シーアゲイン~ログブック

青海島は年間を通して楽しむことができます。そうした青海島およびその近海における日々のダイビング情報をお届けします。

なかなか安定しません。

2011年07月31日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温31 水温25℃~24℃   透明度 ⇔5~8

Himeoomeami110731Kokeginpo110731

左:ヒメオオメアミ(by saitou)  右:コケギンポ(by satoru)

  本日は潮汐の関係だと思うのですが、またまた水温低下、透明度も低下。今年はなかなか安定しません。しかしながら本日シーアゲインは珍しく満員御礼!!ファンダイブ、セルフ、講習チームに分かれて潜ってきました。ファンダイブ組みは左の瀬と洞窟へ潜ってきました。

Nihonawasango110731Yubiumiusi110731

左:ニホンアワサンゴ(by satoru)  右:ユビウミウシ(by saitou)

左の瀬では、砂地方面で、例年だとサンゴタツやタツノイトコなど沢山見れるのですが、今年はなかなか見れません。しかしながらヨウジウオの幼魚を久しぶりに見ることが出来ました。マダラギンポ、イワアナコケギンポ、ヒメオオメアミ、フトユビシャコ科の一種など見れました。

Subesubemanzyuugani110731Ohagurobera110731

左:スベスベマンジュウガニ(by satoru)  右:オハグロベラ(by saitou)

  洞窟は本日ダイバーでいっぱい!!ゆっくりは見れませんでしたが、ハナイロウミウシ、ミチヨミノウミウシ、リュウモンイロウミウシ、コイボウミウシ、キイロイボウミウシなど、夏のウミウシがたくさん増えつつあります。昨日あんなに産卵していたアオリイカ達ですが、本日は0!!んーイカの気持ちが解らん。


アオリイカの産卵

2011年07月30日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温32 水温26℃~25℃   透明度 ⇔8~10

Iwaanakokeginpo110730Kiiroiboumiusi110730

左:イワアナコケギンポ(by satoru)  右:キイロイボウミウシ(by miya)

  本日は講習とセルフチームに分かれて潜ってきました。船越は若干風波が立っていましたが、水中はとっても穏やかで、底揺れもまったくありませんでした。透明度も回復。水温もまたまた上昇。水の色も青みがかってやっと水中も夏が来たのかな?といった感じです。あれほど探していたアオリイカの産卵でしたが、浅場の流藻がたまってるところで、大きな6ペアのアオリイカが産卵していました。しかも近寄ってもまったく逃げません。

Ookazunaginopea110730Amimehaginoyougyo110730

左:オオカズナギのペア(by satoru)  右:アミメハギの幼魚(by satoru)

  講習のスキルをその横でやったもらってるんですが、アオリイカが気になってしょうがありません。午前中はダイバーが多かったので警戒していたのかもしれませんが、午後からはアオリイカの大産卵といった感じでした。

Madako110730Cyagaranoyougyo110730

左:マダコ(by miya)  右:チャガラ(by miya)

  明日も期待大ですよ。でもまさかこんな浅場で産卵するとは思ってもいませんでした。今日も青海島は沢山のダイバーや海水浴客で賑わっていました。


水温が低いです。

2011年07月27日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温23℃~22℃   透明度 ⇔5~8

Doukutsu2110727

Doukutsu1110727

←洞窟にて

  昨日は講習。本日はファンダイブで船越に潜ってきました。平日にもかかわらず、ダイバーや海水浴客で賑わう船越でした。海況はかなり落ち着いてきましたが、なかなか透明度は回復しません。

  水温も深場まで行くと、22度まで下がってます。7月の後半としては、過去最低水温となっております。その為か、かなりの生態系に影響が出てるようで、春から初夏にかけ産卵する生物達が、今だに産卵していたり、夏になると繁殖期となる生物達の姿がなかなか見ることができません。

Doukutsu3110727Funakosi110727

左:洞窟にて  右:今日の船越

  アオリイカやハナイカも例年だと沢山の卵を確認できるのですが、かなり小規模でしか確認することが出来ません。8月には水温が上がってくれることを期待したいと思います。


相島に行ってきました

2011年07月24日 | ダイビング

相島・・・気温30 水温25℃~21℃   透明度 ⇔8~10

Kawarigincyaku1110724Kawarigincyaku2110724

←カワリギンチャク 左(by azu )右(by saitou)

  本日は相島へ行って来ました。やはり相島も、透明度があまり良くはありませんでしたが、うねりもほとんど無くなり、快適に潜ることが出来ました。1本目はカッカセに入り、今日もカワリギンチャクの群生地まで行って来ました。

Kingyohanadai110724Matsukasauo110724

左:キンギョハナダイ(by azu) 右:マツカサウオ(by saitou)

  前回も思ったのですが、個体数が 昨年より多く感じて、特に密集度がかなりあがってるようなきがします。とにかく透明度がいい時は、瀬が一望できるので、圧巻です。

  ハマチやイサキの群れ、サクラダイなど見れましたが、今日はその他のハナダイが見つかりませんでした。どこに行っちゃったんでしょうねー。

2本目はオニゼへ行きましたやはりこちらも透明度はイマイチ。

Sarasaumiusi110724

←サラサウミウシ(by saitou)

  しかしながらさすがに魚の群れはすごかったです。ザラカイメンカクレエビやクシノハカクレエビ、オニカサゴ、イソカサゴ、コクチフサカサゴ、巨大なマツカサウオ、キンギョハナダイやタカベの群れなど見れました。次回は透明度が良くなってることを期待しましょう。


やっと回復

2011年07月23日 | ダイビング

海島「船越」・・・気温30 水温25℃~24℃   透明度 ⇔8~10

Kousyu110723m ←講習風景

  台風の影響で荒れ気味だった船越でしたが、本日やっと回復。まだ若干のうねりはありましたが、2本とも船越で潜りました。

  本日もダイビングサークル(ドルフィンズ)の講習でした。今年は人数が多いので3チームに分けてまして、本日3チーム目の初日の講習でした。今日もスパルタ講習で、サクサクと順調に進みました。

  3チームの中では本日一番優秀?かもです。残り2日間頑張りましょう!!明日は久々の相島です。透明度が良くなってる事を期待しましょう。


久しぶりのバトルです。

2011年07月18日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温30 水温25℃~24℃   透明度 ⇔8~10

Ookazunaginobatoru110717Iwaanakokeginpo110717

左:オオカズナギのバトル(by satoru)  右:イワアナコケギンポ(by satoru

  本日は台風の影響か、すこーしうねりが入っていましたが、2本とも船越で潜れました。1本目は左の瀬に行き、久しぶりにオオカズナギのバトルが見れました。さすがに今年は最後かな?しかしながら過激なバトルは約10分以上も続いてました。

Kuroheriamefurasi110717Benitsukeginpo110717

左:クロヘリアメフラシ(by naoko)  右:ベニツケギンポ(by taiji

  本日アオリイカは瀬の奥の方で産卵していました。けっこう個体数は多かったですが、やはり警戒心が強く、なかなか近づけませんでした。砂地ではクロウシノシタ、オニカナガシラなど見れました。

  2本目はトンネルコースへ行きました。ハナイカの卵は、水温が高くなってきたせいか、成長がとっても早いです。すでに卵の中で動いている姿が確認できます。シロオビキヌヅツミの産卵や、交接中のセンヒメウミウシ、卵保護中のニジギンポなど見れました。

Koyanagiumiusi110717Hanaikanotamago110717

左:コヤナギウミウシ(by satoru)  右:ハナイカの卵(by shimizu)

  2本終わると、陸では少し風が強くなっていて、沖は白波が立ってました、明日、明後日のダイビングは中止いたします。


今日もべたなぎ。

2011年07月17日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温33 水温25℃~23℃   透明度 ⇔8~12

Setominoumiusi110717Iwaanakokeginpo110717

本日の画像はsatoruさんからいただきました。左:セトミノウミウシ 右:イワアナコケギンポ

  本日も沢山のダイバーや海水浴客で賑わう船越でした。そして今日もべたなぎでしたが、ちょっと台風の動きがやばくなってきました。明日はどうでしょう?

Syunkanhaze110717_2

Magakigai110717

左:シュンカンハゼ  右:マガキガイ

  本日は講習およびセルフチームに分かれて潜ってきました。透明度が徐々に悪くなってきてるような気がします。水温も暖かくなったり冷たくなったり、干満によって著しく変化します。

  本日ワンピースの人はちょっと冷たかったかもしれませんね。講習は初日の項目をシャキシャキっと行ってきました。さすがに若い人たちなのでとっても飲み込みが早いです。次回も頑張りましょう。


今日もミラクル

2011年07月16日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温33 水温25℃~24℃   透明度 ⇔8~12

  本日は講習とファンダイブで船越潜ってきました。ダイバーも増えてきましたが、船越海岸はキャンプや海水浴をする方々も増えてまいりました。夏がきたー!!という感じですが、台風がちょっと気になります。

  今日僕は講習だったので見ていないのですが、いろんなショップのガイドさんが「サケガシラがいたよ。」っと教えてくれました。

  昨日のムラサキダコといい、今日のサケガシラといい、2日続けて激レア生物が出てます!!やっぱ青海島ってスゴイですねー。そういえば先週、フリソデウオの死骸も実は目撃しています。まだまだ深海生物が登場する可能性大ですよ!!


ミラクルコンビ。

2011年07月15日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温33 水温25℃~24℃   透明度 ⇔8~12

Murasakidako2110715Murasakidako1110715

←ムラサキダコ(by kenyu)

  本日も船越はべたなぎ!!最近とってもいい海況が続いています。そして今日のゲストは、先日サメハダホウズキイカを見つけてくれたkenyuさんと、2年前、ほとんど生態写真の存在しないゴマフホウズキイカを撮影されたアッキーさんというミラクルな二人だったので、ひょっとして何か出るんじゃないの?と少し期待していましたが、やはり出ました激レアのムラサキダコ!!しかも今まで見た中では一番元気で綺麗。

Arariumiusi110715Hanaika110715

左:アラリウミウシ(by アッキー)  右:ハナイカ(by アッキー)

  おまけに卵も持っててまさにミラクルです。実はかりゆしのクミさんがスキンダイビング中に見つけたのですが、それにしても相変らず引きの強いお二人です。久しぶりにハナイカも出ましたが、さすがに今日は影が薄かったです。

Magakigai110715Amimehaginoyougyo110715

左:マガキガイ(by アッキー)  右:アミメハギ(by アッキー)

  その他は洞窟で、カイメンウミウシ、ネズミウミウシ、クロシタナシウミウシ(マダラウミウシタイプ)、ハナイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ウスイロウミウシ、ダイダイウミウシなど見れました。しかしながら今年はレアもの続々登場です。


ミズクラゲが大量発生!!

2011年07月14日 | ダイビング

青海島「船越」・・・気温33 水温25℃~24℃   透明度 ⇔8~12

Mizukurage110714Anahazenohosyoku110714

本日の画像はhoshinoさんからいただきました。左:ミズクラゲ  右:アナハゼの捕食

  本日も船越はべたなぎで絶好のコンディションです。しかしながら相変らずいろんな生物が放精してて、海中は今日も白っぽいです。そして今日はミズクラゲが大量発生!!今まで見たことも無いような数のミズクラゲです。

Kobudainoyougyo110714Madaraginpo110714

左:コブダイの幼魚  右:マダラギンポ

  調子に乗って、ワイド撮影の時、モデルになろうと、ミズクラゲの大群に突っ込んでいきました。私ダイビング暦二十数年にして始めてミズクラゲは「刺すんだ。」ということを認識いたしました。それほどの痛みはないのですが、顔がチクチクして、上がってからも数分間痛痒い状態が続きます。1時間もすれば治るのですが、皆さんミズクラゲといえどもなめない様に注意しましょう。

Doukutsu110714Himeika110714

左:洞窟にて  右:ヒメイカ

  今日も左の瀬と洞窟へいってまいりました。コブダイの幼魚や、婚姻色のマダラギンポ、アナハゼの捕食やマドレラフェルギノーサ。洞窟ではリュウモンイロウミウシ、シラヒメウミウシ、ハナイロウミウシ、サメジマオトメウミウシ、サガミイロウミウシなど見れました。水温もまた1度上昇で、ウエットでも潜りやすい水温になってきました。ただ、連休は、台風の動きが気になります。