☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jingle Bells / Diana Krall

2009年12月21日 | Christmas Songs


職場の窓から見た外は綺麗な青空でした。
天気が良いので歩いて 帰る事にしたのです。


途中の松本城の太鼓門には早くも門松。


    パチリと。

夢中になって撮っているうちに寒くて耳が千切れそうなくらい痛くなってしまいました。
徒歩は中止。

近くのバス停からバスに乗りました 


そんな月曜日のダイアリー。






今日からは先月のバンクーバーで購入したクリスマスアルバム から1曲ずつpick upしようと思います。



まずは、左のアルバムから。 

ダイアナ・クラールさんの 『Christmas Songs』 から。


ダイアナさんはバンクーバー島で生まれで、幼い時に一家はバンクーバーに移住。
15歳の時からジャズバンドの活動を始め
17歳でバンクーバー・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルの奨学金によってボストンの音楽大学で学んだそうです。

ピアノさばきと、ハスキーな声は男前な感じで、惚れ惚れしちゃいます。

何度も書いていますが エルビス・コステロ夫人でもあります。


 スィングしてるちょっとお洒落なクリスマス気分 でしたらこちらをお勧めします。






Dashing through the snow        雪の上を滑りましょう
In a one horse open sleigh        ソリに乗って
Over the fields we go           丘の向こうまで
Laughing all the way             笑いながら滑りましょう

Bells on bobtail ring             しっぽのベルが鳴ったら    
Making spirits bright             心もスッキリ
What fun it is to ride and sing      何て楽しいのかしら  
A sleighing song tonight          ソリに乗って歌うこんな夜

Jingle bells, jingle bells           シングルベル 鈴よ鳴れ
jingle all the way!               ずっとこのまま      
Oh what fun it is to ride          ソリに乗るって
In a one horse open sleigh         何て楽しいのかしら       



コメント (3)