きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは20年になりました。

日本脳炎どうする&修学旅行説明会

2005-05-31 | 巷の話題

日本脳炎の予防接種中止 厚労省緊急勧告 (産経新聞) - goo ニュース

我が家も先日この『日本脳炎』の予防接種の紙をもらってきたばかり。「これで予防接種ももう最後かなぁ」と思っていた矢先で、部活を引退したら受けに行こうと思っていた所だったので、ビックリしましたよ。

出鼻を挫かれたような感じですが、来年になるとまた新しいワクチンが開発されるそうなので、日本脳炎の予防接種を再開すると書いてありました。新しい薬と言うのも、また不安だったりします。
希望者は接種できるそうですが、この記事を読むと、受けない方がいいような気がしますよね?今年、日本脳炎の接種時期に当たる方は皆さんどうするんでしょう?


さて、修学旅行の説明会に行って来ました。
今度のクラスで仲の良いAKI君のお母さんの話では、kekeさんはAKI君と女の子3人の5人の班で、行動するそうです。昔は何か列で歩いて金閣寺や清水寺に行った記憶がありますが、今は班行動なんですね。

「それでkeke君とAKIはお風呂係だそうよ。」
「おふろぉ~?何するんだろう?」
「お風呂で下着を入れる袋を忘れた子にビニール袋を渡したりするらしいよ。」
「へえ~」

うちのkekeさんは、いつも係を決める時に楽そうな係を選ぶようである。今回のお風呂係も聞けば聞くほど、まさに『あの子らしい』仕事だなぁ~と思ってしまうのであった。

仲の良いAKI君と班も一緒で、係も一緒で、たぶん部屋も一緒なのでしょう。それは楽しい修学旅行になりそうだなぁと思って、さっそくガイドブックを買って帰って来てしまった。
「はぁ~?なんでそんなものいちいち買うの?」
「だって、地図もついてるよ、ほら。」
「もう調べて学校にあるのに」
「ほら、泊まる旅館、ここだよ。」

その後、kekeさんはガイドブックを読みながらお風呂に入っていたようです。
やっぱり楽しみなんですね。
小遣いも7000円まで持って来ていいそうです。最初はエッ!7000円も?!と思ってしまいましたが、何人もにお土産を買ってお昼もお小遣いで食べるとそれなりの額になってしまうのではないかと言う話です。(たしかにそうかも。^^;)
高校の修学旅行ではお小遣い5万と聞きましたが、本当なのでしょうか?◎◎公立高だそうですよ。

そう言えば予防接種の話、他のお母さんにも訊いてみようと思ったけど、うっかり忘れてた~><
コメント (12)

子供の携帯のメアドって?

2005-05-30 | 日記

妹から電話が入って、「(父が前から行きたがってたから)みんなで食事に行かない?」と言うので、夜出かける事にした。

遊びに行っているkekeさんの携帯に電話したが、これが何度掛けても留守電。5回も掛けてそのうちの2回は留守電にも入れたが、一向に連絡は来ず、一番大事な時に繋がらないなんて、ほんとに何のための携帯か判らない。仕方ないから連絡するようにメールを打ったが、これが戻って来てしまった。
(そう言えば何日か前にメアド変えるとか言ってたなぁ)

しかし、早めにkekeさんが帰って来たので、「それじゃ、じいちゃん達とみんなでご飯食べに行こう」と言うと
「そんな事、聞いてない。」
「だって、留守電に入れといたよ。」
「携帯の電源切れてたから」
「メールだって入れたんだよ、戻って来たけど」
「携帯の電源が切れたから知らないよ」
「そんな事言ったって、しょうがないでしょ!行くって返事したから、みんなずっと待ってるもの。」
「まだ進路決まってないから、行きたくない。」
(詳しく説明すると、kekeに会う度に父は「どこの高校を受けるんだ」「これからどんな仕事をしたいんだ」と何度も質問するのが嫌だと言う意味)

そこから親子で「行く」「行かない」で喧嘩になった。こんなに嫌がるのなら、今日はもう止めるかと思ったが、今更夕飯の用意をする気になれなかった。

「とにかく電源が切れるなんて、kekeの管理が悪いからでしょ!!行きたくないなら最初に言えば済んだのに、今からじゃもう遅いの!!みんな待ってるんだから~!!!」

この一言で、仕方なくkekeさんは玄関に歩き出した。
それで、食事をしに行った。

行く途中、妹にこっそり耳打ちした。
「実はさ・・・kekeが来るのが嫌で、今もめたんだよ。ほら、おじいちゃん、いつもkekeに進路と受験の事ばかり訊くでしょ?」
「そうそう、家でもいつも(進路の事)言ってるの、あれじゃ嫌になるよね、今度はkekeに会う前に私がクギさしておくよ・・・それから・・・お姉ちゃん、kekeにおじいちゃんの病気(痴呆)の事は説明してる?」
「・・薄々は判ってると思うけど、まだ正式にはしてない・・。」
「もう、ちゃんと説明した方がいいかもね。」
「・・・そうだね。」

そして、私達はみんなで食事をして、またサヨナラした。
問題はここからである。

さっそく、kekeさんの携帯が充電してあるので、試しにkekeさんの携帯へメールを送ってみたのだが、やはり戻って来てしまうのである。

「keke~~~ぇ!!やっぱり携帯のメアド変えたんじゃないの?!メールが届かないよ!」
「・・・そうだよ。」
「じゃ、教えてよ。」
「やだ。(友達の)誰も親に教えてないよ」

はぁ~~~~??
親に携帯のアドレスを教えない?そんな話ってある?この携帯代を出してるのは誰?
「何言ってるのよ!!それじゃ連絡取れないじゃん。」
「電話すればいいだろ」
「今日は何回掛けても出なかったでしょ!」
「電源が入ってれば留守電聞くよ!」

はぁ~~~~?!メールの中味を見せろと言ってるんじゃないよ。メアドだよ、メアド。それが教えられないってどう言う事??

本当によその中学生もこうなのだろうか・・・?それともこれは非行の始まりなのだろうか・・・何だか心配になってしまう。ーー;うちらの中学の頃はメールなんて無かったしなぁ・・あったら親にメアドを秘密にしてたのだろうか。。。

それから、次回も又kekeがじいちゃんと食事をしたくないと言い出したら、困ったな。。。今日はどうにか連れてきたが、次回からはどうだろうか・・父はkekeさんとの食事をいつも楽しみにしているのである。しかし、kekeさんが大人達と付き合いたくないと言う気持が日々強くなっていて、その度にこう言う喧嘩になるのである。そうそう・・妹の言う通り、父の病気の話も説明しなくてはならないのだが、今日はメアドの騒動で言えるような雰囲気ではなくなってしまった。

ここらの問題を、よそのご家庭ではどうしているのでしょうか?
コメント (7)

先週の通院

2005-05-29 | 父の記録と母の思い出

家に帰る途中、道りをはさんだ向うから父が歩いて来るのが見えた。
「あ、おじいちゃ~ん」と手を振ると、目があまり見えない父は信号を無視してこちらに歩いて来てしまうかもしれないから、信号が変わるまで待った。そして、信号が青になったので、渡って父を呼ぼうとしたら、父は目の前にあるカラオケ喫茶に入ってしまったのである。

そこは父がよく通っているカラオケ喫茶(夜はスナック)だった。しかし、今はもうすぐ夕食時である。また妹が「夕飯なのに(父は)どこに行ったんだろう」と心配するだろう姿が目に浮かんだので、急遽妹にチクリに実家に舞い戻った。

「今そこで、おじいちゃんがいつものカラオケ喫茶に入って行く所を見たよ。」
「え!さっきまで居たのに。もう夕飯なのに・・・そうそう、先週は火木金と通院だったの。」

妹の話によると、先週は痴呆と内科と整形外科と3日間診察に付き合ったそうである。糖尿の方は今年に入ってから、妹が薬を管理して、朝昼晩必ず飲ませているので、明らかに血糖値が下がって先生にも褒められたそうだ。
「それでね・・先生がこれも妹さんのお陰ですねって言って、お礼の一言でも妹さんにありませんか?みたいな事をおじいちゃんに言ったのね、そしたらさぁ。」
「そしたら?」
『いつも怒られて怖いから、お礼は要らないんです』って先生に言うんだよ。(怒)」

ぶッ、と噴出しそうになるのを堪えて、
「まぁ、でも、お母さんの事もよくそう言う言い方してたよね、うちの家内は怖いんです、とかって。それジョークのつもりなんでしょ。」
「そうなんだけどさ~まったく・・・・それから金曜は『今日の病院は何時まで俺は付き合えばいいの?』って言うんだよ、誰のための診察だと思っているんだか。」
「付き合っているのはこっちの方なのにね。」

それでも、妹は半分怒っていたが、半分は笑っていた。やっぱり腹を括ったのだと思う。

子供の頃、何かあれば説教されてその度に「周りの人に感謝しなさい」と感謝感謝と言われてきたけど、今になると当の本人がどうなのかな、と言う感じだ。お年寄りでも、いや、かえってお年よりの方が周りの人に感謝して、ニコニコしていたりするものだけど、どうもうちの父は周りに対して感謝の心を持っているようには思えない。今になってそれに気付いてしまった。

あの説教は一体何だったんだぁ・・・。
・・・って、私も将来子供にそう言われるのか、気をつけよう。
コメント

不倫で離婚そして再婚

2005-05-28 | 巷の話題

前の奥さんと離婚→再婚と思ったら、もう新しい奥さんが出産??

その彼らのコメントを貰うのに必死で、レポーターが「おめでとうございます」としらじらしくヨイショしているはゲロゲロって感じです。
新しい命を授かったのはおめでたくても、古い家族を捨てて新しい家族と何事も無かったように暮らす事がめでたい事なのか、ちゃんとそこを区別して報道してほしかったなぁとこの手の話題を見る度に思います。

何度かこのブログで書いている通り、不倫されて離婚を突き付けられる方は、夜も眠れず、物も食べられず、自傷する方や薬に頼ってやっと眠るような状態の方が多いんです。私は2ヶ月で離婚したから、体重も4キロしかおちませんでした。通院もしなくて済みました。でも、あの状態が半年続いたらどうなったか判りません。相手の不倫が原因で1年2年と離婚で争う事は当たり前にあるから、それはさぞかしどんなものかと心中お察しします。

そんな風に考えている私は、残された家族には触れもせず、臭いものはフタでただ「おめでとうございます」の映像を流すマスコミにはゲロゲロなのです。こういう映像も、「不倫で離婚もアリなんだ」って思う人が後を絶たない理由の一つではないかと。

   ・・・・・・

・・・と思っていたのですが、この話題のブログを幾つか読んだ所では、元奥さんとの離婚は、
親権も家も旦那さんが持っているとか???それがもしも本当だったら、何よりびっくりしたのはその事ですね。
離婚する時期もてっきり元奥さんが、慰謝料も養育費も一番値が吊りあがる時期を選んで交渉して離婚したものだとばかり思ってましたから。(子供が生まれる前に籍が入れられるかどうかは彼らにとって重要な事だと思うので)

本当に元奥さんが親権にこだわったら、もっと離婚まで粘るでしょうし、親権も取れると思うのですが・・・。勝手な想像ながら、元奥さんも新しい人と新しい人生を過ごす道を選ばれたのでしょうか?だとしたら、マスコミの示す通り「おめでとうございます」で正解なのかもしれません(?)。

子供達はこれから幸せに暮らすでしょう。そうじゃなければ、親権は渡しませんから、普通。。。それとも姑とか出てきて「絶対に渡さない」とか言い張ったのかなぁ。。。その事だけが本当にぐるぐる頭を回ってしまいます。

ちなみに私の元夫は「親権はどうでもいい、とにかく離婚できればどうでもいい」との一点張りでした。お前が子供がほしかったら取れ、要らなければ俺が引き取るでした。そんな奴に預けられるかって感じですけど、これが不倫で離婚したい人のスタンダード形のようです。(佐々木さんがそうだとは言いませんが)
裁判や調停が始まると、手の平を返して「親権を要求」するそうですが、それは慰謝料や養育費を下げるための交渉作戦と聞きます。私の弁護士さんも、その事は指摘されて、「相手が親権にこだわらないうちに、親権をもらって離婚を済ませてしまいなさい」と言われました。

不倫で離婚って、実態はこんな感じですよ。
コメント (8)

母子家庭だから何?

2005-05-27 | 母子家庭だから思うこと
会社で子供の話になって、(昨日書いたブログを思い出して)「ほら、うちのkekeも最初の頃は野球の練習を嫌がってね~、でも野球やってて良かったですよ」と言う話をしたら、「こう言っちゃなんだけど、やっぱり男親が居ないと外遊びも少ないし、インドアになるだろ、だから最初、野球練習はキツくてイヤだったんじゃないの。」と言われてしまう。

何気ないこう言う一言が私をへこませる。
悪意は無いのは分かるけど。

『母子家庭』と言う語でブログを検索すると、ほんとの母子家庭よりも「旦那が留守がちで家の手伝いもしないから、うちは母子家庭みたい」と言う奥さんのブログがヒットしてしまうようだ。『母子家庭』と言う言葉をこう言う風な使い方をする人は、(たぶん悪気が無いから)普段から「うちって母子家庭みたいなのよね」と当たり前に周りに言っているのだろう。それを本当に母子家庭のお母さんが隣で聞いたらどんな風に思うかなんて、考えた事も無いのだろう。

悪気がなく、当たり前に「母子家庭だから」「母子家庭みたい」みたいな言葉の使い方ができる人は、母子家庭は暗いとか淋しいとか、つまらないとか子供が可哀相だとかそう言うマイナスの概念を無意識に持っているような気がしてならない。たぶん彼らは決して母子家庭を悪く言うつもりはないのだろう。でも、母子家庭はこんなもんだと無意識で見下げているから、ちょっとした言動でそれを相手に感じ取られてしまうのだ。

母子家庭で暮らしていると、よくそう言うことはある。
同じ「がんばって」と言う言葉でも、本当に「子供を抱えてがんばってるんだね」と認めてくれる人と、「旦那が居なくて可哀相だね」と言う憐れみの人とでは、出る言葉やニュアンスが違っていたりする。
私も昔はそんな事に気づかなかったから、人と話をする時も話を合わせているだけで、不運なニュースも残念な出来事も「そりゃ可哀相だったね」と言う憐れみしか持てなかったのだ。憐れみと言うのは上から下へ投げるもの。誰かを憐れる人は自分の色眼鏡でしか相手を計れない。更にその事にすら気がつかない。

母子家庭だけじゃなくて、受験に失敗したとか、事業に失敗したとか、大失恋してしまったとか、そんな自分を引っさげて周りと折り合っていかねばならない時になって、初めて気がついたりするのかもしれないね。そう言う時に誰に何を言われたのかって事、ずっと覚えていたりするから。

逆境が人を変えるって事もあるんだよ、ね。
コメント (6)

7年間の野球を振り返って

2005-05-26 | 息子keke
中間テストが終わったと思ったら、また来月のトーナメントに向けて朝練が始まりました。3年生はこれが最後の試合になるのでしょうか。今度は家を出るのが6時半です。
テストが終わったその日の午後から朝練→授業→部活の後に塾と言う生活で、疲れきったのか、昨日は親子で一言も会話が成り立ってません。塾に行く前もため息ばかりついているので、「そんなんなら、どっちか辞めちまえ」と言ってしまいました。

と言っても、塾を辞められては困るのですが。

   ***********

野球と言えば、小学校の少年野球を入れるともう丸7年。
たかが子供の野球とは言え、ここまで来るのには、ちょっとした紆余曲折はありました。

元はと言えば、離婚して転校して、「地元の野球チームに入って友達でもできたら」と言う事で、ひょいと参加する事になったのです。
案の定、低学年の時は「疲れるから練習に行きたくない」と言い出し、さんざもめた挙句に、無理矢理パジャマをユニフォームに着替えさせて行かせた事も何度もありました。そこまでする事は無いんじゃないかと思いながらも、一度サボりを許したら、今後永久に野球に行くことは無いだろう・・・と思わせるほど、kekeは野球をやる気がなかったのです。たぶんあの時点で「kekeさん、野球辞めようか?」って言ったら、間違い無く「ウン」と言われたと思います。

5年生になって、やっと試合に出れるようになりました。2年生から所属している事で、最初は重要ポジションを任されたものの、kekeより他に達者な子供達は何人も居て、やがて外野になり、やがて交代でやっと試合に出るような形になってしまいました。能力的には仕方ないとは言え、複雑な心境でした。

そうしている時に、たまたまkekeは指を骨折してしまいました。2ヶ月は休んでいたでしょうか。「もうこれで(大袈裟ですが)選手生命は終わった。2ヶ月休んでしまったらもう周りには追いつかないだろう・・これを機会に野球は辞める事にしよう」と思ったのです。

しかし、何故かここからkekeが野球が好きになっていくのです。(後に本人もあの骨折から野球がやりたくなったと言うのです)そして、中学で部活を決める時も私は「もうレギュラー争いの無いスポーツにした方がいいんじゃないか」と申し出たのですが、本人は野球を選び、現在に至っています。

その部活も、あと2ヶ月で引退です。
今から振り返ると、途中で少年野球を辞めていたら、おそらく野球部に入る事もなかったでしょう。あの「辞めさせた方がいいのかね」と母や妹にも相談して、どちらかが「もう辞めさせたら」と言っていたら、辞めていたような状態が嘘のようです。

こうして中学時代にずっと野球を続けてきた事は、これから自信にも思い出にもなっていくのでしょう。そのような部活経験の無い私には羨ましいやら尊敬するやら、誇らしいやらの不思議な気持です。
少年野球からお付合いの友達やご父兄、今の部活の仲間、顧問の先生、「辞めさせた方がいいのかねえ」と何度も相談されるたびに叱咤激励してくれた母や妹・・・ここまで来れたのは、周りの皆さんのお陰です。

ここまで続けられて、7年経った今になって初めて「野球を続けて本当に良かった」と思っています!いつも感謝しています。本人は「野球はこれで最後、高校に入ったらバイトをしたい」そう。本当にこの2ヶ月が最後なのです。 

塾も続けてほしいけど、あと2ヶ月。やっぱり野球は引退まで頑張ってほしいですね!
コメント (2)

トラックバックはやめてみます

2005-05-25 | パソコン&ブログ

数ヶ月前から悩んでいたのですが、トラックバック機能をはずす事にしました。

その理由はですね・・・半年前くらいに遡るのですが

きっかけの一つは『ブログピーポロ』です。何人もの方からこのブログをお気に入りに登録していただき、こちらからも相互リンクにしてみよう、と言う事で登録先のブログを拝見させていただいたのですが、その中に見るに苦痛な画像のブログがあったと言う事です。

その事をきっかけに、むやみやたらとリンクされたHPに飛ぶのはどうだろうか、と思うようになりました。画像だけならまだしも、HPから害のあるウイルスに掛かると言う話も聞きました。最近ではトラックバックをいただいても、全く覗きに行っていないのが正直な話です。
そのような状態で、トラバを受け付けながら読みに行こうともしないのはどうだろうかと考えて、トラックバック機能そのものをしばらく止める事にしました。

一度は南無さんの作品が映画に出る際の連絡をトラックバックでいただいて、「やっぱり止めなくて良かった」と思い直した事もあったのですが。

ブログピーポロでも、被リンクをいただいて、本当は相互リンクにしたい所を同様の理由でそのまま放置状態になっています。gooブログの方のブログだけでも、「相互リンクにしてご挨拶を」とも考えたのですが、これも「gooブログだけは相互リンクにして、他は知らん振り」と言うのができなかった、自分がもしも逆の立場でそれに気が付いたら悲しいな、と思ったのです。

こうしてくだくだ言い分けがましく書く事も、また更に良くない事になるんじゃないかとも思っており、今までトラックバックを止めようとしても決断できませんでした。今までトラックバックやブログピーポロでリンクを頂いている方には申し訳なかったのですが、そのような事情でなかなか交流ができませんでした。
くだくだ書いたのは、「頂いたトラックバックが不愉快だったから止める」と言うような意味合いの誤解をうけたくなかったからです。

と言う事情で、とりあえずはトラックバックは止めてみます。
コメント (6)

これぞ親バカ

2005-05-25 | 息子keke

昨日うれしかった事。

妹がとても嬉しそうな顔をして、私に言った。
「昨日ね、ミー(上の娘)の忘れ物を朝、学校に届けに行った時に、たまたま(中学校の)校門を入っていくkekeを見たの。」

妹の話によると、そこの横断歩道で旗を振っていたのは、妹がよく知っているPTAの会長さんだったそうだ。そして、kekeさんが学校の前の横断歩道でその方にペコリと挨拶している所を見たと言う。
「うっそ~~◎◎あの無愛想な子が??」
「ほんとよ~」
そして、妹は「野球をやっているから、礼儀が身についてるんだね」と言った。

ちょっと前にOM君のお母さんにも「ちゃんとkeke君が挨拶してくれる」と言われた。こう言う事があると、親は嬉しい。家や実家に居る時の態度があまりに無愛想なので、こう言われても子供を過信してはいけないと思うけれど、やっぱり嬉しい。

それから、もう一つ。
塾で「習った事を理解できているかどうか」を診る『復習テスト』なるものがあり、その通知が親に届くのですが、今回数学と英語で平均点が取れました。マグレかもしれませんが、そんな事でも今までに無い事なので、とても嬉しいです。

本人の話では、中間テストは「社理数は80点以上取ったから小遣いを用意しておいてほしい」だそうです。
「まだ、証拠を見てからだよ。」
(一言書くと、社会は先生が変わって試験が易しかったようなので、みんなよくできたそう)

今回は答案が返って来るのが、とても楽しみです。
(でも、いつも楽しみにしてて、がっくりするんですが、本当にそれでも毎回期待するって、ほんとに親バカだと思います)
コメント (6)

飲酒運転

2005-05-24 | 巷の話題
「音で事故に気付いた」 事故1時間前まで飲酒 (共同通信) - goo ニュース


今日のニュースによると、あの飲酒運転の事故を起こした人は3軒ハシゴをして7時間お酒を飲んで運転して帰る途中で運転しながら寝ていたとの話。

うちの会社でも、7時間飲んで運転して帰ると言う事は昔は当たり前にあった。(昔と言っても4年くらい前のこと)どう帰ったのか記憶が無いとか、「あれでよく家まで運転して帰ったな」なんて言うのが笑い話で、下手すれば自慢にすらなっていた。実際にぶつかって事故を起こした事もあった。たまたま相手が人間ではなくてガードレールだったから、車が壊れて弁償しただけで済んだ。

今はさすがにそう言う事はない。交通規制が厳しくなった事と、社員の年齢が相対的に上がって、こういう事はやってはいけない事だと、それぞれが思うようになったのだと思う。
でも、一歩間違っていたら、いつ誰がどこで人を殺していたか判らなかった。

あのJRの事故もショックだったけれど、まだあれは「これだけ騒がれれば、これからは二度とこんな事は起きないだろう」と思える。でも、今度のあの飲酒運転はそうは思えない。
いつ誰が犠牲になってもちっともおかしくない話なのだ。だから、怖い。

もっと徹底的にやる事はできないのだろうか。でも徹底的にって何を??
何をすればいいんだろう?

「この程度なら運転できる」と言って飲酒して飲む人は、今でもこの国にはたくさんゴロゴロ居るのではないだろうか。100%自分はそんな事故を起こしませんと断言できる者が、この国に何人居るのだろうか。
たまたま私は運転をしないけれど、これで車を運転する側だったら、分からない。みんな暗黙で「自分は大丈夫」だと過信しているのだ。何杯しか飲まなかったからと運転する人が、「何杯飲んだから今日は運転しません」と言うのを聞いた事があるだろうか。社長や先輩に言われればそのまま酒を飲み、言われればそのまま運転してしまうんじゃないか。そう言う意味ではJRの事故よりずっと怖い。

私はもう酒を飲んだ人の運転する車には乗らないようにしたい。勇気を出して断る事にしたい。それで何か言ってくる人には「あの高校生の事件を覚えていますか?」と言えるようになりたい。
こんな事件はもう起こってはいけないんだ。起こらせてはいけない。
私達が、100%の人間が「絶対にやりません」と誓えれば絶対に起こらない事故なのに、そんな事にはならないから腹が立つ。

また誰かが犠牲になるだろうし、それは私の家族かもしれない。
コメント (8)

今日の某局のワイドショー

2005-05-23 | 巷の話題

今日の朝某局のワイドショーをかけたら、また初っ端ピアノマンの話題だった。

先週から「もっと他にニュースがあるんじゃないの?」と思っていたが、今日はさすがに呆れてた。
私は幾ら観ても全くピアノマンに興味が沸かないんですけど。^^;
どうしてこんな話題をここまで引き伸ばすんだろう?暗にこれは映画宣伝なのか?と思ってしまう。
若人あきらの時は面白かったですけどね。
本人や奥さんもワイドショーに登場して、いろいろ語っていたような記憶もあったし。

今日の昼の初っ端は聖子ちゃんの親子ケンカ。
「へぇ~」と思って思わず観てしまった。
コメンテーターの話では朝は「これだけ母親が怒るには理由があるに違いない」と言うものが多かったが、昼のワイドショーでは「もう聖子ちゃんも子離れしましょう」と言う意見が多かったようだ。
朝は、サヤカちゃんの周りで金儲けを企む黒い組織があるのでは?と期待してしまったが、どうやらそうではないらしい。

あんなに大金持ちで一人娘が居たら、やっぱり私も結婚相手は見定めると思う。下手な男に捕まれば、今まで築き上げてきた財産が全て飛んでしまうのだから。(彼がそうと言うのではない)
最初は「愛さえあれば」って言うけれど、お金も大事だよ。男の人は大金入ると、気が緩んでどん底まで使い果たす人も居ると言うし、うちの会社で領収書の精算や給料を扱っていると、「これだけ給料貰ってて養う家族も居ないのに、どうしてそんなに給料日が待てないんだ?」と言う人が何人も居る。やっぱり今の生活レベルと同じような相手と結婚する事は女の幸せだと、40になった私は思う。18歳だったら、これからまだまだ幾らでもいい人は現れるのだから、あと7~8年ゆっくり待った方がいいと娘が居たら言いたくなる。一度結婚するとなかなか再婚はドラマのように簡単には行かない。若くてチヤホヤされているうちはそれが分からないのだ(若い時は気がつかなかったから、今こうなののだ)。


私もここまで来ると、次は「kekeさんが家庭円満で幸せに暮らす事と孫」が楽しみなのだ。世間は「自分の幸せを」と言うが、この年になると男も女も残りもんになって来る訳で、自分が妥協して(自分の商品価値が下がるのだから相手も当然下がるはず)誰か探すよりも、娘に賭け、がっちり幸せになってほしいと言う気持はとても分かるのです。

ぶっちあけ、自分が再々婚してあと1人子供を産むより、息子ががっちり家族を養って2人でも3人でも作ってくれた方が効率的だ、と私の中の遺伝子が叫ぶんですよね。だから、お嫁さんは楽しみでもあるし、しっかり見ないとな、と気合も入っている。あ、うちはお金が無いから関係ないんだけど。

でも、子供には子供の人生があるから、親の気持はどうあれ、しょうがないのかな?^^;

しかし、この二つのニュースが、「高校生の列に車が突っ込む」事件より先(優先?)にワイドショーで放映されたとは・・・信じられない。(たぶんそうだと思うのですが)
どう考えても、飲酒運転の方が重要じゃなかろうか。

やっぱり、日本国民って暢気過ぎるのでは???
コメント (5)

離婚おめでとう!

2005-05-22 | 母子家庭だから思うこと

さて今日買った半額見切り品は

ピザパン 1個
あんかけ風焼きそば(2人前) 1個
コンビニに置いてあるようなざるそば 1つ
(kekeさんが夜中に食べる用)
鶏もも肉 200g(地鶏なので半額になってもグラム70円位)

ここまでで500円。
この他に定価で、もやし、牛乳、すぐ使える水煮された里芋、食卓レモン、レンコンを買ったので、合計1200円くらいになってしまう。

昨日からパンの半額シールを貼る担当者が新人さんに変わったようだ。そのような事情もあり、半額シールを貼るのに(賞味期限のパンを見極めるのに)時間が掛かっているようで、食パンやバターロールの半額まで待てないのだ。時間を遅らすと今度は見切りの肉類が売り切れてしまうので、そこがビミョウな所である。

上に書いたざるそばは、コンビニでよく売っているような薬味やそばつゆもケースに一緒に入っていて、麺を入れて食べるだけの手軽な品だが、コンビニで買うと390円位するはずだ。(kekeはそばが好きなので、お昼コンビニに行くと大抵これを買ってくるのだ)それがスーパーの半額見切りになると、120円で買えてしまうので、見つけると必ず買ってしまう。
普通に蕎麦を買ってゆでれば、40~50円で上がると分かっていても買ってしまう。
このざるそばの欠点は、食べ終わった後のプラスティックケースがゴミにするとかさばるので、燃えないゴミの袋がすぐにいっぱいになってしまう事だ。(ここだけの内緒話なのだが)これから、このようなゴミは会社の昼飯の後のコンビニ弁当等のゴミにこっそり紛れ込ませて、会社のゴミで捨ててしまおうと思っている。うちの会社でゴミを扱うのは私なので、その位の楽しみがあってもいいのではなかろうか。

と、その時「sakeさん!」と元気良い声が聞こえた。
振り向くと、前に同じアパートに住んでいた離婚調停中のお母さんであった。

「とうとう成立したの!!(調停)3回目でね!」
「おめでとうーー!!!」
私は思わず、人目も気にせず、その場で大きな拍手を送った。
「なのに、なかなか健康保険を抜いてくれなくて~」
「そうそうそう!!私もそうだったのよ!(自分から離婚と大騒ぎしたのに)2ヶ月も健康保険の手続きが遅れて、その間国民保険にも入れなくて、病院にも行けなかったのよね。」
「でね、役所に相談したら、会社に直接交渉して構わないって。会社にも本人にも何度も電話掛けてるの。」
「そうそう!私もそうだった!頑張ってね!」
「名前も変えたからあれもこれもでね、頭が回らないの。今度こそ転居ハガキ送るわ。」
「うん!」

お母さんは手を振って、元気にスーパーを出て行った。

離婚して元気に立ち上がれるのは、今まで苦しんだ証拠。今まで苦しみ続けたからこそ、離婚したら吹っ切るのだ。(例えカラ元気でも)何かが決まる・吹っ切る時は人前では明るくなるものだよ。

何も仕事を持たない女が、これから離婚して一人で子供を育てましょうって言う決心、どのくらい覚悟か分かる?
そこ突破したら、怖いものって結構無くなったりするの。

そこ突破したら、「離婚」って勲章なんだよ。一人でちゃんと子供育てて生きてて、どうして引け目感じなければならないんだろ?それは口に出すと笑われたり踏み潰されるから、普段は黙ってるけどね~。

「再婚しろ」とか「いい人みつけろ」とか、綺麗な言葉ながら相手の生き様ハッキリ否定しているんだよね。(笑)離婚選んだんだから、それより「おめでとう」だと思うな。経験者じゃないと言えないかもしれないけど。
コメント (4)

倹約の心得

2005-05-21 | 私の倹約術

昨日の見切り品(定価の半額)実績

メンチパン1個
チョコパン 1個
ざるそば(2人前)つゆつき
豚肉しょうが焼き用 200g
豚肉薄切り 100g
豚肉カレー用 500g
サイダー 1.5リットル(150円で買えた)
味噌ラーメン(3人前)
パプリカ(赤ピーマン)2個75円

あと通常金額でサケ1切れ(昨日買ったセロリの葉の部分とあわせてチャーハンにするため)買って、これだけ買って1480円なので、大満足。
大漁大漁。
ふと思うことは、漁師さんも大漁の日はこんな勝ち誇った気分で家に帰るのだろうか。
パチンコで勝ち取って帰る人もこんな気分なのだろうか。
ま、元手少なくて、これだけ満足感があると止められませんわ。

さて、倹約と言えばこの春から子供のお古の服が着れるようになった。
フード付トレーナー1つ
半そでのパジャマ上下1つ
半そでのTシャツ1つ(ナイキのマークがちょっと流行遅れっぽい)

職場の作業着(夏服)の下は3つのTシャツを交代で着ているのだが、何年も着ているうちに、1つのTシャツは襟ぐりがボロボロになってしまい、残りの2つはわきの下に穴が開いてしまった。わきの下の穴は下に着てる分には見えないし、かがる事もできるが、襟がボロボロになってしまったのはよく見られるとバレるかなぁ、今年は1つTシャツを買おうか、と思っていた矢先に子供のナイキのTシャツが着れる事になったので、やっぱり買わない。

それから、私の徹底的なケチぶりを発表すると、ジーパンでさえも履くのに頭を使うのである。ただむやみには履かないのだ。
ひざに穴の開いたジーパンは家の中専用で、買い物に行く時は穴の開いていないジーパンにわざわざ履き替える。このひと手間を掛けるだけで、穴の開いてない方のジーパンはいつまでも長く保てるのである。(穴の開いてない方はもう10年以上履いている)
穴の開いたジーパンも思い切って、もっとあちこち切り刻めば、外出用のファッショナブルな穴あきジーパンになりそうなのだが、そのセンスが無いのと洋服を冒涜しているように感じてできない。10年位前に穴の開いたジーパンをひざ上で切って半ズボンにした事があったけれど、これは案外使えない。何故なら我が家は夏に冷房を入れないので、夏はこの生地では暑過ぎで、冬は半ズボンでは寒過ぎるのだ。やっぱり穴の開いたまま家で履くのが一番利用頻度が高いようだ。

但し、穴の開いたジーパンを二つも三つも持たない。家用のズボンはそんなに必要ないからである。それをもったいないからと幾つも取っておくと「捨てられない部屋」になってしまうのだ。青空広場のリサイクルもまず行かない。安いからと言って買い込んで使わないまま押し入れにあるのが一番嫌いだからだ。
必要だったら高い値でも買う。必要で無いなら買わない。
これが倹約の基本だと思うがいかがだろう。
買えないから服を買わないのではなくて、服を買う必要性(私服で人に会う事)が無いから買わないのである。

ところで、外出用の穴の開いてないジーパンもいよいよ穴が開くかなぁと感じていて、ジーパンもそろそろ買わなければならないかと思っていたのだが、kekeさんが履かないままだった140のジーパンが頑張れば履けそうである。
子供用のジーパンなので腰がかなりイッパイイッパイで、下半身のお腹の贅肉がジーパンのウエストから上にこんもり上がるので、舞台裏はかなり見苦しい姿(ベルトの上からこんもり腹の肉が乗っかって盛り上がってるオジサンみたい)だが、これも上からタポタポのシャツでごまかせば大丈夫だ(と本人は思ってる)。
なので、やっぱり今年もジーパン買わない。ズボンが少々短いのもご愛嬌。(旦那が居たらちょっとできない母子家庭特有の楽しみ方と言えます)

これも考え方一つで、「洋服が買えない」と思うと暗くなるけれど、「こんなに洋服買わないで着たきりスズメでいるの、すごいでしょ」と思うと、案外楽しい。
モノは考えようですね。

※最近これだけ半額商品を買っていても生活費は変わってないようです。その分全部食べちゃっているのでしょうか?体重と同じで、家計も減らそうとしてもどこかでリバウンドするようです。
コメント (4)

カルガモ親子だった頃

2005-05-20 | 息子keke

会社帰りに、通りをはさんで向うに妹と姪達が歩いている。
友達の家に遊びに行った帰りなのだろう。

「あ、おばちゃん!ミーちゃんの家に寄ってく?」
「今日はkekeがもう帰っているから、また今度ね。^^」
娘二人を連れている妹の後姿はカルガモのお母さんみたいだ。

妹が初めてお腹が大きかった頃、私とkekeの後姿を見て言ったっけ。
「お姉ちゃんがkekeを自転車に乗せて走っているのを見て、あぁお母さんなんだな、って思ったよ。」

そう、私もkekeさんもカルガモしていた頃があったのだ。
公園に行くのも買い物に行くのもいつも一緒だった。
布団も一緒だった。
喘息で入院した時も狭いベッドに一緒に寝たっけ。^^

どこでもいっしょだった。
kekeと私。ずっと朝から寝るまでいっしょだった。

幼稚園の新しい園服とカバン見ながらウルウルした日のこと。
小学校に上がって、家まで帰って来れるか心配で、何度も通りを見渡していた日のこと。

少年野球の監督さんが奥さんと「(お兄ちゃんのように)中学生になると親とは行動しなくなるから、今のうちだけだな」と言いながら、よく子供達をグランドに連れて行ってくれたこと。
(我が家は車が無いのでよく便乗させていただいたのです。)

・・・こう言うことだったのかぁ。。。(実感)
    
時々、ギュッと抱きしめたくなるのは子供なのか、思い出なのかよく分からなかったりもします。
その時代に居た私はいつもイライラしていたような気もします。
なんであんなに、毎日消耗していたのでしょう?
子供が大好きで大好きだったのに、責任とか使命とか、変に気負っていたのかなぁ?

でも、これだけたくさん笑顔の写真もあるから、いっぱい楽しかったこともあったよね?
そうだよね?

もうカルガモ時代は過ぎたけど、今、気が付いて良かった。
また今日も明日も大切にしよう。
今をいっぱい、いっぱい楽しんでいこう。
コメント (6)

はじめての夜の会社

2005-05-19 | その前の会社

いよいよ中間テストの時期になり、やっと部活もお休みになった。
kekeさんはまたもや自信満々で「70点取ったら小遣いほしい」と言う。
(本人曰く、数・社・理は取れそうだと言う話)

でも、今までそう言って平均点すら取った試しがないのだが。^^;
それでも懲りずに、そんな希望を毎回持ち続けるkekeさんはある意味スゴイと思います。

「それじゃ、今日覚えた事を言ってみてよ。」
「うーん・・・第一次世界大戦で日英同盟があったから、日本はイギリスについたコト。」
「へえ!それで勝った方についたんだ。」
「それからロシア革命でレーニンが社会主義にしたコト」
「へえ!ロシア革命とかレーニンって全然知らなかったよ。」←ほんとに知らない

kekeさんはかなり得意になったようだ。
しかし、この程度で本当に70点取れるのかどうかは????
だけれども、今回こそはと又しても期待に胸弾ませる母である。(これもある意味すごい?!)

この日はkekeさんが塾に行ってから再度仕事に行った。(残業手当が無いから勤務表もあって無きがごとしで、その点ではいつ会社に行こうが勝手に何の仕事しようが構わないのである)
まだ緊急を要するほど仕事が溜まっていた訳では無いのだが、明日は上司BRさんの書類作りを手伝う約束になっていたので、早めに今日片付けておこう。

休日出勤は2~3度あったが、夜の出勤は7年間で初めてだ。
今までは子供の事を思うと、夜に働く事なんて考えた事もなかった。
とうとう夜に残業もできるようになった。
それがとても嬉しかった。

会社では上司BRさんとYKさんが居た。
私の顔を見ると、二人ともビックリしてた。
「ふふふ(^^ゞ 伝票を早めに片付けに来たんですよ」

やがて、現場からNさんが戻ってきた。
私の顔を見ると、またもやギョッとした。
「なんだ、一回家に戻ったのか」

夜の事務所は、キーボードの音がやたら響く。
そうかぁ・・・換気扇みんな消してるんだ。
私がタバコの煙がイヤで昼間は換気扇ガンガン回しているけど、私が帰るとこうやって上司BRさんが換気扇を全部止めていたのかぁ・・・。(たぶん経費節約のためでしょう)

やがて、YKさんもNさんも帰ることにした。
「もうsakeさんも帰りなよ。」
「もうじき帰りますよ。」
こんな会話も新鮮だなぁ。
何だか、私すごく働いているみたいだ。

さすがに上司BRさんも気になったのか
「さぁ、これからは俺が一人でPCで篭る時間だよ。」と言うのだった。

帰り際、近くのスーパーに入っているパン専門店が閉店間際で3割引になっているのを発見。よしよし、ここは9時半が狙い目なのか。これからも時々来よう。
頑張っているkekeさんにお菓子でも買おうか。ジュースも買って行こう。
ついでにひき肉も買ってしまった。
今日は晩酌しそびれちゃったけど、結構楽しかったぞ。

ひき肉を買った手前、それからミートソースを作ってしまう。
気がついたら11時半を過ぎてしまった。
でも、本日(その翌日)の夕飯は、あとスパゲッティをゆでるだけなのだ。
コメント (7)

まずいマーボー豆腐

2005-05-18 | ぶきっちょさんの家事一般

昨日はkekeさんの好きなマーボー豆腐を作る事にしました。

豆腐はスーパーで買って、前に冷凍保存しておいた餃子のタネの残りを解凍しておき、後は中華料理の本を参考に調味料を合わせて行ったのあります。

そして炒める・・・
味見(ネコ舌だから熱いと味がよく分からない)

最後に本の通りに水溶き片栗粉、ごま油を入れ・・
花椒と書いてあったのだが、それが無かったので花椒塩と言うものを入れてみました。

そして味見。
「ん?何だかしょっぱくない?」
いや、ご飯に乗せて食べれば食べられるんじゃないか、と茶碗一杯のご飯をよそり、そのマーボー豆腐を乗せて食べてみる。

やっぱりしょっぱいような~~(T_T)

しかし、なぜかこう言う時にムキになって食べてしまうのが私の癖らしい。何故だろう?食べれば慣れて来るのではないかと言う希望と、そんなマズイ物を早く処理しなくてはと言う焦りの気持からのようだ。
しかし、どうしてもこの味を受け入れる事ができない。

ちなみにその時に、妹から前日もらったアジのヒラキも焼いていました。
食べてみるとアジのヒラキの方が塩分がほどよく、とても美味しく感じられ、そこでもマーボー豆腐のしょっぱさを表していたような気がします。

その時、丁度kekeさんが塾から帰宅。ギクッとしながらも
「あー、マーボー豆腐できてるよ、ちょっとしょっぱいけど。」
と言ってみた。

「(一口食べて)何?これ・・・
「だから、マーボー豆腐だよ、ちょっとしょっぱいけど。」

kekeさんはお茶碗いっぱいだけかろうじて食べて、居なくなってしまった。

普段のクックドウのマーボー豆腐だったら、3~4人前でも一人で全部食べてしまうkekeさんが、こんなに残すマーボー豆腐だったとは。。まだかれこれ2人前も残っている。(そして誰も食べる気配は無い)

やっぱりマーボー豆腐はマズかったのか~・・・・うぅ~・・(T_T)
この事態を再認識すると、口の中がどんどんマズくなって、それからずっと今日の朝も、あのマーボー豆腐の後味の悪さで目を覚ました次第です。(美味しい食事で一日を締める事の重要性を、改めて知りました)
今日はどうしても甘めの煮物が食べたくなって、お弁当は甘めでレンコンのキンピラを作りました。鳥のからあげも味は薄めです。今後しばらく塩、醤油系は全て控えめになりそうです。

どうやらマーボー豆腐は、ピリ辛なら多少強すぎても食べられそうだが、塩分の行き過ぎたものは食べられないようです。今でもあの味を思い出すと、食欲が失せてしまいそう。。。

しかし、一番問題なのは、まだ冷蔵庫に残っている残りのマーボー豆腐だ。
これは一体どうすればいいのだろう?
ラーメンに乗せるか・・いや、もうあの味はもう二度と味わいたくないのだが。

※花椒塩をドバッと入れたのと、餃子のタネに味がついているのに普通にレシピどおりに調味料を入れてしまったせいでしょうか?餃子のタネ(ひき肉)の分量も本当は半分くらいが適当だったかもしれません。
コメント (3)