昨日を そして今日をありがとう

Demain il fera jour.
遠回りして歩きましょう 
素敵な景色に遇えるかも・・・

冬を超えたものたち

2017-04-07 | 菜園日記
 

昨年の台風でキウィの棚が倒れてしまいました。

その巻き添えを食らって真中でぽっきり折れてしまった椿。

その椿の花が咲きました!!

頑張ったね~と思わず声を掛けました。


 

日曜日、冬の間畑に籾殻とシートを掛けて埋めてあった里芋を掘り出しました。






気温の低い日があったにもかかわらず

ひとつも腐っていませんでした。

その上・・・

大きい!!



ジャガイモサイズです。

種イモの分の30個ほどは催芽のために再び土の中に埋けておきました。

来週あたり植え付けが出来るでしょうか。



大きくなっていたといえばこの大根。

虫食いが酷く、消えてなくなってしまった大根の処に

後蒔きしておいたものです。

冬の間あまり大きくならなかったので

全く期待していなかったのですが

引き抜いてみたら、一人前の大根になっていました。

土寄せはしてありましたが、冬越しの大根が

こんなに大きくなっているとは思ってもいませんでした。

棚からぼた餅の気分です。(笑)



さてこちらは昨年の11月に苗を植えた玉ネギです。

寒い間は目に見えて成長することが無く

本当に玉ネギが収穫できるのか心配になります。

2月頃に追肥をするようにと育て方には書いてあるので
そのようにしていたのですが
多くが丸々と育った大きな玉ネギになってしまっていました。

大きな玉ネギは芽が出やすく
小ぶりの物の方が長期保存に向いているようです。



一抹の不安はあるものの今年は追肥をやめてみました。

これが吉と出るでしょうか。

GW明けには夏野菜の植え付けです。

毎土曜日だけの農作業で間に合うかなぁ・・・

また慌ただしくなりそうです。

 

畑に植えてある水仙も元気に咲きました♪





この記事をはてなブックマークに追加

ヒヨドリの憂鬱

2017-03-30 | 菜園日記


 

畑のすみにあるサンシュウの花が咲きました。

この花が咲く頃はジャガイモの種植えです。



お彼岸までに植え付けも終わり、ホッと一息。

これから畑も慌ただしくなります。


この春はいつもに比べてヒヨドリが多いのでしょうか。

畑の作物がどれもこれも食べられてしまっています。



葉っぱだけヒヨドリに食べられてしまったブロッコリー!

幸い花穂は食べないのでよいのですが



ほうれん草も啄まれてギザギザです。



これまた食べられていた折り菜なのですが、これまた何故か本葉は食べないのです。

ほうれん草ももう少し暖かくなってきたら食べられるようになるでしょう。

しかしながら、困った事になっているのが

キヌサヤエンドウです。



中々大きくならないので変だなと思っていたら

新芽がたべられてしまっています。

これでは大きくならないわけです。

鳥避けの網でもかけてやらないといけないでしょうか。

困ったものです。

しかしながら、ヒヨドリの興味をそそらないのが

今シーズン初めて育てているパクチーです。



ワサワサ茂って来たのでお昼に作ったラーメンにのせてみました。



といってもヒヨドリばかりではなく

家族は誰も食べないので、私一人だけですが・・・(苦笑)



このところブログの更新がままなりません。

訪問してくださった方々に申し訳なく思っております。

ブログを読ませて頂いてもコメントを残せずにおります。

時間的に余裕ができるまで

コメント欄を暫くの間閉じさせていただきます。ごめんなさい






この記事をはてなブックマークに追加

春よ来い 早く来い♪

2017-03-15 | 四季折々のひとりごと

 

庭の梅も満開になり、陽の光にも暖かさを感じられるようになってきました。



水仙の隣に土筆の坊やも顔を出し

庭の隅には蕗の薹が現れました。



足の痛みで立ち座りの困難になった母は

近頃入浴もひとりではできなくなってきました。

歩くことが極端に少なくなったせいもあり

目に見えて筋肉が衰えています。

暖かくなれば痛みもかなり緩和されるだろうと言われています。

いつもの年に比べてより一層暖かくなるのが待ち遠しい春です。



クリスマスローズも知らない間に沢山花を付けていました。

和名を寒芍薬というそうです。

この花が終われば寒さも終わり

もう暫くの辛抱です。

 



Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖を見下ろす東照宮

2017-02-23 | 小さな旅の思い出
 
 

春一番が吹いたかと思ったら、雪がちらつく寒い朝でした。

行きつ戻りつやって来るだろう春は、まだまだ遠そうです。

さて、本日西の東照宮のお話です。

東照宮と言えば日光ではありますが、この比叡山の東麓にある日吉東照宮が

その原型となったと伝えられていると聞き立ち寄ってみました。

東照宮とは徳川家康をまつった神社です。

明治維新以前はなんと500を超える東照宮があったのだとか。

現存するものでも100以上あるらしいのです。

多くの大名によって造営されたのですが、徳川家への忠誠を表すためだったのでしょうか。

豪華な社殿を作ラせることによって資産を減らさせるのが目的だったのでしょうか。

歴史に詳しい方なら何をいまさらと仰ることでしょうが・・・苦笑・・・

週末のみ公開されているらしく、この日は中に入れませんでしたが

表から覗いてみるだけでも絢爛豪華だったであろう様子は伺い知ることが出来ました。



こじんまりとしてはいますが、国の重要文化財にも指定されているだけのことはあります。



美しい透塀の細工は繊細で、紙でできているのかと思うほどでした。



極彩色で飾られた門にも凝った細工が施されています。

急な参道の向こうに坂本の町と琵琶湖が見えます。



元は延暦寺の末寺だったそうですが、明治の神仏分離令以後は日吉大社の末社となっています。

その際に日吉大神も祀られたのだとは思いますが

豊臣秀吉も祀られているのだそうです。

日吉大社は猿が神の使いとされている神社で

秀吉の幼名の日吉丸の由来となった清洲の日吉神社の総本宮だからでしょうか。

日本を二分して戦った二人が同じところに祀られているのはなんだか不思議な気がしますよね。

ところが、日光東照宮にも豊臣秀吉が祀られているのだそうです。

また、この日吉東照宮造営にあたった天台宗の僧侶 天海上人が実は明智光秀だったとか

はたまたその息子だったとか・・・

この日吉東照宮がある坂本という地は明智光秀の城があったからでしょうか。

そして、坂本龍馬が明智光秀の子孫という説もあるのだとか。

坂本城の城主だった明智家の末裔が四国に渡り

坂本という名を名乗り酒屋を始め、明智家の桔梗の紋に似た

酒枡に桔梗の紋を使ったのではないかというのです。

話がちょっとそれてしまいましたが、知れば知るほど

謎が謎を呼びます。



さて、その次に本社である日吉大社にお詣りしました。

明神鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしている山王鳥居。

仏教 の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされます。



神仏分離令後もこの鳥居は取り壊されることが無かったのですね。



春日岡とは春日局が座ったとされる石なのだとか。

猿が神の使いとされている日吉大社は、本物の猿から建物の装飾に

大きな石に絵馬に

いたるところで猿の姿を見ることが出来ます。

猿と呼ばれた秀吉が気に入っていたのは当然のことですよね。


ここで申年の母のお土産におみくじを買いました。

この可愛らしい小さな陶器の猿の中に折りたたまれたおみくじが入っています。



帰ってから封を切り開いてみると

なんと 「大吉!!」

病 気長に養生すれば回復する

とありました。

生まれてこの方一度もおみくじを引いたことが無かったという母は

大喜びでした。(笑)

痛い足が早くよくなってくれますように。

 



Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雪道ドライブの休日

2017-02-14 | 小さな旅の思い出
 
 

先週の日曜日、またまた開田高原に出掛けました。(笑)

年の初めには全く積雪が無かったのですが

トンネルを抜けると



そこは一面の銀世界でした。

降りしきる雪の中、久々の雪道ドライブ。

晴れていれば雪を被った御嶽山や乗鞍岳を眺めることのできる峠も



かなりの積雪でした。


今から数十年前にはスキーに行くのにこんな道をよく通ったよね~・・・

雪道走行の怖さを良く知っている夫はとても慎重に運転していました。

雪は降ったばかりで、凍結はしていませんでしたが

時折、ブレーキを深く踏んでスタットレスタイヤの効きを確かめながらの運転でした。

さて、なんでこんな道をやって来たかといえば

かまくらまつりのあった場所に寄りたかったからです。



今年はこんなかまくらの形をした雪燈籠が並んでいました。

夜はさぞかし幻想的は景色となっていたことでしょう。

雪の壁の上から誰かが覗いてます!







この地域出身のお相撲さんの御嶽海の雪だるまでした。

似ていますよね~^^



かまくらに入って外を眺めると

なんだか南極観測所にでもいるような気分でした!





モノクロームの景色を眺めながら



すんき蕎麦!



そして、いつものこれも・・・

バレンタインデーのある2月はチョコレートでした。

帰りはもちろん温泉で温まって帰ったのでした。


 


Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加