あけぼの

アート、文化、健康、国際・教育、音楽、食・レシピ、日記、エッセイ、旅行記、学問

楽しみは人も訪いこずこず事もなく栃ノ心を応援するとき

2018-09-18 11:49:04 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 腰痛に苦しむ相撲ファンの筆者の楽しみは目下相撲観戦。我が家にはTVがないので時々だが★家で。栃ノ心は怪我のせいでこのところ成績が芳しくなく、昨日は稀勢の里に負けてしまったが、さあ、これから頑張ってね!貴方の故郷、ジョージアはムツヘタの美しいえにしだ並木と親切な人々を思い出しながら貴方に声援を送るのは楽しいひとときで腰痛を忘れます。2011年に貴方の出身地、ムツヘタ(ジョージア国)へ行った時、タクシー運転手のマムカはムツヘタだけでなくあちこちサーヴィスで案内してくれました。道を歩いていた時、ニコニコと近づいてきて、「日本の震災孤児を養子にしたい」と言う女性がいました。温泉を探していたら片目がつぶれ首にも手術痕がある青年が一緒に探してくれ、「ここはRoyal Bathで高いから一般の人が行く浴場に行きましょう」とつきあってくれました。トビリシ空港には「Tbilisi is the city that loves you」と大きなサインがありました。品質最高のワインで世界一のおもてなしをする国、ジョージア出身の栃ノ心さん、えにしだ並木が美しいムツヘタの風景をおもいだしつつ★先生や仲間と一緒に声援/応援してますヨ。残りの取り組みは全勝となりますように!(表題の前半、「楽しみは人も訪いこず事もなく」は高校時代に習った歌人、橘曙覧の独楽吟33番、たのしみは 人も訪(と)ひこず 事(こと)もなく 心をいれて 書(ふみ)を見る時」より)(彩の渦輪

コメント

Nクリニックで腰痛貰い、どくだみ茶と郷里の魚で癒される日々

2018-09-14 14:49:26 | 講演・アート・音楽・スピーチ

   新田クリニックのマッサージで貰った腰痛事故35日目、椅子から立ち上がるだけでまだピクピクッと痛み、ロキソニンでは治りそうになく回復の気配がない。で、他の病院に行くことにし、「紹介状を書いてください」とお願いしてやっと届いた。「朝来る」ということだったのに11時を過ぎて届けられ、今日はもう病院は無理、週末から連休にかかるので後3日間この痛みに耐え続けねば…「アイタタタ!」。写真は親友うらら&Georgeさんからの腰痛見舞いだ。どくだみ茶で痛みがうすらぎ、家庭菜園で手作りされた緑、白、紫の三色茄子等の野菜を楽しみ、郷里の高校の後輩S君が天中殺見舞いに送ってくれた境港水揚げの魚類とで、「アイタタタ!」に耐えている。お魚もお野菜も箱にはもっと沢山入っていたけど、届いた途端に、焼いたり炒め物にしたりしてガツガツと頂き、そのあと、「しまった! 写真を撮るんだった!」と、いずれの箱も中身が随分減ってから撮影した。このBlog、読んでくださっていたら、「ご馳走様!」(彩の渦輪)

コメント

腰折れ損のくたびれ儲け

2018-09-08 14:18:12 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 新田医院で勝手になされたマッサージのお蔭で腰痛発生、寝返りままならずソファーで寝る日々が1か月続いたが、4週目に布団で寝たらぐっすり安眠出来た。が、布団では寝返りや起き上がるのがやはり大変で、ソファーに逆戻りし29日目に突入。3週目にこちらが催促して院長さんから「すみません」の一言はもらったがそれっきり。医院に行くのもこちらから。行けばロキソニンという貼りテープをもらうだけで、歩いた後は一層痛む。1か月目の昨日も脊椎近くの筋肉がしゃがめば痛み、家事で身体をちょっと捻ると痛み、ただ歩くだけでも歩行ペースに合わせて、ぴくっぴくっと痛み…と、一日中痛んでくたびれる。腰の1角が折れている感じだ。これを腰折れ損のくたびれ儲けと言うのだろう。友人たちは「お速い治癒を!」と祈ってくれているが仕事は山積、親しいお医者さんに訴えたら「あと1、2週間痛みは続くでしょうネ」と。やれやれ! 6週間も続く“儲け話”、貴方ならどうします?(彩の渦輪)写真はソファーのお友達

コメント

腰痛・不眠おばちゃんのお見舞いに月下美人が咲いた!

2018-09-02 15:16:59 | 講演・アート・音楽・スピーチ

   新田医院で腰痛をもらい不自由をかこって3週目の月末、今年も月下美人(Moonlight Cactus=Susan命名 )が咲いた!腰痛を頂いて以来ソファーで寝ているが(布団では寝返りも起き上がるのも大変だから)、ただでさえ不眠症の筆者、安眠あたわずで毎晩デパス様のお世話になる。月下美人は、玄関はもとより筆者が横たわる部屋まで「腰痛はいかが?」と甘い芳香で問いかけ、慰めてくれる。腰の回復がはかばかしくないので4、5日まえ新田医院の院長先生に「新田先生、貴医院で頂いた腰痛で苦しんでます!」というタイトルで短い手紙を届けた。この苦しみを知って頂かなければ、と。ところが無しの礫だった。「すみません!」の一言か、「大丈夫ですか?」のお見舞の言葉が電話ででもくればすべてを我慢してもいいと思ったが…。たまりかね、3週目に医院に行くと親切なT医師の診察だったので全てを訴えた。「手紙を5日前渡したが電話1つもなく無視され、院長先生の人間性を疑います」と。そして「お詫びの電話さえあれば全て忘れてあげてもいいと思いましたが」などと余計なことを言ってしまった。T医師は、「院長を呼びましょう!」と連れてきた。院長は、「申し訳ありません。院長として謝ります!」と筆者の背中を診察し(今になって!)、素早く部屋を去った。それで終わり! 「『謝ってさえもらえば忘れる!』と筆者が言っている」と耳打ちされたのかな?それに引きかえ月下美人ちゃんは月末の31日と9月1日、しっかりふんわりと美しく咲き、「早く良くなってね!」と2日の今日も玄関中芳香を漂わせお見舞いしてくれている。「有難う!痛みを忘れられそうだ!」 (彩の渦輪)

   

コメント (1)

お笑い:独り芝居競争

2018-08-28 15:53:52 | 講演・アート・音楽・スピーチ

意識朦朧でガソリンスタンドへ:つい最近、アメリカでの話。ガソリンスタンドでガソリンを満タンにし、クレジット・カードを使って支払い、カードを引き抜き、暫く走って調べたらカードが無い。大変だ!発行先の銀行に連絡、ブロックをかけてくれた。やれやれ!ホテルの部屋で再度確認したら、財布の別の場所に隠れていた。折り返し銀行に連絡してブロックを解いてもらった独り芝居だった。お後がよろしいようで!(自悠人)  天中殺の1事件余話: あるテレビ局関係の人が、「貴著を読みBlogも読んだ」とTelしてきて、「最寄り駅で待ち合わせ、お宅へ一緒に行って1時間ほどInterviewしたい」という話は「新手の鷺ちゃんか?」と最近当Blog に書いた。電話番号も名乗らず、こちらも聞き忘れて。駅にはカメラを担ぎ凶器を懐にした男の連れがいて、家に入れたらその凶器で…、というシナリオが頭に浮かび口に出た。が、Interviewの話は本当だった。自悠人は余り迷わず駅に行き、その女性を迎え、近くのCaféへ。筆者もその後を追い合流した。「TV局にご在籍を確認したのですが…」と率直に尋ねると、「私は番組制作専門の外郭団体職員です」と。また、「電話番号をお伝えするの、忘れました!」と、おおらか。卒業後間が無い新米さん、電話の声同様優しいお顔立ちの女性で、「この次はカメラさんを連れてきます」と。「あんたはんの独り芝居だったな!」と自悠人。お互い様で!(彩の渦輪)

コメント (2)

天中殺?事故/事件 極まれり、1日に3組の警察官さんと会った!

2018-08-23 18:20:22 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 昨日のBlogで近くの交番に助けを求めに行ったことを書いた。若いポリさん(お巡りさん)の指導でお仕舞にすればよかったが、「隣のT市の警察署、生活相談窓口に行きなさい。もっと良い指導が受けられる」と言われ、その足でT署に向かった。日曜日のせいか25分も待たされ、小部屋に案内されたが、出てきた中年警察官は不機嫌かつ高圧的態度。名刺を出さず名前も名乗らず、自分のことは伏せ、我々夫婦の氏名はもとより多くを尋ね、犯罪人の取調べをするように記録し、後は沈黙しているのでこちらから話しかけた。

筆者:「我々夫婦の本を読んだという女性がXXJapan の番組で紹介したいと言うのですがその局に聞いたらそんな女性は在籍しないと。で、キャンセルしたいのですが電話番号を聞き忘れました。

警察官:「馬鹿!」

筆者:「明日Z駅で会い、我が家に来てInterviewということになったのですが…」

警察官:「Z駅には行くな!」

筆者:「私のBlog も読んだと言ってました」

警察官:「Blogはやめろ!Blogは芸能人がやるもんだ。あんたは芸能人じゃないだろう。

何の得があるんだ!」

筆者:「明日Z駅には約束したので一応行き、家には来ずCafeにでも行こうかと…」

警察官:「Z駅には行くなと 5回言ったぞ! もう終わり!」と立ち上がった。この間5分ぐらい。勿論5回は聞いていない。まるで犯人に対する取り調べだった。これが人口18万都市の警察署の生活相談窓口とは!不愉快至極の面会後の帰路、夫が交通違反!!!!!いつも右折する街角にポリさんが手を高く上げて立っていたのでそこは曲がれないのかと方向転換したらそれが間違いだったそうだ。ポリさんは、「誘導していたのだ。そこで曲がって進まなかったのが交通違反だ」と切符を切られた。夫は反論したがお巡りさんには勝てない。本日罰金の支払いに行った。天中殺さんよ、我が家に居座るのそろそろ勘弁して頂戴。余談だが、★先生曰く、「芸能人じゃないからBlogやめろとか、Blog を損得で考えるのもおかしいが、表現の自由を何と心得ているのか!」とT署の警察官に憤ってくださった。(彩の渦輪)

写真:お巡りさんの写真は撮れなかったのでウルムチの警備員さんです。

コメント

天中殺?事故/事件攻撃は続く!

2018-08-22 14:48:43 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 4日前の土曜日がYさん(女性)からの3回目の電話、誠実そうな優しい声で、「貴著(旅行記)を読みました。貴Blogも読ませていただきました。XXJapan(TV局)でご紹介したいので取材させていただけませんか?お宅まで伺います。旅の写真や蒐集なさった仮面等の小物があったら準備お願いします!」「早い方がいいので月曜日でいかが?」との申込み。で、最寄りのZ駅で待ち合わせ自宅へ一緒に来て、1時間ほどInterviewということになり、つい家の住所を言ってしまった。猛暑のせいにしてもアホはアホだが、うっかりの二乗で相手の電話番号を聞き忘れた。念のために、と、NetでこのTV局の電話番号を調べTelすると……「この局にYという者はいません。ご注意ください!」と。新手の鷺ちゃん?Z駅には凶器を懐にした男の連れがいるかも、そして、家に入れたらその凶器で…、と不安が高まった。が、InterviewをキャンセルしたくもYさんのTel 番号を聞いてなかった!

 急がねば月曜日は2日後だ。日曜日に近くの交番へ。事情を話し、「月曜日の11時、Z駅巡回お願いできませんか?」と尋ねると、若いお巡りさんのアドヴァイスは、「貴女はZ駅に行かないほうがいい。するとYさんは住所を知っているあなたの家へ来るでしょう。貴女はドアを開けてはいけません。ドアの内と外でインタフォンを通してやり取りし、『帰ってください!』というのです。帰らなければ110番してください。その時は出動できます!」そして、「交番ではなくT警察署の生活相談窓口に行きなさい。もっと上手に相談に乗ってもらえます」と。T 警察署に出向いてからすっかり運に見放されてしまった。(続く)

コメント

天中殺?事故/事件攻撃の始まりはじまり!

2018-08-21 09:47:44 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 「始まりはじまり!」と書き始めたが実は既に始まっていた。彩の渦輪が新田医院で腰痛をもらったのはお盆前日。以来お盆の間中横たわり、痛みで寝返りも出来ず、一人で起き上がれなくなってから今日で11日目だが、彩の渦輪の事故の3日後、自悠人が脚立から落下、地面にあった石か何かに顔を打ちつけ、顎から出血が止まらず、お盆に開いている医院を探して2針縫ってもらい、その日以来毎日医院へ消毒に。昨日あたりから胸も痛むと言い出したので本日医者へ。今頃レントゲン撮影中だろう、と、これを書いているとき自悠人が帰宅した。胸にRib Bandというコルセットを巻かれて。レントゲン撮影の結果、上から5番目の肋骨が折れており温湿布治療。「1か月は安静が必要だそうだ!」とソファーにゴロン。顎の抜糸は1週間後だ、と。かくの如く、腰痛と胸の痛みにウンウン唸って共にソファーに横たわる夫婦となった。が、それでも「がまん、がまん!いつか治るなら感謝しなきゃ!」と、気弱になりがちな夫にはっぱをかけ、野良猫の鼠小僧に餌をあげる筆者だ。「え?事故と野良ちゃんにどんな関係があるの?」ですって?ブータンで学んだ生きもの聡幸福が重要だと思って。それに、鼠小僧は脚立の上の自悠人を心配そうに見てくれたようだし。 (彩の渦輪)

コメント

達哉(一岳)さん、アメリカで頑張って!:三味線ライブWonderful!

2018-08-18 17:40:56 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 帰国直後福居一岳さんの三味線ライブがあり仲間と歓送会に行った。彼には名声が2つある。津軽三味線奏者、一岳さんと、造園業の達哉さん。彼はこのほど日本政府から選ばれ、国費で1年間アメリカに派遣される。もうすぐ出発だ。アメリカには日本庭園が300ほどあるが、それらの総元締の人のところへ行き、日本庭園の管理法を学びつつ日本文化使節をやるのだ、と。彼によると、日本庭園管理はアメリカのほうが進んでいるそうだ。年内閉店になるC店で、よくライブをやった一岳さんのLast Liveだったが、お世話になったお礼をこめて、ということで、熱の入ったライブだった。曲目は

第一部:津軽にある代表的民謡

1.よされ節 2.味笠甚句 3.津軽甚句 4.あいや節 5.秋田荷方節

第二部:日本全国の民謡

6.ソーラン節 7.八戸小唄 8.秋田おばこ 9.さいたろう節 10.山形県の???

11.相馬盆唄 12.木曽節 13.コキリコ節 14. 串本節 15.貝殻節 16.金毘羅舟々

17.長崎ブラブラ節 18.鹿児島オハラ節 19.アサドヤユンタ 20.浜辺の歌 

21.Country Music  22.アンコールは津軽じょんがら節

と、時間オーヴァーで熱演された。アメリカ、楽しんできてね!素敵な出会いがありますように!達哉君として頑張るだけでなく福居一岳も見せ、アメリカで出会う人々をHappyにしてあげてください!ご遠慮なく!(彩の渦輪)

コメント

Nクリニックで腰痛をもらい寝返りもままならず、世界平和を願う終戦記念日

2018-08-15 11:38:20 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 右足膝下のふくらはぎの痛みでお盆前の10日に近くの新田クリニックへ。「マッサージ!」とお医者さんがマッサージ師へ声をかけた。痛いのは右足下部だけなので「右足だけ!」と頼んだが、「筋肉も血管も繋がっているから」と左足も太腿も腰もマッサージされた。帰路既に腰痛発生、歩行がつらく、帰宅後は日中殆ど横になっている。寝返りするとき筋肉が痛み悲鳴を5回はあげる。夜中のトイレは大変だ。夫の手を借り、悲鳴を7回以上あげてやっと起き上がる。背筋に負担をかけねば起きれないことを知ったが嬉しくない発見だ。布団では起き上がるのが特に大変なのでソファーに横たわることにした。10年以上腰痛だけは忘れて暮らしていたのに、腰椎あたりの脊髄に異常が起きたのだろう。

日中の大部分を横たわって過ごしこれで5日目、あまりにも立ち居振る舞いがつらいのでN医院へ電話はした。が、11日-16日はお盆休み、「17日来院してください」とだけ。このまま寝ていれば治るのか身体障害者になるか予測不可だが、お盆ゆえ怒ったり悲しんだりするより少しは楽しもう、と、ソファの傍にPCを持ってきてもらい、楽しかった出来事の写真を眺めている。アメリカに出かける直前に夫婦で「アメリカ・地球、住んで旅して騙されて:異文化理解と多文化共生」のタイトルで講演させて頂いた名門大学同窓会は、高邁な理想を掲げて活動する、笑顔の美しい素敵な人々の集まりだ。その会が主催する世界平和指導者セミナーをまだ当Blogに紹介していなかったので、医療事故との合併記事で申し訳ないと思いつつ、終戦記念日に紹介するにぴったりのセミナーだろう、と、遅ればせながらUpさせて頂いた。(彩の渦輪)

  写真:世界平和指導者セミナーで名門大学同窓会の皆さまと

コメント