ワインバーでのひととき

フィクションのワインのテイスティング対決のストーリーとワインバーでの女性ソムリエとの会話の楽しいワイン実用書

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 45ページ目 女性ソムリエとの出会い 

2012-01-31 20:37:11 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【45ページ】

「うん」と和音はひと言答えた。

肯定とも否定ともとれるニュアンスであった。

「田辺さん、和さんがシャトー・ムートン・ロートシルト2003年と答えることが

出来たわけを教えてあげるよ」

マスターが笑いながら言った。

「和さんは、ボルドーのシャトーのオーナーと親交があるのは確かです。それが

シャトー・ムートン・ロートシルトのオーナーかどうかは別にして」

「どうしてわかったの?」と良子が聞くと、

「それは、このワインを持ってきたのは和さん自身だからです。」

「なーんだ、そうだったの」


 
 「美紀さん、ワインをもう一本追加!」

馴染みの丸山が叫んだ。

「どのワインにしますか?」

丸山は、ワインリストとボードの今日のお勧めワインを見比べた。

「今日のお勧めの中からボーヌのプルミエクリュをボトルで!」

「ありがとうございます」

マスターの妹の美紀はワインを取りにカウンターに戻った。

丸山は、仲間にボーヌのプルミエクリュのことを説明している。

「ボーヌと言えば、赤ワインの最高峰ロマネ・コンティを産する村だ!」

「あの有名なロマネ・コンティですか?」





※丸山さんの説明は間違っていますので注意お願いします。


※プルミエクリュは1級畑名ワインのことです。

 グランクリュは特級畑ワインのことです。

 ボルドーメドック地区の1級、2級等のワインの格付けとは別です。

 
コメント

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 44ページ目 女性ソムリエとの出会い

2012-01-30 22:59:47 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【44ページ】


 予約席では、ワイン会が始まったようである。

ワインを飲み、オードブルを食べ、会話が弾んでいる。

「最近行った歯医者でいい思いをしたよ!」

常連客の丸山が話し始めた。

「歯の治療の前に、歯科衛生士さんが、これが若くて美人の女性だった!」

「それがどうしたの?」

丸山の仲間が聞いた。

「彼女が歯石の除去をしてくれたのだが、頭に何か柔らかいものが触れるように感じた」

丸山は、ニヤつきながら話した。

「どうも彼女の胸が当っているらしい。彼女は気付かないように仕事に集中していた!」

「バカなやつだ!」と仲間がからかった。

「最近、歯医者も競争が激しいから、それはわざとやっているかも?丸山みたいな患者

が喜んで歯医者に通うのさ」


 「和音さんは、ひょっとしてシャトー・ムートン・ロートシルトのオーナーと親交が

あるの?」

良子は、自分の想像を聞いてみた。

「どうしてそう思う?」

「和音さんは、私のテイスティングを横で見ているだけで2003年という

ヴィンテージまで言い当てたから。」

良子は、尊敬と憧れの目つきで和音を見た。

コメント

フェチダスもう少しで開花

2012-01-29 21:02:18 | 野の草花・ガーデニング
 12月30日の記事で原種クリスマスローズのフェチダスに花芽が出来たと

書かせていただきました。


その時の画像です。




 一月経って、開花直前まで花芽が大きく膨らみました。

開花といっても全開しないで、先が少し開く程度のようです。




 フェチダスの開花サイズを購入すると2,500円程します。

この時期のセールの華やかで魅力的なシンビジュームよりも高いです。

フェチダスの魅力は何でしょうか?

私は、苗から育てているのですが、フェチダスの魅力をまだ理解できていません。  
コメント

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 43ページ目 女性ソムリエとの出会い

2012-01-29 20:15:30 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【43ページ】


「今飲んだワインは・・。」

マスターが説明しかけた時、入店を知らせるライトが点滅した。

モニターに目をやると、十人前後の客が店に入ってくるところであった。

美紀は、ワインバーのドアを開け、客を迎えた。

「いらっしゃいませ!」

彼女は、客達を予約席に案内し、おしぼりと水を用意した。

マスターは、準備していたオードブルのセットを出し、美紀に手渡した。


 「マスターにワイン名を聞きそびれたわ!」良子が言った。

「田辺さんの推測通りだと思うよ!」

「和音さんは、どうして判るの?」

「そのワインの色、ほのかなワインの香り、そして田辺さんのテイスティング

コメントを聞いているとシャトー・ムートン・ロートシルト2003年だと思うよ」

「ヴィンテージまで判るの? ほんとうかしら?」


 マスターは、予約席の客達への対応を終え、和音と良子に話かけた。

「話の途中で、席を外してすみません。田辺さんが飲んだワイン名は・・」

「シャトー・ムートン・ロートシルト2003年でしょう?」

良子が言うと、マスターは驚いたような顔をした。

「よく当てましたね」

「いえ、私じゃないの。和音さんが教えてくれたのよ」

「なるほど、和さんがねえ・・・・。」
コメント

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 42ページ目 女性ソムリエとの出会い

2012-01-28 20:29:48 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【42ページ】

 和音は、ニッコリ頷いた。

「マスター、新しいグラスにもう一度注いであげて!」

マスターは、シャトー・ムートン・ロートシルト2003年を新しいグラスに注いだ。

ラベルを手で隠しているが、貴族風の男性が椅子に座ってバックが契約書のデザイン

になっている。


「どうぞ」

良子は、新しいグラスを手に取ると、慎重にテイスティングをおこなった。

和音は、その様子を微笑みながら眺めている。

「とても複雑な香りがするわ! 焼けた土壌のような香り、木炭のような香り、

カシス、甘草のような香りも・・・」

良子は、香りの感想を述べた後、一口含んだ。

「しっかりとしたタンニンだわ!濃厚でタニック、力強く、とてもスケールの大きな

ワイン。今後の熟成によってどれほどのモンスターになるのか計り知れない」

良子は、うっとりするような目つきでグラスを見つめ、さらに一口飲んだ。

「ボルドーメドックの五大シャトーのひとつでは?」

「正解です!」

マスターが答えた。

「五大シャトーのどのシャトーだと思いますか?」

「タンニンの強さを感じるのでカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率が

高いと思うの。するとシャトー・ラトゥールかシャトー・ムートン・ロートシルト

では? 私の今の実力ではここまでだわ! 五大シャトーのテイスティングの機会は

滅多にないので・・・」



※シャトー・ムートン・ロートシルト2003年の良子のテイスティングコメント

は、ネットのシャトー・ムートン・ロートシルト2003通販コメントを参考に

させて頂きました。

コメント