気ままぶらぶら

絵手紙満載のブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気ままぶらぶら 嘉麻市へ行く

2018年01月10日 22時55分59秒 | たなのぶ・あした絵


このブログのルーツ「気ままぶらぶら」10年ぶりの復活です
コメント

小倉城に初詣した

2018年01月08日 09時08分53秒 | たなのぶ・あした絵


小倉城にて初詣しました

場内の八坂神社にて今年の「健康第一」「家内安全」「お金ほどほど」を
お願いしてきました

太宰府天満宮はニュースで人出の多さを聞く前から行く気が萎え

宗像大社 宮地嶽神社も混雑は見えているので

八坂神社をチョイス

この選択は正解で 程よい人出でした

50年ぶりの小倉城も 青空をバックに堂々とそびえています

今年も健康で過ごせますように!

って言ったが 今週は胃カメラ エコーと検査が予定されています

覚悟しなければ(笑)
コメント

たなのぶあした絵・ラーメンの絵

2017年11月07日 07時55分36秒 | たなのぶ・あした絵

パソコンに保存中の画像を整理していたら
9年前に描いたラーメンの絵がでてきた

今は こんな絵を描く気力が湧いてきませんバイ
コメント

たなのぶあした絵・ほうじ茶

2017年11月01日 19時42分41秒 | たなのぶ・あした絵

このところ山本一力さんの時代小説にはまっています

小説に頻繁に登場するのが
「熱々のほうじ茶」と「厚く切った羊羹」
羊羹は門前仲町・櫓下の「岡満津」の羊羹が作者のお気に入りらしい

ほうじ茶は普段飲むことは無いのだが
いただき物があったことを思い出し淹れてみました

お茶に添える羊羹
さすがに「岡満津」のある東京までは遠すぎる
子どもの頃から食べていた秀島の英彦山羊羹にする
いや 最近は「バナナ羊羹」なるものが人気らしい
テレビでも紹介されている

熱々のほうじ茶を茶碗になみなみと注ぎ
厚く切ったバナナ羊羹でひと息いれる

至福のひとときですな




コメント

たなのぶあした絵・煙草盆って

2017年10月31日 19時33分21秒 | たなのぶ・あした絵


山本一力さんの時代小説にはまっています

アマゾンや楽天の電子書籍をipadで読んでます

電子書籍なら本が散らかることが無いので
嫁に怒られることも無く安心です(笑)

山本一力さんの時代小説には頻繁に「キセル」「煙草盆」が登場します
角型の火鉢もセットのように出てきます

読みながらなぜか祖母のことを思い出します

明治生まれの祖母は
座敷の中央に据えた角型の木製火鉢の向こう側に座り よくキセルで煙草を吹かしていました
火鉢の炭火にはいつも鉄瓶に湯が沸いていて 客人と美味しそうに茶をすすっていた記憶があります

キセルの掃除は少年だった私の仕事で
半紙をこよりに撚り そのこよりをキセルの管に通します
白いこよりに煙草のヤニがべっとり茶色です
茶色が無くなるまで 何度もこよりを通すのです
臭いもきつく あまり楽しい作業ではありません
それでも私は結構気に入っていて 祖母がもういいよと言うまでひたすら掃除をしていました

60年前のことですが 懐かしく思い出しました







コメント

絵はがきのお仕事

2017年10月06日 05時11分18秒 | たなのぶ・あした絵


「願いは、かなう」

久しく忘れていた言葉を思い起こし

人と人との縁の素晴らしさを感じる出来事がありました。

今年の春、地元のおうどん屋さんから
お店が今年創業50周年を迎える記念に、私の絵手紙(あした絵)をお客様にお配りしたいとの話をいただきました。

このお話をいただいた時、感慨深い思いがいたしました。

このおうどん屋さんは香春岳の麓にある地元でも有名な店。
「立ち食い」スタイルで気取らずに安くうどんを食べることができるお店です。

私は十数年前からここのうどんの絵をはがきに描き、「勝手」にブログなどで紹介していました。
おそらく100枚以上は描いています。(このブログにもたびたび掲載しました)

ただお店の方とは話す機会もなく、私は時々来店するただの客だったのです。

打ち合わせの結果、社長様の意向や要望は反映しつつほとんどを私にまかせていただくことになりました。

絵はがき、それに添えるお店の案内チラシ(画像左上)、パッケージングなどのすべてを私がデータを作り、イラストを描き

印刷の手配、袋入れまで私が行いました。

自分のアイデアや感覚を活かすことができ
緊張感のある楽しいひと時を過ごすことができました。

用意した絵はがきセットは短い期間に無くなり、お客様に好評だったようです。


「いつか私の絵手紙(あした絵)がうどん店の皆様の目に留まっていただきたい」と思いながら
うどんの絵を描き続けました。

その思いが通じたことを大変うれしく思います。

私の絵手紙(あした絵)を受け入れていただき社長様には深く感謝申し上げます。





コメント (2)

数山家住宅を訪れる

2016年11月21日 08時46分58秒 | たなのぶパソコン画

地元添田町の津野にある「旧数山家住宅」
国指定の重要文化財です
江戸期の農家の家屋を保存しています
昨年屋根の茅を葺き替えました

で 案内看板に私のイラストを使っていただいています
このことを宣伝したかっただけです(笑)
.
画像は9月に撮影したものです
コメント (3)

ポストカードの3作目が届きました

2016年11月02日 14時27分06秒 | 絵手紙

先月発注していた 第3作目のポストカードが印刷会社から届きました
今回のイラストは しつこく使い続けている
「鯛」の絵です
新たに「ありが鯛。」「おめで鯛。」のコピーを入れ
誰にで使っていただけるようにしました
私は 年賀状に使おうと思ってます
またまた調子に乗って200枚も印刷してしまいました

11月は ラーメンの絵など2種作る予定です
5種(枚)ポストカードが出来たら
セットにします
出来上がったら ブログでご紹介する予定


コメント (4)

ポストカードの2作目が着荷しました

2016年10月28日 14時17分29秒 | 絵手紙

今日、注文していたポストカードが出来上がって届きました。
第二作は、大分県日田市豆田町の町並みをイラストにしたものです。
今回は、「調子をこいて」200枚印刷してしまいました。
絵の周りに白ぶちを入れても良かったかなと思ってます。
実際出来上がったら、改善点が見えてきます。

今後はあと4点印刷し、計6枚セットにして周りの方に差し上げようかなと
考えています。
今までに描きためたイラストは2,000点くらいあります。
私が80歳になるまであと15年。
一年間に10点ポストカードに作っても計150点。
そんなものか(笑)
コメント

ポストカード制作中

2016年10月28日 11時23分15秒 | 絵手紙

急に思い立ち
今までに描きためてきた、イラストをポストカードに仕立てています。
記念すべき第一作は、遠賀川河川の菜の花畑を揺らして走る筑豊電鉄の電車です。
現在、2作、3作目を印刷に回しています。

このポストカード100枚作りました。
周りの親戚や、友人に配りまくっています。
ただで。(笑)
「販売すればいいやん」と言ってくれる人もいますが、
このカードをお金を出してまで買ってくれる人がおるとは思えません。
世の中そんなに甘いもんじゃあないですよね。

次のカードが出来上がってきたら、このブログでご紹介します。
コメント