きっと、いいことあるよね!

文字が小さい方は右上の設定で変更できます。
母と息子(keke)の二人暮らしは20年になりました。

携帯も機種変

2005-09-30 | 日記
とうとうkekeさんが携帯の機種を替えました。

その理由
1、今の金額なら定額コースに変えた方が同じ金額でもっと使えてお得。
2、みんなが新しい機種で自分だけ行けないサイトがある。

「定額コースにすれば、なおさら携帯に忙しくて勉強できないでしょ!」と言ってたんですけどねぇ~・・・

その上「自分のほしい携帯はもう生産されてないから、早く買わないと無くなる」と言うんですよ。
「あら、別に新しい機種をそのうち買えばいいじゃない。」
「2万もするし、TVやパソコンのHPは見ないから、そんな機能は無くてもいい、この機種がシンプルで安くてほしい~」

「早く買わないと無くなる」←結局この言葉で買いましたよ。。。
着うたとやらをダウンロードするには1曲○○○円掛かるけど、CDレンタルした曲をパソコンから取り込めばもっと安上がり、だそうです~。
「うちのパソコンじゃ古くてダメだけど、ネットカフェに行けば携帯に取り込めるから。」
       
そして買い換えたんですけどね。
お金を払って携帯を受け取った時、いや~な予感がしたんです。携帯と一緒についてきたCD。私達親子は、パソコンにそのCDをインストールしなければ使えないって事を忘れていたんですよ。。。

早速翌日、kekeさんはそのCDと新しい携帯を持ってネットカフェに向かったのですが、やはり恥ずかしくてCDをインストールできなかったそうです。(よく知らないのですが、ネットカフェではそう言う事は禁止されているんでしょうか?それすら恥ずかしくて訊けなかったらしい。)

「なら、うちの会社のパソコンにこっそりインストールして私が毎回ダウンロードしてあげるよ。」
「それは、絶対にヤダ。」
「朝なら、まだ誰も人が居ないから、会社に入って自分でする?」
「そんなのヤダ」
「もうーせっかく携帯買い換えたのに!あ、妹の所ならできるかな?ちょっとやらせてもらうか。」
「それも、ヤダ。」
「じゃあ、どうすんのよ?!」
「パソコン、買い替えて。」
「バ・・・バーカ言ってんじゃないよ!幾らすると思ってるのよ~そんな事で。」
「うちの遅すぎて使えない。」
「まぁ・・たしかに遅いけどな~」(画像いつも表示せずで使ってる)
「画面はそのままで本体だけ買って。」

一つ最新モノにすると、こうして次から次へ買い替えないとならなくなるのか・・・。
子供にお金掛かるって言うけど、子供がデジタル化しているから、こうしてお金が掛かるんじゃないの~??前の機種もまだ2年も経ってなかったんですけどね。
そのうちパソコンも買い替えを検討しないとならないかな~><

そんな事もあって、今日で4日禁酒を続けてます。いつまで続くかは定かではありませんが。


コメント (6)

その人の生き様

2005-09-29 | その前の会社

そう言う傍から、今月も請求書の山、山、山・・・。

「今月も支払い多そうだな。」と社長がやってきて、「sake君、そんな不安そうな顔するなよ。」と言うのでした。

「社長は、辞めた後は決めているのですか?」
「俺は、自分の食いぶちくらいは、どう転んでも稼げる男だと思ってるからよぉ」
と言うと、社長は事務所の9月のカレンダーを次々破いて10月にした。

2~3日前にもうカレンダーを破いてしまうのは、社長の癖だった。でも、これを見た時、私は「もう次の手はおおかた打っているんだろうな」と思った。その次に会う事があったら、その時この人は私の味方なのだろうか、敵なのだろうか、それとも二度とすれ違う事もなく無縁になるのか、と考えた。

40代になって、一つ関心を持った事がある。
それは、その人の生き様とそれがもたらした未来には、ある法則があるのではないか、と言う好奇心だ。

分かりやすく言うと、私の元夫は不倫相手と結婚したいと言って、私に離婚を迫って、それを達成した。彼はあの時は手駒を全部揃えたのだ。借金は無かったし、他に何の問題もなかった。何故彼は、養育費を毎月催促されるような状態になっているのか。
それとも彼は幸せに暮らしているのか。

みんな、神様に試されている。

社長も上司BRさんも「ケンカ別れではない、何度も話し合った末、袂を分かつ事にしたのだ」と言う。その言葉が事実なのか綺麗事にすぎないのかは、私には分からない。でも、ここから彼らがどんな人生を歩いていくのか、とても興味がある。そして、周りが私達をどのように捉えて行くのかも。

離婚した時にも、私の周りの人の反応はさまざまだった。
とり繕ったように慰めてくれる人。(それしか手段が無かったのだろうが)
離婚は移ると思っているのか、急に疎遠になった人。
一歩離れて見渡すと、あれはあれでまた興味あることだった。

今、こう言う時に周りの誰がどのように動いていくのか。
そして、どうなっていくのか。
それを私は、これからこの目で見ていきたい。
コメント (2)

呼び名に悩む

2005-09-28 | その前の会社
「よぉよぉよぉ~社長がBRさんに代わるんだって?」
もう、来る人来る人、その話で持ちきりです。

「社長からは聞いていたけどよ~誰かに訊きたくてもまだ公表してねぇって言うから、訊きようがなかったのよ。もう今日はいいだろうと思ってよ。」
と言うのはタイル屋さんの社長です。

「何でも山に篭りたいって、よく言ってたなぁ~」
「山に???」
あの現社長が山に篭るなんて考えられない。。。でも、そう言いたくなる位疲れていたのかな。。。

タイル「そういや、nanuはこの前○○料亭で兄弟姉妹で飯食ってたろ?」
nanu「な!◎◎なんでそれを!」←その料亭で最後は兄弟ケンカに発展したそうです。
タイル「ハハハ、うちの娘がそこでバイトしているからよ~」
nanu「え!でも、その時ムスメさん、店に居なかったでしょ?◎◎」
タイル「ハハハ、でも、知っているのよ。」
nanu「おかしいな~その時の予約もオカァの苗字だったんだけど~??」

密かにこのタイル屋さん(推定48歳)はうちの会社の内部事情(特にプライベート編)によく通じているのでした。そう言えばYKさんとカメ子さんのデートもご存知でした。(^^ゞ
あの時はビックリしたなぁ

ところで、最近ずっと悩んでいる事をBRさんに相談する事にした。
「BRさん、これからBRさんが社長となると、社長は何て呼べばいいんでしょうかねぇ?」
「うん、ほんとは会長と行きたい所だけど、あいにく俺のオヤジが会長だから、副会長と言う席を用意したんだ。」

副会長・・・・。
何となく、ますます呼びにくくないかい・・?(ーー;)その呼び名は
今まで社長だったのに、名前で呼ぶのもしらじらしいしなぁ~どうしよう~
コメント (4)

なんとかなるだろう

2005-09-27 | 私の倹約術


  ** 会社の正式発表の後 **

営業A「sakeさん、俺達前から知ってたからまだいいけどさ~、初めて聞いた奴はサプライズだよね?!」
sake 「サプライズもいいとこですよ~!」
営業A「新生小泉政権ならぬ、新生BR政権だよな~」

まったくこれは、うちらにとっては小泉さんが日本を去るとでも言うようなサプライズであった。
nanuさん曰く、「俺達が不安になってたら客や業者はもっと不安になるだろ。もうこうなった以上、やるしかない」だそうである。その通りである。


ところで、それよりも昨日家に帰った時にプチニュースがあった。
私が夜遅くなるので、kekeさんが夕飯を自分で買って用意していたのである。

・ハンバーグ弁当
・ナゲットとポテトのミニセット
・冷うどん×2

keke「これで525円だった。」
sake「えーー!こんなに買って525円?!どこで買ったの?」
keke「100円ショップ。」
sake「あの新しくできたお店で?!◎◎」
keke「ハンバーグ弁当もハンバーグとご飯を別々に買えばあと100円安くなったんだ~もう食べきれないから、うどん一つあげる。」

よく見ると、うどんは100円ショップで更に半額値引き品になっていた。(2セット100円)
さすが、我が息子である。

sake「kekeさんや、でかした!こんなにたくさん500円で買うとは。夕飯代で700円あげます。」
keke「sakeってバカだね~それで700円渡したら安上がりにならないじゃん。」
sake「いいのいいの~^o^工夫代だよ。そんなに安く弁当が買えるなんて、これから私も100円ショップで弁当を買おう。」
keke「年中買ってると体に悪いよ。」←何気に釘をさされる

いろいろあるけれど、今はこうして、子供と二人で工夫してどうにか生きていこうーっ!と誓いと立てる自分であった。
コメント (7)   トラックバック (1)

親は心配

2005-09-25 | 日記
さてさて体育祭です。(^^)

あれ~T君のご主人はいらっしゃるけど、なぜかT君のお母さんの姿が見えないわ~と思ったら、やがて、T君のお母さんが汗びっしょりでやって来ました。

「さっきの競技見てたら、Tがトレパンがずり落ちるみたいで何度も持ち上げてたの!まったく今まで何も言わないで~!しょうがないから、店まで行って買って来たのよ!」
「え!!今、お店に行ってきたんですか?!◎◎」
「そうよぉ~・・・この後リレーがあるでしょ、あれじゃ走れないわ。みて、汗びっしょり・・。まったく体育の時間もズルズル腰に引っ掛けて履いているからこうなるのかしらね。」

さっきの競技とは、6人で1チームの団体競技だったんですけど、kekeさんは二度もすっ転んで迷惑掛けてました~(T_T)自分の子のこう言う姿って、必要以上にすごく恥ずかしかったりするんですよね。T君のお母さんもそんな気持だったのかもしれません。

kekeさんもこの1年で大きくなった、しっかりした、と思っていたけれど、こうして全体を眺めると、よそのお子さんはそれ以上に成長しているように感じます。お母さん同士の会話は決まって「○○チャン、大きくなって驚いたー!」で始まります。
男の子はこの時期、急に大きくなって、カッコよくなります。

kekeさんの組は、また今年も優勝も準優勝も逃してしまいました。
気がつくと、1年も2年も、合唱祭(1年・2年)も1度もkekeさんの居るクラスは優勝も準優勝も経験した事がありません。4クラスしかないのに、これもまた不思議です。

それで体育祭もお開きお開き・・・と思いきや、実はその後で子供らは体育祭の打ち上げがあるそうです。

kekeさんは私の自転車で行きたいと言うので、鍵を貸したのですが・・・外に出てみると、kekeは自分の自転車のタイヤに空気を入れているのであります。

「あ!まさか自分の自転車は誰かに貸すつもりじゃないの?!」
「え~・・・」
「おうちの人に、夜は自転車に乗ってはダメと言われている子に自転車貸しちゃいけないよ。何か事故にあったら大変なんだから。kekeも一緒に歩いて行けば。」
「そんな事したら、間に合わないよ~もう、うるさいなぁ!★○▲×□●!!(←ストーカーとかババアとか言う言葉が入る)」

夜、自転車に乗ってはダメなおうちの子だと困るから、張り込んでみつけて、問いただしてやるべきかどうか、と考え、玄関と自転車置き場をグルグル行ったり来たり何度もして、考えてしまいました。
その間、覗いてみると、kekeさんは友達と携帯で着々と連絡を取っている模様。

(今から自転車を取り上げても、火に油を注ぐ事になるかなぁ)

こう言う時は妹に電話。
「う~ん、『おうちの人がダメって言う友達には貸さないでね、判るでしょ?』って言う風に一言言って、後は任せていいんじゃない?もう中3なんだから。」
(もうその時は、自転車は二台とも消えていたんですけどね。)

そんな訳で、帰って来るまで心配でしたよ~。
10時過ぎに、仲良しのAKI君のお母さんからも電話をいただいて、AKI君のお母さんも心配なので、これから車で迎えに行こうかと考えていたそうです。

sake「あ・・・うちのはたぶん自転車で・・・・。」
AK母「え!!!じゃ、AKIはどうやって1人で焼肉屋まで行ったのかしら?」
こりゃ間違えねーと思ったんで
sake「あのぉ~・・実はkekeは私の自転車を借りたいと言って、鍵を渡したんですけど~よく見たら、自転車が2台無いんですね、たぶんAKI君に貸したんじゃないかと・・私も自分の鍵を渡す時に気付けば良かったんですが・・・」
AK母「あらーあの子も自転車で・・・」
sake「あのぉ~もしかして、自転車で行ってはダメって事になっていたのでは・・・?」
AK母「いいえ、そうではないんですよ、でも自転車が置いてあったから・・・あらまぁ。」

こんな状態で10時20分頃に帰って来るまでドキドキしてましたよ。
高校生になると、こんな事も当たり前になるのかなぁ~?いつも寝ないで待っているようになってしまいそうです~><それとも、息子が何時に帰ってこようと、そのうちどうでも良くなれるものなのでしょうか?(これも一つの成長なのかな)

でも、子供達は体育祭の打ち上げが終わって、やっとお開きなんですね。^^;
楽しそうですよね。^^(←自分の頃もやってみたかった)
コメント (6)

我が身ふりけり

2005-09-23 | 日記

実家にて。
妹に昨日の話をする。

「・・・でね、kekeったら、『精神的苦痛を受けたから小遣いくれ』とか『お金なら解決できる』って言うんだよ~~、私がお金の注意ばかりして育てたせいかねぇ・・最近金金言うんだよ~」

妹は、うーんと考えて「お姉ちゃん、私が小学生の時、すごい台風が来た事があるの、覚えてる?」と言うのだった。

「台風?そんな時あったっけ?」
「それで、(私達は)二階で寝てたでしょ?屋根もガタガタ音がしてすごく怖くて、私はいつでも逃げられるように1人で荷造り始めたのね。」
「へー。」
「それでね、その時に大切なサイフとかさぁ~1階に置いたままだったの。でも、怖くてどうしても下に行けなかったのね。そしたら、お姉ちゃんは『サイフ取ってきてやるから幾らちょうだい』『○○取って来てやるから、幾らちょうだい』って一つ一つお金を取ったの。。。それでも私はどうしても下に行くのが怖くて、一つ一つ全部払ったんだよ~~><」
「・・・・え。◎◎」
「1人で荷造りする私もバカだったんだけどさ~」
「・・・・えぇ~~~」
「たしかあの時、今のkekeと同じくらいの年だったよ~今の話聞いて思い出したよ。そっくりだもん。カエルの子はカエル・・・だよ。」

    ・・・・・・

そう言えば、確かにそうだったかも~
でもカエルの子はカエルって・・あんた



コメント (6)

普段しない事をするとこうなる

2005-09-23 | 日記


家に帰ると、kekeさんに「ちょっとここに座りなさい」と言われました。
「え?!なになに?^^」
「水筒、漏れてた。(怒)」

   ・・・・・・・・

あぁあ゛~~~~~~~ぁ!!
そうだ・・・昨日、珍しくパッキンを洗って・・・うっかり忘れてパッキンをつけないまま、水筒にお茶を入れて持って行かせてしまったのだ。

「教科書はどうなった?見せてごらんよ~!」
「学校に置いてある。乾かないと判らない」
「何の教科書が濡れたの?」
「社会と英語」
「教科書、本屋さんで取り寄せた方がいいかねぇ・・?」
「それよりノートだよ・・・。この3年の2学期にね。(怒)」

あぁ・・・ノートかぁ・・・・。
プリントとか・・ノート提出とか・・・中間テストとか・・・
内申に受験に・・・あぁ。

ごめんごめん、どうしようどうしよう、とか言いながらも、少しでも安心したいために更に質問は続く。

「どのくらい漏れたの?」
「水筒が空になったんだよ!フタに穴が開いてるんだから当たり前だろ!」

あぁ・・・満タンに水筒を入れたからにして、お茶が500ccは入っているはずである。あぁ・・・・><
なんたるこっちゃ~~

しかし、驚いたのは次のkekeさんの言葉である。

「精神的苦痛を受けたから小遣いちょうだい」
「えっ!お金で解決する問題なの??◎◎」
「うん、お金で解決できる
「お金の問題じゃないでしょ!」
「自分が悪いくせに逆切れかよ!」

そして、結局ケンカになりました。
あぁ~教科書はどうなっちゃったんでしょう・・・・(T_T)
コメント (12)

疑心暗鬼

2005-09-22 | その前の会社

会社の空気がどっと重いです。

「nanuさん、昨日からため息ばかりついてますよね。」
「え?!・・あぁ・・・。」

そう言う私も何かやる度に「はぁぁ・・どっこらしょ。」と言う状態です。
(だから他人のため息にも敏感なのですが)
偶然なのか、会社には社長か上司BRさんかが居て、何も話ができない状態です。


私は、自分らが離婚した時のkekeさんの事を考えました。
あの当時、旦那は出張で家には帰らなかったし、離婚前にも家出をしていたので、迷いもせず子供と暮らしたのですが、kekeさんの本意はどうだったのでしょう?

転校して、引っ越して、まだ仕事にもついてなかった私についてきて不安じゃなかったのか。
小学2年生の時に「家賃は?電気代は?給料は?」と計算して、「足りないよ」と言ったkekeさんの事。
「手当てもあるから心配しなくていいよ」と曖昧に答えたけれど、養育費の事は言えなかった(何故ならいつ滞るか信用できなかったから)事。

あの時、どんな風に思っていたんだろう・・・。
あの時、ほんとはお金が足りなかったら、私はどうしただろう。


自分の手が届かない事をあれこれ考えていてもしょうがないか。
そのうち、どうにかなるだろう~><


※写真はビールとカツカレー。
カツは揚げましたが、カレーはカレーマルシェ(辛口)です。
この発泡酒はアルコール度数が高いのでお得のような気がして、最近はこればかり買ってます。
コメント (5)

知らないオジサン

2005-09-21 | 母子家庭だから思うこと
先日妹にメロンをもらって美味しく食べた私であるが、一つ気がかりな事があった。それはミーちゃんの妹、ミキちゃんの言葉であった。

「おばちゃん!きのうパパとママの結婚式の写真みたの!!kekeちゃんもすごく小さかったんだね!」

sake 「あぁ、そう言えばkekeが1歳半くらいの時だよねぇ。」
妹  「そうそう・・今度パパの会社で辞める人が居て手紙を書きたいんだけど、結婚式に来てくれてたかな?と思って写真を見たんだ。^^;
ハハ・・

kekeが1歳半くらい・・。(ーー;)
つまり、その集合写真には、あの家庭置き去りトンズラ男が写っているはずである。
ヌヌヌ・・・。

以前から、うちの家族構成に疑問を抱いていた姪達であるからにして、その結婚式の集合写真を見て、しかも見たことの無い男が親類縁者側、and私の隣に写っているのを、何とも思わずスルーする
わけがない!!

「この人だあれ?」と言う質問攻勢に妹は何と返事したのであろうか。

さすがに姪の前では訊けなかったので、家に帰ってから妹にメールを打った。
「メロンおいしかったよ!kekeも食べたよ!ありがとう!ところでさ~結婚式の写真を見た時にあのトンズラ男を見て、ミーちゃんとミキちゃんは何か言わなかった??」

やがて妹から返事が来た。
「あ~ ミーは前に他の写真で知ってたから言わなかった。ミキは聞かれたから一応分か
る程度に話したよ。」だそうである。

他の写真って何の写真だ??
分かる程度ってどういう話になってるんだ???(ーー;)←疑。

死んだ事にできないのなら、せめて奴の非情非道極悪ぶりを白昼の元にさらけ出し、
「sakeオバちゃんの結婚した人って、そんなにひどい人だったんだ~
「それじゃ、リコンしてもしょうがないよね~
「kekeちゃんもそんなお父さんと離れてよかったね~
と言う方向性にしてほしかったのだが。(そんなアホな妹ではないだろうなぁ)

以前自分の母のことを「孫の前ではエーカッコしい」と書いたが、それ以上に姪の前ではエーカッコしいの叔母でもある。

「kekeちゃんもすごく小さかったんだよ!」の後に、『kekeちゃんのパパも見たよ』の話が続かなかったのも、今思うに逆に不自然だぞ!
見たコト聞いたコト、何でもしゃべるコなのに

どうなってるんだ~~~??><
コメント (10)

父とオムツを買う

2005-09-20 | 父の記録と母の思い出
畳屋さんが来る時間に合わせて実家に行ったのですが、既に畳屋さんが来てたようで汚れた畳は取り除かれていました。
父は「もう俺もだめだな」から始まり、「買い物があるから出かける」と何度も言うので、何を買いに行くんだ?と思ったら、オムツを買うそうです。←晴天の霹靂!

畳屋さんに何か言われたのかな~??(^_^;)

「そうだよ~履いておくと気が楽だもんね~」と調子を合わせて、新しい畳が入った後でいざ、紙オムツを買いにGO~!

最初は近くのスーパーに行ったが、赤ちゃん用の紙オムツしかない!
そして、ドラッグストアに行って買って来ました。パンツ型の自分で履けるオムツです。14,5枚で1700円(高いなー)。

そして、家に帰ってきてから、「さっそくオムツを履いてみよう」と言うことになりまして・・・。
父もズボンぐらいなら、私の目の前で平気で履き替えたりするんですけど、さすがに娘の前でパンツは脱げないみたいで(脱がれたらこっちも迷惑だけど)、わざわざ違う部屋に入って、紙オムツを試着していました。←結構快適みたいでした。

ところでもしかしたら・・・・そのうち「はかせるオムツ」じゃなくて、本当にお尻を持ち上げてオムツを取り替える日が来るんでしょうかねぇ?さっきの売り場にも隣には「寝たきりの方用」と言う普通の紙オムツも置いてあって、つくづく考えてしまいました。

そんな日が来るなんて、まだ全然想像もつかないけれど。(^_^;)

ここまで具体的にいろんな事が起こりながら、父のオムツを自分らの手で替える姿がまだ想像できないって言うのもおかしいですよね。人間って、実際に経験するまでは何も判らないものなのかもしれません。

賢くて、やる前から何もかも判ってしまったら、何もできない。
結婚も、出産も、就職も・・・

親と同居している妹には全く頭が上がりません。

コメント (10)   トラックバック (1)

文化祭めぐり

2005-09-19 | 息子keke

昨日、kekeさんは高校の文化祭を見に行ったそうです。

「でも、遠かった~坂もキツかったし。もっと近い所にしよう。」
「そうそう、前から言ってた某私立高校なんてどう?公立を辞めて第一志望にすると優遇してくれるらしいよ。進学率もいいし。」
「周りに何も無いからヤダ。」

何も(遊べる所)が無いからヤダ?!
勉強するために行くんだろがー

うちの周り、ほんとに私立高校があまり無いんですよね。
あってもレベルが高かったり、遠かったり。
昔ツッパリの人が多かったイメージがあったり。(今は違うと思いますが)
私らの時代は、私立高校も2校ぐらい受けた記憶があるんですが、今は試験の日程もほとんど同じ日。

いっその事、公立を諦めて、ちょっと難しい私立を推薦でと思っていたのですが、本人がイヤならしょうがないですかね~
公立も1校しか受けられないし、一発勝負のような状態ですね。

今日も幾つか文化祭を見て回るそうです。
それにしても、やっと受験生らしくなってきて良かったです~^^



※写真はこの前kekeさんが友達と出かけて初めて買ってきたジーンズです。3店回って決めたそうですよ。1980円だったそうです。さっそく昨日、履いてましたよ!
コメント (8)

父と夕食

2005-09-17 | 父の記録と母の思い出

今日は予定通りに父と夕食。

実家について、真っ先に気になったのは、例の畳の汚れ箇所。一応昨日、妹と新聞紙をかぶせておいたけど、(目が悪いから)忘れて歩き回ってないか。

大丈夫だったようです。^^;
(でも、妹が午後でかける時は「あの新聞紙、何だっけ?」と父に訊かれたそうですが。)

「sake、何が食べたいか?」
「ん~、おじいちゃんの好きな物でいいよ。」
「俺は何でもいい。」
「ん~~~~、じゃ、洋食。」

と言って、父が歩く方について行ったら、父が最近よく行き始めたと聞く飲み屋さんでした。(洋食って、結局関係無いじゃん!!)

たまに遊びに来る叔父(父の兄)から妹が聞き出した所では、最近はここの飲み屋さんに通っているそうです。そして噂の女(?)友達に会うと、一緒に飲むのだそう(女友達はお酒がとても飲める人らしい)。そして違う店にハシゴするそうです。

今日は、偶然その女友達さんとはお会いできませんでしたが。

ママさんが「そう言えば、昨日はいらっしゃらなかったわね~」と言っていたので(この台詞だけでも、いかに年中通っているか分かる!)、その前の日にまた泥酔して帰ってきて(大の事までは言えなかったけど)、昨日は妹に怒られて外に出れなかった話もしてきました。


そして、家に帰って来た訳ですが・・・

kekeさんには「今日は夕食は何か買っておくれ」とお金を700円渡しておきました。そしたら、かき揚げ、ポテトチップ、お好み焼きパンを買ってきて、後は家にあるうどん(2人前)を自分でゆでて食べたそうです!(残りのお金は自分の小遣いにするためらしい)
1人でガス台使ったのは、あのチャーハン以来2度目です!!

すこーしうどんが残っていたので、食べました。
うん!!ちょっと堅めになかなかおいしくゆであがっていました!!

まさか、小遣いを手に入れるために、家にあるうどんをゆでるとは!
それから、携帯を定額料金の機種に替えたいと、又言っていました。(これで3回目!)この前請求書をこっそり覗いたら、7800円だったんですよ!!◎◎
定額の方が安いとか何とか言っていましたが、一体どうなんでしょう??今の機種だと見れないHPがたくさんあるそうです。(さすが商売する方も考えますね。)

それにしても、受験生なのに携帯なんて最低限にしろ~!と思うのだけど、う~ん、実際にはそんなに携帯使わないといられないんでしょうかねえ?
最初は基本料金+2000円位の範囲内で使うハズだったんですけどねぇ。。。

コメント (8)

絶句です・・・(T_T)

2005-09-16 | 父の記録と母の思い出

本当は他の記事(日記)を用意していたのでありますが、急遽
緊急特番をお送りしようと思います。(今、食事中の方はご遠慮ください)

この夏、妹はお祭りの手伝いがあって、旦那さんの休みが折り合わず、旅行に行く事ができなかったのです。そして旅行に行きたがっていた妹に、私は口からでまかせで、「9月辺り3連休もあるし、ゆっくり旅行でもしてきたら」と言ったのであります。そして、妹は明日から温泉に行く事にしたのです。(いざ、そうなるとちょっとしんどい)

妹は父の薬の事を心配していて、
「一応、何日目の朝・昼・晩で袋別にして分けておくけど、大事な薬は朝にまとめて入れておくから、お姉ちゃんの都合で、昼と夜は気にしなくていいからね。1日ずっと一緒に居なくてもいいからね。」
と言ってくれたのであります。

そして、いよいよ明日から旅行と言う今日。
妹から電話が来たので(よく見ると前にも留守電が入っていた模様)取ると、家に来てくれないかと言うのであります。そして、kekeさんを塾に送りだしてから実家に行くと・・・。

父が寝起きに粗相(しかも柔らかすぎる大の方)をしたそうです。

「朝はここだけじゃなかったの。このトイレの前までずっと・・・それから、玄関の所もすごい量だったの!それでフローリングの所は全部掃除して・・・もうここは見た目分からないよね?でも、この畳、どうすればいいと思う?(激怒)」

見ると、父の寝起きの布団と畳がウ○コまみれになっているのでした。。。。(しかも軟らかめ)
しかもなすりつけたように畳の網目の中にも入り込んでべっとりと。

「もう・・畳、換えてもいいんじゃない・・・(ゲッソリ)・・」


  ★★ 思い出したくないので、ここから一部中略 ★★


それから、私達はどうにか連休中に来てくれる畳屋さんを探して、2枚換える事にしました。(「汚れているから換えたい」とは言ったけど、ウ○コでとは言えなかった)

妹はまだショックが大きいようです。
昨日、私がメロンをもらって帰った後に、まるで私が居なくなるのを待っていたかのようにそそくさと父は1人で飲みにでかけたそうです。そして、また遅くまで飲みすぎて翌朝この状態だったそうです。
本当に体が弱ってこうなったのなら仕方がない。でも、自分で勝手に飲みに出かけて、この有様は我慢できない。←妹の弁

父に幾ら言っても父の心には届かないようです。せめて、行き先だけでも告げて遅くなったら家族が迎えに行けるとか、夜はオムツにしたら?と言ったのだけど、無言のまま。

あぁ・・・今帰ってきたけれど、食事の味がしません~(T_T)
(でも、子供が居ないのをいい事に食べながら書いてるんだよな~私)
明日から、大丈夫なのかなぁ~・・・
(もう明日は、他の記事にしますね)
コメント (16)

理想はおばあちゃん

2005-09-16 | 父の記録と母の思い出

実家に寄ったら、妹がメロン(父が買ってきたらしい)を分けてくれると言う。

「少しでいいよ~kekeは食べるかどうか分からないから。」
そう、メロンなんてもう何年も買ってない。自分の子供がメロンを食べるかどうかも忘れてしまった。

と言うか、うちは果物はほとんど買ってないんですよ。ミカンくらいかなぁ~
買わないから食べるかどうか分からなくて、食べるかどうか分からないから買わない、と言う悪循環。

「ミーちゃん(妹の娘)、髪短くすると特に、おばあちゃん(私らの母)によく似るね。」
「でしょ?今日美容院でも言われたの。(笑)」
「顔の輪郭かなぁ?」
「パーツも似てるよね。それでね~ミーは将来、おばあちゃんみたいになりたいんだって。」
「えぇえ~~?!◎◎どう言う意味で?」

解説をすると、私達の母と言えば、お世辞にも家事が好きだとは言いがたく、孫にすごく優しいおばあちゃんかと言えばそれほどでもなく、一番の趣味はパチンコ。喜怒哀楽が普通の人の5倍くらい激しくて、特に怒と哀の時はすさまじかったので、『おばあちゃんみたいになりたい』と姪が言った時に、私から出た言葉は「それどう言う意味?」だったのである。

妹は娘に訊いた。
「ミーはおばあちゃんのどんな所がいいの?」
「ん~~~・・・・
活き活きしている所!^○^」

活き活きしている・・・・たしかに。
あれだけ喜怒哀楽が激しかったもんなァ。(しかし、怒と哀の時に娘達を会わせないようにしたのが、妹の賢い所である)

私と妹は、それぞれ「活き活き・・」とつぶやきながら、ちょっと苦笑い。
でも、『喜』の時は太陽に向って咲くヒマワリのような明るい人だったので、ミーちゃんの心の中では、いつもあのおばあちゃんの姿が心に残っているのでしょう。

「おばあちゃん、喜んでいるよね。」
「うん。間違い無く。」と答える私。

それから母は孫の前ではエーカッコしいの所もあった。旅行のおみやげも、孫に好かれんがために、孫が寝ている時にはあえて渡さず、孫が見ている前でわざと、「ハイ、おばあちゃんがおみやげ買って来たよ。」と渡すような母でもあった。
不敵な猛者の割には、このように見栄えを気にする一面もあった。

今でも生きていたら、この孫からの「おばあちゃんのようになりたい!」と言う言葉は、最高の賛辞になったであろう。母の喜ぶ(それはそうでしょうよ!と言わんばかりの)顔が目に浮かぶようである。

それにしても、これがあの『隔世遺伝』と言うものなのだろうか。

メロンは久しぶりに食べて最高においしかったです!!
もちろん子供もペロリと食べました。
コメント (4)

もうすぐ運動会♪

2005-09-15 | 日記
kekeさんの部屋に運動会のプログラムがあった。

「おー、運動会体育祭のプログラムじゃない!(^o^)kekeは何の種目に出るの?」
「言わない。」
「なんで~?(ーー;)」
「また
ストーカーだから。」

ストーカー????

あっけに取られる私にkekeさんは言うのだった。
去年の自分の行動を思い出してみろ」と。

「あら、いつ何の種目に出るか分からないから、入場門で待機してビデオや写真を取ってただけじゃない。」
「それが
ストーカーなんだろ!」
「あら、親はストーカーとは言わないのよ。保護者だもの。」
「行動がストーカーなんだよ!」
「だったら、何の種目に出るか教えてくれればいいでしょ~せっかくビデオも買ったのに。やーね。」

と言って去ったが、子供のささやかな抵抗なんぞ想定内であるよ。
ここはお茶を濁しながら、当日はまた張り切って子供にも気付かれないようにビデオに撮ろう~!どうかいい天気でありますように。

なんせ、今度は中学最後の運動会体育祭だからなぁ~。
去年の3年生も優勝して泣く子、ムカデ競争で転んでしまって泣く子(だいたい女の子だけど)も居て、最後は感動的な体育祭でした。今年はkekeさんのクラスでも涙を流したりと言う感動の場面があるのでしょうか。
自分が学校も(ましてや運動会なんて)大して好きでは無かった方なので、そういう涙涙の学校行事を見ると、まるで青春を取り戻したような気分になるのですよ。

   
楽しみ楽しみ。

それにしても、何の種目に出るのかくらい教えてくれてもいいのにね。
同じクラスのAKI君のお母さんに相談すれば、子供から訊いて教えてくれるかな?でも、そこまでするのは我が家の恥かな~。今度の運動会も最初から終わりまで気が抜けないぞ~。
コメント (6)