ワインバーでのひととき

フィクションのワインのテイスティング対決のストーリーとワインバーでの女性ソムリエとの会話の楽しいワイン実用書

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 138ページ目 第四話 人型ソムリエロボットの実力は? 

2012-06-29 22:48:09 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【138ページ】


 味川は、和音と深川博士のグラスにシャトー・マルゴーを注いで、話を続けた。


「この新しい所有者は、莫大な資財を投入して、畑から醸造設備、貯蔵設備、さらにシャトーにいたるまで

徹底的に改造していったそうです。その結果1978年以降再びメドックのトップに返り咲いたのです。」


「今飲んでいるシャトー・マルゴーはその1978年なのです。」と深川博士が言った。

「和音さん、実は1978年のヴィンテージを見抜いていたのでは?」


 味川は、和音の目をじっと見つめた。そして話を続けた。


「このワインの感想を述べた時、名は知らなくてもと言っていましたね? 『名は』は78では?」

「それは偶然です。」そう言いながら和音は笑った。

「和音さん、それではソムリエロボットのアジミーを呼びます。

味川さん、アジミーにシャトー・マルゴーの2000年を持って来させてください。」


 味川は、「失礼します!」と言って別室に行った。

そして、しばらくすると味川ともう一人の女性が出てきた。

和音は、彼女がアジミーか?と思った。

彼女はワインセラーの前に立つと、扉を開け、ワインを一本取り出した。


「アジミー、シャトー・マルゴー2000年を深川博士とお客様の所に持って行き、二人に注ぎなさい」

「承知しました。」


アジミーが二人の前に立つと、和音に挨拶した。

「いらっしゃいませ! 深川博士、ワインを注ぎましょうか?」

「ええ!」


深川博士は、テーブルのワイングラスを指さし、


「あのグラスに私とお客様の分を注いでください」

コメント

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 137ページ目 第四話 人型ソムリエロボットの実力は? 

2012-06-28 22:44:27 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【137ページ】


「1976年とはに答える前に、ひとつお尋ねしてもよろしいですか?」

「何でしょうか?」


和音は、まるで女性のソムリエと会話している錯覚を覚えた。


「1973年~1974年のワインの大暴落はなぜ起こったかご存知ですか?」

「大きな要因は、オイルショックでした。それに追い打ちをかけたのがワインゲート事件です。」

「ワインゲート事件?それはどんな事件だったのですか?」


深川博士にとっては、初耳の事件であった。


「それは、ワイン商がニセボルドーワインをつかまされた事件です。面白いエピソードが残っているのですよ!

裁判で、裁判官から、それがどうしてボルドーワインだと判らなかったのですか?と訊かれて、そんなことは

誰にもできませんと答えたそうです。」


「アジミーだったら見分けられると思う。」

「ええ?、味川さんでは?」


和音は、思わず聞き返した。


「味川さんは、私の専属ソムリエですよ!」

「味川さん、失礼しました! 手を触ったり、胸やお尻を触ろうとしてしまいました。」

「いえ、OKを出した博士が悪いのです。」


味川は、深川博士を睨みつけるふりをした。


「話の続きですが、シャトー・マルゴーにとって1976年とはでしたね?」


和音は、うなずいた。


「ワインの大暴落の後、熱意を失ったジネスト家からメンデロブロス家に所有者が替わった年です。」
コメント

ミツバチが群がる赤い花

2012-06-28 20:14:02 | 野の草花・ガーデニング
 高速道路のSAで、赤い花が咲いている木がありました。

珍しい花だったので、近づいて見ると、ミツバチがこの花の蜜を吸っていました。


 画像の上の方にミツバチがいます。






 画像の中央にミツバチがいます。

画像に写っているのは一匹ですが、花の周りでは、ミツバチが飛び交っています。








 この赤い花を咲かせる木の名前が判らないので、家に帰ってからネットで調べました。

『夏に咲く赤い花』や『夏に赤い花を咲かせる木』で検索したのですが、画像と同じ花が見当たりません。



 もし、この赤い花を咲かせる木の名前をご存知でしたら、教えてくださいね!
コメント

ワインバーでのひととき ファースト(改訂) 136ページ目 第四話 人型ソムリエロボットの実力は? 

2012-06-27 20:19:09 | ワインバーでのひととき1改訂四話 完
【136ページ】


「和さん、このシャトー・マルゴーのヴィンテージは・・・あっ!」


深川博士は、和音にヴィンテージを訊ねようとして思い出した。


「テイスティング対決の時以外は、ただおいしくワインを飲むのが和さんの流儀でしたね?」

「そうですね。」

「あっ!」


 味川も小さく叫んだ。彼女は、深川から以前聞いた話を思い出したのだ。

和音は、ワインの感想を述べている中で、偶然かどうかは判らないが、ヴィンテージに符号する

言葉が含まれている場合がある。


「シャトー・マルゴーにとって、重要な年がいくつかありますね? まず1855年」


和音は、味川に向かって話しかけた。


「パリ博覧会で目玉企画として、メドックワインのランク付けされた年で、シャトー・マルゴーは1級に

格付けされました。」


味川は、和音との会話をスムーズにおこなった。


「次に1934年。この年は?」

「1929年~1933年の世界大恐慌の影響を受けて、1934年にシャトー・マルゴーはジネスト家の所有になりました。

ジネスト家は、ブドウ畑の拡大や醸造設備の充実に取り組みました。

ところが1960年~1970年にかけて一時期名声を落とします。

さらに1973年~1974年にかけてワインが大暴落して、大損失を受けるのです。」


和音は、味川をじっと見つめた。


「そして1976年。この年は?」
コメント

半年ぶりの和歌山の夜 木いちごのカクテル 

2012-06-26 22:05:05 | ウイスキー
 トマーティン1976年を一口含むと、口中に芳醇な香りと濃厚な味わいが広がるイメージでした。

最高においしいシングルモルトです。

そして、飲んだ後もおいしさの余韻が長く続きました。


 トーマティン1976年の残りが少なくなったころ、マスターの妹さんにフレッシュジュースできますか?

と聞きました。


「ノンアルコール?」

「ええ」

「パイナップルか木いちごはいかがですか?」

フルーツカクテルのボードを指さしながら、彼女が奨めてくれました。

ボードを見ると、小玉スイカ、マンゴー、ラズベリー(これは木いちごのことですね?)等がありました。

「木いちごのジュースをお願いします。」

シングルモルトを3杯飲んだので、フレッシュジュースで酔いを醒ましたかったのです。


 フレッシュジュースを注文して、しばらく経つとマスターが来ました。

「ノンアルコールですか?」

「はい」

「少しお酒を入れませんか? まろやかになっておいしくなりますよ!」

「少し入れてください」


 赤い色のラズベリーのカクテルは、おいし過ぎて、危険ですよ!

「おいしかったですか?」

「ええ、とても! アルコールが入っているのを忘れてしまうかも?」


 とても楽しい半年ぶりの和歌山の夜でした。

シングルモルト3杯とラズベリーのカクテルで11時半まで約2時間店にいました。

コメント