新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

またもやカマキリです

2018-11-16 23:28:12 | 小動物、昆虫など



小春日和に受けれたのか、車のフロントガラスで日向ぼっこ?。


カメラを向けるとこちらを見ている。



お腹のふくらみが小さいので、産卵は終わった?。

それにしても、羽が少しおかしい。
コメント

かなり写りの悪い画像だが・・・・

2018-10-17 04:19:17 | 小動物、昆虫など
夕方少し暗くなったころになって何処からともなく甘い香りが漂ってくる。


匂いの元を探すと・・・・。






オンシジウム「シャリベイビー」が咲いていた。


が・・・・。







写りが悪いのでよくわからないかもしれないが、花の陰からカマキリがじっとこちらをにらんでいる。


先日見たのとは別の個体のようだが、やはり体は小さく、お腹のふくらみは少ない。

花に寄ってくる虫を狙っているのだろうが、シャリベイビーに虫がやってくるのは見たことがない。



甘い香りに誘われた?。
コメント

まだ産卵が済んでいないカマキリ

2018-10-16 03:16:09 | 小動物、昆虫など



もう10月も半ばで、気温もかなり下がってきているのに、まだ産卵をしていない。


と言うより、お腹のふくらみもいつもの年より小さいうえに、体自体も小さめです。

天候不順で餌が少なかったのか。



それに、以前はよく車に轢かれたカマキリを見たが、最近はほとんど見ない。


それだけ数も減っているのかも。




トカゲも最近は全く見なくなったが。


ヤモリは結構見かけるが・・・・。
コメント

少しお腹が膨らんでいるが

2018-10-04 22:52:35 | 小動物、昆虫など



シダの冬支度をしようと思ったら、じっとこちらをにらんでいる。


いつもの年であればもうかなりお腹も大きく膨らんでいて、産卵を始めるものもいるが、今年はまだこの状態。



今年も9月に入ってからは天候不順が続いていて、まともに晴れた日など何日あっただろうか。

強も時折小雨が降っていて、気温もあまり高くない。



そういえば、今年はコウロギの鳴き声もあまり聞かない。


ほかの昆虫もあまり見かけない。

今年はエサ不足なのかも。
コメント

栄養失調?     画像を追加します

2018-09-27 03:03:10 | 小動物、昆虫など



今はかなり雨が降っているが、これは昼間写したので、この時はまだ雨は降っていなかった。

雨はこの1時間後くらいから少し降り始め、それからずっと降っている。


今月はまとにに晴れる日がほとんどなく、気温も低めで雨も多い。



それで餌が獲れないのか、まだお腹は膨らんでいない。

そして、気温が低かったこともあって、動きもかなり鈍い。



まだ9月だというのに、この時の気温は「19度」。


そのため、今現在の室温も「21度」しかない。


真冬の21度なら寒くはないが、今の時期の21度では寒く感じる。




週末はまた台風がやってくる?。


台風の動きもいつもとはかなり違う。



大きな被害が出なければよいが・・・・。






追加の画像です。



画像が行方不明だったが、見つかったので。






こちらの方が一回り大きかったが、やはりまだお腹は膨れていない。

いつもの年ならもうだいぶ膨らんでいるはずで、そろそろ産卵を始めてもおかしくない。



そういえば、今年は餌となる昆虫の姿もあまり見かけない。


夏の猛暑続きが影響したのかも。

正確な数字は記憶にないが、今年の夏は猛暑日が40日近くもあったのだから。



熊谷では国内最高記録を更新する「41.1度」も記録しているし。
コメント

車に轢かれなければいいが・・・・

2018-09-07 22:47:02 | 小動物、昆虫など



多分メスだろうと思うが、まだあまりお腹は膨れていない。


これからたらふく食べないと産卵に差しつかえるだろう。




そこで、餌を求めてなのだろうが、時折道路を歩いていることも。

今までは草むらにいてあまり道路に出てくることはないが、これからは多くなる。



写そうと思って近づくとこちらの顔を向けて威嚇してくる。


が、人間には役に立っても、車には何の役にも立たない。




と言うより、威嚇のポーズをとる前に轢かれてしまう。


最近はあまり見かけなくなったが、今年は車に轢かれたカマキリが出るかも。
コメント

虫嫌いな方は閲覧注意を

2018-09-02 03:29:58 | 小動物、昆虫など









毎年のことではあるが、ゲリラのように現れる虫がいます。



そう、大量に発生はしないが、油断をするといつの間にか大きくなっているので、大きくなって初めてその存在に気が付くのです。











それは・・・・。






「ブドウスズメ」という、かなり大型なガの幼虫です。


一緒に写っているのは、ブドウの葉です。



今日見つけたのはこの2匹だけ。

他にもまだいると思うが、このくらいの大きさにならないと見つからないことが多いので。



正直、虫の存在を直接見つけるわけではなく、葉が食い荒らされているのを見て気が付くのです。

小さなうちはたいして食べないが、ある時期から急に大きくなり、一気に葉を食い荒らすのです。




可哀そうではあるが、いつものように、池の鯉のお腹に収まりました。
コメント (2)

カマキリに睨まれました(笑)

2018-08-11 00:08:35 | 小動物、昆虫など



このカマキリ、私に対して「邪魔をするな!」と言いたげな顔をしています。


そう、私はお邪魔虫だったようです。



そのわけは・・・・。








すぐ横にはブルーサルビアの花が咲いていて、その花に集まる虫を狙っているのです。


この時も、セセリチョウの仲間が花の蜜を吸いに来ていて、それが近くに来るのを待っているのです。



そこで・・・・。


捕獲したところでも写そうと待ってみたが、1時間後もまだここにいました。









こんなところにも別のカマキリが。


こちらは昨日買ってきた鉢植えにいたもので、まだ少し小さいです。





去年はあまり見かけなかったカマキリだが、今年はよく見かけます。


かつてはよく見かけトカゲ。

最近は全く見かけません。



ヤモリはたまに見かけるのだが・・・・。
コメント

だいぶ貫禄が出てきた?

2018-07-30 23:52:39 | 小動物、昆虫など



アマリリスの葉の上でそれなりのポーズをとっているが、まだまだ弱虫なようです。


そう、この後威嚇のポーズでも撮ってやろうと手を出すと・・・・。




ピョン!と跳んで逃げました。


最近結構見かけるが、まだ威嚇のポーズをとるところまで育っていないようです。
コメント

台風で大雨が降ったから?

2018-07-30 23:10:38 | 小動物、昆虫など



特別珍しくもないが、キノコが生えている。

突然生えてくるので驚く人も多いようだが、私に言わせれば「キノコが生えないほうがおかしい」と言いたい。



そう、キノコの胞子は常に空気中を漂っていて、その胞子が繁殖に適したところに落ちると菌糸を伸ばし、キノコが生えるのです。

また、堆肥作りにも一役買うキノコも多く、堆肥を使えば、いやでも生えてくるのです。



が、小さくてほとんど目立たないものや、数日で消えてしまうものもあるので、生えていること自体に気が付かないことも多いのです。



キノコの胞子。


シダの胞子と似たようなもので、かなりの距離を飛ぶことも。


シダの胞子。


日本ではほとんど栽培されていないらしい、中央アメリカあたりが原産の「大王ウラボシ」が我が家で芽を出しています。


中央アメリカと言えば、丸い地球の日本とは反対側。




筑波の植物園では栽培しているところもあるらしいが。
コメント