はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

ファミリーミーティングで、、 義母その3

2016-06-29 | アメリカの家族


アイオワに帰ってきたい、、、 と言う義母の為

老人ホームを探し出したアイオワの義妹の誘いで

川べりのレストランでランチ、、。





ビーチ沿いにあるこのレストランは

子供達にも人気。





ボートでやって来る客も多く

服装もカジュアル


このレストラン オリジナルのバーガーサラダ

オニオンリングやピコルス入り



ユニーク



ランチの後、皆で

老人ホームの見学に行く事になっていたが


"母さんは

老人ホームには入居したくないんだ"


言うCa義弟の言葉があり

険悪なムードになった兄弟たちに


"まずは

母さんの考えを皆で聞くため

ファミリーミーティングを開こう。"


バッキーが声をかけ

大人たちだけで

プライベートルームに席を持った。


私がカリフォルニアにいた頃も

義母は何度も 、、、時には涙し

"アイオワに帰りたい "
と言っていたが

いざ それを実行に移そうとすると


"Not Now" と言う。


今回も、、、


宇宙語だったが

今すぐにアイオワに帰って来る気持ちでない事は

皆 分かった。



ファミリーミーティングは終わり

老人ホームの見学は取り止められた






来年もアイオワに

来れると良いけど、、、ね、、 お義母さん。

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不満の声も出始め、、 義母その2

2016-06-28 | アメリカの家族

七人兄弟であるバッキー家族、、、。

仲の良い兄弟姉妹ではあるだろうが

全く問題がない訳でもなく

昔から

気が合う者同士で

グループに分かれてもいる。


特に今後の義母の生活に関しては



義母が約80年間暮らしてきた

アイオワ州の街の老人ホームで

余生を送るべきだ、、、と言う者と



自宅で24時間ケアーが受けられる

カリフォルニアで暮らすべきだ、、、と言う者と

二つに大きく分かれる。


アイオワ派は

アイオワに住む家族たち

カリフォルニア派は

他州に住む家族だ。




今回の帰郷で

義母がアイオワに滞在する二週間の何日かは

既に Caの義弟によって

様々な日程が立てられ

皆の都合と合わず

アイオワの家族が

義母と共に過ごす時間も限られて来て

皆から Ca義弟に対する不満の声が

飛び交い始めた。






日曜の午後

義母が好きなドッグレース場で

何人かの 家族が集まった。


義母の隣に

ピッタリと座り

義母を独り占め ^^ するCa義弟、、、、


義母の背中が見える

別のテーブルに席を持つバッキーを見て

寂しい想いになり

それが

Ca義弟への怒りに変わって行くのに気づき


思わず ストップをかけた。







義母にとって七人の子供達は

皆 平等に可愛く

兄弟姉妹 皆が仲良くやっていく事を

何よりも望んでいる、、、のだから


それを忘れてはいけない。、、と

自分に言い聞かせた。





レースが終了する頃に

やっと

義母の隣に座る機会ができたバッキーを見て

心の底から溢れてきた喜びは




大きかった。




車椅子も押せて

良かったね、、、バッキー。

Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ノット 2 Bad

2016-06-27 | 嬉しかった事


あちこちから出て来た古い額、、、。





額の中に




造花を入れたり





蝶を入れたり





文字を書いたり、、、、。



悪くはない。








Comments (7)
この記事をはてなブックマークに追加

重宝しているのは、、、

2016-06-26 | 趣味といい物たち


午前中に家を出

ロディオに行ったけいちゃん、カメ君。


"着替えして

行く準備をしなさい" と

ニックママに言われたけいちゃんが

選んだ服は こちら、、、





この服が好きで 何度も何度も着るけいちゃん、、、。^^



15年ぶりに再会した

麻子さんのお嬢さんが着ていた服を

大きな段ボールの箱いっぱい 頂き

これはその中の一つ、、、。


どれも可愛くて

とても重宝している。




ロディオでは ピクニックを友人家族とするニックママ


りんごとスニッカーのサラダを




保冷剤入りの二重になった容器に入れ

持って行った。





蓋付き3つセットで約13ドル、、、TJMaxx、、、なり。^^


ピクニックの多いこの季節

重宝しそう。




バッキーと私は 今晩

義母を囲み

彼女が好きなレストランで夕食


Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

義母帰郷す、、その1

2016-06-25 | アメリカの家族


義母がカリフォルニアの息子宅で 倒れた事から

アイオワのシニアアパートから

カリフォルニアの義弟宅に引っ越して

今年で 3度目の夏を迎える。



去年は母の日に帰郷し、

今年は昨日アイオワ到着。


独立記念日の7月4日を挟み

二週間の滞在だ。


1年ぶりに会った義母、、、、

足が以前より

不自由になっているように見えるが

頭の方は シャープ

会話の不自由さはあっても

彼女が言わんとしている事は

会話の流れにあっている事もあり

以前より理解しやすい。


アイオワの街のホテルに

カリフォルニアの義弟と滞在する義母を

昨日の夕方、 訪れた。


ホテルのレストランで

皆で夕食。

ここのスタッフド マッシュールームは



中にクリームチーズが入り



パン粉もまぶして揚げたもの。


とても美味しかった。 最高!


これは




私が注文したピーナツ味の タイサラダ


ヌードルのように見えるものは

生のズキーニ


うーーん

ちょっとズキーニが多すぎた。




食事を終え

お会計をする時

財布から100ドル札を出し

カリフォルニアの義弟に手渡す義母

こういう時

何時も自分で支払おうとする義母を

知っているニックママが

手早く

カードをウエイトレスに手渡し

会計を済ませた。


それを知り

"アンタ それはいかん。"

とでも言わんかのように

腕を振り回し

大騒ぎをする
義母を

説得するニックママ、、、。



やっと騒動がおさまるや

隣に座っていたカリフォルニアの義弟に

"アンタ 今渡した 私の100ドル札

返してや!"

とでも言わんかのように

義弟を睨みつけ

身振りでお金を取り戻そうとする義母の姿に

心の中でクスクス *^0^*



ニックママのサングラスをつけ

ビール飲む義母の写真には



大笑い!



Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

シカゴ Cubs その4

2016-06-24 |  スポーツ


川崎宗則選手がいる

マイナーチームの"アイオワカッブズ" から呼ばれて

メジャー入りしたばかりの

ベネズエラ出身 コントレラス選手が

私たちの前にあったブルペンに座っていたのを見て

サインを貰ってくるように、、、と

ニックママに伝えられたカメ君とけいちゃんは

不安と一緒になって

遠慮がちに前に移動し

コントレラス選手に気づいてもらう為

彼の肩をチョンチョンと叩いた。



振り向いた選手に




"サインを貰えますか?" と聞く二人





"Not Now" と 選手、、、。


それだけの会話だったが、、、(期待していた方すみません。)

その次のイニングで

ピンチヒッターとして打席に立った選手は





見事な2ランホームランを かっ飛ばしたのだ。



場内大喝采



隣に座っていたけいちゃんに目をやると

瞳をキラキラさせて





皆と一緒に大拍手。

あ〜〜 この一時は

私への素晴らしいプレゼント、、、、だ。





選手の目につく席に座っているちびっ子の何人かは

ボールを投げてもらったりもした。



私たちの前に座っていた小さな男の子を

じっと見て

"このボールは君へのボールだからね。" とでも

言わんかのように

手でその子とボールを指指し

ゆっくりとボールを投げた選手の優しさが

側で見ていて

とても嬉しかった。 ジーーン


はい、

カメ君もしっかりボールを貰ってきました。^^




球場で売られているソフトクリームは

カッブズのマークが入ったキャップの器に入ってくる。





暑さで すぐに溶けてしまい

この季節は お勧めでない、、、かも、、。^^;




試合が終了したのは

11時近くだっただろうか




アイオワの家に帰り着いたのは

朝の3時半、、、

翌朝仕事があったニックママの代わりに

シカゴを抜けたところから

ドライブ交代

真夜中のハイウェイは空いているけど

その分 睡魔に襲われる。



(こんな中をバッキーはいつも

運転してくれたんだ、、。) と

思うことが 力になった。

無事到着で バタンキュー *^_^*


Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

別の世界へ、、、その3

2016-06-23 | 次女の子ども


カメ君がブルペンコーチから

サインをもらっている時

けいちゃんも すぐ隣に立ち

自分の番が来るのを待っていた。

、、、が

ブルペンコーチがサインを始めるや

それを見た子供たちが集まって来て

それぞれ 手にした物を差し出し

僕も私も、、、


サインを貰おうとし

その勢いに押され

後ずさりしてしまったけいちゃんは

サインをもらう 機会を逃してしまった。 ガガガガガガァー〜ン



球場に入り

席に着いた時

目の前に広がる

大きなグラウンドに目を向けていた

けいちゃんの眼差しは

ず〜〜〜〜っと 遠くの方を見つめているようで

別の世界にでも

いるような表情だった。

いつもに増して

口数も少なかったけいちゃん、、、だ。


感受性の高さ故に

社会で生きていく中

困難な事も多いだろうが

上手く いかせていけたらと思う

彼女のセンシティビティー、、だ。



この日のゲームは

カッブズが 5本のホームランも打ち

子供が見ていても

夢中になってしまうような 見事な物だった。




そんな時間の中で

けいちゃんの 心も踊ったのだろう

いつの間にか

こんな格好で、、、、プププ、、





観客と一緒になって

カッブズの 勝利を祝ってもいた。 *^^*






5本のホームランの中の一つを打ったのは

この日

メジャー初打席となったコントレラス選手



彼がホームランを打つ前のイニングで

カメ君とけいちゃんは

彼と 短い会話を交わしていたのだ、、、。

、、、、、、、、その4へ、、、。


Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サインを貰った!その2

2016-06-22 | 嬉しかった事

バドワイザーから頂いたチケットが

前から三番目の席であった事から

"サインをもらうんだ。" と

前夜から意気込んでいたカメ君、、^^


万が一 ボールが飛んでくる事も考え

グローブ持参の二人でもあった、。^^



席が前から三番目と言っても

三塁から外野に向かって

3-5メートル先であった事もあり

ちょっと見づらい位置ではあった、、、、が




ブルペンのすぐ後ろ側であった事から

彼らをすぐ目の前にする事も出来た。


カメ君やけいちゃんにとっては

最高席!




試合の前にサインをもらおうと

グラウンドとの境の場所まで行き

そこで選手と話す機会を待ったが

そのチャンスがなかなか来なく

ちょっと年配ではあったが

カッブズのユニフォームを着用し

ブルペンに座った人 (後で分かったが ブルペンコーチ、、だった)

にサインを頼んだら



見事に断られたカメ君、、、ガァー〜ン




仕方がないので

そこで 又

選手でも誰でもいいから

カッブズ関係の人と

話が出来るのを待った、、、。


じっと、、じっと、、、待った、、、のに、、


"すみません。

席に戻る時間です。" と

係りの人に言われ

そこをたつことに、なる。 ガガ〜〜ン


すると

その会話を耳にした

そのブルペンコーチが

振り向き

私たちが移動しようとするや

サッと 立ち上がり

カメ君に話しかけてくれるではないか




カメ君、彼から見事に

サインを頂いたのでした、、、。



良いとこあるよな、、

ブルペンコーチさん


素敵な思い出をありがとう。


Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

シカゴで野球観戦 その1

2016-06-21 | おでかけ 休暇


ミツワがある

シカゴ郊外のシャンバーグ (Schaumburg )から

リグリー球場まで

片道4ドルでシャトルバスが出ている と言うので

それを利用しよう

と考えていたが

日曜

カメ君の野球のトーナメントがあった為

アイオワを出発するのが

2時近くになった私たちは

4時半にシャンバーグを出るバスに

間に合いそうになく

リグリー球場まで

ドライブする事にした。


ハイウェイ90号線は

いつ通っても工事中、、、。

道は混み

6時までに到着したかったニックママは

イライラ。^^








住宅街にあるリグリー球場が近くなると

道路にはパーキングのサインがあちこちに出

その下で


"ここにどうぞ!" とでも言うかのように


人々が手を振る。


それは 個人の家や

ビジネスの敷地内だったりし

大概

ぎゅうぎゅう詰めに

車が駐車されている。


値段は球場に近づくほど

高くなっても行く。




どこに駐車するなど

迷う時間も もったいなく

最初に目についた

ガソリンスタンドに駐車する事にした私たちは

そこに入り

駐車料金 35ドルを支払うと

ナンバーが入ったチケットを2枚

手渡してくれた係りの人が

"一枚のチケットは車のフロントウインドーに

もう一枚は車を取りに来た時に

係りの者に手渡してください。"

と 言った

"それから鍵は

こちらで預かる事になりますので、、" と、、。


小さな不安が心をかすめたが

言われるままに鍵を手渡し

そこから徒歩でリグリー球場に向かった。





球場入り口の様子が

以前と変わっていたリグリー球場に

思わずカメラ!



今までなかったセキュリティーのアーチや




馬に乗った警察官なども入れて撮る為

横断歩道から はみ出た私は



警察官から注意を受ける事に、、、。^^;


その上

セキュリティーで 引っかかり

ボディーチェックを受ける羽目に、、なったのだ。^^;

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

穴場のマジックマッフィンは、、

2016-06-20 | おでかけ 休暇



バドワイザーから

カッブズのチケットを4枚

もらったバッキーだが

"月曜は仕事だし

ナイトゲームに行く気力がない、、、" 、と言うので

バッキー抜きで ^^;

四人でナイトゲームを観に

父の日の今日、シカゴに行く事になった。


さて

今日はボリュームのあるブレックファーストを紹介


さえない小さなバーのメニューにあるこれは



イングリッシュマッフィンの間に

ソーセージ、フライドエッグ、ハッシュドブラウン(ポテト)が挟まれ

その上からグレイビーがかかったもの

その名も マジックマッフイン


友達が来ると

朝食を食べに

ここに彼らを連れて行くバッキーだ。


地元の人のみが知る 穴場。^^


では 行ってきます。

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加