☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の日に聴きたい曲 ②

2015年06月14日 | Standard&Jazz
 




週末は梅雨も小休止。
洗濯物が乾いて助かります。






 




いきなり雷音で始まります。
動画をお聴き下さる際は音量にご注意下さい。






【素敵なフレーズ】
A chance to while away a dreamy afternoon
A lovely peaceful afternoon no one can see us
夢見心地の午後を過ごせる
二人きり 穏やかで素敵な午後

意訳はコチラをご覧下さい。










 

コメント (8)   トラックバック (1)

A Hundred Years From Today / Joni James

2015年05月14日 | Standard&Jazz
 






ジョニ・ジェイムス『A Hundred Years From Today』



この曲では 輝く月を眺め

We won't see it shine a hundred years from today.
百年後には見ることは出来ない
歌詞の続きはコチラをどうぞ


とジョニ姫が歌います。


あと20年は見られるかなぁ?




コメント (5)

Skylark / Linda Ronstadt

2015年02月22日 | Standard&Jazz





















意訳は後日UPします








コメント (8)

星影のステラ / フランク・シナトラ(1947)

2014年07月07日 | Standard&Jazz
 



『七夕』なのに朝から雨降り。

織り姫と彦星は会えなくなる?




天の川の上で二人は会える。
織り姫の嬉し涙が、雨となって降り注ぎ
地上のけがれを洗い流してくれる。
 


こんな素敵な言い伝えがあるそうです。




七夕の雨は、織り姫の喜びの涙。
そう思えば、七夕の雨が優しく感じられます。





こんなロマンチックな話を書いちゃうと
スタンダードナンバーをかけたくなるじゃーありませんか。

『Stella by Starlight』
邦題は 『星影のステラ』

1944年の作品を3年後の1947年に フランク・シナトラ がカバー。

甘い声に端正な詞とメロディ。

 
 


                                         That's Stella by starlight
                                         And not a dream, my heart and I agree
                                         She's everything on earth to me

                                                                   星影のステラ
                                                                   夢ではない 確信する
                                                                   君こそ この世のすべて                                                                                                                                                         



                                              全部書くと怒られちゃうのでハイライトだけ(笑)
                                                      続きは コチラ をどうぞ。




                                               
                                               松本山雅FC がJ1に昇格出来ますように♪
                                          



 
 
コメント (6)

All Of You / Nancy Wilson

2013年10月01日 | Standard&Jazz































コメント (10)