酒好き文化風俗研究者

みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中!
酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援しています。

ゴルフはスポーツ?

2019-04-07 | 日記
  4月7日 日曜日

 おはようございます。 酒好きの思想家です。


世界中のゴルファーをあえて敵に回せば、

ゴルフはスポーツなのだろうか?

それとも、娯楽か、もしや必要悪なのか?

確かにスポーツ自体、必要悪に違いないのだが、

その中でも特に目を引くスポーツがゴルフだ。

カートに乗り、キャディーに運ばせ、賭けをし、ケータイが鳴り、接待まで行う。

プロゴルファーの顔を見よ。真剣そのものだ。大金が懸かっているからだ。

ゴルフがスポーツであれば、

18番ホールまでには感動的な幾つかのドラマがあるはずだ。

だが、顔色一つ変えないプレイヤーから想像できるのは、あれはビジネスだ。

「ゴルフは人生ドラマだ!」とでも言えるなら山登り同様、

子供からお年寄りまで楽しめるスポーツだと認定されると思うが、

おそらく、一部の人達の娯楽で良いのだろう。

チャリティーイベントを開く理由には、

傷ついた良心と自尊心をなだめる為ではなかろうか。

もしも、お金がかからないスポーツにゴルフが進展したとすれば、

現在のゴルフファンは激減するだろう。

このブームも終末に近づくと予想される。

勿論、気持ちは解らなくはない。

最高の時間を過ごせるのだから「余計なことを言うな」と言いたいのも理解できる。

これも「必要悪」の一つであるなら、なおさら重要だ。

それにしても、豊かさとは面白いものである。

豊かさが新しい問題を提供してくれるからだ。

ゴルフが大好きでお金があり、様々なコースやプレーが楽しめる。

その中から一つしか選べないとしたら実に苦痛だ。

どれかに決めた瞬間に他のプレーを諦めなければならないし、

上司とか、友達とか、大会に出場した方が良かったかもしれないし、

いや待て、接待に使えるから一生懸命に練習に励む人もいるだろう。

一番良いのは、全部やることだが、そんなことは現実的に言って逆効果だろう。

かと言って、どれか一つを選べば結局、

後悔しながらゴルフ場を去ることになる。

大空の下で起きることは、すべて熱心に努力を重ね、

知恵を最大限出し尽くしても、

ゴルフの腕前が上がれば上がるほどに、

悩みも増して苦痛も深まる。やはり、

ゴルフは人生ドラマかもしれない・・・。


     つづく。

ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« ウィン・ウィン経済論。お金... | トップ | 「愛」は金儲けに必要か? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事