☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマスプレゼントは“おひとりさま♪”

2011年12月30日 | 思ったこと


“クリスマスに何か欲しいものは?” と夫君に尋ねられ
『おひとりさま時間』 をリクエストしました。

旧友と過ごし、東京のイルミネーション見物をして向かった先は
新宿駅近くの某ホテル

  

          ここで密会。
          ・・・な訳もなく
 
    予約したシングルルームにチェックイン。

 


実家のある東京ではホテルに宿泊する機会が無かったのですが
一人でシティホテルで過ごしてみたいなぁ・・・なんてずっと思っていたのです。

このホテルはフロントが20階にあり22階からが客室。
東京の街が一望出来る 新宿御苑側 をチェックイン時にリクエスト。

     


                    部屋からの眺め
              新宿御苑の向こうは東京スカイツリー
 
  
               こちらは六本木ヒルズ方面のDay&Night

               NTTドコモビルと東京の街の朝焼け

    
    
夜は一人でバーラウンジのカウンターでカクテルを飲んでみたいわぁ。
      なーんて思っていたけれど・・・・・。

 
  

ホテルの目の前にあるデパートの地下買い出し。

   閉店間際で半額になったお惣菜広げ
    缶チューハイを飲んだのでありました。
        うぃ~~っす。
           
 

      室内のテレビはインターネットも出来たのでコメントのお返事書いちゃいました。

            

それから、何をしたかと言うと・・・。
室内が暖かいから快適。持参した液剤で『毛染め』して(自宅では寒い)
ベッドでゆっくり本を読んで。
一人でもこんなに楽しいなんて、 私も大人になったな!

    

初めての気ままな“おひとりさまプチ旅行!?”は思った以上に楽しめました。
今度は何処かに一人で旅をしてみたいなぁ。

    

チェックアウトし、特急あずさに乗る前に
ヨン様グッズを買いに新大久保に寄り道しました。

が、ここで切ない出来事が私を待っていました・・・。

    

ヨン様のグッズが見当たらないのです。
私が知らない若いタレントのものばかり。

ヨンジュンシーは何処へ?
                    
       
しかも客層と人の多さが以前とは違っていました。
(ちょっと疎外感!?も)

 嗚呼、新大久保は遠ざかりけり。

    

松本に帰る列車に揺られ
“オバサンパラダイスから世代交代したんだわ”・・・と心寂しくトッポギを頬張りました。
                  
           辛い(ツラい)と辛い(カラい)は同じ字だ


    

曲をUPして意訳したかったのですが明日は時間が取れそうもありません。
               今年はこれにて。
                 
    今年も『My Willful Diary』をご覧頂きありがとうございました。
        皆さまにとってどんな一年だったでしょうか。 

            よいお年をお迎え下さい。 



コメント (13)

Brilliant lights of Tokyo☆彡

2011年12月28日 | 思ったこと


                      クリスマスの東京を満喫して来ました。
                              
         
                   ★成田国際空港第一旅客ターミナル★

                     イブの空港、ソウル便・ホノルル便は長蛇の列。
              娘が搭乗する 『スカンジナビア航空』 のチェックインカウンターは人がまばら。
                      北欧で年末年始を過ごす娘を見送りました。 

                           “人生は一度きり” 
                 欧州で色々なモノを見て感じ、無事に帰って来て欲しいと思います。 

   

『東日本大震災』の義援金を募る箱には
世界各国の通貨が沢山入っていました。

   頑張れニッポン!
   頑張ってるニッポン  
 
         
                  
                               

                      実家で過ごすクリスマスイブは18年振り。
                    両親と夫君とでクリスマスケーキを食べました。 

                  両親との別れの瞬間はいつもセンチになってしまいます。
                      二人の健康を願わずにはいられません。
                                  

                       翌日仕事の夫君とは新宿駅で解散。
                                 
                 
                     
                  “最近新聞が読み難くなったのよ”  “老眼ってことだよね”
                   高校時代の親友ちゃんと待ち合わせして夕刻までお喋り。

                     『シェ松尾』のティラミスは美味しゅうございました。
                                     

         
                  
                               

               そして一人、クリスマスイルミネーションツアーをしたのであります。
                      似非おのぼりさんは写真を撮りました。                   

         
         ★東京ミッドタウン★   ★日本テレビ★    ★カレッタ汐留★  ★新宿テラスシティ★

                  クリスマス当日と言うこともあってスゴイ人出(主にアベック)
                   特に『東京ミッドタウン』はメイン会場まで長蛇の列。
                      一時間掛かるというので、途中で退散。
                                  

         
                    ★外苑東通りから東京タワーを望む★

                       ってな感じであちこち回ったのですが
                新橋駅近くにある 『カレッタ汐留』 のイルミネーションが素敵でした。

         
                  
                               

  
                        眩いブルーの光にうっとり。 
        
                               

         
                  
                               


                   「汐留」は嘗て廃止された貨物駅の大きな空き地でした。
                       そこがこんな風に開発されていたとは!
                                                    
                            何と言う事でしょう。 
                      東京の変化の速さに(軽い)目眩がしました。

         
                  
                               

                    イルミネーションにうっとりして向かった先は・・・。
                                
                           うふふっな次回へ続く。


 


 
コメント (12)

Jingle Bells / Michael Buble with The Puppini Sisters

2011年12月18日 | Christmas Songs


嬉しいニュース♪

松本パルコに入っていた『WAVE』 が閉店してから
松本の駅前には品揃えのあるCDショップがありませんでした。


  



インターネットで買えますが
ジャケットを見ながら購入するのは楽しいものです。

駅前のヨーカドー系の大型スーパーが
今週末リニューアルオープン。

待望のCDショップが入りました。

『タワレコ』 は上京した際に使っていた
ポイントカードがそのまま使えたので嬉しい。

                  


   

早速お目当てのクリスマスアルバムを買って参りました。

         マイケル・ブーブレ『christmas』   

ラジオで“今シーズン全米・全英で大ヒットしているクリスマスアルバム”と聞いて
どんなか気になっていたのですが
YouTubeのアルバムダイジェスト を見て心を奪われてしまいました。
 クリックすると、うっとり必至

 
御年36歳。カナダ人のブーブレさん。
馴染みが無かったですが、彼の声って品があるのに艶っぽい。

何とも男前な歌声です。


ハリー・コニックJr の歌を聴いた時、シナトラだぁ!と思ったのですがブーブレさんもそう感じます。
いや、このクリスマスアルバムを聴く限りではもっとかも。

 そして嬉しい数珠つなぎ。 

           
収録曲の 『Jingle Bells』プッピーニ・シスターズ とコラボレーション。
最高に楽しいスィンギークリスマスソングになっています。 

   

        
           ※ インタビュー後 0.45秒辺りから曲が始まります。

“Merry Christnas, Girls”                     “メリークリスマス お嬢さんたち”
“Merry Christmas, Mr.Buble”                  “メリークリスマス ブーブレさん”

“Are you ready to sing a little Jingle Bells?”       “ジングルベルを歌うよ 用意はいいかい?”
“Yes!”                                “もちろん!”

Jingle bells, jingle bells, jingle all the way          ジングルベル ジングルベル リンリンと鳴ってよ
Oh what fun it is to ride in a one-horse open sleigh    ソリで走るのは なんて楽しいんだろう

Jingle bells, jingle bells, jingle all the way          ジングルベル ジングルベル リンリンと鳴ってよ
Oh what fun it is to ride in a one-horse open sleigh    ソリで走るのは なんて楽しいんだろう             



                 



コメント (8)

Jolly Old Saint Nicholas / Ray Conniff Singers

2011年12月12日 | Christmas Songs
  




   


今シーズン買ったクリスマスアルバムはこの2枚。

The Puppini Sisters
『Christmas With The Puppini Sisters』

Ray Conniff And The Ray Conniff Singers
『We Wish You A Merry Christmas』
                       
 


どちらもご存知の方が少ない様な気がします。
かく言ふ私も、You Tubeサーフィンしていて“これ良いな!”だったのです。

The Puppini Sisters は40年代から50年代風の音楽を再現した現代の女性コーラストリオ。

そして Ray Conniff And The Ray Conniff Singers
50年代から60年代に活動した男女コーラスグループです。



グループを率いるレイ・コニフさんはアメリカでは著名なイージーリスニングのアレンジャーだそうです。
『We Wish You A Merry Christmas』 は伝統的なクリスマスソングを
軽やかなアレンジとコーラスが楽しいクリスマスアルバムです。



では、今週はトラディショナルなクリスマスナンバーからスタート。
Ray Conniff And The Ray Conniff Singers 『Jolly Old Saint Nicholas』

邦題は『陽気な聖ニコラスおじいさん』
Saint Nicholas はローマの司教、聖ニコラウス。

 「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。
ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。
このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。
この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」


と言う逸話があり、それがサンタクロースの伝説の元になったと言われているそうです。
 そう言えば、レイ・コニフさんもサンタさんに似ていると思いませんか?


Ho Ho Ho
動画を作りました 



Jolly old Saint Nicholas, lean your ear this way!
陽気なセント・ニコラスおじいさん ねぇ 聞いて!
Don't you tell a single soul what I'm gonna say
これからお話すること ないしょにしてね
Christmas Eve is coming soon
クリスマスイブはもうすぐ
Now, you dear old man
だから おじいさんにお願いがあるの
Whisper what you'll bring to me
わたしのプレゼントはなぁに?
Tell me if you can
もしよかったら そっと教えて

When the clock is striking twelve and night sounds asleep
時計の針が12になれば わたしはいい子で寝てるから
Down the chimney, broad and black with your pack you'll creep
白い袋をもって そっと煙突から下りてきてね
All the stockings you will find hanging in a row
くつ下は見つけやすいところに掛けてある
Mine will be the shortest one
私のくつ下は一番小さいから
You'll be sure to know
すぐに分かると思うわ

Jolly wants a pair of skates
ジョリーはスケート靴
Suzy wants a sled
スージーはそりで
Nellie wants a picture book
ネリーには絵本
Yellow, blue, and red
黄いろに青に赤いくつ下よ

Now I think I'll leave to you what to give the rest
わたしのはサンタさんにお任せします
But give Little Billy a drum this year
だけど 今年は弟のビリーに太鼓をあげてね
Cause that's what he likes best
とっても欲しがっていたのよ

 
 

コメント (12)

安曇野の畑から(2011秋編Ⅲ)

2011年12月10日 | 安曇野の畑から





                     安曇野の畑通信です。
        

       
 
畑に向かう途中。
北アルプスの山々の頂きもすっかり白くなりました。


自宅で掃いた落ち葉はリサイクル。      春を待つジャガイモ畑にお引越し。


帰省中だった娘を連れて行きました。         大根を抜く女子大生(収穫就活頑張って下さい)


初挑戦の赤かぶちゃん。              白菜はまだ巻きが足りません(白菜さんも頑張って下さい)

     
            去年より立派な大根が出来ました!
   
 Let's cook!

 赤かぶは甘酢漬けに。大根の葉は炒ってふりかけ。
                               畑の先生から頂いたカブは塩昆布と和えました。

        赤かぶはとても瑞々しくて、そのまま食べても甘くてとっても美味しかった。
        今年も大地の恵みと、肥料撒き等、手を掛けて下さった畑の先生に感謝です。


収穫したのはごく一部。
まだ畑には沢山の大根さんたちがいます。

雪を冠る前、明日辺りがタイムリミット。
残り40本近く、収穫しなければならぬ!

                   さて、どうする?

                  




 
コメント (10)