ワインバーでのひととき

フィクションのワインのテイスティング対決のストーリーとワインバーでの女性ソムリエとの会話の楽しいワイン実用書

5 特急列車の売り子 116ページ目 

2012-11-07 23:31:38 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【116ページ】


「特急列車の座席で隣り合わせた?」


和音が佐山社長に訊いた。

すると、ハイランズ・コーヒーを入れる準備していた桃子が答えた。


「私は、特急列車で売り子をしていたのです。」

「そう、売り子をしていた彼女にコーヒーを注文したのが初めての出会いです。

紙コップに入れられたコーヒーだったのですが、マイセンのコーヒーカップに

我が社の最高級コーヒーを入れたものにも負けず劣らずおいしかったのです。」

「それは旅行中だったからだと思います。

旅行中に食べる駅弁はおいしいが、スーパーの駅弁セールの駅弁を家で食べると

あれ?と思うほどおいしく感じられないわ!」


和音は、うなずきながら話を聞いている。

そして20年熟成のポートワインを一口飲んで、佐山社長の話の続きを待った。


「それからは、勝浦からの帰りは、彼女に出会った同じ時刻の列車に乗ることに

したのです。いつもコーヒーを注文して顔見知りになったある日、彼女はおいしい

コーヒーを入れるだけではなく、コーヒーのテイスティング力に優れているのに

気付いたのです。」


ここまで話すと、佐山社長もポートワインを一口飲んで一息ついた。


「そこで、彼女を我が社の社員にスカウトし、最初は品質管理部でテイスティング力を磨き、

その後、秘書室へ配属したのです。」

「荒川さんのコーヒーを飲みたくなった?」


和音が笑いながら訊いた。


「まさにその通り!」
コメント

5 特急列車の売り子 115ページ目 

2012-11-06 21:38:09 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【115ページ】


「和さんは、テイスティングコメントの中にヴィンテージを表す言葉を入れて

いるとうわさされているのだよ。」


佐山社長が説明した。


「あっ、おいしいワインの01ですか?」


佐山社長がうなづいた。


「ポートワインと相性ぴったりのコーヒーを飲みながら彼女との馴れ初めの話を

させて頂きます。

桃子さん、ハイランズ・コーヒーを入れてください!

私は、20年熟成のポートワインをグラスに注ぎます。」


「ハイランズ・コーヒーとはベトナムのプレミアムコーヒーのことですか?」

「ええ、そうです。」


桃子は、ハイランズ・コーヒーを入れる準備をしながら答えた。


「ベトナムは、一般の人にはコーヒーのイメージがないのですが、

実は世界第二の生産量を誇っているのです。

そのコーヒーの中で、五ツ星レストランでも採用されているのが

ハイランズ・コーヒーなのです。」


佐山社長は、20年熟成のポートワインをグラスに注ぎ、和音の前に置いた。


「さあ、どうぞ。

彼女と初めて出会ったのは、那智の滝のある勝浦からの帰りの特急電車の中でした。

勝浦には、週末にマグロを食べによく行っていたのです。」

コメント

5 特急列車の売り子 114ページ目

2012-02-21 22:55:06 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【114ページ】


 和音は、ワイングラスを手にとり、色と香りを確かめた。


和音    やや暗いルビー色で、スパイス、オークのニュアンスがパワフルで、

      複雑な果実の芳香がすばらしい!

 
 和音は、グラスを口に近づけ、一口飲んだ。


和音  ピノ・ノワールの命は香りにあり、決して凝縮させてはならない!

佐山社長  和さんは、このワイン名が判ったようですね?

桃子  どうしてそう言えるの?

佐山社長  ブルゴーニュの神様と言われていた人を知っているかね?

      彼の造ったワインは、あのロマネ・コンティに引けを取らない名声を受け、

      高価格で取引されている。

桃子  あっ判った! アンリ・ジャイエ氏ですね?
      
佐山社長  そして、「ピノ・ノワールの命は香りにあり、決して凝縮させては

      ならない!」はアンリ・ジャイエの有名な言葉なのだ。

      このワインは、和さんの推察通りクロ・パラントゥ アンリ・ジャイエ

      なのです。
 
      ヴィンテージは判りますか?

 
 和音は、クロ・パラントゥ アンリ・ジャイエをさらに一口含んだ。


和音 アンリ・ジャイエのおいしいワインだ!


 佐山社長は、「あはは、確かにおいしいワインだ!」と言いながら笑い出した。

桃子  和音さんは、ヴィンテージを答えていませんが?


佐山社長  和さんは、テイスティング対決でないと答えないのだよ。

      しかし和さんの言葉の中にヴィンテージを表現している時もあるのです。

      

 
コメント

5 特急列車の売り子 113ページ目 

2011-12-01 22:33:51 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【113ページ】


和音    おいしいコーヒーと聞けば、ぜひいただきたいですね。


桃子は、和音と佐山社長のためにコーヒーを入れた。


桃子    どうぞ。

和音    いただきます。

      フルーティな香りと少し酸味が感じられる!

      これは、モカ?

      こんなにおいしいモカは初めてだ!
 
佐山社長  これは、モカだが、特別のモカだね?

和音    特別のモカ?

桃子    はい、モカの中でもイエメン産のコーヒー豆は「モカマタリ」と呼ばれ

      酸味の中にもまろやかなおいしさを感じることができます。

      今日は、そのモカマタリの中でも最上級豆を用意させて頂きました。   

和音    ところで、佐山社長と荒川さんは、いつ婚約されたのですか?

佐山社長  一週間前です。

和音    馴れ初めは?

佐山社長  ワインを飲みながら聞いていただけますか?  


 社長の専属ソムリエが、ヴォーヌ・ロマネの最高級ワインを抜栓し、3つの

ワイングラスに注いだ。


佐山社長   ロマネ・コンティの故郷ヴォーヌ・ロマネのワインです。

       さあ、3人で飲みましょう!

        
コメント

5 特急列車の売り子 112ページ目 

2011-10-30 22:45:56 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【112ページ】


 佐山社長のプライベートワイン会の日がやってきた。

彼のワイン会は、佐山社長の自宅で開催された。


和音      今夜は、お招き頂きありがとうございます。

佐山社長    私の方こそ、来て頂きありがとうございます。

        和さん、紹介させてください!

        婚約者の荒川 桃子さんです。

桃子      荒川です。よろしくお願い致します。

和音      和音 通です。よろしく!
   
佐山社長    ワインを楽しんだ後、テイスティング対決をお願いしているのですが、

        和さんの対戦者は彼女になります。

和音      荒川さんが?

        彼女はソムリエですか?

佐山社長    ワインに関しては、ワインスクールで勉強中です。

和音      その彼女がどうして?

佐山社長    彼女には特別の才能があります。

        コーヒーのテイスティングに関しては、我が社NO1の実力です。

和音      コーヒーの香りのするワインで対決でも?

佐山社長    トップソムリエも敵わないとうわさされる和さんには、彼女の

得意分野でということになるでしょう。

さて、彼女のコーヒーは格別においしいですよ!一杯いかがですか?

        
コメント