ワインバーでのひととき

フィクションのワインのテイスティング対決のストーリーとワインバーでの女性ソムリエとの会話の楽しいワイン実用書

あべのハルカズBAR 34ページ目  落書き消し

2014-05-31 07:56:14 | あべのハルカズBAR1 四話 完
【34ページ】


 ママの陽菜は、棚からボウモア18年を取出し、ボトルの

ラベルを辰巳に見せた。


「とても香りがいいので、ストレートをお勧めしますが?」

「はい、ストレートでお願いします」


 陽菜は、蓋付きのグラスを取出し、蓋を取り、ボウモア18年を注ぐ。

グラスを軽く揺らすと、蓋をして、辰巳に差し出す。


「このボウモア18年はシェリー樽の原種の比率を高めているので、ボウモアの

スモーキーな特徴の中に、シェリー樽由来のスイート感が漂うと思います。」


 辰巳は、グラスの蓋を取り、香りを嗅ぐ。


「わっ、本当だ!」


 そして一口ボウモア18年を口に含む。


「とても贅沢なシングルモルトですね?」


 陽菜はにっこり頷いてみせる。


「私は、大阪泉州地区の落書き消しボランタリー協会の会長をしています。」

「先日、大阪市のアメリカ村での落書き消しの取り組みの番組を見ました。

最近、公共の建物への落書きが多いようですね?」

「ええ、そうなんですよ」

「缶のポイ捨て防止は、綺麗にすることだと聞いたことがありますが、

落書きも、消し続けることですか?」




アサヒペン 強力落書き落とし スプレー 420ML [HTRC 2.1]
クリエーター情報なし
アサヒペン
コメント

あべのハルカズBAR 33ページ目 ボウモア18年と25年

2014-05-30 20:48:06 | あべのハルカズBAR1 四話 完
【33ページ】



 あべのハルカズBARの入り口の花壇では、クレマチス

の赤やピンクや紫の花が盛りであった。






 
 今夜の3姉妹の服装は、そのクレマチスに合わせて、ママの

陽菜は紫のスカート、次女の月菜は赤のスカート、三女の香菜は

ピンクのスカートを身につけていた。


 今夜もお客で賑わい、閉店近くなりやっと落ち着いたところであった。

そこへ、予約の客が入ってきた。


「いらっしゃいませ!」と香菜が元気に挨拶をする。

「席の予約をお願いしていた辰巳ですが」

「お待ちしていました。

どうぞ、こちらへ」


 ママの陽菜が予約席のプレートを置いている奥の席へと案内して、

おしぼりを手渡す。


「ウィスキーをボトルで注文する特別のメニューがあると聞いて来たのですが」


 辰巳と名乗った男が訊いた。


「お好みのタイプのウイスキーはありますか?」


「私は、スモーキーな香りとシェリーの香りを同時に楽しめるウイスキーを一度飲んでみたい。」

「それでは、アイラ島最古の蒸留所のボウモアはいかかですか?」


 陽菜は、スペシャルメニューでボウモアが記載されいる箇所を見せた。

そこには、ボウモア18年24,000円、ボウモア25年135,000円の2種

があった。



ボウモア 18年 700ml 43度 [正規品]
クリエーター情報なし
ボウモア





ボウモア25年 700ml
クリエーター情報なし
サントリー
コメント

あべのハルカズBAR 32ページ目 第二話 落書きの龍  二件の交通事故

2014-05-30 07:18:09 | あべのハルカズBAR1 四話 完
【32ページ】



 トラックの運転者が、仕事の帰り泉州地区の和泉市の国道を

走っていた。すると、突然フロントガラスの助手席側に、何か

大きな物が落ちてきた。

驚いたトラックの運転者は、思わずハンドルを右に切って、

反対車線に入ってしまった。


 その時、運悪くベンツが走って来ていて、正面衝突して

しまった。ベンツの運転者と助手席の女性は重傷を負った。

警官に対して、トラックの運転者は「フロントガラスに何か

落ちて来た」叫び続けた。


 晴数が、コーヒーを飲みながら、リビングルームで朝刊を

読んでいた。


 朝刊には、もうひとつ交通事故の記事が載っていた。

偶然にも同じく泉州地区の岸和田駅前での事故だった。

こちらは、乗用車の自損事故であったが、運転者の話が

興味深かった。


「夜走っていると、急にだんじりが向かってきたので、

それを避けようとして、ハンドルを左に切って、電柱に当たった」

と叫んだ。

異常な興奮状態に、警官はドラッグ乱用の疑いを持ったと書いてある。


 晴数は、2件の事故現場の住所をメモした。



だんじりピクトステッカー 【まとい者+綱先で2枚】
クリエーター情報なし
【ITSS お買上特典 全国送料無料(メール便)】

コメント

あべのハルカズBAR 31ページ目 パンドラの箱が開く 

2014-05-30 06:26:30 | あべのハルカズBAR1 四話 完
【31ページ】



 晴数が3姉妹の顔を見渡すと、その最高の術の内容を

教えてほしいという表情をみせていた。


「四井皆友銀行本店の建物の近くまで行く、そこから4次元空間に

入り、数十メートル移動して金庫室のある場所まで行くと、

4次元空間から6億円を金庫室に放り投げる。

投げ終わった後は、建物の外まで戻ってきて、3次元空間に出るだけだ。」


「金庫室に戻さないで、そのまま持ち帰ったら?」と香菜が冗談で言うと、

「華麗なる安倍一族から犯罪者を出してはいけない」

と晴数は笑った。




 大阪府警は、四井皆友銀行本店の行員の当日のアリバイを

徹底的に調べあげた。

内部犯行説が一番有力だと考えたのだ。

 アリバイを調べる中で、本店長が、愛人宅で泊まっていたことや

大沢次長と女子行員との不倫や、行員達のサービス残業の実態や、

イジメ問題やセクハラ問題やパワハラ問題等パンドラの箱を開けた

ようにすべての醜態が明るみになった。


 そして、週刊誌の記者達が、行員からそれらの醜態の話を

聞きだし、大々的に記事にした。


 連日、10億円盗難のニュースで賑わしていたが、一週間後

失われた10億円が金庫室で見つかり、騒ぎは事件が解明されない

まま終息していった。




ケータイ刑事 THE MOVIE3 モーニング娘。救出大作戦!~パンドラの箱の秘密 スタンダード・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet(SB)(D)
コメント

あべのハルカズBAR 30ページ目  4億円は戻る、6億円は戻す    

2014-05-29 20:40:14 | あべのハルカズBAR1 四話 完
【30ページ】


 長女の陽菜が訊いた。

3姉妹は、4億円が4次元の空間のホールに落ちると思っていたのである。


「10億円が消えたこと?」

「晴数兄様が術をかけたのは私達の4億円でしょう?」


 次女の月菜も疑問を晴数にぶつける。


「私も、今ニュースを見て、考えていたところだよ。

私達の四億円の上に、6億円が積まれた。

そして、四億円が四次元の空間のホールへ落ちる時、

一緒に落ちたのでは?」

「晴数兄様、この10億円はどうなるの?」


 3女の香菜が訊く。


「数日すれば、術が解けた4億円は金庫に戻る。

残りの6億円をどうするかだな?

私が戻しに行かないといけないと思う」

「戻すって?」

「金庫室の中へ?」

「どうやって入るの?」


 3姉妹が次々に晴数に質問する。


「これは、上の術・・・・・

いや安倍晴明様と同等の最高の術が必要だ!」




四次元が見えるようになる本
クリエーター情報なし
日本評論社
コメント