ギターとともに...おやじの再出発ブログ ~My Pace, My Life~

大病から復帰した親父は、ギターを始めました。やりたかったことをゆっくりと。家族とギターとともに歩む。。。マイペースな人生

ついに演奏曲を決定!

2010-01-31 08:30:00 | ギターな日々
葉山・真名瀬の小道から海へ

昨日は、今月最後のレッスン。そう、そして、発表会の演奏曲の登録締切日でした。
結局、アンドリュー・ヨークの「サンバースト」に決めました。無謀といえば無謀、
いや、かなり無謀ですが、まあ、どの曲を選んだところで、私にはハードルの高い
ものばかりなので、考えても仕方がないと。。。最後はあんまり悩まずに決めた
次第。もちろん、講師も賛成してくれました。

登録に当たり、おおよその演奏時間が必要とのことで、早速、レッスンがてら演奏
時間を計測。いやあ、緊張しました。。。

ところで、実はこの曲、別にイントロダクションがあるのですよね。一旦、決める
と欲が出るのでしょうか、余裕も無いくせにそのイントロダクションもやろうかな、
という気分になってます。
いや、これ以上無理をするつもりは毛頭ないのですが、サンバーストは結構テンポ
があるので、下手すると、演奏を開始してから、落ち着く間もなく、最後まで突っ走
ってしまいそうなのです。
なので、ゆったりとしたイントロダクションの間に、緊張の山を越してしまいたい
という皮算用ではあります。

何はともあれ、発表会まであと2ヶ月。やれるだけのことをやって臨みたいと思い
ます。

Toshi
Comments (2)

東北紀行

2010-01-30 09:15:49 | スローライフ・家族の日々


先日の記事、「初レッスン」の中で、年末年始にかけて帰省と仕事を兼ねた8泊9日の
旅行を敢行した旨をお伝えしました。私の帰省先は岩手県久慈市。で、今回たまたま
青森での仕事があったため、実家を前進基地にした次第。

実は久慈に帰省した際、楽しみにしていたことがありました。ブログでお世話になって
いるtakkiさんが久慈在住で、久慈の名所を素晴らしい写真で紹介されており、ぜひ、
そこを訪ねてみたかったのです。

というわけで、既に1ヶ月程、時間があいてしまったのですが、少しだけですが、東北
の風景をお楽しみください。



すみません、風景ではありませんね!これは、久慈市内にある、takkiさんお奨めの
「ラーメンの千草」さんのラーメンです。
両親も連れて5人で行ったのですが、行ってビックリ!ゲキコミです!!凄い人気。
店の中から行列が出来てました。実は私は基本的に並ぶのが大嫌い。。。いつもは
並んでまで食事はしません(笑)。でも、今度はいつ来れるかわからないし、仕方なく
並ぶことにしました。でも!待った甲斐がありました!!写真はチャーシューメンです。
鶏がらスープ、チャーシューも鶏。シンプルですが、本当に美味しいラーメンです!
息子も喜んで完食してました。ラーメン博物館出店経験もあるとのこと。納得です。




これは久慈の長泉寺にある、日本一の大公孫樹(イチョウ)の木。国指定天然記念物
になっています。残念なことに、以前、台風で主幹が折れてしまったそうですが、
それでも大きい。全景を写真に収めるのは大変です。。。推定樹齢なんと1,100年。
シーンと静まり返った境内の空気と相まって、まさに威厳を感じる立ち姿でした。





これは、小袖海岸近くの赤浜展望台。写真がイマイチですみません。本当はとても
迫力のある風景が拡がっているのですが、携帯だとこれが限界。。。




これは久慈渓流です。ここから美しい渓谷が続きます。渓谷に沿って国道を走りま
すが、変化に富んだ風景を見ながらの快適なドライブでした。とても真冬とは思え
ない好天に感謝。

以上、私も久慈の良さを再認識した次第でした。takkiさん、ありがとうございました。
これらは、takkiさんのブログで美しい写真を見る事ができます。



さて、ちょっと東北らしい?風景を。。。



これは、元日の久慈駅の風景です。この電車に乗って青森に向かったのです。快晴
で、とてものどかな昼下がりといった風情。

ところが。。。

出発して、1駅目。八戸線の侍浜駅。 ここで、いきなり強風を理由になんと運休!
となりました。で、タクシーに振替乗車で八戸へ(爆)。 前途多難な旅の予感。
激走1時間、結局、八戸から乗る予定だった特急にタッチの差で乗り遅れ、その後
の列車は、雪でダイヤが乱れており、駅で1時間近く待ちぼうけ。
雪???イヤな予感です。八戸も晴れているので、実感がわきません。

ところが。。。

三沢を過ぎた辺りから、いきなり雪になりました。



これは、野辺地駅の風景。



青森駅です。屋根があるのに、ホームに雪が積もってます。



青森市内の風景。

岩手とはいえ久慈は、太平洋沿岸。やはり日本海に面する青森は豪雪地帯。八戸
から特急で1時間程度で、こんなに天気が変わるとは驚きですね。
東北の冬、まさに恐るべしです。しかし、子供は普段見ない雪に大はしゃぎでした。
街中の往来をそれこそ雪まみれになりながら、走り回ってました。通行人に迷惑が
掛からないかハラハラでしたが、こんなに喜んで貰えるなら、行った甲斐があった
というものです。よかったよかった。

ということで、長々と申し訳ありませんでした。最後まで見て戴きありがとうございま
した。

Toshi


※この記事は、何れ実態に合わせ、1月初の投稿日時に変更する予定です。
Comments (2)

1拍目

2010-01-23 23:07:59 | ギターな日々
葉山・森戸海岸から富士山、江ノ島を望む。


ソロギターは、1拍目がアクセント。1拍目を意識せよ。。。どう一拍目に収れんさせて
いくか。そう考えると、この音符がなぜここにあるかも判るようになる。。。
と、講師は言います。
如何に抑揚をつけて弾くか。。。未だに表現力の乏しい私への有難いアドバイスです。
がむしゃらにやるだけではダメのようですね。。。

Toshi

Comments (8)

どんと焼き

2010-01-17 16:30:28 | スローライフ・家族の日々


1週間前の出来事で恐縮ですが、私が住む葉山町のどんと焼きの模様をお伝え
します。どんと焼きは、全国各地に様々な呼び方があると思いますが、ここ葉山
では、どんと焼きと言います。
この地区のどんと焼きは、一色海岸に大きな穴を掘って燃やします。
この日は快晴!!散歩がてら、注連縄を燃やしに家族で出かけました。



会場が海岸ですから、快晴と相まってとても気持ちが良いです。
どんと焼きでは、その火で餅を焼いて食べれば、その年は無病息災といいますよね。





こんな風に、ちょうど釣竿のように、竹の先に餅をつけて吊るし、焼きます。

餅もしっかり食べたので、今年も健康で元気にいきますよ!

Toshi
Comment

初レッスン

2010-01-16 16:25:43 | ギターな日々
葉山・一色海岸のどんと焼き


ご無沙汰してます。年末年始にかけて帰省と仕事を兼ねた8泊9日旅行を敢行し、
その後も、仕事は来年度予算編成で超多忙、ドタバタしていて、ブログ更新に手が
つきませんでした。遅ればせながら、ようやく始動です。
訪問戴いていた皆さん、有難うございます。改めまして今年も宜しくお願い致します。

さて、今年の初レッスンに行ってきました。発表会まで3ヶ月を切ってます。今月末
には、演奏曲を決める必要があります。
心は、もう半分以上、押尾コータローアレンジによる「First Love」に傾いていたので
すが、今日のレッスンでは、選択肢として、前の練習曲であるアンドリューヨークの
「サンバースト」を久々に演奏してみました。相変わらずゆっくりと、ですがね(笑)。

いやあ、久々の演奏。講師一人の前ですが、緊張して汗かきました~。

やっぱアカン(汗)(涙)。。。と思っていたら、、、

思いがけず、「これくらいやれれば、いいのでは? そのスピードでも飽きずに最後
まで聞けたし。。。」とのお言葉。

「昨年より良くなってると思う。当然、練習すべき課題はあるが、やはり時間を置い
たことで、曲が身体に入ったのでは」と講師。

「えー???うっそーーー」

一方で、「メカニカルな速弾きフレーズについては、乗り越えるしかない。練習時間
の制約があるとは思うが、出来る限り毎日弾いた方がよい。サイレントギターを使っ
てでも。。。一旦、乗り越えてしまえば、時間が空いても、練習で回復できる。。。
まずは乗り越えましょう。」なあんて、アドバイスも頂戴しました。。。
わかっちゃいるのですがねえ。。。

実は、今日は「サンバースト」は引導を渡されて、曲は「First Love」に決まりかな?
って思っていたので、またまた迷う結果になってしまいました~。
「サンバースト」はアップテンポの曲。村治佳織や木村大もカバーしているニューエイ
ジの名曲。「First Love」はご存知スローバラードの名曲。どちらも弾ければいいの
でしょうが、それは無理な相談(笑)。

まあ、月末まで、「サンバースト」も練習してみます。

一番の問題は、私の自信の無さかも知れません。(爆)


#サイレントギター。。。カミさんに相談してみようかな(爆)。
Toshi
Comments (2)

2010年

2010-01-01 12:52:06 | スローライフ・家族の日々
あけましておめでとうございます。

昨年は温かいメッセージを有難うございました。

本年も何卒宜しくお願い致します。

2010年が、皆様にとって素晴らしい1年でありますよう、心より願っております。

Toshi@携帯
Comments (2)