☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

I Wanna Be Loved By You / Marilyn Monroe

2010年03月09日 | サウンドトラック


日曜日はホワイトデーです。


聖なるチョコレート(含む義理チョコ)を受け取った方 
ご参考までに、gooランキング をお知らせ致します。


                   ホワイトデーのお返しで残念だったものランキング - gooランキング


 6位  好きではない人から手紙付きで
 7位  下着
 8位  直前に調達したと思われるお菓子
 9位  男性側の好みのCD
 10位  包装されないまま手渡し

   なるほど なるほど。 女性の皆さんのホワイトデーに対する繊細な気持が感じられるアンケート結果です。

  1位の 『こちらが渡した物より明らかに金額が低い』 は一見現実的と思うところですが、そうでは無いのです!!

      “気は心” とは言いますが、さにあらず!!   
     
      “感謝の心” は見えざるもの。惜しむべからず。ケチは論外。
      
      “倍返し” がスマートなホワイトデー紳士ではないでしょうか。

                         ご参考になれば嬉しゅう御座います。





そんな訳で、こんなセクシーな女性からチョコレートを貰ったら100倍返し・・・。
いや!昇天  してしまうのではないかしら?と思われる

往年のハリウッ女優 マリリン・モンロー の歌声です。


マリリン・モンローの名言。

“寝る時には何を着ているのですか?” 記者の質問に

 “シャネルの5番よ

と答えたとか。 
ご自身のイメージを客観的に把握していて、お洒落な答だなぁ・・・と感心します。

シャネルの5番で、しゃ~寝るか!(コレは駄洒落 )


セクシーさが際立つマリリンさんですが 

       とても無垢な方だったのかも?

無垢であるが故に翻弄されてしまったのかも知れません。


マリリン・モンローがこの世を去ったのは1962年。当時36歳の若さでした。

睡眠薬の大量摂取が死因と言われていますが
息絶えていた側には薬を服用する為のコップが無かったことや
彼女が記していた日記帳が消えてしまっていたこと等・・・謎の多い最期を遂げたようです。

知り過ぎしまった??

何となく、当時の交際相手だった故ジョン・F・ケネディ大統領(当時)と関係がある様な気がします。


 キナ臭いお話はこの辺で曲に参りましょう。


1959年の映画 『お熱いのがお好き』 から  “ププッピドゥ~ ” のフレーズでお馴染みの
『I Wanna Be Loved By You 』 をお聴き下さいませ。





I wanna be loved by you, just you         あなたに愛されたいの
And nobody else but you              他の人じゃイヤ
I wanna be loved by you alone           あなただけに愛されたいの

I wanna beissed by you, just you          あなたにキスして欲しいの
Nobody else but you                 他の人じゃイヤ
I wanna be kissed by you alone           キスして欲しいのはあなただけ

I couldn't aspire to anything higher       欲しい物なんて何もない
Than filled with desire to make you my own  あなたを私のものにしたい それだけよ
          
I wanna be loved by you, just you        あなたに愛されたいの
And nobody else but you             他の人じゃイヤ
I wanna be loved by you alone           あなただけに愛されたいの
     

コメント (8)

Angel

2008年06月11日 | サウンドトラック

サラ・マクラクランの歌声には癒しを感じます 

とても素敵な曲 Angel は、
メグ・ライアン ニコラス・ゲイジ 主演の映画「シティ・オブ・エンジェル」の挿入歌でもあります。



蛇足ですが。
サラさんって「元アメリカ副大統領」のアル・ゴアさんに似ていると思うのは私だけでしょうか 

今一番LIVEに行ってみたいアーティストです。断然

Angel




you're in the arms of the angel       色んなことがある世の中だけどね


may you find some comfort here      あなたは天使の腕の中にいるのだから大丈夫なの

                            
                                 かなりの違訳だなぁ~ 

                           
                        声の伸びがたまりません。うっとり。

  
コメント (3)

Pretty Woman

2008年05月17日 | サウンドトラック
               BuenaVistaPictures/Photofest/MediaVastJapan




プリティ・ウーマンは現代版のシンデレラストーリー

ハリウッドにやって来たリチャード・ギア扮する、ウォール街きっての若手実業家が
街角に立つコールガールと気紛れに1週間の期限付きで契約を結びます。
契約が終わり、離れ離れになりますが、1週間の間に二人には愛情が芽生えるのですね 

ラストシーンでは高級車に乗った彼が花束持参で彼女のアパートメントに迎えに行くのです。
ヒロインになったつもりで観るととても楽しめる映画間違いナシです 


プリティ・ウーマン(1990) - goo 映画


ヒロインを演じているジュリア・ロバーツはまさにハマリ役。
この映画で彼女はブレークしました。

始めは野暮ったかったコールガールが高級ブティックで着る物を買い揃え
美容院でスタイリッシュなヘアスタイルに変身して
見違えるように美しくなったドレス姿ギアさんの目の前に現われる姿は爽快。

ラストシーンでのジュリアさんの白いTシャツに紺ジャケ姿は、清潔感があって素敵でした



音楽はモチロン

 ジャンジャジャジャ ジャ~~~~ン 

イントロを聴くだけで プリティ・ウーマン だと分る方が大勢いらっしゃると思う程有名な曲ですね。

1964年に“ビッグ・オー”の愛称で有名なロイ・オービソンが発表した曲ですが
まるでこの映画の為に書き下ろしした様にマッチしています。

ロイ・オービソン - goo 音楽


Pretty Woman  Roy Orbison
 


現代の王子さまは、白馬ではなく

白いリムジンで姫さまを迎えに行くのですね。 

                                          

コメント

プリティ・リーグ

2008年05月15日 | サウンドトラック

プリティ・リーグは、爽やかな余韻が残る映画です。


【ストーリー】
1943年。男たちが戦場に行ったアメリカで、菓子メーカーの社長が女性だけのプロ野球チームを結成する。監督は、過剰な飲酒ぶりが問題のジミー(トム・ハンクス)。
各地から集められた女性選手たちは「女の野球チームなど必要ない」
という世間の嘲笑を浴びながらもその実力を発揮していく。(Amazon.co.jpより抜粋)


プリティ・リーグ(1992) - goo 映画



戦時中のアメリカでは女性だけの野球チームが実在していたそうです。
さすが野球の本場です 

チームの女性達を纏める(?)トム・ハンクスはお茶目な監督振りが良かったし
花形選手のジーナ・ディビスの“男前な女性”も気持ち良かったです。

かつてのチームメートがすっかりお婆さんになって
数十年ぶりに再会するラストシーンには泣けました

そこで流れるのがマドンナマイ・プレイグラウンドです。

感動的なシーンにピッタリな曲です 

マドンナ自身もヤンキー娘なチームの一員として出演しています。


最近発表した新譜『ハード・キャンディ』は原点回帰の傑作と評判が良いので
是非聴いてみたいと思っていますが・・・ジャケ写がちょっと過激です

POPな曲もクールでいいですが
私はこの曲の様な、彼女のバラードがとても好きです 






This used to be my playground        ここは私の遊び場だったの

This used to be my childhood dream     これは私の子供の時の夢だったのよ


                              夢中になれるものがあるって素敵だなぁ~ 

コメント   トラックバック (1)

Bridget Jones Diary - Someone Like You

2008年05月13日 | サウンドトラック

「ローマの休日」のヘップバーンは憧れの存在ですが
「ブリジットジョーンズの日記」のブリジットは等身大なヒロインです。


【ストーリー】
ロンドンの出版社に勤めるブリジットは32歳のシングルトン(独りで立派に生きていける独身者)。
新年のパーティで手痛い質問攻めにあい、今年こそは体重を減らし、お酒とタバコを控え、ステキな恋人をゲットしようと決意。
まずは日記をつけることから始める。そんな矢先、気になる上司ダニエルから意味深なEメールが届く。
親友達のアドバイスに従ってクールに振舞う彼女だが、肝心要の仕事で大ドジを踏んでしまう…。(Amazon.co.jpより抜粋)


ブリジットのポジティブなところが大好き
迷惑でない程度にめげず、積極的に生きていくところが好きです。

ブリジットの「当たって砕けろ」精神は大いに共感します。


それから、ブリジットがプレイボーイの上司をふって、最後にになる
堅物で頑固。でも暖かい心の持ち主、マーク・ダーシーはとても魅力的です。

演じているコリン・ファースは、ペ・ヨンジュンさまの次に好きな俳優さんです

主演のレニー・ゼルウィガーはブリジットを演じるため10キロ増量されたそうです。
クランクアップ後には元のスリム体系に戻っていましたから、プロフェッショナルだと思いました。

魅力的な女優さんだと思います。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001) - goo 映画


映画音楽もいいです

オープニングに流れる「オール・バイ・マイ・セルフ」やダイアナ・ロス等。


今日はラストシーンで流れるヴァン・モリソンSomeone Like You
素敵なシーンと共にお聴きになって下さい 

Someone Like You ・・・貴方の様な人。    素敵なタイトル。

ヴァン・モリソン - goo 音楽

Bridget Jones Diary - Someone Like You




 ダーシーがブリジットに思い切って告白するシーン


    「I like you very much ・・・  Just as you are」  


                       キャ~~~~~~~っ 

                                     KOされました 



コメント (2)