☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Someone like you / Sissel

2009年03月31日 | 90's-Recent Pops&Rock


shoppgirlの小さな庭先からの花便り。 

手前のワインカラーと青い花は『パンジー』
ビオラよりも花は大きめで、色も鮮やか。

一斉に咲き出すと、まるで微笑み掛けている ようです。



3月も今日でおしまい。

もう一年の1/4が過ぎて行ってしまったのですね。
                            光陰矢の如し   




     


今月最後の曲は、ノルウェーの国民的シンガー シセル さんの、『Some One Like You』 です。

この素敵な曲を書いたのは、以前ご紹介した バラードの名曲 『Right Here Waiting』  の リチャード・マークスさん。
この曲のバックコーラスを始め、殆どの楽器は彼の演奏だそうです。

こんな素敵な曲を書けるリチャードさんは
きっと心の温かな人 なんだろうなぁ・・・って確信しています。


『Some One Like You』 が収められている
アルバム マイ・ハート  はとてもいいんです。


ニュースタンダードと言われる名曲「You Raise Me Up」を始めとして
ショパンの「別れの曲」
シューベルトの「アヴェ・マリア」
プッチーニの「私のお父さん」 等など・・。

「クラシカルクロスオーバー」は、サラ・ブライトマンさんもいいですが
シセルさんが私は一番好き
肩の力を抜いて、自然体で聴けるところに、とても癒されるのです。

 ビートルズのあの名曲も歌っていますので、明日ご紹介したいと思っています。







Swear I made up my mind              そう 私は心に決めたの       
When I saw you that first time           初めてあなたに出逢った時から
It's like you were sent from the sky       それはまるで天からの贈り物   

The kind of love you hear about          ずっと前から知っていたような恋  
That you just can't do without            もうそれ無しではいられない       
Baby that's you and I                 ベイビー それがあなたと私

Always believed there was something more   いつも もっと何かがあるって信じてた
Through every empy hour              空しい時が過ぎ行く間も         
I kept searching for                 私は心の何処かでずっと探してた

Someone like you                  それはあなたのみたいな誰かさん
Who does everything the way that you do    あなたの様に生きてる人 

Someone like you                  あなたみたいな誰かさん   
Baby no one holds a candle             ベイビー 誰も代わりにはなれないわ
The only someone I want is you         私が探してた誰かさんは あなただったのね





    「あなたみたいな誰かさん」と訳してみちゃったのですが
    「Some One Like You」    ん~いいなぁ。英語のニュアンス。

        あなたの「Some One」さんは、誰ですか? 




コメント (4)