soyokazeのひとりごと

子育て炸裂日記

大晦日

2009-12-31 17:40:10 | Weblog
次男の熱が、今日やっと下がりました。
昨日はずっと、38度7分で夜になって、39度になりました。
咳き込んで、痰がつまって吐いてしまう…って状態でした。
今朝になり、やっと36度8分と平熱になりました。
寝る前に、上がらなければいいな~って願っています。

今年は、私にとって、人生最大の悲しい出来事があった年でした。
3月に、大好きだった祖母、6月に最愛の娘、12月に産んであげれなかった赤ちゃん。
思い出すと、何とも言えない気分になります。

でも、別れだけでなく、素敵な出会いもありました。
娘にとっても、別れの年ではあったけれども、学校に行けてたくさんのお友達、先生方に…っと、出会いの年でもあったと思います。

娘のいない年越しはなんだか寂しい気もしますが、きっときっと見守ってくれているはずです。

ここにお越しくださっている皆様にも、励まされ私は元気に日々を過ごせました。
本当にありがとうございました。

皆様にとってよいお年でありますように祈っています。
コメント (2)

今年最後の保育園

2009-12-28 22:00:12 | Weblog
明日から、保育園がお正月休みになります。
今年最後ってことで、連れて行こうとしたのですが、次男の体が温かいことに気づきました。
熱を測ると、37度7分で連れて行ける状態ではありませんでした。
朝、ダンナはんがいる間に、長男を保育園に連れて行きました。
家に戻ってから、洗濯を済ませてから、次男の小児科に行ってきました。
私のいない間に、下痢をしてたようで、小児科の先生にそのことも伝えました。
風邪でしょうってことで、風邪薬に胃腸薬を混ぜたものを処方してもらって帰ってきました。
今日は、私の病院の日でしたが、次男を連れて行けないので、キャンセルしました。
来年の1月8日に診てもらえるように、予約を入れておきました。

15時過ぎ、いつもよりも早くダンナはんが帰宅しました。
こんなに明るいうちに帰ってくるなんて、珍しいことなので、すごくびっくりしました。
仕事がヒマすぎて、人件費がかかるだけだね~ってことで、帰ってきたようです。

おかげで、次男を見てもらえたので、長男のお迎えに行けました。

次男の熱は、下がらず37度6分ほどまだありますが、比較的元気にしてくれています。
食欲がないのかなぁ…って心配してても、お菓子はしっかり食べるので安心です。
早く元気になってくれたらいいな~って願っています。
コメント

半年

2009-12-27 23:05:10 | Weblog
あさりんの小さな新芽を見つけました。
もぉ咲かないかも…って思っていても、緑色の葉っぱが出てくると嬉しいものです。
それから、種が落ちてたところだと思うのですが、新しく芽が伸びていました。

娘は短い人生を駆け抜けていきました。
家族で生活できたこと、学校に行ってお友達ができたこと、みなさんによくしてもらって幸せだったと思います。
長くない…って幼いながらも感じてたのかもしれません。
楽しく過ごしてくれていました。

あさりんを見ていると思います。
短くて楽しい人生ではあったけれども、本当はもっと生きていたかったのかも…。
もっと、学校に通いたかったのではないでしょうか。

あれから、半年になりました。
コメント

くじらぐも

2009-12-24 22:49:24 | Weblog
今日、小学校は終業式で、娘の担任の先生と、付き添いの先生が来てくれました。
学習発表会で、国語で習ったくじらぐもをしたようです。
私も小学校の頃に、習ったのと同じものでした。
大きいくじらの雲に、みんな自分を描いて貼り付けている写真をいただきました。
そこに、「さえちゃんもいっしょに…」って、クラスのお友達が娘を描いて、雲の真ん中にみんなといっしょに貼り付けてくれていました。
アップに写してもらったほうのを見ると、すごく娘にそっくりで、にこにこして得意のピースをして、体操服を着て飛び跳ねてる絵でした。
この、くじらぐもでは、娘はみんなといっしょ楽しそうでした。
クラスのお友達も、娘のことを覚えてくれているんだなぁって思うと嬉しくて、本当に嬉しくて、涙が溢れました。
1学期もいなかったけど、大事なクラスのお友達。
先生方も気にかけてくれます。
ありがたいです。

2階に住むおばさんも、クリスマスプレゼントってお菓子を3つといちごを持ってきてくださいました。
お菓子は、娘のいた頃と変わらない3つ。
ありがたくて、また泣いてしまいました。
今日も寒さがどこかに行ってしまうように感じるくらい、心が温かくなりました。

みんな本当によくしてくださいます。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
コメント

3歳児検診

2009-12-23 22:56:47 | Weblog
昨日、次男の3歳児検診に行ってきました。
本当は保育園をお休みさせようかと思っていましたが、クリスマス会をするってことで、お昼の給食を食べたころお迎えに行きました。
検診を受ける保健所は、駐車場が狭くて停めれる台数も少ないので、歩いて行きました。
身長92.6センチ
体重13.02キロ
大きくなりました。
面談っぽいときに「お名前は?」って聞かれてもニヤニヤして言えませんでした。
家とか保育園では、ちゃんと言えてるのに…って、そのことは伝えておきました。
虫歯もありませんでしたが、指しゃぶりと爪かみのクセがあるので、歯が出てきてるっぽいのを指摘されました。
様子見ってことになりましたが。

元気で大きくなってくれました。
マイペースでいろんなことをしてくれます。
最近は、食事の前にごはんを運んでくれるお手伝いをしてくれます。

いつも高い声で「ママ~!」って呼んでくれます。
電話を通すと、娘の声によく似てます。
このまま、元気ですくすく優しい子に育ってくれることを願っています。
コメント

さぬきうどん

2009-12-21 22:24:17 | Weblog
先日の流産の経過を診てもらいに行ってきました。
おなかに痛みはもうありません。
中の方も腫れてる様子はありませんでした。
まだ出血が続いてるので、念のために来週来て下さいっとのことでした。
帰りに、行き着けの薬局でお薬をもらってきました。
そこのボスは、娘のことが大好きでした。
「もぉちょっといてほしかったわね~」って言ってくださいました。
どこに行っても、愛されてた娘。
満面の笑みを思い出します。

家に帰ると不在連絡表が入っていました。
香川の丸亀のお友達からです。
連絡表に書いてある、番号に電話をかけて持ってきてもらいました。
さぬきうどんでした。
いつも、うどんを送ってもらっていて、娘は喜んでよく食べていました。
お礼の電話をすると「遅くなってごめんね~。さえぴーうどん好きやったなぁって思って~」って言ってくださいました。

ここでも、優しさをいただいて、あったかい気持ちになりました。

みなさんが、さえのことを覚えてくださっているので、本当に嬉しいです。
コメント

優しい気持ち

2009-12-21 00:11:08 | Weblog
今日、荷物が届きました。
差出人を見ると、島根のお友達からでした。
お蕎麦とお菓子、そして優しい手紙が入っていました。

このお友達は、長男を出産するときに、同じ病室にいた方でした。
娘の入院中に出産になったので、自分と娘の病室を私は行ったり来たりしてました。
なんだか遠い記憶です。
先日、長男も5歳になったので、それくらい前の出来事なのですが、いろいろと思い出せます。

娘は麺類が大好きで、送っていただいたものを早速お供えしました。
「よかったなぁ。さえの好きなの、送ってもらえて~」

ブログも読んでくださってるので、私の体調のこともいたわってくれる、優しくて温かいお手紙でした。
本当に本当にうれしくて、ありがたかったです。

外は寒かったのに、心が温もりました。
私も、こんなに温かい気持ちを届けてあげれる人になりたいなぁって思いました。
コメント

メロン

2009-12-19 23:03:10 | Weblog
今日、マスクメロンが届きました。
前に住んでたコーポの2階に住んでた方が、娘のお供えに…って送ってくださいました。
お礼の電話をすると、「遅くなってごめんね~」って言ってました。
時間が経っても、こうして気にかけてくれるなんて、本当にありがたかったです。

この、元お2階さん。
娘と同じ年の息子さんがいます。
同じ時期、妊娠してたってのもあるし、私との年齢も近かったので、仲良くしてもらっていました。
転勤で広島に行ってからは、年賀状くらいだったのですが、うれしかったです。

こう考えると、私は周りの方にすご~く恵まれてます。
コメント

冷え込みました

2009-12-17 22:17:31 | Weblog
先日から、私は風邪を引いていて、咳がずっと出ています。
長男も鼻水が出てて、今日は少し楽なようでした。
保育園ではお餅つきがあったようで、エプロン、三角巾、マスクをしてがんばって丸めたようです。
次男は、咳が出ていて、保育園に行ったのですが、給食のときに咳き込んで、食べた物を全部吐いてしまい、すぐにお迎えにいきました。
熱は37度5分で、家に帰ってきても、少し食べましたが、ゆっくりしていました。
ダンナはんも、鼻水が出ています。
こんなにみんなが風邪引いてるのも、珍しい状態です。
かなり冷え込んだせいもあるかもしれません。

みなさんも風邪にはお気をつけくださいね。
コメント

なんて書いていいのやら…

2009-12-15 15:06:34 | Weblog
月曜日、病院に行ってきました。
変わらず出血しています。
おなかの赤ちゃんも成長していません。
次に診てもらうのを木曜にいつ手術するかってのも決めることになりました。

昨夜の9時くらいから、激しくおなかが痛くなりました。
陣痛のような感じで、お風呂にも入らずに布団に入りました。
いつ寝付いたのか…って分からないくらいで、結構、う~~~んって唸ってることが多かったかもしれません。

今朝、3時頃、次男が「うんこ出た~」って起きてきたのですが、私が動けなくって、寝てたダンナはんに託してそのまま、私は横になってました。

5時半頃、もれてる?って感覚で目が覚めました。
おなかの痛みはありませんでしたが、えらい出血してました。
布団に20センチほど、赤いものがついていました。
すぐに着替えてトイレに行き、シーツとかを洗濯しました。
それから、もぉ少しだけ…って眠りました。

娘が白いワンピースを着て、いつものように飛び跳ねるようにニコニコしてました。
なぜか私が「学校お休みする~?」って聞くと、拗ねたような顔をしてました。

ダンナはんに起こされて、娘が夢に出てきたことに気づき、嬉しくて嬉しくて大泣きしました。
夢の中の娘は、本当に楽しそうに笑顔でした。
久しぶりに会えたので、めちゃ嬉しかったです。
娘がきっと、赤ちゃんの面倒を見てくれるんだろうな…ってことで、私は病院に行きました。

診てもらうと、大出血で出てしまっていたと思ってた赤ちゃんは、まだおなかの中にいました。
出口まで3センチのとこまで来てたようです。
ここで、先生から、どれか選択するように言われました。
このまま掻きだす。
痛み止めの座薬を入れてから掻きだす。
緊急入院をして、麻酔をかけて掻きだして、1泊入院する。

私は経産婦なので、痛みはあっても出口まで出てきてるので、掻きだせるとのことでした。
入院するとなると、ダンナはんに仕事を休んでもらわないといけなくなるので、痛み止めを使い、そのまま出してもらうことにしました。

痛みはありましたが、1回目でするっと出てきてくれました。
この赤ちゃんを出してくれた先生は、偶然にも長男を取り上げてくださった先生でした。

今日、ダンナはんは仕事があったのですが、休んでもらいました。

ゆっくり1時間半ほど、休んでいました。
少しだけ膨らんでたおなかが、ぺったんこになったので、悲しくなってちょっとだけ泣いてしまいました。
でも、一人じゃないから、ねぇちゃんに遊んでもらうんよ~って、心の中で言いました。
娘が面倒見てくれるとなると、安心したのか、私は、す~っと眠ってしまいました。

先生から説明してもらって、帰ってきました。
今度の月曜に、その後の経過ってことで、診てもらいます。

薬局に、子宮の収縮剤と、抗生剤をもらいに行きました。
この薬局、娘の薬をずっとお世話になってたところです。
そこのボスが、私のことを気遣ってくれました。
「1年のうちに2人もお子さんを亡くすなんて…」
心配してくれていました。

その後、病院で会計を済ませて、院内を歩いていると、娘をずっと診てくださっていた先生に出会いました。
あれから初対面だったので、お世話になったことのお礼を言いました。
お母さんも体を大事にしてくださいねってのと、下のお子さんでも気になるようであればいつでも診ますから…って優しい言葉をかけてもらいました。

娘が夢に出てきて、その診て下さってた先生にもお会いして…本当に不思議な気分でした。
赤ちゃんが会わせてくれたような気がしました。

今は家でゆっくりしています。
寂しくないって言えば嘘になりますが、思ったよりか落ち着いています。
ダンナはん、子供たちが優しくしてくれるので、大丈夫です。
娘も、おなかにいた赤ちゃんも見守ってくれてると思います。
これからもがんばれそうです。
コメント