NPO法人 三千里鐵道 

NPO法人 三千里鐵道のブログです。記事下のコメントをクリックしていただくとコメント記入欄が出ます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4.21集会の時局講演会がブックレットになりました。

2019年07月29日 | 三千里コラム
 南北が、私たちが! 力を合わせて!平和で豊かな朝鮮半島を作ろう

 去る4月21日(日)、名古屋市博物館地下講堂にて、6・15共同宣言十九周年/4・27板門店宣言一周年記念企画として、「南北が、私たちが!力を合わせて/平和で豊かな朝鮮半島を作ろう」が開催されました。とりわけ、4・27板門店宣言が発表されてから一周年を祝うことと同時に、この一年の朝鮮半島を取り巻く情勢の流れを振り返りながら、次なる展望に向けて私たちは何をすべきなのかを考える機会とするイベントとなりました。
この日の前半は、昨年の歴史的な出会いの感動を全身で共有すべく「文化公演」を開催しました。オープニングを飾ったのは、韓国伝統音楽グループ「ノリパン」による民族打楽器の演奏。チャ ンゴの響きが会場全体を盛り上げていきました。演奏者の中には小さな子どもも参加しており、幼い手つきで力強く演奏する姿がとても印象的でした。
その後、「在日本朝鮮文学芸術家同盟 東海支部」の皆さんによるノレ(歌)とチュム(踊り)の披露。美しい歌声と舞い、特にチュムでは腕につけた鈴の音と舞踊が非常に美しかったです。
そしてトリを飾ったのは、重要無形文化財第5号パンソリ唱者「安聖民」さん。身体の奥に響く独特の歌声が、一瞬にして会場全体をパンソリの世界へ。客席との掛け合いなどもあり、会場全体が「ひとつ」になった大変素晴らしい公演でした。

後半は都相太理事長による主催者あいさつで始まりました。
あいさつの中で「19年前に三千里鐵道を立ち上げたが、我々の団体は、南北の鉄道が行ったり来たりできるようになれば、その役割を終える。早くその役割を終える日が来るように、これからも皆さんと共に歩んでいきたい」と述べました。
その後、朝鮮大学校准教授、李柄輝先生の講演。
この間、日本のメディアにも度々ご出演になっている李先生。今回の講演では「朝米関係の現況」と題し、歴史的に見た朝鮮半島の停戦体制、そしてそこにある東アジアの冷戦構造、朝米間でのこの間の動向、今後の展望などをお話し頂きました。
その後、韓国問題研究所 所長であり当会顧問でもある康宗憲先生による講演では、「南北関係の現況」と題し、朝鮮民族にとっての米国という存在、南北首脳会談の成果、民族自主による平和・繁栄・統一、韓日・韓米の歴史的視点など、多岐にわたり講演して頂きました。
その後、講演をされたお二人の先生による対談では、お二方が、南北の首脳陣、そして朝鮮半島を取り巻く周辺国首脳陣に「助言・進言できる立場だったら、何を伝えたいか」というテーマでお話し頂きました。非常にユニークな対談形式でのお話でしたが、聴いている私たちにとっては、現状の問題点・課題点が明確になり、大変分かりやすい対談講演でした。
こちらの講演・対談の内容は、ブックレットとして三千里鉄道より販売される予定です。非常に内容も厚く、様々な視点から朝鮮半島情勢が整理された内容になっておりますので、講演の詳細内容につきましては、ぜひこちらを読んで頂けたらと思います。

ニュースレター記事より

投稿 beak

コメント

文大統領「12隻の船で国を守った」といきなり話した理由は

2019年07月15日 | 韓日関係関連消息

文大統領「12隻の船で国を守った」といきなり話した理由は

中央日報 2019.07.15
https://japanese.joins.com/article/516/255516.html?servcode=200§code=200

#1.
12日午後2時、東京経済産業省別館10階。韓日両国が日本の輸出規制措置をめぐって初めて実務会議を開いた。小さい倉庫のような会議室のテーブルの上には名札も、飲み物もなかった。壊れた椅子が会議室の隅に積まれていた。

5時間50分間会議を行って残ったのは「今明、韓国をホワイト国のリストから排除する」という日本の通知だけだった。

#2.
同日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10回目の全国経済ツアーで務安(ムアン)にある全南(チョンナム)道庁を訪れた。大統領の演説文は慣例により行事2時間前である午後3時40分ごろ取材陣に配布された。演説の時「全南の住民たちが李舜臣(イ・スンシン)将軍とともにわずか12隻の船で国を守った」と話した。原稿にはなかった表現だった。文大統領が現場で直接挿入したものだ。東京韓日実務交渉に応じる日本側の態度が知らされた後だった。

二つの場面は象徴的だ。外交使節へのおもてなしを得意とする日本は倉庫のようなところで韓国代表団を迎える姿でもう一つの外交をした。韓国は文大統領が直接「12隻の船」に言及した。見る側によって「戦意」を確かめる姿だ。このように韓日関係は現在、先鋭に対立している。8日、文大統領は首席・補佐官会議を主宰して「企業に被害が発生する場合、必要な対応を取らざるを得ないだろう」と述べたが、この内容も参謀陣が作成した草案にはなかったという。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は今週が韓日関係をどのように解決していくか占える「試金石」の期間だと見ている。先に、18日から21日間が「一つ目の変曲点」だ。18日は日本の追加制裁が発表されるものと見られる日で、21日は参議院選挙日だ。追加制裁をするか、するならどの水準で、参議院選挙の結果がどのようになるか、日本の公式メッセージなどを見た後、今後韓国の対応策を具体的に模索するという趣旨だ。

青瓦台の見解は楽観よりは悲観に近い。青瓦台高位関係者は「最初は参議院選挙を狙った挑発の程度だと、続いて韓国半導体産業の長期的な競争力の弱化を狙った問題だと見ていたが、今は東アジアの構図全体を揺さぶる試みだと見ている」と話した。

南北と米朝関係の再設定など激変期において危機を感じた日本の計画された挑発ということだ。青瓦台が青瓦台・政府・企業間ホットラインを開設し、文大統領が「長期化」と言ったのはこの問題が簡単に決着するようなものではないと判断しているためだ。

他の青瓦台関係者も「最近、韓日関係は経済領域に限られていない」と強調した。青瓦台では「長期的に韓日関係を再設定する必要があるかもしれない」という意見が公然と出ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさにこういうことだろう。
安倍首相を首相に担いでいる日本の保守層は、南北の対立、東アジアの冷戦を維持したいのだ。米日韓軍事同盟体制を維持したいのだ。
そのために、その旧体制を破壊して、朝鮮半島の平和、東アジアの平和に向かおうとする文在寅を除去したいと考えているのだ。もう一度李明博、朴槿恵政権のような「親日」政権を立てようと思っているのだ。
まるで19世紀の大日本帝国だね。日本の利益線は朝鮮にありとして、大韓帝国の内政に干渉し、ついには王妃を暗殺までした歴史を忘れてはならない。

だからこそ絶対に負けられない戦いなのだ。
戦いは、日本対韓国ではない。ナショナリズムを刺激してそんな構図に持ってこうとする安倍に騙されてはならない!

米日韓軍事同盟維持、朝鮮分断固定化
vs
朝鮮戦争終結、東アジアの冷戦解体

の戦いなのだ。

日本国内にも韓国国内にも、この対立構図があるのだ。
そして、米日韓軍事同盟維持、朝鮮分断固定化をよしとする敵は連携して動いている。

韓国内には安倍ニッポンに呼応する朝鮮日報をはじめとした極右言論と自由韓国党という親日派をルーツに持つ従米親日反北反共政党、極右キリスト教会がいる。
この戦いは、韓国における積弊清算の最終決戦でもあるのだ!



by maneappa
コメント

在日同胞は祖国の運命と一時も離れて生きることはありませんでした。

2019年07月07日 | NPO三千里鐵道ニュース



 
6月27日、G20出席のため来日した文在寅大統領は、在日同胞と初めての同胞懇談会を持ちました。
その日本語訳をしてくださった方がいますので、ここに紹介します。


文在寅大統領の在日同胞晩餐懇談会演説全文

同胞の皆様、お会いできて嬉しいです。1時間30分で着く距離なのに、伺うまでに長い時間がかかりました。
海外歴訪のときに多くの同胞たちに会ったのですが、今日はいつになく格別な気がします。

時には差別に耐えて、ここを生活の基盤にして生きてきたのか、至難の業なのではないか、見当だけでも痛みが感じられます。
しかし、皆さんはどんなに生活が苦しくても決して祖国を忘れませんでした。
祖国ができなかった時でも、祖国への愛を捨てたことはありません。

尹東柱詩人の詩「星を数える夜」のように、星一つごとに美しい一言を歌ってみて、母を偲んで、韓国人のアイデンティティーを守ってきました。
在日同胞たちは祖国から恩恵を受けたことがなかったとしても、祖国が危機に瀕したときに一番最初に駆け付けました。在日同胞たちの崇高な犠牲は、大韓民国の歴史に刻まれています。

69年前、朝鮮戦争が勃発し祖国が風前灯火の危機に瀕すると、642人の在日同胞青年たちが砲火に包まれた祖国に向かいました。志願して参戦した在日学徒義勇軍でした。生業と学校、愛する家族を後にしたまま、海の向こうに祖国の自由と平和のために身を投げました。中東戦争に参戦して世界から愛国心を称賛された海外在住イスラエル留学生たちより十七年も先の話です。その時に参戦された方々の中で、今生存されている方は8人しかいません。何人かを必ずお連れしようとしましたが、皆さん健康がよくありませんでした。
崇高な愛国心の前に、格別な尊敬と感謝のご挨拶を捧げます。

在日同胞たちは、大韓民国の経済を起こす上でも大きな役割を果たしました。
1965年まで在日同胞たちは祖国に2千万ドルを超えて投資しました。大韓民国の総輸出額が年間1億ドルに満たなかったときのことです。
1970年、ここ大阪で開かれた世界博覧会に後援会を結成し、50万ドルの基金を募金し、韓国館建立のために尽力してくれたのも在日同胞たちでした。
1988年のソウル五輪には、在日同胞たちが100億円を寄付して成功を収めました。
1997年に襲った通貨危機当時、在日同胞たちが外貨送金運動を繰り広げて送ってくれた780億円は、大韓民国が経済危機を克服する上で大いに役立ちました。
2002年の日韓ワールドカップは、歴史的な和合の場でした。民団と朝鮮総連は最初の共同応援団を構成し、一つになった応援の喊声はワールドカップ四強神話につながりました。

昨年行われた平昌冬季五輪にも在日同胞の声援が加わりました。民団を中心に後援金2億円を募金し、応援団を結成して平昌の冬を熱くしました。
在日同胞は祖国の運命と一時も離れて生きていませんでした。民団を中心に、祖国に大きな力になってくださいました同胞の皆様に、深い感謝と尊敬のご挨拶を差し上げます。

同胞の皆さんは経済発展の心強い支えになっていただけでなく、大韓民国の民主化にも犠牲と献身で共にされました。軍部独裁時代、多くの在日同胞青年たちが公安統治のために操作されたスパイ事件の被害者になりました。
昨年12月、「在日同胞留学生スパイ操作事件」の被害者たちが集まってつくった「在日韓国良心囚同友会」が「第3回民主主義者金槿泰賞」を受賞しました。今年の初め、ソウル高裁でスパイ団操作事件の被害者に34度目の無罪が宣告されました。再審で無罪判決が続き、民主化有功者と認められたりもしますが、心の深い傷を癒やし、奪われた時間を取り戻すにはあまりにも不足しています。政府は真実を究明し、傷を癒やすための努力を続けていきます。何より独裁権力の暴力に深く傷ついた在日同胞捏造スパイ被害者の方々と、家族に大統領として国家を代表して心からの謝罪と慰労の言葉を申し上げます。

愛する在日同胞の皆さん。
同胞社会は様々な変化に直面しています。民団に加えて、新定住者、帰化者、次世代など、さまざまな構成員が互いを包容し、共同体の外縁が広がり、力量がさらに大きくなることを期待しています。
政府も在日同胞社会の統合のために必要な支援を惜しまないでしょう。

ここ大阪と関西地域は日本で一番先に位置する民族教育の胎動地です。本日、白頭学園、金剛学園、京都国際学院館、コリア国際学園の教職員皆様がご一緒してくれました。私たち皆の未来三代を献身的に育てていらっしゃる先生たちに深く感謝します。同胞社会の未来を導く次世代が、日本社会で民族のアイデンティティを守り、堂々とした主流に成長できるよう、民族学校と民族学級への支援を強化します。

次世代の母国訪問プログラムを拡大し、同胞社会はもちろん日韓関係の発展に貢献する次世代人材育成に力を入れます。
ここ大阪近辺の地域には、私たち民族の悲しくて痛い歴史を持つウトロ村があります。ウトロは植民地時代の強制徴用で、京都軍用飛行場建設に動員された朝鮮人の集団宿舎でした。強制退去の危機もありましたが、今、両国政府と市民団体が力を合わせてウトロ住民のための住宅を建設しています。私も、参与政府時代、韓国政府の予算支援に役立ったと言って、ウトロ住民団体から感謝牌をもらったことがあります。3.1運動および臨時政府樹立100周年を迎える今年には、ウトロ平和記念館建立を推進しています。ウトロが平和と人権を学ぶ歴史の生きた教育場になることを願っています。
在外国民の安全は何よりも重要な政府の責務です。

昨年、海外安全擁護センターを新設し、今年は「在外国民保護のための領事助力法」を公布しました。特に地震や台風など予期しない災害と事故に遭ったときに信じて頼れる大韓民国になります。

韓国と日本は1500年間文化と歴史を交流してきた身近な隣人であり、古い友人です。
私たちはすでに友好と信頼に基づいた交流が、両国の文化を花咲かせたことをよく知っています。2017年10月、両国の市民団体が共に努力して「朝鮮通信使」をユネスコの世界記録遺産に登録しました。両国国民間の交流と出会い、理解と協力は、日韓両国が未来に向けて共に進む踏み石になっています。去年1年間に史上初めて1千万人を超える両国の国民が行き来しました。 日本の若者たちの間では「第3次韓流ブーム」が吹いています。
日本の多くの若者が防弾少年団やTWICEに熱狂しており、在日同胞たちが密集して住んでいる大阪生野区コリアンタウンを訪れ、韓国の味覚や味わいを楽しんでいます。毎年韓国語を学ぼうとする学生も増えていますね。

また韓国の若者ももうずいぶん前から日本の大衆文化や日本の味に慣れて、日本の隅々を旅しています。
在日同胞一世代たちが困難の中でも、連綿に祖国の文化を守ってきたので、日本での韓流がより身近に近づくことができました。
政府もみなさんがやってきたように、どのような困難にも揺れない日韓友好協力関係を築くために努力します。

愛する同胞の皆さん。
来年東京で夏季オリンピックが開催されます。近隣の日本がオリンピックを成功裏に開催できるように、誠意を持って協力していきます。また、来年の東京オリンピックには南北選手団が共同で入場し、四つの種目で単一チームが出場する予定です。南北選手団の一つになった姿は、世界中の人々の胸を、もう一度平和の感動で満たすことになるでしょう。朝鮮半島の平和が北東アジアの平和につながり、葛藤の時代を超えて和解と協力の時代に進むように力を合わせてくれると信じています。

皆さんが祖国を愛してくれたのに比べて、祖国は皆さんに足りないことが多いです、痛みや傷が一瞬にして消えることはありませんが、少しずつ痛みを希望に変えていきます。もう皆さんに心から報われる道は、大韓民国を誇りに思う国にすることです。あの国がまさに私の祖国の大韓民国ですね、皆さんが誰にでも自慢できる国、人生の中で力になる祖国になるよう努力します。
ありがとうございます。



by maneappa
コメント

6.30 歴史的な瞬間を映像で!

2019年07月02日 | 三千里コラム
2019年6月30日、板門店にて、歴史的な出会いが実現しました。

本当に突然のことで驚きましたが、それ以上に感動しました。

その動画を皆さんとともに、共有したいと思います。

【韓国 青瓦台 Twitterより】
 


【Youtube 聯合ニュースチャンネルより】







投稿:baek
コメント

文在寅大統領に要請書を伝達しました!!!

2019年06月29日 | NPO三千里鐵道ニュース

NPO法人三千里鐵道は、
6月27日開催された同胞懇親会の場において、文在寅大統領への要請書を伝達しました。
この要請が実現されることになった時には、大勢の在日同胞が同参されることを信じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

요 청 서

존경하는 문재인 대통령님

국내외에 산적한 어려운 과제들을 해결하기 위해 불철주야 헌신하고 계시는 대통령님께 진심으로 경의를 표합니다.

저는 남북 철도연결을 위해 2001년에 결성된 『삼천리철도』이사장 도상태입니다. 이렇게 당돌한 요청서를 올리게 된 결례를 널리 양해해 주시기 바랍니다.

요청드리고자 하는 것은 아래의 두 가지입니다.

1. 재외동포에 의한 문산⇒개성(약20㎞) 남북종단도보행진을 허가해 주십시오.

아시다시피 재일동포는 조국 분단의 역사와 그 아픔을 함께 해 왔습니다. 조국 분단으로 가족과 친척들이 남과 북에 헤어져 살고 있으며 동포사회도 대립과 증오로 갈라지고 있습니다.

특히 우리 현대사가 기억해야 할 것은 과거 권위주의 정권시절에 간첩으로 조작되어 청춘을 빼앗긴 수 많은 재일동포학생 청년들입니다. 또한 우리는 통일을 염원하면서 억울하게 세상을 떠나신 수많은 재일동포 1세들을 기억하고 있습니다. 재일동포는 분단의 역사를 함께 해 왔기에 통일에 대한 뜨거운 마음도 역시 함께 간직해 왔습니다.

그러한 재일동포들에게 평화와 번영, 통일로 나아가는 오늘의 보람찬 흐름속에서 작은 역할과 기회가 주어졌으면 합니다.

문산⇒개성 남북종단 도보행진을 허가해 주신다면 수백명, 아니 수천명의 재일동포들이 참가할 것입니다. 나아가 전세계 재외동포들이 수만명 규모로 참여하게 될 것입니다. 그것은 평화통일의 대의를 온 세계 사람들에게 알리는 특별한 기회가 될 것이라 확신합니다.

2. 개성공업단지의 재가동과 재일동포 출자자에 의한 투자를 수용해 주십시오.

사실 삼천리철도는 2016년 2월 『제1차 재일동포 개성공업단지 시찰단』파견을 추진했습니다. 통일부의 허가도 받아 출발하려던 무렵인 2월 10일, 박근혜 대통령의 개성공단 폐쇄 발표가 있어서 부득이하게 단념한 바 있습니다.

우리는 개성공업단지 재가동을 진심으로 바라며 문재인 대통령님의 과감한 결단을 기대하고 있습니다. 그리하여 개성공단이 재가동되는 그 날이 오면 재일동포 상공인의 힘과 마음을 모아 공단 내에 우리의 공장을 짓고 싶습니다.

대통령님께서 저희들의 평화와 통일에 대한 간절한 심정을 헤아려 주셔서 꼭 저희들의 요청을 실현해 주시기를 바라마지 않습니다.


2019년 6월 27일

NPO법인 『삼천리철도』
이사장 도상태 올림



【日本語訳】

要 請 書

尊敬する文在寅大統領様

 内外に山積する困難な課題を解決するために献身されている大統領に心より敬意を表します。
この度このような形で要請書を届ける失礼をお許しください。

 私は南北鉄道連結のために2001年に結成された『三千里鐵道』の理事長、都相太です。このように唐突に要請書を届ける失礼をお許しください。
 要請したいことは下記の二点です。

1.在外同胞による、汶山⇒開城(約20㎞)南北徒歩縦断行進を許可してください。

 大統領もご存じの通り、在日同胞は祖国分断の歴史とその痛みを共にしてきました。祖国分断により家族と親戚が南と北に分かれて暮らし、同胞社会も、対立と憎悪で分断されてきました。

 とりわけ私たちの現代史が記憶すべきことは、韓国の権威主義政権の時に、スパイにでっち上げられ青春を奪われた多くの在日同胞学生、青年のことです。
 そして私たちは、統一を念願しながら無念のうちに亡くなられた多くの一世たちを記憶しています。
 在日は分断の歴史を共にしてきたがゆえに、統一への熱い思いも共にしてきたのです。

 そのような在日同胞に、平和と繁栄、統一へと向かう今日の誇らしい流れの中で、小さな役割と機会を与えてくださればと思います。
 汶山⇒開城南北徒歩縦断行進を許可くだされば、数百人いや数千人の在日同胞が参加するでしょう。在日のみならず世界の在外同胞が数万人規模で参加するでしょう。

 それは、祖国統一の大義を世界の人々に知らせる特別な機会になるものと確信しています。


2.開城工業地区の再開と在日同胞出資者による投資受入れてください。

 実は三千里鐵道は、2016年2月に『第一次在日同胞開城工業団地視察団』を派遣することを計画していました。統一部の許可を得て準備を進めていた矢先の2月10日、当時の朴槿恵大統領による開城工業団地閉鎖の発表がありやむなく断念した経緯があります。

 私たちは、開城工業団地の再開を心より願っています。文在寅大統領の果敢な決断を期待しています。

 そして、開城工業団地が再稼働がなった時には、在日同胞商工人の力を合わせて開城業団内に私たちの工場を作りたいと思います。

 大統領におかれました、私たちのこの切なる平和と統一への想いをお汲み取り頂き、ぜひ私たちの要望にお応えいただきますよう、お願い申し上げます。

2019年6月27日

特定非営利活動法人三千里鐵道
理事長 都相太


by maneappa


コメント

文在寅大統領、在日同胞政治犯に大統領として初めて謝罪する!!!

2019年06月29日 | 南域内情勢
  
6月27日、ホテルニューオータニ大阪にて開催された同胞懇談会に参加した。
文在寅大統領が2017年5月に大統領に就任以来、これが在日同胞との初めての出会いの場となった。

10人丸テーブルが38個。メインテーブルは横長の席で20数人が着席した。

会場に着いてまず思ったのは、実に多彩な在日同胞が集まったなあということだった。韓服を着た女性が多く目につき、パンソリの安聖民にも出会えたのがうれしかった。そして在日市民運動関係者が多く参加していたのも目に付いた。そのほとんどは友人だが…

大統領訪日に合わせて在日同胞の懇談会が開かれるのは恒例行事であったが、これまではほとんどすべて民団関係者によって占められ、しかも男性が圧倒的だったのを思うと、文在寅の政治姿勢がここにも表れていると実感したものだ。

スピーチを聞きながら、良し!と思って手をたたいた時が2度あった。
学園浸透スパイ団事件について言及した時と、民族学校に言及した時だ。

在日政治犯に対して、大統領として初めて謝罪したのだ!
「独裁権力の暴力に深く傷ついた学園浸透スパイ団事件による被害者の方々と家族に、大統領として国を代表して心よりお詫びと慰労のお言葉を申し上げる」

この後、実際に捕らえられ拷問されてスパイにでっち上げられ死刑判決を受け13年の監獄生活を強いられた康宗憲先輩は、この謝罪を直接聞いて、恨(ハン)が解けたと話された。しかし奪われた青春は二度と帰ってこない。後続処置を要求したい。

民族学校については、建国、金剛、京都国際に続いて、コリア国際学園(KIS)も挙げた。これは初めてのことだ。
コリア国際学園はこれまで領事館から冷遇されてきた。補助金、支援金の対象にならないなど、民族学校としての待遇を拒まれてきた。
そして大統領は民族学校に対する支援を約束された。この後校長と立ち話をしたのだが、当然この話になった。今後に期待したい。

大統領のスピーチは下記をご覧ください。



https://www.youtube.com/watch?v=g6qe-wZ13hw


近いうちに全文翻訳を載せますね!!


by maneappa
コメント

朝米首脳、親書で「再び交渉すべき時」に共感

2019年06月24日 | 朝米関係関連消息


G20を前後して、朝鮮半島を取り巻く状況も動きがありそうですね。
記事にも書かれているように、この親書外交によって
「朝鮮半島の平和プロセス」が軌道に乗ることを期待したいと思います。


-----------------
朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員とトランプ米大統領の「親書外交」が再稼働した。今年2月27~28日にハノイで開かれた朝米首脳会談が物別れに終わって以来、見通しが立たなかった朝鮮半島平和プロセスが、再び対話と交渉の軌道に乗っている。

 朝中首脳会談(20~21日、平壌)や主要20カ国・地域(G20、28~29日、大阪)首脳会議、韓米首脳会談(29~30日、ソウル)などを機に、南北米日中ロの北東アジア6カ国首脳が相次いで会談を開き、朝鮮半島平和プロセスに向けた対話と交渉の構図の大枠が決まる見通しだ。
-----------------

(記事全文)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33734.html

コメント

親日警察による歴史テロから70年

2019年06月20日 | 南域内情勢

韓国の民主化運動が、その過酷な弾圧を経てもまた甦り発展してきたのは、『記憶』がもたらす力であると、私は韓国で強く感じてきました。

5月23日から26日まで、三一独立運動百年スタディツアーで35名の団体旅行をしてきたのですが、それは韓国が『植民地支配』と『独立運動』そして『民主化統一運動』をどのように記憶継承してきたかを尋ねる旅行でもあったのです。

6月6日もまた私たちが必ず記憶しなければならない日です。
70年前の1949年6月6日、日帝植民地時代の『親日派』を処断するために設置された反民族行為特別調査委員会が、『親日派』残党警察によって襲撃され、実務に当たっていた者たちは暴行を受け全国から集まってきていた親日活動の証拠はことごとく燃やされてしまったのです。

そして、すでに逮捕されていた盧德述(日本名 松浦鴻  警察保安課長などを歴任しながら、数多くの独立運動家を逮捕し拷問、命を奪った民族の仇)なども、証拠不十分として釈放されてしまったのです。

1949年6月6日は、韓国が親日派を清算し、大日本帝国を清算して新しい国づくりをする機会を奪った日として記憶しなければならないのです。

Facebookで有志が集まってできたグループ『韓国ニュース日本語字幕プロジェクト』によって日本語字幕がつけられたものがありますのでご覧ください。

『親日警察による歴史テロから70年』

日本語字幕版
https://www.dailymotion.com/video/x7bjz5n



by maneappa

コメント

“4者構図”の朝鮮半島平和プロセスへ…重要になった韓中協力

2019年06月19日 | 東北アジアの平和


明日からの習近平訪朝から目を離せないですね。
朝鮮戦争の終結、朝鮮半島の非核化、東北アジアの平和のために、中国が積極的な役割を演じることを期待する。

・・・・・・・・・・・・・・
中国は休戦協定の当事者だ。したがって、今後は朝鮮半島の平和プロセスが停戦体制の当事者4者が参加し、協力と対立の高次関数を解く方法で展開するものと見られる。多数の専門家とマスコミは「北朝鮮の非核化」のみに関心を注いでいるが、朝鮮半島の平和プロセスはそれより複雑で根深く、構造的な対立を解消しなければならない。「朝鮮半島の冷戦構造」は、「(1)南北の不信と対決の関係(2)朝米の敵対関係(3)(核兵器など)大量破壊兵器をはじめとする軍備競争(4)軍事停戦体制」(イム・ドンウォン元統一部長官)という4本柱が支える複合な構造物であるからだ。「冷戦の4本柱」を完全に解体するために、中国の参加は選択ではなく、必須だ。
・・・・・・・・・・・・・・

記事前文はをクリック!!
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33700.html






by maneappa
コメント

ブログを再開します!!!

2019年06月19日 | 管理人のつぶやき

 お久しぶりです。

丸二年にもわたって、ブログの更新がなかったことを恥ずかしく思い、そして申し訳なく思っています。
6月15日、まさに6.15南北共同宣言19周年の日に開催された2018年度会員総会において、ブログの再開を決議しました。
今後、少なくとも週に二本以上の投稿をいたしますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

NPO法人 三千里鐵道
事務局長 韓基徳


写真は、5月23日から26日の日程で行った『三一独立運動百年スタディツアー』で都羅山駅を訪問した時の団体写真。




by maneappa
コメント