川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

風化⑦

2019-11-14 15:01:52 | 川柳

じいちゃんは車の免許が無かったので、

牛を使って田の作業を上手にしていま

した。牛を使う日は僕は必ず見に行き

ました。牛が歩くのをやめると手に持

ったムチで尻をパンと叩くとまたのそ

りのそりと進みます。作業が済むと汚

れた牛の足を水で洗い雑巾で拭き草や

わらに配合飼料を一握り振りかけ食わ

せました。飼っていたのは黒毛和牛で

子が生まれるととても可愛いかった。

 

   「牛の尻たたくのどかな農作業」

   「牛の声空に響いて暮れなずむ」

   「免許なければないで世渡りそれで済み」

   「一日の終わりに牛の足洗う」

 

     本日の歩数 3,067歩(雨)

 

コメント

納め

2019-11-13 15:02:03 | 川柳

大相撲九州場所が始まりました。

一年の納めの場所と言われます。

各力士の激闘ぶりを三日間見た

上で今場所の優勝争いを予想し

てみます。相対的に横綱の力量

が後退し、往時の破壊力が見え

ません。大関は練習不足で力が

出し切れていません。関脇小結

は取りこぼしが目につきます。

よって今場所は誰が優勝するか

予想しずらいですが、敢えてす

れば白鵬、高安、御嶽海が頭ひ

とつリードし貴景勝と朝乃山が

続く展開と考えています。予想

が当たるか波乱があるかあと十

二日間TVから目が離せません。

 

   「予想通り行くなら誰も苦労せん」

   「予想することで頭が活性化」

   「気力では勝って体力ついて来ず」

   「自分史に何度波乱の涙痕」

 

     本日の歩数 8,821歩

 

(山茶花が開花)

 

 

 

コメント

「拾う」

2019-11-12 15:02:16 | 川柳

“餅まき”ではまく方よりも拾う方が

面白い。拾えば食料になるし、くじ

付きでは豪華景品が当たる場合もあ

ります。しかし場合によってはまく

側になるときもあります。あっちへ

どっさり、こっちへどっさりまく度

人並みがどっと押し寄せ人々が一目

散に餅を拾いあう姿が何とも愉快だ。

 

   『餅まきへ波紋のように人が寄る』

 

(2019年11月・川柳マガジン・課題「拾う」・荻原亜杏選・七〇秀)

(      同        上   ・本荘静光選・七〇秀)

 

   『拾われた財布が戻る人情味』

 

(      同        上   ・荻原亜杏選・七〇秀)

 

     本日の歩数 8,797歩

 

 

 

コメント

粗末

2019-11-11 15:01:26 | 川柳

小さい時から仏壇へお供えをしたり

お墓の掃除などを丁寧にする子供は

いません。もっともお寺の跡取りは

別ですが。若いうちは家族の誰かが

やっていた仏事も年を取るごとに祖

父母や父母が欠け自然と順番が廻っ

てきます。先祖への供養を省略した

り粗末にしていると子や孫はそれで

いいのだと間違った解釈をしてしま

います。正しいやり方をしてみせて

時には口承しておくことも必要です。

 

   『子や孫に供養する背を見せておく』

 

(2011年11月・川柳マガジン・雑詠・市川 一選・佳作)

 

     本日の歩数 2,993歩(雨)

 

 

 

コメント

害毒

2019-11-10 15:02:52 | 川柳

数年前でしょうか、松山港でヒアリが

見つかったというニュースがありまし

た。その後駆除が追いつかず全国的に

かなり増えてきて噛まれた時の害毒が

心配されます。また今年だったでしょ

うか新居浜港で毒グモのセアカゴケグ

モが発見されました。外国船のコンテ

ナなどに住み着いて有毒な昆虫が今後

も多く入る恐れがあり注意が必要です。

 

   『毒グモとヒアリが増える港町』

 

(2019年11月・川柳マガジン・課題「不気味」・荻野浩子選・佳作)

 

     本日の歩数10,564歩

 

(クモが赤トンボを捕えています)

(クモの卵のう)

コメント