あけぼの

アート、文化、健康、国際・教育、音楽、食・レシピ、日記、エッセイ、旅行記、学問

カザフスタン共和国でも日本人墓地訪問

2019-05-27 13:25:54 | 講演・アート・音楽・スピーチ

    広大な墓地で、1つの墓石の下に6人が埋葬されているとか、墓石は300ほどもあった。水力発電所等、種々の建設に従事した元ロシア抑留者たちだ。我々夫婦は海外でよく日本人墓地にお参りする。ニューカレドニア、フィリピン、ミャンマー、モンゴル、ウズベキスタン、そしてここカザフスタンだった。第2次世界大戦後日本人抑留者たちが強制労働に従事させられたのだが、ウズべキスタンではそれら日本人抑留者たちの墓を守ってくれているファジールさんと出会い、お茶まで頂けた。が、ここカザフスタンでは墓守は居ず、日本人墓地に案内してくれる人がいただけ幸いだった。墓地から帰ったら寿司屋ですね!「カザフスタンに寿司屋があるとは!」と驚いたが、ホテル界隈の散歩道の行き止まりにOcean Basketという寿司屋を見つけておいた。日本の大抵の寿司より美味だった。「日本人です」と写真撮影をお願いしたらVサインをしてくれ、大サーヴィスだった。カザフスタン唯一の事件は空港からホテルまでのタクシーの客引きが一緒に乗り、高額を吹っかけてきたことぐらいだ。乗る前は1000テンゲ(約360円)という約束だったが降りる時「20000テンゲ!」と。が、ホテルの受付につき合せ、5000テンゲで手を打った。その後、国立中央博物館に入り、かつてこのカザフスタンの大地をかけ巡った古代遊牧民の骨や衣装の展示にロマンのひと時を過ごした。(彩の渦輪)
  

写真1,2国立中央博物館 3.散歩道で 4.日本人墓地 5.6.7.寿司屋、Ocean Basketの入り口と内部

コメント

筆者が道を聞かれたほど日本人そっくりさんが往来する国~カザフスタン共和国~

2019-05-26 10:40:16 | 講演・アート・音楽・スピーチ

    Blogご無沙汰したわけは・・・カザフスタンとキルギスに行っていたんです!久方ぶりにスタンのつく国へ出かけた。カザフスタンの道行く人々は日本人そっくりで、つい、「あら、和子さん!」、「まあ、桂君!」などと声をかけたい衝動に駆られたが、散歩中筆者も道を聞かれ微笑した。区別がつかないほど似ているのだ。そっくりといってもカザフスタンのほうが美男美女が多い。だが英語を話す人が少ないので道を聞くのには苦労した。我々が訪問したアルマトイは、カザフスタン南東部にある都市で、白い雪を頂いたアラタウ山脈に囲まれた風光明媚な街である。キルギス共和国との国境に近く、商工業やカザフスタン文化の中心地で、20年前までは首都であり約150万人という、カザフスタン最大の人口を有する都市だそうだ。観光の見所はあまりなく、28人のパンフィロフ戦士公園や中央バザールを訪問し、コクトベという1070mの山へ登って市内を展望したぐらいで、日本人墓地訪問が1番の出来事だったが、美しい街の散策を充分に楽しんだ。日本人墓地はアルマトイ中央墓地の一角と聞いて出かけたが、墓地が巨大で迷ってしまい見つからない。物乞いっぽい人がいたので「ヤポンスケ」と言ったら墓と墓の間の道なき道を連れて行ってくれたのでチップをはずんだ。(続く!)(彩の渦輪)写真1.乗換の仁川空港にて 2.アルマトイ空港 3.泊ったオトゥラルホテルのレセプショニストと 4.5.ホテル近くの散歩道 6.7.日本人墓地(地元の人々の墓地、8、と大違い) 8.地元の人の墓地

    

コメント

コーヴァラム・ビーチでサンセット観賞

2019-05-05 12:54:14 | 講演・アート・音楽・スピーチ
 大石の点在する荒波の海岸線に沿って一路北上し、きれいな湖のあるリゾートに到着、アグアサレーノホテルに決めた。オフシーズンで宿泊客は我々だけ。食事が口に合わないので人力車で街に出た。散髪、時計修理などして地元民の暮らしを体験し、果物も買い込んでその廉価に驚いた。折角湖畔の宿に来たのだからとボートで湖上周遊したが我々だけ。30分7ドル、船影のない観光は侘しいものだ。翌日目的のコーヴァラム・ビーチに。紺碧の海と椰子の列、歩けばキュッと鳴る砂浜、アラビア海に沈む夕日が美しい。3つのプール付きホテルに泊まり、砂浜に接する土手に備えられたテーブルでビールを頂きながら海に落ちるサンセットを観賞することにした。気分は最高!!!イギリスから来た同年齢の旅人夫婦も別テーブルで入り日を観賞していた。近くの2ホテルに2週間滞在してインドの休暇を楽しんでいるという。イギリス人のゆとりに羨望と共鳴を覚えつつ、我々日本人は1か所に長期滞在するレジャー型休暇がまだ身についていない人種だと改めて実感した。(自悠人)
コメント

空港のトイレにウェイスト・バッグを置き忘れた!

2019-05-04 13:01:15 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 旅先での失敗談をひとつ。香港空港で下痢に襲われトイレへ。ウェイスト・バッグを置き忘れ、「あっ!」と気付いたのは20分後。血の気が引いた。慌てふためきそのトイレに駆け込んだ。「あった!」。20分間も経ていたがよくも盗難にあわなかったものだ。入ったトイレがハンディキャップ用だったからか。貴重品全部入ったウェイスト・バッグだ。ムンバイ-カシミール間の航空券、移動ハイヤー代、ホテル9泊代金等、$3500は入っていた。運に助けられたのだった。体調を狂わせたのは前夜の香港での魚料理。筆者は翌早朝から、ワイフは1日後、コモリン岬行きのハイヤーの中で嘔吐と下痢が始まった。土砂降りの中3回車を止めてもらってトイレに駆け込み、4時間かかってホテルに到着、翌1日ホテルで寝ていた。ムンバイで入国、アライバル・ヴィサで通過出来ることを空港係官は知らず、滞在先の確認その他で待たされること1時間。空港からのタクシーも運転手がホテルを間違える等、散々だった。有名なインド門に近い場所だったのだが。(続く。自悠人)

コメント

平成最後の日、昭和記念公園、多摩川土手&深大寺へ

2019-05-03 12:31:42 | 講演・アート・音楽・スピーチ

    夫の姪が泊りがけで訪問してくれたので近隣を案内した。立川市と昭島市の両市にまたがる昭和記念公園へ。昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として1983年、昭和天皇ご臨席のもとに開園されたという公園だ。桜にはちょっと遅かったが、チューリップ、菜の花が豪華に咲き誇り、ネモフィラという紫色の可愛い花が地面をふわ~っと紫色に染め、優しい雰囲気を演出していた。日本庭園やわが国初とうたう国営盆栽苑も覗き、200年物の盆栽も見た。夫が色々専門的な質問をするので係官に親切にしてもらい写真まで撮って頂けた。165.3 ヘクタールという広い公園内を歩いて、歩いて、歩き回り、立川駅に出て自然食バフェ、はーべすとへ。彼女は有機栽培の安全食品志向なので殊更喜んでくれた。午後は多摩川土手歩き。これも喜んでくれたが、土手からくっきり富士山が見えたから。深大寺ではなんじゃもんじゃの木を見て、愛想のいい店で美味しいお蕎麦を楽しみ、奈良に帰る彼女を吉祥寺駅へ見送った。彼女と共に「平成」も見送ったが、癌と戦っている我々や皆さんが健康を維持でき、やってきた「令和」の時代が平和でありますように!(彩の渦輪)

      写真1-7 昭和記念公園内の風景 8-11 深大寺&なんじゃもんじゃの木  

コメント

牡丹満開、O地球村塾大盛会:響き渡る美声、オーソレミオ

2019-04-27 17:53:29 | 講演・アート・音楽・スピーチ

去る日曜日、第15回小川地球村塾を開いた。通常我々夫婦は開会・閉会の辞ぐらいでスピーチは殆どやらないが、今回は夫の米寿も兼ねており、事務局長さんの薦めもあって、夫が「米寿を迎える村長のコメント」を、筆者も人生や活動の一部を少し語らせて頂いた。鯖江市から参加してくださった純子先生による乾杯の音頭で始まり、この塾の主テーマ、多文化共生について少々学習したあと多文化アートや多文化音楽紹介、我々夫婦の挑戦:地球千鳥足の写真を纏めたPower Point映写、朧月夜合唱、花笠音頭をチョイ踊り、多文化食で会食・交流、「今日の日はさようなら」を歌ってお開き。今回は大学1年生、真吉君による米寿祝賀ソロがあり特に盛り上がった。オーソレミオを独唱して頂けたのだ。会場に度肝を抜く美声が轟き渡った。「轟く」という表現がピッタリのTerrific な声量で参加者全員が元気をもらった。米子東高校の後輩でアメリカ短期留学してきた万智さんのプレゼン、「模擬国連活動報告」もあった。届いたご感想の極く一部を紹介させて頂こう。

Shigeさま 15周年の集いも大変賑やかで語らいが楽しめる会でした。米寿の祝いがこの会の年輪をなお一層引き立たせてくれましたね。お2人のご健勝を心よりお祈りします。

Yukikoさま:大抵の人が60歳ごろ、「もう人生終わりです」などと言いだしますが、お2人の最近のご活動を見て聞いて、私の人生もこれからだと感じました。有難う!

Yoshieさま:とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。ご夫妻のご健康と世界の旅がいつまでも続きますようお祈り致します‼

Rieさま:ご夫婦が心豊かに人生を歩まれているご様子から刺激を沢山いただきました。いつか、念願の海外生活を実現できるよう頑張ります。

Chihiroさま、Aoさま&多数のお方素敵な会に参加出来てとても刺激的な日曜となりました。

(彩の渦輪)


コメント

癌は玄米で治します!

2019-04-15 17:00:53 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 ワイフも2012年に腎う癌になったが、右の腎臓摘出手術直後、間をおかずウクライナに飛んだほどで、バックパックの旅は休まず続け、玄米菜食3、5年で癌を吹き飛ばした。本来は白米党の筆者も玄米で治そうと決め、早速購入し実践している。オプジーボを飲むよりは副作用が無いだけましだろう、と。「よく噛んで!」とワイフに口うるさく言われるが、つい丸飲みしてしまう。シニアになったら癌は当たり前と自覚しているし、アメリカの友人から「今は肺癌で死ぬ人はいない」と教わったので恐れてはいず、癌と仲良く共生することにした。以下の筆者の生き方は変えずにね:1)好奇心を持つ 2)過去は忘れ常にゼロから再スタート  3)常に環境を変えることを意識する。即ち海外の旅も続ける (自悠人)

 

コメント

癌になっても旅に出る地球千鳥足夫婦です!~アメリカ合衆国~

2019-04-11 11:45:14 | 講演・アート・音楽・スピーチ

  先頃のアメリカ行き、2つ目の目的は、20年住んだCincinnatiの友人たちに「さよならを言ってこよう」だった。「癌になったからにはそうそうアメリカに戻れないだろうから…線状矩形最長9mmではあるが…」と。連日会えるだけの友人に会い、食事をしつつ別れを惜しんだ。ある日など9人にも会った。日本人シニア会にも参加したが、その日の話題は 「私の失敗談:ここだけの話」。筆者夫婦共々皆さん異国での失敗を披露しあって、笑いの絶えないひと時を過ごした。ワイフの報告:「訪米中のある日突然便器が真っ赤になったのでびっくり仰天、慌てて翌日帰国したが、実は血尿はかつての隣人宅でご馳走になったビート料理のせいだった!病気と勘違いし、USの高額入院費を恐れ、直前購入ゆえそれこそ高額なビジネス航空券40万円を夫婦2人分、80万円支払って。」皆さん、大笑いしてくれた。ワイフがかつて教壇に立っていたUniversity of Cincinnati も(UC)訪問、ワイフのかつての学部長、ドクター・ロバート・ハウエルさんを訪ねたら、大学の来客用カフェテリアで夫婦でご馳走頂いた。滞在1週間で実に多くの友人に会い、友情で温められたCincinnati帰郷だった。(自悠人)写真:1.Dr.Howellさんと一緒に。2.UCの1ビルディング。3.シンシナティで参加した日本人シニア会(メンバーはもっと多い)。

 

コメント

出会いが一杯の講演会終わる:自由奔放珍道中、ふらり地球千鳥足

2019-03-31 15:00:37 | 講演・アート・音楽・スピーチ

  由奔放、ふらり地球千鳥足~旅も人生も挑戦だ!~夫婦で珍道中、訪ねた国は115か国」というタイトルで、「三鷹いきいきプラス」というグループが講師に呼んでくださり、夫婦での講演が終わった。80名ほど入る会場で日本訪問中のアメリカ人カップル、Steve&Heideさんご夫妻も加わり満席のお客様だった。このご夫妻も含め、聴衆の皆さんのニコニコ顔に励まされ、筆者も始まる前から盛り上がっていた。アメリカからのお客をちょっと意識し、「少し英単語を入れましょう、英語を知らないお客にも判る様、その単語の説明もつけて」、などと即席のアイデアが頭をよぎっていた。が、台に上がった瞬間頭が真っ白になったことを白状しましょう。先ず筆者が今日の講演の概要と、流れと、旅の目的を話した…「我々の旅は出会いを求めて、です。出会いは人生の宝です…」と。例のごとく「泣き笑い挑戦人生」まで、筆者の好きなDiscipline(鍛練)やTenacity(不屈)を含めて話し、夫へバトンタッチ。夫も直立不動で、旅の目的等を筆者の向こうを張って大演説。そのあと115か国のうち特に面白い出会いのあった11か国を夫婦交互に簡潔に話し、結婚50周年記念50か国訪問や、南米はアルゼンチン最南端、ウシュアイアで会った玉城さんの言葉「人間過去は関係ない、今何をしているかだ!」を紹介、時間不足で駆け足だった。パワーポイントをお見せし、「自己実現と共生活動の交点」、「3無」、「愛には愛が信頼には信頼が返ってくる」でまとめ。主催者代表のM氏から以下の言葉を頂いた:「昨日はとても気持ちの入ったご講演を有難うございました。英単語の一言が持つ意味合いの解説が印象に残ったことと思います(筆者へのご感想)。ご主人の話し方も、出席者との掛け合いがあり、対話式が良かったですね(夫へのご感想)。本日は近くのさくら通り大学通りの桜の下でM氏夫人から頂いた桜餅でお花見。桜はまだ8分咲きだが桜餅は大変美味だった。(彩の渦輪)  写真:1. 2. 講演中。 3. PPT映写中。4. 講演後 Heide&Steveさんと一緒に。

5. 二次会のご馳走


コメント (1)

自由奔放、ふらり地球千鳥足~旅も人生も挑戦だ!~(講演タイトル)

2019-03-23 11:57:56 | 講演・アート・音楽・スピーチ

来週金曜日、夫婦で講演します。失敗の多い珍道中を面白く、楽しく、話すつもりです。ご都合のつくお方はお出かけくださいませ。(Aya-no-uzuwa)

コメント