☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の桜だより♪

2016年04月11日 | 日々のあれこれ




桜の盛りは過ぎてしまいましたが
先週、松本城の周りは満開。

歩いて帰りながら桜の風景を写真に収めました 


 

帰宅途中にお花見が出来るなんて嬉しい限り。
眺めているだけで幸せな気持ちになる桜の花。
寒い冬があればこそ春の喜びはひとしおです。


  


この時期 “花冷え” とは申しますが
何なんでしょう、この寒さ。
 
今朝は雪がチラホラと降り
明朝は氷点下まで気温が下がるそうです。

何着たら良いか迷うじゃん!
 



 




コメント (4)

10年ひと昔なんだなーと思ったこと。

2015年07月16日 | 日々のあれこれ






自宅を建てた時から使っていたガスコンロ。
調子がイマイチで買い替えることに決めてから

IHクッキングヒーターorガスコンロ
ずっと迷っていました。 


IHは天板がフラットでお掃除が楽そう・・・。
何となく憧れちゃう。

そう思ってショールームを回りました。
色々便利な機能も付いていていい感じ 

そして心はIHに傾いて業者の方に見積に来て頂きました。




でもイザとなると迷いが出て悩んでしまいました。



憧れのIH。掃除も簡単で機能充実。
魅力的だったけれど昭和人間のワタシ。

“火”で調理したい
“鍋ふり”をしたい


そんな思いが捨てられず 



ガスコンロにしました。

顔見知りのご近所のガス屋さん。
思いっきり値切って大成功!   
ってのも決め手(笑) 


炊飯器の無い我が家。
朝、お弁当用のご飯をお鍋で炊いています。

吹きこぼれたり焦げるのでコンロに張り付いていたのですが
タイマーや炊飯モードが使えて嬉しい限り♪

ここ10年の間にガスコンロも進化を遂げていたのです。 


 




 

 
コメント (8)

Look of Love / Lesley Gore(1964)

2015年04月21日 | 日々のあれこれ












畑から戻り、日曜午後の定番ラジオ、達郎さんの『サンデーソングブック』で
レスリー・ゴーアさんジャキー・トレントさんの訃報を知りました。
享年68歳・74歳とのことです。ご冥福をお祈り致します。





先ずは、レスリー・ゴーアさんを偲び
エリー・グリニッジ&ジェフ・バリーが書いたキャッチーなナンバー
1964年にリリースされた『Look Of Love』 をUPしました。



意訳はコチラです。

大好きな彼が忘れられない悲しい失恋ソングですが
レスリーさんの溌剌としたボーカルとアレンジ。爽快な曲です。






コメント (6)

Almost Like Being In Love / James Taylor

2015年04月13日 | 日々のあれこれ





毎年この時期になると出掛ける
松本城夜桜会



楽しみにしていたのですが
足元が覚束ないので今年は残念。
 
娘に写真を撮って来て貰いました。






とってもキレイ。
うっとり写真を眺めながら、こんなコト考えました。



夜桜の小径。
BGMが流れるとしたら、どんな曲がいいかなぁ。


そこで浮かんだのが ジェームス・テイラー が歌うスタンダード。

優しい歌声の 『Almost Like Being in Love』
クリックすると意訳に飛びます 



フランク・シナトラ ナット・キング・コール エラ・フィッツジェラルド
ペリー・コモにアンディ・ウイリアムスetc・・・。
沢山のカバーがある曲です。





ジェームス・テイラーの柔らかく優しい声がとても好き。
YouTubeのこの動画は何度も見ています。

数曲しか知らないのですが、彼のスタンダードナンバーには心を動かされてしまいます。
まさに almost like being in love な歌声なのであります





オジサマになっても素敵♪


ポール・マッカートニーみたいに
スタンダードのカバーアルバムを作ってくれないかなぁ。




 




コメント (8)

インド映画『めぐり逢わせのお弁当』とバーブラの曲

2015年03月22日 | 日々のあれこれ





週末はデートや諸々、不在がちな娘。
楽しそうで何より。
私は一人で過ごすことが多くなりました。

なので借りて来た映画を観て過ごす事が多い今日この頃。
またまた映画の話題。


今回は初めてのインド映画。

インド映画=マハラジャ万歳!
歌って踊る賑やかなイメージでしたが

 
『めぐり逢わせのお弁当』 は情緒的な作品でした。

 








 

サージャンはイラを探し当てたのでしょうか。
それはハッピーエンド?

でも、楽しい夢のままそっと心に仕舞って置くもの素敵なのかも知れない。
なんて思ったり。


静かな余韻の残る良い映画でした。

観終えた後、この曲がラジオから流れた時のこと
ふと、思い出しました。





『I Never Had It So Good』by Barbra Streisand

意訳はコチラです。









コメント (4)