてことは しばしば。

「ブログについて」も 何回か書き込んできましたが 「ブログ内検索」で 出てきた前回の記事を、「以下同文・・・」ってな調子で 「振り返り記事」に してしまいました。

振り返り記事 → 2017年10月9日 「ブログ」

先日 静岡県の三ケ日で 買ってきた フリージア(紫色)、
花言葉は 「期待」「憧れ」、
色によって 花言葉が異なるようで 白色は 「あどけなさ」、黄色は 「無邪気」、赤色は 「純潔」、
共通する花言葉は 「期待」 なんだそうです。

コメント

ブログ

2017年10月09日 09時07分19秒 | ブログ考

日々 多くの方々のブログを 拝見、拝読させていただいている 後期高齢者です。
北海道から、東北から、九州から、沖縄から、海外から・・・・、刻々と発信されるブログを クリック一つで楽しめる、こんな時代を享受することが出来る等とは 数年前までは 思いも付かないことでした。

一言で ブログと言っても その考え方、目的、使い方等については 人の顔が夫々違うが如く 千差万別であることを実感しています。

生き方や政治等について 自分の考え方、意見、論評等を発信するブログであったり
山岳写真、風景写真、花や鳥の写真等を 発表、展示するブログであったり
詩、俳句、小説、随筆等 文芸的作品を 披露するブログであったり
音楽に造詣の深いブログであったり
趣味の家庭菜園、ガーデニング等中心のブログであったり
過去の旅行や登山の思い出を綴るブログであったり
地元の情報を 詳細に発信するブログであったり
日々の何気ない暮らしを記録した日記ブログであったり
・・・・・・・、

型式に囚われずに 自由自在に編集出来るブログだからこそ 実現することなのかな と思ったりしています。

では 「たけじいの気まぐれブログ」は いったい どうなんだ?と問われると 
「ウーン、なんやかんや ごちゃごちゃしていて 片田舎の雑貨屋みたいで 分らん」
「記憶力減退爺さんの脳に代わって 記憶を補助してくれる便利なツール、日誌みたい、備忘録みたい、とても人様に お見せするようなものでは あらへん」
「自分流に自由に楽しめる 年寄りの 頭の体操、ボケ防止の道具(おもちゃ)」
等々 と 答えてしまいそうです。

いずれにしても ひょんなきっかけで始めたブログですが 今や 手放せない存在になってしまったのかな と感じています。

小学生の頃 夏休みとか冬休みの宿題で 絵日記を書かされた記憶が有ります。
中学生になってからも ある国語教師の指導で 一時期 日記を付けていたことが有って つい数年前 その忘れ去っていた古い日記が 実家に残っていたのを見つけ 一種の感動を覚えたことが有りました。(そのことを 「あの日あの頃・中学生日記」等と 当ブログに書き込んだこともありましたが)
社会人になってからも 日誌的なものは付けていましたが 手書きのもので ほとんどが付け放し、例えば その日誌から 記憶曖昧な過去の記録等を探し出すこと等は 大変なことでした。
やがて PC日誌の類となり 検索機能を使えば 一瞬にして 確認出来たり調べることが出来るようになり 記憶力減退爺さんの強力な 記憶補助装置?になってくれました。

日記日誌のつもりであれば PC日誌で十分であり わざわざ 一般公開されてしまうブログに変える必要も無かったわけですが ブログには その日その日の写真も簡単な操作で挿入出来る等 様々な便利な機能も有り、「いいね!」に なったのでした。
それに PC日誌の類であれば あまり文章も考えず メモ書きスタイル、殴り書きになるところですが 第三者に見られるブログは そうは行きません。多少は 頭を働かして 文章を考えたり 誤字脱字にも注意しなければならない訳で 緊張感が違います。
認知症予備軍?の爺さんの ボケ防止になるかも知れない等と 勝手に思い込んだこともあります。

今も尚 従来の手書きの日記日誌をつけている方も数多おられますが 長年に渡り たまりたまって山となっていると思います。
やがて 死を迎えた時 第三者にとっては ゴミ同然、残された者が大変になるところ、PC日誌の類やブログであれば 必要が無くなった時点で 「消去」、「削除」、「解約」すれば 「はいお終い」、
一瞬にして 片付いてしまいます。
今では 「それで いいんじゃないかなぁー」等と 思ってしまっている爺さんです。
近い将来 ブログも書き込めなくなる日が 必ず来るはず・・・、
「その時が 本当のお終いかな」等と つくづく思う 今日この頃なんであります。

コメント (8)

古い記事へのアクセス

2017年07月31日 09時09分07秒 | ブログ考

このブログは 6年程前に 突然思い立って始めたもので 当時は 「ブログって なんのこっちゃ?」レベルの爺さん、なにも分っていないまま 「OCNブログ人」で 開設したのですが その後 OCNが ブログサービスを停止してしまい その時点で 「gooブログ」に 引っ越してきたブログなんです。

最近 そんな「OCNブログ人」時代に 書き込んだような 古い記事にも 時々 アクセスが有り びっくりすることが有ります。
昨日も 5年も6年も前の記事にアクセスが有ったこと 「リアルタイム解析」で 知りました。
そんな前の記事、覚えているはずも無い爺さん、自分でクリックしてみて 「そう言えば そんなこと書き込んだこと有ったっけな?」等と 記憶を蘇らせているところです。

その記事は こちら → 2011年11月30日 「私にとってのブログ

ちなみに 「ブログ内検索」で 検索してみたら 全く同じようなことを 今年の3月にも書き込んでおり 何回も同じような話をしたり書いたりする・・これ 認知症の前兆か?等と 自嘲しながらも また 書き込んでしまいました。

2017年3月3日の記事→ こちら

斯斯然然 ブログは 今や 記憶力減退爺さんの脳になり代わる 「記憶補助ツール」にもなってくれているというわけです。

畑の周りの叢の ショウリョウバッタ

コメント (2)

記憶を蘇らせてくれるブログ

2017年07月08日 10時01分36秒 | ブログ考

「去年は どうだったっけ?」
畑の 「ジャガイモ収穫」の話です。
記憶力減退の老夫婦、「ジャガイモ収穫」の話に限らず 1年前のこと等 すっかり忘れてしまっていたり 記憶曖昧になってしまっており 毎度 そんな風になってしまいます。
まして 2年前は ?、3年前は ? となると なんだか 話が混乱して 正誤も不明になってしまいます。

ブログに対する考え方、目的、利用方法等については 一人一人顔が違う如く 千差万別ですが キラ星のような魅力的なブログを 日々 拝見拝読させていただきながらも 当ブログは 専ら 日記風雑記録、備忘録の類のブログでしか 有りません。
そんなブログで モジュール、「検索」を 表示させているのですが これを 自分が 活用しているのです

「ちょっと 待って・・・」
「検索」に 「ジャガイモ収穫」と入力、「ブログ内検索」すれば 1年前、2年前、3年前・・・・、の「ジャガイモ収穫」の記事が 一発で出てきますので うろ覚えの夫婦が あーだこーだ言っているより すばやく確認出来るというものです。
記事をみれば さすがに記憶は蘇ってきますので お互いに納得。
花の開花や野菜収穫等は、その年の気候等により 1週間、10日 ずれること 当たり前ですが ブログで確認出来るので いろいろ参考にして 対応も出来るというものです。

容量いっぱい、記憶機能が壊れ掛けた 後期高齢者の脳に代って 記録、記憶を留めてくれるブログ、ブログは 記憶補助ツール、外付けHDみたいな存在、私にとって 今では 無くてはならない 有難い存在になっていると思っているところです。

さーて、清水の舞台からとびおりる思いで 「スイス」 ツアー旅行に参加したの 2年前だっけ?、3年前だっけ?。

Edelweiss Mixed Choir エーデルワイス 混声合唱

コメント (2)

「〇〇に行ったの いつだっけ?」

2017年03月01日 09時33分55秒 | ブログ考

「ブログ」のスタイルは 千差万別、人の顔が違うが如く 個性が有り 日々 拝見拝読すること自体 今や 楽しみにもなっています。
夫々 ブログに対する思いも異なり 自由自在、それがまた ブログの魅力なんだと思います。
これが 均一で 統制された形式のものであったとしたら 全く味気なく 興味関心が失われてしまうでしょう。
綺羅星の如くの魅力的なブログを 感じ入りながら拝見拝読しながら 見習ったり、参考にさせていただいたりして なんとか 続けている爺さんですが 結局は 自分の力量の範囲で 自分流にやっていくしかないんだと 観念しているところです。

私が 数年前にブログを始めた理由の一つは 極めて記憶力減退し始めた自分自身のための 「備忘録」「記憶記録の補助具」として 「これは良い」と 思い込んだからなんです。
いま一つは ネタを探し しかも 作文?しなければならない訳ですから 多少は 脳を動かさなければならず 迫り来ているボケを 遅らせてくれる効果 有りや無しや・・の 期待もしたからなんです。

「ボケ防止 期待し 始めた 爺ブログ」
「呆けぬ内 記憶の限りを 書くブログ」
「錆びついた 脳に鞭入れ 書くブログ」
「あと幾年 最終章を ブログと共(友)」

ブログは 投稿した瞬間 不特定多数の方に見られてしまう訳ですから 一応は それなりの体裁を整えることが必要ですが 「たけじいの気まぐれブログ」は 「自分自身のために 記事を残すこと」が 目的ですので 読者をあまり意識しておらず 面白くもなんともない記事内容ばかりに なってしまいます。

忘れないようにメモを取っても そのメモをどこに置いたかも忘れ、メモを取ったかどうかも忘れ、何を忘れたのかも忘れる・・・、そんな危険な?暮らしをしている後期高齢者が 辿りついた 強い見方? それが 「ブログ」だと 思っているのです。

「gooブログ」を 一つの「キャビネット」と 考えました。
その中の 「カテゴリー」を 一般で言う 「フォルダ」とか「引き出し」と 考えました。
その「フォルダ」「引き出し」の中に 日記でも雑記でもなんでも記事にして 溜め込んでおく という イメージなんです。
こうしておけば すっかり記憶から消え去っていることでも 例えば
「〇〇に行ったの いつだっけ?」 となった時に
「このブログ内で検索」で 抽出、さっと分かる という 自分なりの活用法なんです。
退化した、あるいは 壊れ掛けた 脳の記憶装置を 補助してくれる装置だと 考えています。

従来の紙ベースの日記や雑記の類であれば どんどん溜まるばかりで それでいて いざ 「〇〇に行ったの いつだっけ?」となった時も その中から 探し出す等 至難のこと、不可能だった訳ですが 「gooブログ」であれば 「このブログ内で検索」、クリックするだけだ 一発、二発で 分かりますので こんな有難いこと無し と思っているのです。

「去年 ジャガイモ植えたの いつだっけ?」
「浅草七福神巡りしたの 何年だっけ?」
記憶が当てにならなくなった老夫婦、しょっちゅう こんな会話になりますが 「gooブログ」が 大いに役立っているのです。

ブログは あくまでも Web上の利用ですので 自分が生きている間に出来ること、死んでしまえば ブログ契約解約、一切消滅しまい 何も 残らないものでしょう。
それはそれで 良しと 今では 考えられるんです。
従来の 紙ベースの日記雑記の類は 第三者にはゴミのようなもの、整理処分片付けに手間が掛かり 迷惑になる話、ブログであれば 相当な容量の記事でも その心配も無しということになりますから。

 

 


 

コメント (13)

OCNブログ人→gooブログ リダイレクト設定 完了

2014年10月20日 20時04分44秒 | ブログ考

「OCNブログ人」のサービスが まもなく終了するため 9月に 「gooブログ」に 引っ越してきましたが 先日 「OCNブログ人」に アクセスがあった際 「gooブログ」へ 誘導する機能が リリースされたのを受け 今日 「リダイレクト設定」を完了し 即 誘導が開始されました。
「OCNブログ人」の「たけじいの気まぐれブログ」に アクセスされた方には 突然 画面が変わり びっくりされる方もおられるかも知れませんが 今日からは 是非 「gooブログ」「たけじいの気まぐれブログ」 URL http://blog.goo.ne.jp/takeziisan を 「お気に入り」の仲間にして下さいますよう よろしくお願いします。

コメント