大人になれないオヤジたち

僕たちはニュータイプに進化するはずだった。
僕らの魂はやはり重力に引かれているのか!?

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その7

2020年09月20日 | ザクⅡF型

ガルマ・ザビ大佐専用ザク 完成しました。

ザビ家御曹司の専用機としては非常に地味なカラーリングだと常々思っていたのですが、こうして実際にプラモデルで完成させてみると、なかなかに重厚感が出るカラーリングだということを再認識させられます。そしてこの大型ヒートホークが鈍い光を放ちながら緊張感をさらに引き上げています。

 

正面からのあおりショットのカッコ良さはオリジンザクの真骨頂です。

 

バックショット。ダークグリーンにイエローのジオンマークはロイヤル感が出ている気がします。

 

ガルマザクといえば何故かマゼラトップ砲というイメージがあるのですが、、MSV当初はマゼラトップ砲も大型ヒートホークも無縁の設定だったと思います。
しかしこのマゼラトップ砲、、ポージングが非常に難しいです。この良く見かける持たせ方をどうにか再現できたのですが、、、映す角度含めて奇跡の1枚のショットと言っても過言じゃない難しさ。どう持たせてもカッコよくはならないです、、

 

この角度から撮ると、いつものオリジンザク感が出ますね、、良く見てしまうと実はバルカンの砲身の向きがガタついてしまっていますが、、、バルカンをピンバイス開口でピシッとそろえるのは非常に難しくて、そこでガルマザクの作製をあきらめている方も少なくはないと思います。

現に私もそうだと思っていました。しかし実際は多少バルカンの砲身の向きがばらついていても、何とかなります。

改めてオリジンザクのデキの良さと懐の深さを認識する機会になりました。ここまでザクの工作に慣れてきましたので、いよいよ満を持してシャアザクに踏み切ろうと思い始めています。年内には何とか着手したいなと思います。

コメント (2)

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その6

2020年09月14日 | ザクⅡF型

スミ入れが終了し、細部の追加ディテールアップも終わったので、いよいよデカール貼り込みです。

ちょうどガンダムデカールの再販がありましたので、使えるラインデカールなどは積極的に採用しました。

やっぱりMSVにはラインデカールが必要不可欠です。なかなか似合うと思います。

コメント

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その5

2020年09月12日 | ザクⅡF型

ガルマザクも最終局面を迎えています。

本体のスミ入れをしつつ細部の作り込みです。

頭部のバルカンにハイキューパツのガンマズルを突っ込んで、ヒートホークをオールドゴールドとガンメタ等に塗り分けます。

この2か所がガルマザクのアイデンティティーですから、、、お手軽改造ですね。

 

 

 

コメント

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その4

2020年09月07日 | ザクⅡF型

さて折角基本塗装が終わったので、イメージ通りの大佐ザクになっているのか確認したくて組み上げてみました。

普段はこの時点で組み上げたりすると、塗装を剥がしてしまったりするのであまりやらないのですが、、

なんとか思い通りになっている感じはしますが、やはりスミ入れ前でテカテカクリアー状態だと、組み上げても不安感を覚えるだけな気もしてきました。

配色はイメージ通りだと確認できたところで、再度バラします。

マゼラトップ砲もなかなかポージングに難渋しそうです。なにせ持たせにくいですし、、、

コメント

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その3

2020年09月05日 | ザクⅡF型

さて、日がたってしまいましたが、オレンジブラウンが比較的イメージ通りのカラーになったので、ダークグリーンとグレー部を塗り分けていきます。

グレー部は今回から導入したジャーマングレーのプライマーサーフェイサーのみとしています。
メカカラーのサフにはこの色がないので、ファレホ標準のサフです。
メカカラーのサフと通常サフのサフの差が良くわからないのですが、メカカラーは一般的に動かないものが前提で塗膜が固いけど粘りはないという方向だそうですが、それはバーニッシュに関しては頷けるものの、サフもそうなのか?と疑問に思うところはあります。

グリーン部は当初メカカラーのダークグリーンのみとしていましたが、オレンジブラウンの彩度の高さと相性がイマイチでしたので、オリーブグリーンを加えながら彩度を上げて、明度が上がりすぎた分を極少量のピュアブラックで抑える感じで調色しました。

これまたマットバーニッシュ吹くと色目が変わってしまうので調色は本当にイメージ通りになっているのか判断は難しいのですが。

 

コメント

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その2

2020年08月28日 | ザクⅡF型

久々のザクですが、派生機も含めて何体も作っていると取説を見なくとも組み立てられるのは勿論、各パーツの処理の手法も完全に頭に入った状態になっており作業効率は非常に高いです。

そんな訳で基本工作を終えて早速ファレホによるエアブラシ塗装に入ります。

さて、巷でささやかれている大佐ザクのオレンジブラウンは再現の難易度が高いというご意見。

私はモデルエアーのオレンジに少量のメカカラーのティタンブルーを加えて調色しました。
ブルーは1滴でも非常に効きますので、慎重に混色していきます。

写真ではライトの加減で濃淡が付いたように見えていますが、実際は均一です。

こんかいモデルエアーのオレンジが5年ほど前に試しに買ったロットが残っていたので使用したのですが、、やめておけば良かったです。

塗装後に一部にハジキの様な色抜け点が散見される状態になってしまいました。最後にクリアーコートをするとほぼ見えなくなったので事なきを得ましたし、写真を見ても色抜け点などないことはお分かりただけるかと思います。

しかし今後このようなトラブルを避けるために、数本あった5年前のファレホはもったいないですが、泣く泣く始末することにしました。

コメント

ガルマ・ザビ大佐専用ザク その1

2020年08月25日 | ザクⅡF型

私にしては難易度の高かった飛行試験グフをやり終えたので、お手軽工作でサクッと完成できるものを、、
という趣旨で次なる作成対象を考えてのチョイスです。

まずは肝となるバルカンから、、ここが上手くいかなかったら無かったことにしようと思いつつも、ピンバイスでドリドリと、、

対象にかつ同じ角度で曲面に均等な穴を開けるなんて無理!と思っていましたが、、、
で、案の定、均一にはいかない穴掘りですが、、、まあパット見は何とかなる程度に、、、

自分で自分に合格を出しただけではありますが、完成までたどり着けそうな予感。。。

そういう訳で、今回から大佐ザクにチャレンジです。

厳密にはFS型という形式が割り振られていまずが、カテゴライズはF型ということにしました。

 

コメント

グフ飛行試験型 その12

2020年08月23日 | グフ

グフ飛行試験型完成しました。

このモデルは地元のウェブコンテストに出品していた関係上、個人のウエブ上での完成公開を少し控えていたところがあり、こちらでのアップも遅くなってしまいました。

元キットとなるオリジンMSDのプロトグフのデザインの素晴らしさと旧MSVキットのパーツレベルでの出来の良さが相まって、自分が手にしたかったグフ飛行試験型を40年越しで手に入れることができました。ろくにプラモデルを改造することができない私でも何とかここまでできてしまいますので、ガンプラビルダーを通過した現在のガンプラ界はキットも工具も最高の状態が整っているといえると思います。

40年前、少年のころに果たすことのできなかったMSVへの思いや憧れを、50歳オーバーのオヤジ世代になって果たせることになろうとは。

良い時代になったと感じるとともに、50歳を超えてもガンプラをやっていることにも当時は想像できなかったことなのだろうとも思いました。

 

旧MSVキットのボックスアートオマージュにて、、、素人改造なので可動が上手くできるとは言えないので再現度はこんなものです。

 

こう見るとやはり圧倒的にプロトタイプグフのデキの良さがあってこそ、という感じが良くわかります。

 

バックパック類は旧キットパーツがそのまま使えます。バーニアも端部を薄く削っただけでそのまま使用しています。チューブ類はヒートロッドを利用しています。

 

グフ飛行試験型といえばY07マーキング、これは旧キットにもデカールでナンバーが準備されていましたが、今回は大きく脹脛部にマーキングを入れてみました。

塗装は毎度のファレホですが、カラーは全て混色で、脳内イメージのカラーになるまで、いろんな色を混ぜまくってしまって、記録できていません、、ということで今回はカラーレシピは割愛ということで、、、、若いころ、、といっても5年前であれば、混色に使ったカラーを忘れるようなことはなかったのですが、、、最近記憶力がさっぱり落ちてしまって、、、、

 

 

 

コメント (2)

グフ飛行試験型 その11

2020年08月09日 | グフ

各パーツの塗装までようやくこぎつけた感じですが、ここまで来ると一気に組み上がっていくのでモチベーションがアップして完成まで作業スピードに加速がついてくる感じがします。

特に改造していると先が見えずに中だるみしがちですが、塗装をやりだすころには先が見通せてますので気分のノリが違います。

ブルーグレーとマロンブラウン(勝手に命名です、混色なのでファレホのカラー名称ではありません、、、)のコントラストも今一つかと思いましたが、組み上げるとコレはコレでありかなぁ、、と思えてきました。もともとサンドカラーの機体はこれから増えるだろうから、テスト機である本機には少し変わった印象の色にしたかったというのがありましたので、、、

スミ入れデーカールと一気に済ませていきます。次回はいよいよ完成報告です。

 

コメント

グフ飛行試験型 その10

2020年08月08日 | グフ

さて、ようやく工作が終わったのでファレホを使ったエアブラシ塗装に移行していきます。

今回は1機しか作成しないプロト機のイメージですので調色することにしました。

迷いに迷って混色しまくったので、何を混ぜたか全く覚えていません、、、、

ブルー部はブルーかグレーかその境目の様な色にこだわりました。
茶色部は塗装見本対比で赤みをかなり減らし、かつMSV箱絵のデザートカラーよりは濃色で、、ということでこの色に落ち着きました。

 

コメント

グフ飛行試験型 その9

2020年08月06日 | サブフライトシステム等

さて各所パーツの工作がほぼ完了しました。長かったですが、地道に進め行くと完成していくものですね。

パーツの整形の様子が知りたくて、一部ブルーサフを吹いてしまいましたが、、、いよいよ本格的に塗装を開始するところまでこぎ着けました。さてしかし塗装色をどうするのか悩ましいです。

旧MSVのボックスアートに寄せるとなるとサンドカラーになるわけですが、脳内イメージではブルーが入っている勝手な印象があります。かといって塗装見本はブルーとあずき色という変な組み合わせですので、正解が何なのかよくわからないのです。

ネットで見ても結構皆さん、思い思いの色で塗装されています。

コメント

グフ飛行試験型 その8

2020年08月04日 | グフ

さて、改造の難関部分はクリアーしたので、あとはこまごまとした部分を整えて行きます。

太腿の動力パイプを通す穴は飛行試験型では不要ですので、丁寧にプラバンで塞ぎます。

ランドセルは背中にフィットさせるために、側面をプラバンで一皮かぶせるように貼り込みながら調整をします。
リアスカート部に旧キットのバーニアを追加するなど、比較的簡単な工作を粛々と進めていきます。

 

 

コメント

グフ飛行試験型 その7

2020年08月02日 | グフ

フィンガーバルカンの自作が終わったので、次は腕部の旧キット、新キットの接続部分です。

こちらも3mmプラ棒を突き刺す手法で進めることにしました。

突き刺したプラ棒の両側にポリキャップを2個はめ込んで、そのまま旧キットの肘モールドの裏穴にはめ込む形にしました。写真を見てもらえれば分かると思います。
ただしポリキャップを入れ込んだ後、旧キットパーツで挟み込み、旧キットパーツ同士を接着する際の強度によって間接の許さ具合が決まるところがありますので、稼働を重視する人にはあまりお勧めできない加工方法です。

 

 

コメント

グフ飛行試験型 その6

2020年07月31日 | グフ

脚部は何とかなりそうなので、次は腕部の工作をしていきます。

まず目立つのがフィンガーバルカン。どう見てもバルカンである指が短すぎます。

写真左が改造前、右がプラパイプで自作したフィンガーバルカンです。単にプラパイプを流し込みタイプの接着剤でくっつけただけのお手軽工作です。

ウェーブの薄肉パイプがとても良い感じでフィンガーバルカンを再現できます。

 

コメント

グフ飛行試験型 その5

2020年07月30日 | グフ

さて、新キットのフレームを如何にして旧キットのガワに固定するか?問題ですが、、、

3mm径プラ棒をブッ刺す方式で進めてみることにしました。これは意外とお手軽です。
ピンバイスでフレームのいい感じの場所に3mm穴を開けます。
ここにプラ棒を刺して、フレームに合わせて、極わずかに長めに切断します。

長めに切っておくことによって、つっかえ棒の様に旧キットのガワを押し広げる様に挿入します。
あとはプラ棒断面とガワの間に流し込み接着剤を流し込めば完了です。
つっかえ棒の様になっていますから、テープや万力などサポート的なもので抑えなくても大丈夫です。
もちろん変な残留応力がかかると嫌ですから、押し広げ量を極わずかにとどめる様に、プラ棒の長さを過度に長くしないようにすることが肝心です。

 

 

 

コメント