☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりにアルバム買いました♪

2014年11月26日 | 60's Pops&Rock




久しぶりにアルバムを買いました。

先月から発売された 「SOFT ROCK BEST COLLECTION 1000」 
ソフトロックの名盤50タイトルが嬉しい千円均一。
お買い得なんです♪


 





意訳はコチラです。




週末の夜。携帯音が鳴り
同時にテレビから
“強い揺れに警戒して下さい”

ドキドキしました。
日頃から備えが必要だと改めて思いました。

SNSを通じて沢山の方々からご心配のメッセージを頂きました。
北部では被害に遭われた方々がいらっしゃいます。
こちらは大丈夫です。

この場を通じて、お礼申し上げます。

ありがとうございました。


 





コメント (14)

『別れの時まで』 クロディーヌ・ロンジェ

2014年11月09日 | 60's Pops&Rock
 


 


今年も落ち葉がハラハラと落ち始めました。

掃いてるそばから降ってくる。
これから暫く“落葉掃き”の日々が続きます。

ヤレヤレ  

庭のカエルちゃんはうっとりと
物思いの、ため息をついてるように見えます。 



♪秋の日の『ため息ソング』♪
『Until Its Time For You To Go』

映画『愛と青春の旅立ち』のメインテーマ曲 を書いた
カナダのシンガーソングライター バフィー・セントメリー 1965年の曲。

オリジナルは コチラ をどうぞ。

エルビス・プレスリーが好んでコンサートでも歌った曲だそうで沢山のカバーがあります。

  

私は クロディーヌ・ロンジェ 1967年のアルバム『クロディーヌ』で初めて聴いて
とても好きな曲となりました。

 

This love of mine had no begining, it's had no end
この想いには 始まりも終わりもありません
I was on oak,now I'm a willow
Now I'm a willow, now I can bend
樫の木のように頑なだった私も
今は風に吹かれて揺れる柳です


Wonderful!
曲間のロンジェ嬢のつぶやきが素敵。

邦題は『別れの時まで』
コチラ に意訳を書きました。

  
 


 
コメント (9)

松本山雅FC昇格しました♪

2014年11月03日 | トピックスより



 



選手の皆さん、心弾む夢をありがとう!
そして心よりお祝いを申し上げます。



地元のサッカークラブ 『松本山雅FC』 のJ1昇格が決定し
新聞の紙面は連日賑やかです。



サッカーには殆ど興味が無かったのですが
昨年の3月、初めてホームゲームを見て以来、ファンになり度々応援に通っています。
選手たちはもちろんですが、アルウィンの雰囲気に魅了されてしまいました。

 

サッカーファン=若人
とばかり思っていましたが、アルウィンには小さなお子さん連れのお父さん。
そして、シニア世代の方々が多く集います。

他のチームのとこもそうなの?

普段はシャイな印象の方が多い信州の方々。
老若男女、皆が心を一つにして大声で応援する姿。

 

こんな場所って無かったんじゃないかな。
“アルウィンっていいなぁ”
いつも元気を貰って帰ります。



来年は厳しくなると思うけれど
勝利の『アルプス一万尺』少しでも多く歌えますように♪



 








 
コメント (4)